コッカープーはアメリカで大人気のミックス犬

コッカープーはアメリカで大人気のミックス犬

お気に入りに追加

コッカープー?犬種にしては、変わった名前ですね。それもそのはず、コッカープーはミックス犬なのです。アメリカンコッカースパニエルとトイプードルのミックス犬です。とても人気のあるミックス犬、コッカープーについて、この記事でご紹介します。

5848view

コッカープーの性格

寝そべって頭を上げるコッカープー

コッカープーは、親犬のアメリカンコッカースパニエルとトイプードルの気性を受け継いでとてもフレンドリーで愛想のいい性格です。アメリカンコッカースパニエルもトイプードルも、家庭犬として人気がありますね。コッカープーもやはり家庭犬に向いています。

親犬ゆずりの賢さもコッカープーの魅力です。何でもよく覚えることができるので、比較的しつけをしやすい犬種です。コッカープーは家族に対しては愛情深く、よその人にも穏やかに接することができます。

そして、快活なところもコッカープーの性格として特徴的です。好奇心旺盛で、子犬の時はイタズラするかもしれません。いろんな物に興味を持つので、コッカープーが成犬になって分別がつくまでは、誤飲などに気をつけて、見守ってあげてくださいね。

コッカープーの特徴

走るコッカープー

コッカープーの見た目は、トイプードルの特徴をよく引き継いでいます。ミックス犬なので、その子によって親犬の特徴の引き継ぎ方が違いますが、多くの子がプードルのような巻き毛です。

そのため、ぱっと見た感じはプードルかな?と思わせますが、アメリカンコッカースパニエルの体つきと顔を受け継いでいるので、コッカープーは普通のトイプードルよりもがっしりした体格です。

コッカープーは犬種登録されていないので、スタンダードがありませんが、体高は25cm~38cm体重は5kg~11kg小型犬です。

コッカープーの毛色は様々で、茶系やホワイトの単色から、複数の色が混じった子もいます。毛質はトイプードルなので、コッカープーは抜け毛が少ないのがうれしいですね。

コッカープーの価格

コッカープーの子犬

コッカープーはアメリカでとても人気のあるミックス犬ですが、国内ではまだそれほど普及していないようです。コッカープーの子犬の価格は15万円~20万円以上する程度です。

同じミックス犬のマルプー(マルチーズ×トイプードル)やチワプー(チワワ×トイプードル)はペットショップでも人気で、店頭でよく見かけますが、コッカープーはあまり売られていないようです。

そのため、コッカープーの子犬を迎えるならブリーダーが確実でしょう。ミックス犬のブリーダーというのも何だかおかしな感じがしますが、コッカープーを繁殖させている犬舎があります。評価の高い優良ブリーダーを探して、コンタクトをとってみましょう。

人気犬舎だと、次に産まれるコッカープーの子犬がすでに予約済みなこともありますので、早めに状況を教えてもらうことをお勧めします。

また、ミックス犬専門のペットショップや仲介サイトもあるようです。ここでもやはりマルプーなどが主流のようですが、コッカープーの子犬を探してもらうこともできそうです。

この時は、くれぐれもパピーミル(子犬工場)で繁殖された子犬でないことを確認してください。無理な繁殖で産まれた子犬はハンデを負いやすいですし、何より悪徳業者に利益を与えることになってしまいます。

コッカープーのほか、どの犬種にも言えることですが、子犬をどこから迎えるかは、日本のペット業界の仕組みに影響を与えます。一人一人が優良ブリーダーを選ぶことで、パピーミルの撲滅につながることを覚えておいてくださいね。

コッカープーの寿命

眠るコッカープー

コッカープーの寿命は12歳~18歳と言われています。最近は小型犬の寿命が昔より延びていますが、比較的長寿ではないでしょうか。

ミックス犬全般に言えることですが、純血種より遺伝疾患が少ないこともコッカープーの長寿に関係しています。もちろん遺伝疾患を持って産まれてくる子もいますが、純血種よりミックス犬の方が確率が下がるそうです。

コッカープーはたれ耳なので、外耳炎にかかりやすいのは、アメリカンコッカースパニエルやトイプードルと変わりません。外耳炎は処置が遅れると慢性化しやすいので、いつもより頻繁に耳をかいていて、耳を振るしぐさが見られたら、早めに動物病院に行きましょう。

早く治療すればその分早く治りますし、完治します。普段から定期的に洗浄液でコッカープーの耳を清潔に保つことも大事です。

あと、小型犬の飼い主さんに多いのですが、「家で十分遊んで運動しているから大丈夫」と散歩に連れて行く回数が少ないことがあります。コッカープーも小型犬も犬であることに変わりないので、散歩は1日2回、きちんと連れて行きましょう。

無駄吠えが少ないと言われるコッカープーですが、屋外で過ごす時間がないと、ストレスで吠えなどの行動をするようになる可能性があります。コッカープーの健康のためにも、1回につき30分程度の散歩に連れて行ってあげてくださいね。

コッカープーの歴史

丸太に寝そべるコッカープー

コッカープーは、1960年代からアメリカで繁殖されるようになったミックス犬です。ミックス犬としては、歴史が古いですね。抜け毛が少ないトイプードルと、愛情深いアメリカンコッカースパニエルを交配して、理想の家庭犬を目指して作られました。

コッカープーは、コッカプーと呼ばれることも多く、それぞれ英語で表記すると、CokerpooとCockapooとなります。プードルを片親とするミックス犬は、「プードルハイブリッド」と呼ばれますが、コッカープーはかなり初期の段階から生み出されてきました。

アメリカではたちまち人気が出て、コッカープーを欲しがる人が増えました。そのせいで、一時は無理な繁殖をさせる業者が出てしまい、問題になったこともあります。

今ではしっかりとしたブリーディングが行われ、コッカープーはミックス犬の中では一番犬種登録に近いと言われています。コッカープー同士の交配も行われているそうですから、正式な犬種になる日が来るかもしれないですね。

まとめ

こちらに走ってくるコッカープー

純血種の親犬の「いいとこどり」と言われるミックス犬ですが、コッカープーもやはりそうですね。プードルのかわいらしい巻き毛と、アメリカンコッカースパニエルのがっしりした体格を受け継いで、かわいくて丈夫な犬です。

気性が優しいところもいいですね。頭がいいので、コッカープーは初心者さんでも飼いやすい犬です。ミックス犬が好きな人にも、コッカープーはお勧めですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。