犬用靴と靴下のメリット・デメリット

犬用靴と靴下のメリット・デメリット

お気に入りに追加

貴方の愛犬は、靴下または靴を履いてお出かけしたりしていますか?お洋服よりもまだまだ浸透の浅いわんこ用の靴や靴下のメリット・デメリットを理解して、より良いペットライフを送りましょう。

33668view

犬にとって靴や靴下の必要性

靴を咥える犬

近年たまに見るようになった、お出掛け先でのワンちゃんの靴や靴下、皆さんのお家にはありますか?
「犬に靴下なんて…」と賛否両論あるようですが、そこまで詳しく知らない方も多いのではないのでしょうか。
愛犬に履かせている人は、もちろんファッション性の意識はありますが、きちんと意味があって履かせているんです。

履かせる事のメリット

靴下のイラスト

こんなにたくさんのいい事があるんです。

防寒対策

まずこれを思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。
室内での靴下、屋外での靴問わずどちらも活躍します。
冷えからくる病気や風邪の予防にも役に立ってくれます。
特に寒さに弱い短毛犬種や動きが少なくなったシニア犬、病気や加齢で寝たきりの犬などは室内での使用もおすすめです。
特に寒さは床から感じやすいので、低い位置で寝ている時間が長い犬ほど体が芯から冷えてしまいやすいので十分あたためてあげましょう。

また、屋外で防寒対策として使用する場合として考えられるのは、地面が凍結しやすい寒冷地帯に住んでいる場合や冬の雨の日や雪の日の使用。
最近では犬を連れて雪山でトレッキングをしたり、スキー場にドッグランがあったりするので凍傷などを予防するためにもぜひ上手に活用してください。

肉球の保護

こちらは主に屋外で使用する靴についてのメリットです。なにを踏むか分かりませんからね。
昨今の地震などで被災し、愛犬と避難する際にガレキや割れたガラスの飛び散った中を歩かなくてはなりません。
その際怪我をし、傷口から破傷風になでてしまう可能性だってあるのです。
普段使いしないワンちゃんも防災用に1つ持っていても良さそうですね。

防熱対策

これからの時期注目を集めそうです。真夏の焼けるようなアスファルトの上を、ワンちゃんたちは素足で歩いているのです。火傷の心配も尽きません。
更には犬は地面に近い所にいるため熱をより感じやすいです。
熱中症などの併発も心配しなくてはなりません。

滑り止め、足腰の弱いワンちゃんに

一方こちらは室内で使用する時のメリットについてです。
足腰の力が弱った老犬や手術後の回復を待つ間など、なかなか力の入りにくくフローリングなどの滑りやすい床の上で踏ん張れないワンちゃんのサポートをしてくれます。滑り止めのついた通常の靴下も役立ちますが、老犬などの足腰サポート専用の靴下なども販売されています。

デメリット

犬のイラスト

便利なものですが、いい事ばかりではありません。

嫌がる子が多い

足は動物にとってとても大事な場所です。この大切な足を怪我してしまったら、早く走って狩りをすることも、危険を感じて逃げる事も出来なくなってしまいますので、多くの動物はみな足を触られる事を嫌います。
自ずと、大切な足に靴や靴下を履かせる違和感は計り知れません。

サイズ選びが大変

お洋服の様にある程度体型が分かればいいのですが、足のサイズって分かりますか?
なかなか気にする事も少ないと思います。
いざ履かせる事が出来ても、サイズを間違えてしまってはワンちゃんにとってストレスだらけです。
その気持ち悪さから嫌いになってしまうかも知れません。

番外編

レッグウォーマー

足をすっぽり覆うのが嫌なワンちゃんも、これなら大丈夫。
防寒対策のみではありますが、レッグウォーマーなら履いてくれるかもしれません。

まとめ

靴下をはいた犬と女性

まだ靴や靴下を持っていない人も、ぜひチャレンジしてみませんか?
ただ、嫌がるようなら無理強いはしないであげて下さい。

毎日毎日履かせる事がなくても、災害時の非常用に練習しておくと避難する時にスムーズです。
もう既に使っている人は、その良さ、便利さを知った上で愛犬の安全面の観点から、その必要性を説きます。
大好きなあの子には、怪我も病気もせずにいつまでも元気でいて欲しいと願うのは、どの家も同じですからね。

一方で否定派の方も、もちろんいらっしゃるかと思います。
「過保護過ぎる」「自由を奪うようで可哀想」などのご意見もあることでしょう。
ですがこれは、ワンちゃんのお洋服が少しずつ出始めた頃にもあったような議論だと思いませんか?
あれから随分と時間が経ち、今では寒さに弱い犬にはお洋服を着せる事が一般的とされ、推奨する声もたくさんあります。
なかなか新しい事には慎重になりがちで手を出しにくいという方へ、もう一度考えてみてください。

履くのはワンちゃんです。
そして、愛犬の健康管理をしなくてはならないのは貴方です。

履かせる、履かせない、どちらの選択を取ったとしても、ワンちゃんにとって望ましい方法をとって下さい。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家で飼っているゴールデンレトリバーは、2年ほど前に肉球の1部分が炎症を起こして獣医さんで塗り薬や飲み薬をもらってしばらく治療していました。しかし、なかなか良くならずに強いステロイド等の薬に切り替えたり、他の病気を疑って検査したり、様々な事をしましたが結局は原因不明の炎症という事でした。症状は悪化するばかりで肉球の底の部分が肉割れのようになった際に、いよいよ皮膚に強い動物病院の扉を叩きました。そちらで炎症部分の洗浄と塗り薬(フシジンレオ)の処方をしていただきようやく回復してきました。ただ、散歩の際は靴下を履かないと底が割れていて雑菌が入ってしまうので、何種類かのブーツや靴下を購入して試しました。その中で一番フィットして脱げずに使いやすかったのが写真にあるデザインの靴下です。これに付属のマジックテープを足首に巻けば更に脱げにくくなります。先端が防水なので雨の日の散歩でも使用できて便利です。ただ、使用する際の注意点があります。
    ①口の部分がフィットしているので、履かせる際はしっかりと口を開けて狼爪がひっかからないように先端までグッと履かせます。
    ②内側は布なので思ったほど蒸れないですが、ずっと履かせていると雑菌が繁殖するので、一日一回は洗面器などに水を張ってそこに足を付けて患部を洗い、ガーゼタオル等でしっかり水分をしっかりと拭き取って別の清潔な靴下を履かせるようにすると良いです。

    こうして、しばらくはこの靴下を舐め防止にも使用して今ではかなり症状が改善されました。
    我が家の愛犬には綿素材のソフトなものは取ってしまうのでダメでしたが、靴下はそれぞれワンコとの相性もありますので、色々と試行錯誤してデザインをセレクトされると良いと思います
    momoの投稿画像
  • 投稿者

    30代 女性 はなのこうめ

    うちの柴犬も、足の肉球の手術後に靴を履いて散歩していたところ「ワンちゃんお靴履いておしゃれですね」と言われたことがありますが、
    「散歩が好きな犬なんですけど、肉球の近くの腫瘍の手術の後だったので、患部の保護の為に靴を履いているんです」ということを説明したところ「おしゃれの為に履くのではなくて、保護の為に履いている子もいるんですね」と納得していました。
    初めは、靴を嫌がりましたが、なんとかご褒美のおやつをあげながら、頑張って履いてもらいました。
    靴選びには、何足も失敗して本当にもったいないことをしましたが、やっとぴったりの靴に出会えました。それぞれに、足の形は違うのでご参考にしていただければ幸いです。
    うちの柴犬は、11kgのオスです。靴の高さ6.0cm 靴底の長さ5.5cmというものが合いました。今まで靴下は、いくつか試しましたが、足に合わなかったり、歩いていると脱げたり、足をブンブン振って遠心力で靴下を遠くまで飛ばされることばかりでしたが、マジックテープのついている、すっぽりと被せて履かせられるミトンタイプの靴が一番脱げずに歩いてくれて、マジックテープをややきつめに足首に巻くと脱げ落ちずに良く歩きました。
    犬の足をよく測ったところ、前足の方が、若干大きいかったため前足と、後ろ足でサイズを変えて履いています。
    はなのこうめの投稿画像
  • 投稿者

    30代 男性 BOB

    犬の靴や靴下、とても便利です。うちの犬は退屈すると肉球を舐める癖があって、舐めすぎて肉球と肉球の間が切れてしまったのを機にトライしてみました。はじめは嫌がって、履かせては必死に脱がれての繰り返しでしたが、次第に慣れてくれました。また、長毛種のため、足まわりの毛の汚れ防止にも役立ちます。特に冬場の散歩時に大活躍です。静電気でホコリを吸い込んでしまうような毛質のため、足裏に滑り止めがついた靴下に、レッグウォーマーを履かせて完全防備で出かけます。見た目は変てこですが、帰宅してから手入れに時間がかかることを考えると、犬にも飼い主にとっても得策でした。嫌がる犬がほとんどでしょうが、これを履けばお散歩(楽しいこと)ができると理解してからは、納得して受け入れてくれたように思います。
  • 投稿者

    女性 ろん

    犬用靴下には私も賛成です。神社周辺を散歩させていて、気がつけば肉球から血がにじんでいたことがあったのです。人間でも素足で石段を歩いたら、いつ怪我するかわかりません。散歩の時だけでも靴下を履かせたいところです。
    しかし現実には、うちのわんこに靴下は履かせていません。買ったはいいがサイズが合わずあっという間に抜けてしまったのです。リボンで止めることも考えましたがやはり4本足ともなると面倒に感じてしまいますね。
    犬用靴下の買える場所はまだまだ少ないと思います。サイズ展開も。犬用服が体温調整に役立つのと同じく、犬用靴下も肉球保護に繋がるものだと思うので、もっと手軽に買えるといいのですが。また汚れやすいので替えが欲しいところ。お値段的にも現状より下がるといいのにと思います。
  • 投稿者

    女性 フラワー

    靴下はいざという時のために慣らしておいた方が良いですよね。
    我が家は後ろ脚の指の間にできた良性のできものを切除した時に靴下を履かせました。
    傷口を舐めさせないようにと言われたので、ニットタイプの靴下を履かせたのですが、うちの犬は歩いているうちにスポッと靴下が脱げるので困っていました。
    靴下の上からテーブを巻いてみたり、色々と試したのですがどれも上手く行かなかったので、ネットでラバータイプの「PAWZO」という靴下を見つけ購入しました。
    履かせてみたらピッタリフィットして脱げずに歩けました。
    ラバー靴下を初めて履いた時は違和感があったらしく、1分くらい固まっていたので、おやつで誘導して歩かせました。歩き方がぎこちなく面白かったです。
    でもすぐに馴染んだらしく普通に歩いていました。
    ラバー靴下の利点は水に濡れても大丈夫、滑る床でも安心、脱げにくい、災害時に活躍しそう、など実用的ところです。
    サイズも豊富で色も可愛いのですが、おしゃれ感はあまりないかな?(笑)
    欠点は履かせるときにゴムを伸ばして履かせるので少々大変です。
    履かせにくいのが難点です。
    フラワーの投稿画像
  • 投稿者

    女性 Aloha

    うちも小さい頃、靴・靴下と挑戦しました。フローリングが滑りやすそうだったのと床材の保護(飼い主都合。。)がきっかけでした。サイズ選び、本当に難しいですよね。靴下は後ろに滑り止めがついてるものにしたのですが、愛犬が走る回ると、だんだんとずれてきて・・きづけば滑り止めが前側にきていました。また、時間が長くなってくると、うちの子はやはりいやだったようで、自分で脱ぐ技を覚えました。靴下→ジップつきの靴にチャレンジして、こちらのほうが走りやすそうで調整もできたので足にもフィットしていた気がします。が、ジップもマジックテープも器用にはがして、またもや脱ぐ技を覚えました(泣)うちの子の性格には合わなかったようでいまではすっかりおもちゃになってしまいました。夏の暑くなったアスファルトから足裏を守ることもできますし、はいて歩く姿はとてもかわいかったのですが、、こればっかりはしょうがないですね。
    ただ、ご近所で老犬が靴下を履いて歩く姿に足腰を守ってるんだな、と感じることがあります。病気や怪我の際は愛犬を守るために再チャレンジしたいと思っています。
    Alohaの投稿画像
  • 投稿者

    女性 雀3号

    犬用靴下や靴のデザインも豊富になってきたので、見ているだけでも楽しいです。今は凝った作りのブーツもあるので一度愛犬にも履かせてみたいと思ったことがあります。

    我が家の愛犬は長毛犬なので、靴下を履かせたくてもすぐに滑り落ちてしまい靴下の役割を果たすことができませんでした。それなら靴をと思ったのですが、サイズを合わせるのに苦労して断念してしまいました。サイズ表と実際では違うんです。被毛の分、膨らんでしまうことを考えてサイズを選定しなくてはなりません。マジックテープで止めるものだと被毛がくっ付いて大惨事になることも。

    老犬になると肉球の血行が悪くなり冷たくなってしまいます。冬は乾燥してカサカサになってしまうこともあるので、マッサージやクリームで対応します。ですが、クリームを塗ると滑ってしまいフローリングではとても危険です。保湿の意味も込めて、滑り止めつきの靴下を履かせてあげたいです。
    老犬にこそ必要だと思う点はもう一つあります。足腰が弱ってくるので、滑って転びやすくなってしまいます。脱臼や骨折などになってしまうととても危険です。靴下のグリップ機能がしっかり働いてくれれば、転ぶ心配も軽減されるのではないかと期待しています。

    愛犬も高齢になったので、再度靴下チャレンジしてみようかと思います。
  • 投稿者

    女性 麹

    うちも靴下を一時愛用していました。以前、肉球にケガをしてしまい、それをカバーするのに靴下を購入したのです。愛犬はこの靴下が大嫌いでした・・・。歩く時も馬のような歩き方になってしまい(笑)、本当にイヤ~な顔をしながら仕方なく履いていました。そのイヤな顔を今でも思い出して、クスッと笑ってしまいます。肉球にケガをしなければ靴下なんて履かせることはなかったので、犬用の靴下がこんなに種類がたくさんあるなんて知りませんでした!今は可愛いデザインのものがたくさんありますよね。我が家の愛犬の靴下を選ぶ時、やはりサイズに関してすごく悩みました。ネットで買おうかと思ったのですが、サイズ感が分からなかったのでやはり店頭で買いました。最初は店頭で買ってサイズを見てから、その後ネットで購入した方が良いかもしれません。参考にしてみてください。
  • 投稿者

    40代 女性 いちご

    正直、犬に靴や靴下なんて!と思っている部分がありましたが、こうしてみると必要に感じる場面も多いですね。自分のところはまだトラブルに合っていないだけで、ケガなどをするかもしれないし介護などの時に必要になるかもしれませんね。犬の靴や靴下への見方が変わりました。
  • 投稿者

    女性 めぐママ

    参考になるか分かりませんが、うちの子は毎年スノーシュ―(雪の中を散歩するアウトドアです)に行くので、雪でも平気な防水タイプの靴を用意しています。たまに寒い日の散歩で使う事もありますが、丈夫でしっかりとしているのでオススメです。犬の肉球はデリケートなので、なるべく安全で上部な物を選ぶといいと思います。それと、冬場のお出かけ後は、肉球ケアクリームでしっかりと保湿してあげて下さいね。
  • 投稿者

    女性 ぼーの

    雨上がりなどは散歩から帰って来ると脚がびちょびちょで、拭いても汚れが落ちません。そんなときは靴を履かせるときっといいんだろうな、と思っていましたが、一度買ったことがあるものは脚サイズに合わなかったのか、歩いているうちに脱げてしまいました。きちんと測ってもう一度トライしてみようかな。
  • 投稿者

    女性 タマ

    今年は雨が続く日が多くてお散歩に苦労しています。うちの犬は白い毛なので、雨がやんでも濡れた路面は歩かせたくありません。そこで靴下を買ってみたのですが、歩いているうちに1足2足となくなっていっちゃいます。記事の最後にあったレッグウォーマー、あれなら大丈夫かな、試してみようかな。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬に靴や靴下を履かせている飼い主さんに質問です!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。