犬のベッドを洗う時にしないほうがいいNG行為5選

犬のベッドを洗う時にしないほうがいいNG行為5選

愛犬のベッドを洗って後悔したことありませんか?『犬のベッドを洗う時にしないほうがいいNG行為』についてまとめました。犬のベッドの正しい洗い方もご紹介していますので、ぜひご参考ください。

はてな
Pocket
お気に入り登録

こんな洗い方は絶対にしてはいけません!

白いお布団で眠るジャックラッセルテリア

1.そのまま洗濯機に放り込む

愛犬のベッドを洗濯機に入れる前に、抜け毛を取り除いていますか?粘着テープ(コロコロ)を使って、抜け毛をしっかり取り除いてから、洗濯機に入れた方が良いです。とくに、抜け毛が多くなる換毛期には、十分に注意したいものです。そのまま洗濯機に放り込んでしまっていると、洗濯槽に抜け毛がたまり、故障の原因になってしまいやすいです。

2.洗濯表示に従わない

愛犬のベッドを洗うときは、事前に必ず、ベッドに縫い付けられているタグをご確認ください。そのベッドの正しい洗い方について表示されています。洗濯機で洗うことができるベッドもありますが、洗濯ネットに入れてください、と表示されていることがあります。

洗濯機で洗うことはできないけれど、手洗いであれば洗うことができます、と表示されてることがあります。水洗いはできません、と表示されていることもありますので、ご注意ください。

3.洗濯洗剤を適量よりも多く入れる

汚れやニオイが気になると、洗剤を多く入れたくなってしまいますよね。しかし、愛犬のベッドを洗うとき、洗剤のすすぎ残しが気になりませんか?洗剤が残ったままのベッドを使うと、犬の皮膚に炎症や湿疹が起きてしまう可能性があります。

とくに、皮膚の弱い犬や皮膚に疾患のある犬のベッドを洗うときは、十分に注意してあげたいものです。人間用ではなく、犬用の洗濯洗剤があります。容量用法をしっかり守って使えば、すすぎ残しなく、洗うことができます。ほとんどの洗濯機が、手動で設定することが可能ですので、すすぎ洗いの回数を必要に応じて増やして洗うと、よりすすぎ残しがなく安心です。

4.香りの強い柔軟剤を使う

犬にとって、柔軟剤の香りは、あまり好ましい香りではありません。香りの強い柔軟剤は、犬の目や鼻や喉の粘膜を刺激し、炎症を引き起こす可能性があります。愛犬のベッドを洗った後、ベッドを使ってくれなくなった、ということがあります。

もしかすると、柔軟剤の香りが原因であるかもしれません。香りの強い柔軟剤だけではなく、洗濯洗剤の香りにも十分に注意してあげたいものです。洗濯洗剤も柔軟剤も無香料のものがあります。ニオイに警戒したり、香りに敏感な愛犬におすすめです。犬用の洗濯洗剤と柔軟剤であれば、犬に優しい香りを配合するよう、はじめから配慮されていますので、よりおすすめできます。

5.水洗い不可なのに洗っちゃう

“洗濯表示に従わない”でも触れたように、水洗いはできません、と表示されていることがあります。ベッドを買うときに、しっかり確認するべきなのですが、水洗いできないベッドは、使用しづらいですよね。汚れやニオイも気になりますし、衛生的にどうなのかな…と思ってしまいますよね。

もし、水洗いできないベッドを洗ってしまうと、“中綿がベッドの端の方に寄って固まってしまう”、“生地が破けてしまう”、“十分に乾燥されず、中綿にカビが発生してしまう”などの問題が起きてしまう可能性があります。

愛犬のベッドの正しい洗い方

ベッドに入って眠る柴犬

  • 犬用の洗濯洗剤と柔軟剤を使う
  • 手洗いをする
  • 洗濯表示に従って洗う

この3つを守って洗うことができれば、愛犬のベッドを洗って失敗し、ボロボロになって使えなくなってしまった、愛犬が使ってくれなくなってしまった、などの後悔をすることはなくなるはずです。また、乾燥させるときのポイントもあります。日干しすると、色あせてしまったり、生地が傷んでしまうことがあります。よく晴れた日にお洗濯をし、風通しの良い日陰で乾燥させるようにしましょう。

まとめ

ベッドを枕代わりにしている犬

犬のベッドを洗う時にしないほうがいいNG行為には、

  • そのまま洗濯機に放り込む
  • 洗濯表示に従わない
  • 洗濯洗剤を適量よりも多く入れる
  • 香りの強い柔軟剤を使う
  • 水洗い不可なのに洗っちゃう

などがありますが、こんな間違った洗い方、これまでにしていませんか?ベッドの形が変わってしまうなどし、愛犬が使いづらそうにしていることはありませんか?正しく洗えば、長く使い続けることができますし、寝心地の良さも維持してあげることができます。ぜひ、愛犬のベッドを購入するとき、洗ってあげるときは、ぜひ、洗濯表示をご確認ください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。