老犬の介護用ハーネス活用法!歩行をしっかりサポート

6599view

老犬の介護用ハーネス活用法!歩行をしっかりサポート

犬は人よりも早く歳を取ります。長生きの先にある介護は避けて通れません。不安や戸惑いがついてまわるのが介護ですが、やりかた次第で負担は減ります。今回は介護用品のひとつである『介護用ハーネス』をご紹介します。

犬の介護用ハーネスとは?


OUTWARD HOUND リフトハーネス【車乗せ・老犬介護・歩行補助】

犬が歳をとって体が不自由になる……これは避けられないことです。
そうなった場合に、飼い主さんの負担を少なくするのが老犬の介護用品です。
クッションや靴下など様々な商品があります。その中でもオススメしたいのが、介護用ハーネスです。

いつもできたことができなくなる、これは犬も人間も苦しいですよね?
大好きな散歩に行けなくなる、いつものトイレに行けなくなる……ワンちゃんは何が起こっているのかわかりません。そのため普段通りに立ち上がって、移動しようとします。無理に動いてしまい、怪我をするワンちゃんもいます。

そこでワンちゃんの歩行をサポートするために、犬用の介護用ハーネスを使います。

特に中型犬、大型犬の場合は体重が重いので、体を持ち上げるのは一苦労ですよね。

どんな種類があるの?

ワンちゃんの胴体や後ろ足を持ち上げられるよう、取っ手がついているハーネスが一般的です。体にくいこまないように紐状ではなく、洋服やベストのようになっています。

種類は胴体を全体的に覆う大きなものや、後ろ足や前足などの部分的にサポートするものなど多々あります。小型犬〜大型犬まで用意されているものがほとんどなので、大型犬を飼っている方も安心して選べるでしょう。
ワンちゃんの状態に合わせて選べるので、今どの部分までが動くのか、どこをサポートしたほうが良いのか、を考えて購入してください!

犬の介護用ハーネスの活用法

介護用ハーネス2
歩行補助ハーネス LaLaWalk 大型犬用 マリン (LL)

人間よりも早く歳をとってしまうのが犬です。歳をとれば足腰が弱くなり、フラフラと歩くようになったり、立ち上がれなくなったりしてしまいます。

散歩のときにトイレをしていた犬は、後ろ足が弱り自力で立ち上がれなくなっても外でトイレを済ませようとします。オムツ等をしてその場でさせたとしても、申し訳なさそうな顔でションボリしてしまう子もいます。

私は愛犬を15歳で亡くしました。
後半の2年間はほとんど寝たきり。その場でトイレをさせようとしても、意地でもトイレに行くといってジタバタと足を動かす姿に心を痛めていました。

困ったことに大型犬であったため、ひとりで抱っこをして連れ出すこともできませんでした。
そんなときに介護用ハーネスの存在を知り、物は試しと購入してみました。
私は以下の様な場合に使用していました。

トイレまでの移動

トイレまでの距離が遠くない場合は、ハーネスで補助しながら連れて行きました。犬自身も慣れた場所でしたいようです。
散歩の途中でトイレをさせていた方は、まず屋敷内、室内で用を足すことに慣れさせることから始めましょう。その場合にもハーネスで補助しながら歩行させることになるかと思います。

寝たきりでの床ずれ防止

寝たきりのワンちゃんが気をつけなければならないのは『床ずれ』です。
同じ体勢で長時間寝ていると皮膚に血液が回らずに、皮膚が損傷を受けた状態になります。それが床ずれです。

床ずれの防止方法として、体勢を変えるがあります。その際にハーネスをしようして、体を持ち上げる補助をします。体の大きな犬の場合、右向きに寝ていたものを左向きにするだけでも、ひとりでやるとなると大変な作業です。
ハーネスを使うことでひとりの場合でも体勢を変えることができます。

ワンちゃんの気分転換

足腰の弱ったワンちゃんは、以前よりも行動範囲が狭まってしまうでしょう。またワンちゃん自身が動きにくくなったことに慣れず、イライラが溜まってしまうことがあります。
自宅のベランダや外が見える窓の側にでもいいので、移動して気分転換をさせてあげることができます。余裕があれば外に出てみるのもいいでしょう。
少し歩くことで随分と気分が違うようです。

気分転換をさせた後には、少し笑って見えるのは親ばかだからでしょうか?

まとめ

大型犬

介護用ハーネスが役に立つことが紹介できたでしょうか?
どのタイミングで使用するか、体のどの部分に使うのか、どういった種類があるのか、など難しいですよね。今回の記事でそういった疑問を少しでも解決できたらと思います。

自分自身が犬の介護を経験したところからも、介護用ハーネスは役に立つと自信を持って言えます。

介護していく中ではイライラが溜まったり、するでしょう。ワンちゃんの不安な顔を見て心を痛める方も多いのではないでしょうか?

人の気持ちに敏感な犬は、飼い主さんに余裕がないことを察知して、飼い主さんを心配してしまいます。

介護の負担を少しでも減らすことで心に余裕が生まれ、その余裕の分ワンちゃんに優しくしてあげて欲しいのです。

犬は自分自身の体の変化がわからずに、不安になっていることがあります。ワンちゃんにとっても介護用ハーネスで、出来ることが増えたほうがホッとしますので、是非使用することをオススメします。

飼い主さんとワンちゃん、両者共に良い老犬ライフを送れるように介護グッズを活用しましょう!

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 pon

    先代の犬を介護しているときは、このような犬用の介護用ハーネスがなかったので、風呂敷で同じようなものを母が作って使っていました。
    4本脚の動物は、立てなくなると内臓機能が正常に働かなくなり弱ってしまうと聞いたことがありますが、うちの犬がまさにそのような状態でした。肢が弱くなってからはどんどん体も衰弱していったように思います。
    しかし風呂敷を支えにして庭に出て用を足すと、わずかですが嬉しそうに充足した気持ちになるようで、家族には犬の喜びが充分に伝わってくるのです。犬にとって自分の脚で歩くことの重要性を感じました。
    今一緒に暮らしている犬もシニア期を迎えました。どんな犬でも介護は大変でしょうが、最後まで出来るだけ愛犬に優しくしっかりとお世話をしたいと思っています。
  • 30代 女性 まろんママ

    10キロ前後なら腕で支えたりタオルで代用したりもできるんですが、それ以上になるとやはりハーネスがあった方がいいですね。本当は小さい子でも専用のハーネスがあった方がお互い負担が少ないのかもしれないけど…。排泄の時は絶対ハーネスがあった方が楽だし、ほぼ寝たきりのおむつ生活になってもやっぱりハーネスがあった方がいいと感じました。ここでも書かれていますが、こういう生活になったからこそ気分転換って大事だと思うし、ほんのちょっと外の空気を吸いに行ったり、草の上を歩かせるだけで犬も喜ぶ気がします。まだ介護の経験は一度だけですがまたいずれその時が来ると思うのでハーネスは利用すると思います。犬は寿命が短いからだんだん誕生日がうれしいよりも切ないに変わってきてしまいますね。
  • 40代 女性 こたママ

    近所でもハーネスを使って気分転換と排泄のためにお散歩に出ているシニアワンがいますが、飼い主さんと話しているとやっぱり外に出ると夜によく寝てくれて夜泣きとか部屋の中をぐるぐる歩く徘徊が落ち着くとおっしゃっていました。家の中では大体寝ていて、ほとんど飼い主さんのサポートありで体を動かしているようですが、外にいる時その子は地面のニオイを嗅いだり草むらに頭をつっこんだりして、自然を感じて楽しんでいるように見えます。抱き抱えられる程度の小型犬ならまだしも、ある程度サイズがあると、ハーネスなしでは外に連れ出すのも一苦労ですから、やっぱりあると便利だと思います。できたら人間の腰への負担が少ない介護アイテムが出たらうれしいですねー。
  • 40代 女性 匿名

    うちの愛犬は大型犬で、現在14歳で体重が36kgあります。まだお陰様で散歩も行けてますが、だんだん後足から脚力が落ちてきたような気がします。同じように大型シニア犬を飼うお友達が「アイアンバロン」というお店で<ハニカムつなぎ>という介護グッズを購入して、寝返りさせる際もとても使いやすいと勧めてくれました。
    記事にあるように、我が家も外でしかトイレをしてくれないので、今後足腰が弱った際に、重い体重を支える事が困難になると考えられるので、<ハニカムつなぎ>を検討しようかと思っています。素材が通気性が良く、オールシーズン付けたまま寝ても大丈夫なようです。病院に連れて行く際、車に乗せる補助にもなって便利だと思いました。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。