犬と暮らせば【第135話】「毛玉」

犬と暮らせば【第135話】「毛玉」

【…★月曜・木曜更新★…】ある日、不思議な地球生物「イヌ」と出会い、それまでの暮らしも価値観も何もかも変わった私。どんな犬種でもパピーの頃は毛が柔らかくて、しっとりしてて、ふにゃふにゃしてて…。撫でるだけで「お、まだ子犬だ」って分かります。

お気に入り登録
犬と暮らせば第135話

現在はそんなに毛玉はできません。毎日のブラッシングが日課になったということもあると思うけど、子犬の頃と毛質が変わったというのも大きいのではないかな。

パピーの頃は毎日撫でるたびに毛玉を発見してて、神経質な私はそれを解消したくて小一時間はほぐしていました。変なポーズのまま。この頃はまだ洋服も着せてなかったのに、どうしてこんなに毛玉ができてたんだろう。

先日、散歩デビューしたてのポメラニアンの子犬に会いました。

撫でるとしっとり柔らかくて、まだ毛量が少ないからふにゃふにゃで。パピーの毛には潤いを感じます。きっと栄養が豊富なんだろうな。若いってすごい!

あ、人間もそうか…。

犬と暮らせばの他の話を見る

作者:おおうちまりこ

■Instagram:https://www.instagram.com/atelierberthe/
■Twitter:https://twitter.com/atelierberthe
■LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/author/369439/ja

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

今回の「犬と暮らせば」を読んだ感想を聞かせてください(*^_^*)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。