犬にとって馬肉はダイエットに適した健康食材!

4877view

犬にとって馬肉はダイエットに適した健康食材!

犬はお肉が好きですよね?牛肉や豚肉、鶏肉など肉にはいろんな種類がありますが、今回は低カロリー食材である馬肉の特徴や与える際の注意点について紹介していきたいと思います。

吠えるマラミュート

photo by :Julia Ballarin

犬は雑食?肉食?

犬は雑食動物という事もいわれますが、正確には肉食動物です。

ですが、人間と共に暮らすようになり、犬は雑食動物である人間の食べ物に合わせるように、野菜や穀物などを消化できるように変化してきたといわれています。

ただ、犬の歯や顎は構造的に肉を食べる事には適していますが、すり潰して食べないといけない野菜や穀物を食べるには適してはいません。

更に、内臓も草食動物に比べると腸も短く、決して野菜や穀物を消化しやすい構造になってはいないので、野菜を食べさせる際には加熱して、柔らかく吸収しやすくしてから与えるようにしましょう。

馬肉の特徴

馬肉は低脂肪で低カロリー、グリコーゲンをはじめ、健康維持の為に重要な栄養素が豊富に含まれています。
また、アレルゲンの数値が低い事も特徴です。
つまりアレルギー反応が出にくい食材といえます。

馬肉は牛肉や豚肉の1/2のカロリーなので、肥満の防止の効果やダイエット効果が期待されています。
身体を作る為に不可欠なたんぱく質、それを作る為に必要なアミノ酸がバランスよくが含まれていたり、エネルギー源となるグリコーゲンが牛、豚、鶏に比べると3倍以上含まれています。

鉄分は牛や豚、鶏に比べて3~4倍多く含まれていて、その馬肉に含まれる鉄分は『ヘム鉄』と呼ばれる吸収しやすい鉄分という特徴もあります。
カルシウムも3~4倍多く含まれ、ビタミンA・Eも含まれています。また、代謝過程で必要な必須脂肪酸も豊富に含まれています。

牛や羊などの偶蹄目とは違い、奇蹄目である馬は狂犬病や口蹄疫のリスクもなく、体温が高い馬【牛や豚と比べて5~6度ほど高い)は寄生虫や細菌が少ないので、馬刺しとして生で食べる事ができ、低アレルギー食材として最適です。

サラブレット

犬に馬肉を与えるメリットとデメリット

馬肉を犬に与えるメリットとしては、ダイエット効果、涙やけ・毛艶が改善などの効果が期待できます。
低カロリーなので、老犬や減量中の犬の食餌として最適であり、栄養素が豊富なので健康志向の飼い主や犬にも最適です。
全てではないですが、涙やけ・毛艶が改善されるという報告もあります。

但し、当然ですがデメリットもあります。

馬肉を一気に食べすぎたりすると、嘔吐や下痢になる可能性もあり、過剰に摂取すると、結石のリスクを高めてしまいますので、過剰に食べさせないようにしましょう。

また、アレルギーが出にくいですが、馬肉がアレルゲンとなる場合もあります。
アレルギー反応が出た場合には目の充血、下痢、嘔吐、腫脹、失神、蕁麻疹、元気消失等の症状が出る可能性があります。

これ以外にも歯が汚れやすい、内臓に負担がかかる、ドライフードを食べなくなる、栄養が偏るなどのデメリットもあります。
また、市販されている物は、管理・処理されているため、寄生虫や細菌の心配がとても可能性が低い食材ですが、念のため注意して与えるようにしましょう。

犬に馬肉を与える際の注意点

馬肉を初めて食べさせる場合には、一気に食べさせると嘔吐や下痢を起こす可能性があるので、少量ずつ与えるようにして犬の体が慣れてから食べさせる量を増やしていきましょう。
また、馬肉は加熱すると酵素が分解されるので生で与えるのが好ましいといわれています。
そして、与える量は体重の1~2%といわれます。

馬肉にはいくつか種類がありますが、赤身の馬肉を与えた方が良いと言われています。人間用の馬肉を与えても問題はありませんが、今は犬用の馬肉というものも売られています。

2頭のタービュレン

photo by :Jharoldmeerveld

まとめ

馬肉を与える事には幾つかのデメリットもありますが、総合的に見て、健康を目指すのであれば最適な食材といえます。
ただ、栄養が偏る可能性もあるので、馬肉では足りないものは他の食材で補完するようにしましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 aki

    我が家の愛犬も、貧血ぎみのときに馬肉を食べさせていました。馬肉は高たんぱく質、低カロリー、他の御肉に鉄分やビタミンが豊富です。馬肉の効果あって、貧血も改善されました。

    愛犬には安心できるものを与えたいので、犬を飼っていらっしゃる方々の間でも評判の良かった、ディアラという馬肉専門のお店で購入をしていました。あげる際には馬肉を新鮮な状態で与えたいので、冷凍してある馬肉を食べる分量だけを解凍をして、愛犬の体調をみながら少しづつ与えていくようにしていました。

    現在は、フードはドライに切り替えていますが、今でもディアラの馬肉のドライトリーツをおやつに常備をして与えています。馬肉は免疫力を高めてくれるので、シニアの愛犬には欠かせません。

    ディアラ
    http://diara.co.jp/index.html
  • 40代 女性 hiro

    ダイエット目的であったとしても、同じ食材を食べ続けることはあまり理想的ではないと思います。何種類かのたんぱく源を考え、ローテーションのひとつとして馬肉を与えるならとても良いと思います。
    生食を勧めるメーカーがありますが、犬の趣向や体質があるので慎重に試すことも必要かと思います。今まで食べていた食事に少しずつ生肉を加えて、徐々に増やしていくのが良いでしょう。犬の体内の消化バランスが追い付かなく下痢を起こしたりする場合があります。
    うちの犬も馬肉のローフードを試したことがありましたが、生のままでは食いつきが悪く表面を炙るかたちで与えていました。しかしあまり好んで食べてくれなかったこともあり今では食べさせていません。
    犬の健康のための情報や商品が多く出回っていますので、何を選ぶべきか悩みますが、愛犬の趣向や体質をよく考えて選択していきたいですね。
  • 30代 女性 38moto

    馬肉のメリットの多さは知っていましたが、なかなか手に入る場所がなく、一度も試すことなく愛犬は15歳になってしまいました。
    貧血気味なのですが、足腰に負担をかけないため少々ダイエットもしなくてはならず、かといってフードを減らすと低血糖でふらついてしまい、何かいいものはないかと探していました。

    馬肉は低カロリーで高タンパク、鉄分が3~4倍、カルシウムやビタミンも含まれ、不飽和脂肪酸もバランスよく含まれる。少量でもこれだけ必要な栄養が取れる食材はそう多くはありません。
    高齢なので、生の馬肉を食べさせることに不安を覚えますが、寄生虫や細菌の心配がないことは安心できます。シー・ズーなので涙やけも気になる点ですが、馬肉で改善される可能性があるならぜひとも一度試してみたいです。

    生肉は消化するのに負担がかかりますが、量を調整し効果的にメリットを生かせるよう普段のご飯に取り入れてみようと思います。
    目安量は体重の1~2%ということは、7.5kgの愛犬だと75~150gが目安。トッピングにするならこれを数回に分けて与えた方が良さそうですね。
  • 40代 女性 ととりこさまんさ

    低カロリーであること、牛・豚・鶏といった一般的な獣肉よりもアレルギー反応が出にくい上に、アミノ酸・カルシウム・ビタミンといった栄養が豊富でバランスもよく、最近では愛犬に馬肉を与えるのがちょっとした流行になっている感じすらあります。

    生の馬肉については、この流行のおかげもあり主にインターネットを通じて手に入りやすくなっています。ネット販売をしている馬肉専門店をいくつか検索すると、「ペット用」として、人間用の馬刺しを作った後の肉をミンチにしたものを冷凍して販売されているお店がいくつもあります。これを利用すると、食べる分だけ自然解凍して愛犬の食事に利用することができます。注意点としては、国産風に見せていながら外国産の馬肉が混ざっている場合があること、余った肉を加工しているので、赤身が多かったり脂が多かったりと品質が一定でない場合があることです。価格も色々ですので、いくつかお店を試して納得のいくお店が見つかればいいのですが...

    また、馬肉は獣肉の中では身体を冷やす肉とも言われています。生で与えるのが理想的とは言われてますが、季節や愛犬の体調によっては温めてあげた方がいいかもしれません。
    我が家も愛犬に馬肉を与えて数年になりますが、生で与えるのは夏場が中心、寒い時期は馬肉はお休みとすることで、食材の偏りを減らすようにしています。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。