かわうそちわわ。【その355】「おかーちゃんの記憶はなかった」

かわうそちわわ。【その355】「おかーちゃんの記憶はなかった」

【…★火曜・金曜更新★…】カワウソに似てるチワワの愛犬フィーユと、そんなフィーユが大好きな家族の毎日を、面白おかしく漫画にしています♪今回はえっちゃんの胎内記憶のお話です。

お気に入り登録
かわうそちわわ。その355

何度か胎内記憶についてえっちゃんに聞いた事がありましたが、
その日遊んだ事や、見たテレビなどの話をしていたえっちゃんなので、
胎内記憶のお話は飽きらめていました。

そんな時急に寝起きに話し出すえっちゃん。
えっちゃんがお腹の中にいる時
フィーユは毎日お腹に寄り添いひっついて普段舐めない私の手をよく舐めてくれていました。

それをえっちゃんも覚えていてくれたんだなぁと感動し
同時に思ったのでした。

「……あれ?おかーちゃんの思い出は?」
その後もおかーちゃんに関する胎内記憶は聞くことがありませんでした。

かわうそちわわ。の他の話を見る
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。