犬と暮らせば【第34話】「エマ流」

犬と暮らせば【第34話】「エマ流」

ある日、不思議な地球生物「イヌ」と出会い、それまでの暮らしも価値観も何もかも変わった私。今日はついにエマの得意技のお話をしたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録
犬と暮らせば第34話

犬に対してエマが初めて腹出ししたのは、4ヶ月のときでした。
犬の幼稚園(しつけ教室)に体験入園したときのこと。
トレーナーさんが先輩犬(2歳のミニチュアシュナウザーの男の子でした)を連れてきてくれて、エマと挨拶させてくれました。ミニシュナ君もエマもクンクンしあって、遊び始めたと思ったら突然エマがゴロン!

「あ!俗に言う降参のポーズだ!エマはビビリ犬だったのか!」と思っていたら、トレーナーさんが「うまいです!素晴らしい!!」と絶賛。

「え???」
「お腹を出すのは相手を落ち着かせるためで、母犬が子犬にやることもあるんですよ。エマちゃんは遊びのリズムをすでに作れるんですね。良いことですよ!」

目から鱗でした。
まだ犬ビギナーだった私。
お腹を出すのは「怖くて、なす術がなくなって、命を投げ出してる状態」かと思っていました。
でもよく考えたら、お腹ってどこよりも柔らかくて、毛も薄くて、一番弱いところなんですよね。そこを見せるってものすごく勇気のあることだし、逆に言えば、相手を信頼してないと絶対出せない。

あのときトレーナーさんに教えてもらえて良かった。
もし知らなかったら、ビビらないようやめさせていたかもしれない。
知ってる人に教わるって大事。

今は汚れても、砂だらけになっても、急いでないとき以外はゴロンを許しています。
エマがのびのびと犬と接することができて友達を増やせたのは、きっとこれのおかげです。

柴犬にゴロンするエマ

↑好きな相手に腹出しは欠かせません。

エマのやばい顔

↑こちらがやばい顔です。ご査収ください。

犬と暮らせばの他の話を見る

作者:おおうちまりこ

■Instagram:https://www.instagram.com/atelierberthe/
■Twitter:https://twitter.com/atelierberthe
■LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/author/369439/ja

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 なお

    ヤバい顔の写真みて思わず吹き出してしまいました。うちのマルプーはワンコに会うとうーっと唸るのでフレンドリーに接する事ができるエマちゃんが羨ましい。
  • 投稿者

    50代以上 女性 プーリママ

    ヤバい顔、完全にいっちゃってますね。爆笑です。
    うちのトイプーちゃんは相手が大型犬だろうがなんだろうがおとなしくにおいを嗅がせます。でも、こんなうれしそうな顔はしませんのでびっくりしました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

今回の「犬と暮らせば」を読んだ感想を聞かせてください(*^_^*)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。