老犬介護で最適なのはどんなベッド?選び方からおすすめの商品まで

老犬介護で最適なのはどんなベッド?選び方からおすすめの商品まで

お気に入りに追加

介護が必要な老犬のためのベッドの選び方について「洗濯しやすいベッドを選ぶ」「カラダを伸ばすことができるベッドを選ぶ」「高反発である素材のベッドを選ぶ」の3つのポイントをご紹介しています。

2001view

介護が必要な老犬のためのベッドの選び方

布団で眠っているビーグル犬

老犬は寝ている時間がとても長くなりますので、心配なのが床ずれです。
床ずれがひどくなり、病院や治療のためにやってくる老犬も多いようです。

私も老犬の介護をしていたときは、床ずれができてしまい、出血などもあったことから、病院へ行き、塗り薬を処方していただいていました。
愛犬に介護が必要になったとき、寝ている時間が長くなった愛犬のためにできる、老犬のためのベッドの選び方をご紹介したいと思います。

介護が必要な老犬のためのベッドの選び方①「洗濯しやすいベッドを選ぶ」

介護が必要な状態であるということは、カラダを自由に動かすことができないということです。
寝たきりの状態になってしまうと、自分でトイレに行くこともできなくなります。
そうなると、どうしてもトイレを失敗してしまうことが多くなってしまいます。
トイレを我慢することができず、ベッドの上でしてしまうことがあります。

トイレに行きたがっていることに気づいた飼い主さんが、トイレまで連れて行こうとしたとき、間に合わずにベッドの上でしてしまうことがあります。
ベッドを汚してしまうことが多くなるため、お手入れがしやすいベッド、もしくは洗濯しやすいベッドを選ぶと良いです。
タオルなどでサッと拭くだけでお手入れすることができるベッドもありますが、衛生面を考えると洗濯しやすいベッドの方が良いです。
免疫力が低下している老犬です。
一日のほとんどを過ごすベッドですから、感染症などの予防のためにも衛生面には十分に注意したいものです。

介護が必要な老犬のためのベッドの選び方②「カラダを伸ばすことができるベッドを選ぶ」

カラダをキュッと丸めることができるような、ちょっと小さめや狭いくらいのベッドを好む犬ですが、老犬になるとそうはいきません。
カラダをうんと伸ばして眠ることができるベッドを選んであげなければなりません。
寝たきりになると、手足をピーンと伸ばした状態のままでいることが多くなります。
ですので、カラダも手足もうんと伸ばすことができる大きさのベッドを選んであげると良いです。

私が老犬の介護をしていたときには、小型犬と中型犬である愛犬たち、大型犬のサイズのベッドを使っていました。ベッドから頭だけが落ちてしまうようなこともなく、良かったです。

介護が必要な老犬のためのベッドの選び方③「高反発である素材のベッドを選ぶ」

低反発と高反発のベッドがありますが、老犬の介護には高反発であるベッドが良いとされています。自分で自由にカラダを動かすことができたり、しっかり寝返りをうつことができたりする状態なのであれば、低反発のベッドでも良いかもしれません。
しかし、自分で自由にカラダを動かすことができない状態、寝返りをうてない状態、完全な寝たきりである状態である場合には、高反発であるベッドが良いです。

低反発のベッドは沈みやすく、自分で自由にカラダを動かすことができる老犬の場合も、躓いて転んでしまう可能性が高くなります。
ベッドが沈んだときに手足をとられてしまい、躓いてしまうのです。

私も老犬の介護をしていたとき、低反発のベッドも高反発のベッドも使っていました。
低反発のベッドで寝かせていたとき、ベッドが沈んでしまったことで愛犬のカラダがグニャリの曲がってしまっていました。
カラダへの負担も骨への負担も大きいと感じ、高反発のベッドに変えたのです。

おすすめ!介護が必要な老犬のためのベッド

もこもこのクッションの上で寝ている犬

犬の介護マット クッションエアー

犬の介護マット クッションエアー
4,980円(税込)

特殊な製法によってファイバーが編み込まれており、通気性に優れています。
カバーを取り外すと、そのファイバーを実際に手に取って確認することができます。
汚れてしまっても水洗いで手軽にお手入れすることができます。
カバーは手洗いがおすすめですが、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗濯してもOKです。

犬の床ずれ防止 ベッド クッション

犬の床ずれ防止ベッド ドッグダイナー
13,800円(税込)

介護が必要な老犬のため、床ずれ防止のために開発されたベッドです。
四隅に持ち手がついており、寝返りをさせるときや移動をさせるときの飼い主さんの負担を減らしてくれます。汚れてしまったら丸洗いすることができます。

まとめ

ブラウンのベッドの縁にアゴを乗せている犬

介護が必要になった愛犬のため、快適に過ごせるベッドを用意してあげたいですよね。
私も老犬の介護をしていたときは、ベッド選びに何度も失敗しました。

実際に与えてみると、気に入らないのか、寝心地が悪いのか、使ってくれないこともありました。介護レベルが上がるにつれて、ベッドも買い替えなければなりません。
愛犬に合った適切なベッドを選んであげたいですよね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。