老犬が息が荒いのは本当に暑さのせい?

40907view

老犬が息が荒いのは本当に暑さのせい?

お散歩中の愛犬が、舌を出してハアハアと息が荒い状態でいるのを見かけたことがある人も多いことでしょう。体温を調整するための意味もあるのですが、老犬の場合には病気の可能性もあるのです。

老犬がはあはあと息が荒いのは暑いから?

ダックス

老犬が舌を出して、ハアハアと荒い息をしているのを見かけることも多いかと思います。

お散歩の後や、はりきって遊んだ時、特に夏など気温の高い時期には、特に走ったわけでもないのに、息が荒くなることもあります。

このような場合は、体温の調節のために自然と行われていることなので、病気が原因なわけではありません。

犬は、人間と違って、全身の皮膚から発汗することで体温を下げるということができない生き物なので、犬にとって、呼吸とは体温調節のための非常に大切な手段となるのです。

暑さや運動が原因で息が荒いときの対処法

2匹の犬

老犬の息が荒いという状態が、病気が原因ではない場合には、涼しい場所に移動し、たっぷりと水分を補給して安静にしていれば、しばらくすれば、自然と呼吸も落ち着いてくるはずです。

もちろん、いつまでも炎天下に居たり、水分の補給などが適切に行われない場合には、熱中症になってしまうケースもあります。

特に体力の低下している老犬の場合には、お散歩の前半で息が荒い状態になった時には、帰り道がさらに辛くなってしまうことでしょう。

そのような際には、途中でしっかり休憩をとったり、歩く距離を見直すことも必要かもしれません。
ただし、これまでの散歩と全く違うコースに変更したり、急に距離を短くした場合には、わんちゃんのストレスにもなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

気温の高い時間帯を避けることによって、わんちゃんの息が荒い状態になるのを避けることができるのか、それとも、距離や運動量に問題があるのかを、しっかり見極める必要があるでしょう。
そして、特に老犬の場合には、決して無理をさせないように、飼い主さんが気を付けることが大切です。

老犬の息の荒い状態が病気によって起こる場合

ふりかえる犬

体温調節のために息が荒い場合ではなく、他に病気などの原因があるケースもあります。

特に老犬では、具合が悪いと、息が荒いという症状になって現れることが多いようです。老犬が普段と違って苦しそうに息が荒い状態になっている時や、呼吸が速くて浅い場合、また咳をしているような際には、病気の可能性も考えるべきでしょう。

老犬の息が荒い状態になる病気として、主なものに、心臓疾患、腹膜炎、フィラリア症、などの病気が挙げられます。

また、肺や気管に異変が起きている場合にも、息が荒い症状が起こることがあります。人間でも、喘息などの病気では、深く呼吸することが難しくなります。

呼吸が浅いということは、肺や気管に何らかの異変が起きているというサインでもあるのです。

いつもはお散歩好きなわんちゃんが、息が荒く、歩くのを嫌がったりする場合には、老犬の場合、何か体に不調を感じていることのサインの可能性が高いので、そのような時には無理をさせず、注意深く観察することが大切です。

また、呼吸が速い訳ではなく、むしろ、遅い呼吸の場合でも、苦しそうにしている時には、緊急を要する場合もあります。

それは、喉に異物が詰まっているようなことが考えられるからです。

また、中毒症状のケースでも、息が荒いような状態になることもあるので、わんちゃんが何か、毒性の高いものを誤って口に入れてしまった可能性がないか、注意しましょう。

室内に置かれている観葉植物のなかには、毒性の高いものもありますので、わんちゃんが口に入れると危険です。

また、痴呆の症状が進んだり、視力や臭覚の低下によって、思いもかけないものを食べてしまうことがあるかもしれませんから、室内であっても、少しでも危険性が感じられた場合には、あらかじめ、わんちゃんの近くに置かないなどという対策をしておくことが大切です。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 まみ

    16年半生きた愛犬も10歳過ぎた頃から息が荒い姿をよく見かけるようになりました。
    一度、息が荒くグッタリしてることがあり、病院に連れて行ったら「もうだめです」と言われてしまい泣きながら家に連れて帰ってゆっくり看取ろうと思ってたら、家に着いてしばらくしたらドックフードを嘔吐しました。
    それから呼吸が落ち着き、元気に回復したのを覚えてます。
    老犬は今まで大丈夫だったことも大丈夫じゃなくなることも多くなってくるので注意が必要ですよね。……それにしてもそこの動物病院は今考えると本当最低!
  • 30代 女性 TIKI

    我が家も13歳のシニア犬を飼っているので、散歩後に息が荒くなるのは経験しています。特に真夏の散歩は日が暮れても地面の温度は高いので、バテないよう距離を短めにするよう注意しています。
    記事にあるように、苦しそうにしていたり、呼吸が荒い状態が続く時はすぐに獣医さんへ連れて行った方がいいと思いました。
  • 30代 女性 チョコママ

    愛犬が朝一番のお散歩前に咳きをするのがちょっと気になっていましたが、注意して観察することで、そんなに深刻に受け止める現象ではないと思いました。
    定期的な健康診断時も獣医師からおすみつきの健康体ではありますが、8歳とシニアになったので、万が一の何らかの疾患の場合に早期発見できるよう、「いつもと違うな」という事には、気をつけてあげたいと思います。
  • 女性 かーゆママ

    うちの12歳になる柴犬もお散歩中や気温が高い時期になると、舌を出しハァハァと呼吸が荒くなることが多いです。特に走ったり、激しい運動をしているわけでもないのにそのような状態になると「高齢になり体力も落ちたから疲れちゃったのかな?」程度の認識でしたが、病気の可能性もあるのだとこの記事を読んでハッとしました。

    暑い時期には外に出さず、風通しの良い涼しい場所で過ごさせるようには心がけているのですが、若い頃とは違い体温の調節機能の低下もあるのではと考えています。
    また我が家ではうんちやおしっこの状態をお散歩の際によく見て(以前血尿が出て病気が発覚したのでそれ以来気を付けるようにしています)、日々の体調の変化は良く観察しているほうだと思っていたのですが、何らかの病気や異物を食べてしまったかもという考えはありませんでした。

    今後は、もっと空調の管理や普段わんちゃんが過ごしている周りの配置物にも気をつかい、安心安全な環境でより健康で楽しい時間を一緒に過ごせるように配慮する必要があるのだと再認識することが出来ました。
  • 女性 ゆん

    シニアのダックス犬を飼われていた方のお話ですが、食欲もあって活発だったわんちゃんが、急に少ししかご飯を食べなくなり、ハッ、ハッという浅く速い呼吸が見られるようになったそうです。わんちゃんはしっかり起立もできるし、呼べば尻尾を振って来るので、その日病院に連れていくかどうか迷われたそうですが、一応、といった感じで動物病院に来院されました。すると、なんとわんちゃんの腸の腫瘍がお腹の中で破裂していて、腹膜炎が起きていたのです。来院したその日に手術になりました。お腹の中は血の海だったようですが、原因となっていた腫瘍を手術で取り除かれたため、その後はどんどん回復していきました。来院する時間がもっと遅ければ、助からなかったかもしれなかったのです。ちょっとした変化でも、老犬の呼吸の変化は命に関わることもあるのですね。気にかかることがあれば飼い主だけで判断せずに病院に相談した方が良いと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。