犬は馬肉が大好き♪味も栄養も抜群!

13029view

犬は馬肉が大好き♪味も栄養も抜群!

みなさんのご家庭の愛犬は普段どんなご飯ですか?ドライフードでしょうか?それとも手作り?色々あると思いますが、今回愛犬にオススメしたいのは馬肉!馬肉にはわんちゃんにとって良いことがいっぱいなんですよ♪

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

馬肉の味と栄養について

豚肉、鶏肉、牛肉などなど、たくさんの種類のお肉が出回っていますが、なぜその中でも馬肉が注目されているのでしょうか。ではここで他の肉と比較してみましょう。

栄養素

馬肉は高タンパクで低カロリーです。カルシウムや鉄分は牛豚の約3~4倍も含まれています。馬肉に含まれるヘム鉄は造血作用が優れているほか、体内への吸収がとても高い鉄分です。貧血気味なわんちゃんにも効果的です。

馬肉は必須脂肪酸が豊富です。牛や豚などには含まれていない不飽和脂肪酸が約65%も含まれているのは大きな特徴です。動物性の脂肪ではあまりみられないオメガ3が豊富に含まれているところも馬肉の優れている点です。

オメガ3は青魚に多く含まれるものなので、お魚が苦手なわんちゃんには馬肉がおすすめです。ペプチドは体を温め血管を拡張したり、免疫力を強化する働きがあります。馬肉に含まれる多くのペプチドはカルノシンと言われるイミダゾールジペプチドで、非常に強い抗疲労作用と抗酸化作用があります。

馬のスタミナやパワーの源はこのカルノシンにあるといわれています。含まれる抗酸化作用により疲労も軽減できるなんてとても魅力的な栄養素ですね。馬肉に含まれるグリコーゲンは牛や豚と比べると約3倍!

こちらも疲労回復にとても優れているので、体力が落ち気味なわんちゃんにも与えたいですね。ビタミンAは皮膚粘膜の保護や被毛の維持改善に効果があります。栄養素は高いのに、カロリーは牛豚肉の約半分、脂肪は約5分の1!なのでダイエット中のわんちゃんややシニア犬にもおすすめなんです。

その他、亜鉛、リン、セレン、カリウム、マグネシウムなど

ここ近年で馬肉が注目されるようになったのは、他の肉に比べて犬や人にとってアレルギーが出にくい食品ということも大きな要因だと思います。ただし、馬肉アレルギーが全く出ないというわけではないので、初めて与える際はよく注意してみておく必要があります。

馬肉の味について

私自身は馬刺しを食べたことないのですが…
我が愛犬に与えてみると、準備をしている時点でソワソワしています。食いつきもとても良く、食べ終わったあともずーーっとお皿を舐めて名残惜しそうにしています。きっと、犬にとっても馬肉は美味しいのでしょうね。
生肉自体も臭みなどなく、与えることにも抵抗はありません。

犬に馬肉を与えるメリット

  • 毛づやが良くなる
  • 皮膚トラブルの改善
  • 便の調子が良くなる
  • 食欲が上がる
  • 健康を維持する
  • 貧血の予防、改善

などの効果が期待出来るようです。もちろんわんちゃんの個体差がありますので、全ての犬に効果・改善が見られるわけではありません。
しかし、犬に与えて悪いものではないので、体質的に問題なければ与える価値はあると考えています。

もちろんメリットがある分、デメリットも存在します。
馬肉は栄養成分が豊富なため、与えすぎると病気のリスクが発生します。
マグネシウムの過剰摂取による結石。
あくまでも栄養補完のための馬肉なので、馬肉だけの食事を与え続けることによる栄養の偏り。
生肉は歯垢が付きやすい。小まめに歯磨きをする必要があります。
栄養が豊富でもわんちゃんの適量を見極めて与えていかなくてはいけませんね。

上手に馬肉を与える方法

馬肉に含まれるアミノ酸や酵素は、加熱するとその成分が壊れてしまいます。なので、犬に馬肉は生で与えることが一番効果的な与えかたです。老犬になると消化酵素が減っていくため、食べ物からの栄養がうまく消化吸収されづらくなっています。馬肉の持つ酵素でそれを補うことで、栄養が行き渡る効果が期待できます。

本当に馬肉はを生で与えても大丈夫?

馬は豚や牛など他の動物よりも、5~6度程体温が高いのです。そのため、寄生虫や細菌が付きにくいというメリットがあります。また、通販などで馬肉を取り寄せるとほぼ冷凍で届きますが、寄生虫は-20℃に2日間以上置くと死滅することから、冷凍で届く馬肉は比較的安心して与えることができるといえます。ただし、解凍方法や保存方法を間違えると細菌繁殖が起こる場合もありますので十分に注意してください。
人間も生で馬刺しとして食べますよね。その為、新鮮な馬肉であれば豚や牛などよりも安心して生で愛犬に与えることが出来ますが、購入時に確認をするほうがよいでしょう。馬肉ミンチの場合、ウェットフードと合わせると生肉への抵抗も少なくなります。また、ブロック馬肉よりもほぐれやすく食べやすいので、小型犬にも向いています。噛む力が弱くなってしまう老犬にもいいですね。

食器にご飯

与えかた

愛犬に初めて生で与える場合、いきなり大量に与えてしまうと、やはり下痢をしたり吐いたりと上手く消化が出来ない場合があります。まずは少量ずつ与えて様子をみましょう。
最初は生ではなく、加熱して与えても良いでしょう。少しずつ生へ、そして量を増やしていきましょう。

馬肉の購入方法

スーパーでは、馬肉を扱っているところはなかなかないでしょう。精肉店などでは人の食用として扱いがあるお店もあるようです。
一番入手しやすいのは、ネットショップではないでしょうか。もちろん人用でもOKです。
大きいペットショップでも最近は見かけることが増えました。
我が家ではいつもお世話になっているペットショップか、ネットで購入します。

ディアラ

ディアラさんは馬肉の取り扱いで有名です。様々なタイプの馬肉を扱っています。

POCHI


冷凍肉以外にも、馬肉を原料としたレトルトの扱いも豊富です。
生肉も様々な形状のものがあるので、愛犬に合わせたものが見つかります。

レトルトパッケージ

生肉に抵抗がある場合は、他の食材と合わせたレトルトも与えやすいでしょう。
愛犬へのおやつとしてジャーキーもオススメです。
1食ずつ小分けになっているものだと、使いやすくておすすめです。

馬アキレス

今は馬の様々な部位をバランス良く配合した犬用の商品も出ています。初めはそのようなものを選ぶと手軽で良いと思いますよ。

愛犬に馬肉を与えるときの注意点

いくら健康的に良いものと言えども、与えすぎはやはり良くありません。犬の祖先はオオカミなので、犬も本来の食生活として肉を与えていれば良いと考える方もいます。しかし、家庭の中で生活していくようになり、犬も雑食となっています。肉だけでは栄養が偏ってしまうので、何事もバランス良く与えることが大切ですね。

注意点

生で与える場合は、やはり傷まないように保存することです。ネットやペットショップで購入する場合は、大抵が冷凍なのでそこまで心配はないかと思います。必要な分だけ解凍し、残りは冷凍保存で調整していきましょう。出来る限り新鮮な状態で与えることが一番効率的に栄養を吸収できます。
食べ残した場合はすぐに下げるなど気を付けると良いでしょう。
我が家では冷蔵庫でゆっくり解凍して与えています。

まとめ

馬肉は栄養も満点でぜひわんちゃんに与えたい食材の1つです。我が愛犬も大好きな馬肉。手作りごはんのレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?

他の肉よりも安心して与えられるので、ぜひ挑戦してみて下さい。
きっとあなたの愛犬も喜んでくれますよ!

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 チョコママ

    馬肉は、私は一度だけ食べたことがありますが、生でも美味しいお肉ですよね♪
    それに、栄養も豚や牛よりめ高いなんてビックリしました!しかもヘルシーだなんて最高ですね♪
    でも、たしかにあまりスーパーなどでは手に入らないですよね。。きっとワンちゃんも、好きな味だと思います♪
  • 30代 女性 おはぎ

    愛犬を迎えるまでは馬肉にそれほど興味もなく無縁の生活をしていました。
    馬のアキレスのおやつやフードに馬肉タイプがあったりして、馬肉は他の肉類に比べて低カロリーなのに高タンパクで鉄分も豊富って事を知りました。それで馬肉ってすごいんだ?!と感じたのです。

    生の馬肉はちょっとお高めなので毎日あげる事はできませんが、たまにあげると喜んで食べてくれます。やっぱり好きなんでしょうね^^

    食後には馬のアキレスをあげています。脂肪分が少なく長持ちするのでおすすめです♪
  • 30代 女性 すみれ

    今まで馬肉はあげたことなかったです。犬用じゃなきゃダメなのかと思っていて、なかなか買える機会もないと思っていたのですが、人間用の馬肉で大丈夫と聞いて、早速あげたい!と思いました。人間用で良ければ、一緒に食べれるし、何か嬉しいですね。
    もう少しで愛犬の誕生日なのであげてみたいと思います。
  • 40代 女性 える

    愛犬がドッグフードをなかなか食べてくれなく、フードジプシーに陥っていたころに参加したドッグフードのセミナーで、馬肉に関しての話を聞きました。でも確か、メリットも多いけど、トランス脂肪酸の含有率などを見るとブタの方が良いと伺ったように記憶しています。
    ただ、ひとつの食材によるたんぱく源を続けるよりも、ローテーションしてさまざまなものを与えた方が、アレルギーリスクなども低くなると言われたので、私はそれ以来、牛・豚・鶏・魚・その他を続かないようにドッグフードを1袋使い切ったら別のたんぱく源、と変えて与えるようにしました。
    小型犬なので、1kgほどの一番小さな容量のフードを購入し、10日ほどで変えています。
  • 女性 ますたー

    馬肉をなかなか生で手に入れることは出来ないので、おやつ類などでしか与えてことがありません。犬にとって良い食材、買い始めたころはいろいろ探しましたが、今は偏りなくいろいろなものを与えるように心がけています。主食は鶏肉や牛肉、豚肉が多いので、おやつではそれ以外のたんぱく源をとしています。
  • 女性 ゴン吉

    貧血には馬肉!と聞いてからまめに与えるようにしたら舌の色もだいぶ改善されました。
    馬肉はその辺のスーパーで置いているものではないので、毎回取り寄せなくてはならないところが難点ですね。
    火を通す必要はないですが、冷凍で届くので常温より少し高いくらいに戻してから与えると香りもたって喜びますよ。

    ペットフードコーナーにある馬肉缶はお手軽ですが、発色剤などが入っているので悩むところです。
  • 50代以上 女性 犬に馬肉

    以前、「犬に玄米」で匿名で投稿させていただきました。11歳の体重14キロMIX犬です。うちの子は離乳からずっと手作り食(三分づき米、お肉、野菜が1:1:1のドッグおじや)です。何時でも食欲があって下痢なども経験がなく、ハウンド系なので、長いリードを付けてよく走る元気な子でしたが、9歳近くなって、ちょっとヘアピンカーブを切る時、足がガクッっとなることがありました。そのあとも普通に走るし、獣医さんの触診でも異常がないので、ああ歳を取ったのだな~と感じていました。筋力が弱ってきたんですね。そんな折、馬肉の生食を知る機会がありました。蛋白質豊富で、酵素も摂れて消化も良く老犬には良いとのこと、また一度冷凍したものであれば病原菌の心配もないとのこと、安全性も色々調べて、冷凍で生馬肉ミンチを10gほどのキューブに加工したものを購入しました。今までのドッグおじやの肉を減らしながら、解凍した生馬肉のトッピングを初めは10グラムほどから2週間ほど様子を見ながら少しずつ増やしていきました。今はおじやのお肉1生馬肉2の割合にしています。馬肉は一日80グラムほどです。馬肉を始めて数か月後、毛艶もとっても良く、老犬でも筋肉が増えて、何よりヘアピンカーブでつまずかなくなりました。歳ですから若い頃とは速度は違うと思いますが、あれから2年半、ワンちゃん仲間の飼い主さんたちにも「とても11歳とは思えない」と言っていただきます。夏でも食欲は衰えず、毎年の血液検査もいまのところ異常ありません。先日も80㎝程もある石段の上に、ひょいッとジャンプ!「えーなに今の~?凄い!」って言われて私も大満足。ちょっと自慢してしまいましたが^^;老犬でも食べ物によってこれほど筋力維持ができるのだなとおもいます。これからも愛犬の様子見ながら健康維持に頑張ります。最後になりましたが、愛犬に初めての食材をあげる時には必ずこのサイトで参考にさせていただいております。犬にお蕎麦、犬にゴーヤとか。。たいへんお世話になっております。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。