犬のお留守番中、テレビはつけておいた方が良いの?

14723view

犬のお留守番中、テレビはつけておいた方が良いの?

犬の室内飼いが一般的となってきたことで、留守番中のいたずらや分離不安などさまざま心配も出てきています。犬の育て方の本やインターネットの情報では留守番中の愛犬の不安を減らすために色々な方法が紹介されていますが、「留守番中はテレビをつけておいた方がいい」というのは本当なのでしょうか?

犬の留守番中にテレビをつける理由

水色の壁面に置かれたレトロなオレンジのテレビ

犬に留守番をさせる時にテレビをつけておいた方がいいと言われることがあります。

その理由は普段と同じ雰囲気をつくって留守番に不安を感じさせないためです。

これは飼い主が家にいる時にテレビがついていることが多い場合特に有効で、特にまだあまり留守番に慣れていない犬の練習段階で用いられる方法です。

飼い主が家にいる時と留守番中の家の雰囲気があまりにも違い過ぎると、不安を強く感じてしまう犬もいるので「いつも通りだよ」という雰囲気づくりとしてテレビをつけっぱなしで留守番させるといいとされています。

また、家の中がシーンと静まり返っていると外から聞こえてくるほんのちょっとした音にも反応してびっくりしたり吠えてしまったりすることもあります。

静かすぎる環境では緊張感が高まってしまうタイプの犬の場合も、テレビをつけておくことで緊張を緩めてリラックスさせることができます。

犬の留守番中でテレビをつけない方がいい場合はある?

リモコンに手を乗せる犬の手

犬の留守番中にテレビをつけておくと飼い主が家にいる時と同じような雰囲気になって安心するというメリットがありますが、中にはテレビをつけておくことで逆に不安になってしまう犬やトラブルを起こしてしまう犬もいるので注意しましょう。

テレビに興味を示すタイプの犬の場合、留守番中にテレビをつけていて興味のあるものがテレビに映るとそれに対して吠えたり追いかけたり、最悪の場合テレビに突進して倒してしまったりすることがあります。

他の犬が好きではない場合など、テレビに犬が映ると過剰に反応して吠えかかるなどがいますが、一緒に過ごしている時にテレビに強い反応を示す様子が見られたら留守番中にテレビをつけておくことは避けた方がいいと思います。

また、音に対して過敏なタイプの犬はテレビの中からどのような音が聞こえてくるかわからないのでつけておくことで逆に不安を感じさせてしまうことがあるかもしれません。

実際、筆者の愛犬は花火や雷などの音がとても苦手でテレビから聞こえてくる花火の音にも反応します。

今ではだいぶ克服して聞こえてきても落ち着いて過ごせるようになりましたが、飼い始めた当初は苦手な音が聞こえてくるとパニックを起こしていました。

不安を感じてパニックをおこした時、頼るべき飼い主がいないと余計に恐怖を感じてしまうかもしれません。

このような場合も、テレビ自体が不安要素となってしまうので留守番中はつけておかない方がいいと思います。

犬の留守番中にやるべきテレビ以外の対策はある?

窓の外を眺める柴犬

留守番中にテレビをつけっぱなしにしておくことは、まだ留守番に慣れておらず飼い主がいないと緊張してしまったり不安を感じてしまったりする場合におすすめの対策です。

普段が飼い主がいる時の雰囲気と家の様子があまりにも変わってしまうと留守番に抵抗感を示す犬もいるので、それを回避するための手段となります。

テレビをつけておく以外にも、ラジオやCDをかけておいたり照明をつけっぱなしにしておくことなどでも同じような効果があると考えられています。

ただし、毎日何時間も留守番をさせる場合にはテレビやラジオがついていなくても落ち着いて過ごせるように少しずつ慣らしてあげることも必要だと思います。

上で紹介したように、テレビがついていることでのトラブルやデメリットもありますし、いつもガヤガヤと騒がしい状態で過ごしているとしっかりと休息が取れないということもあります。

飼い主がいない時には静かで落ち着いた時間をゆったりとした気持ちで過ごすことができるように、しっかりと留守番の練習をしてあげることが大切です。

<まとめ>犬の留守番とテレビの関係

ソファでテレビを見る女性と振り返るプードル

留守番中にテレビをつけておくことは、犬がひとりで留守番をする時の不安感を取り除くために有効な手段だと思います。

しかし、できることならテレビなどをつけておかなくても安心して過ごすことができるように慣らしていってあげるといいと思います。

テレビは時間帯によって何が映るか、どんな音が聞こえてくるかわかりません。そうした時に一人で過ごしている犬がどのような反応を示すかもわからないからです。

どんな場面でもテレビを気にすることなく落ち着いて過ごせる犬であれば問題ないと思いますが、そういった犬の場合はテレビがついていなくても大丈夫なのだと思います。

留守番中にテレビをつけておくことは犬の寂しさや不安を紛らわすことができますが、犬のタイプによっては不安やストレスになることもあります。

留守番中にテレビをつけておくかどうかは、一緒に過ごしている時のテレビに対する愛犬の反応をしっかりと観察して決めるようにしましょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 ガジコ

    ウチでは留守番時、YouTubeにアップされている犬のリラックスミュージックを流して出掛けています。自然音と穏やかな音楽でリラックス出来ているみたいですよ
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。