子犬の噛み癖を直す方法6つ!噛む原因やしつけの注意点とは?

子犬の噛み癖を直す方法6つ!噛む原因やしつけの注意点とは?

子犬と遊んでいたらつい噛んでくる、そのまま放っておくと「噛み癖」になってしまいます。噛む原因や正しいしつけについて学んで、子犬の頃に嚙み癖を直しましょう。

子犬のひどい噛み癖はいつまで続く?

椅子を噛む子犬

手を出したら子犬が甘噛みしてくる、おもちゃ代わりに強めに噛んでくる、この噛み癖いつまで続くんだろう、そんな悩みはありませんか?

たとえ子犬が本気でなくても、ちょっとした噛み癖は次第にエスカレートしがちです。つい強く噛まれて怪我をするなんてこともあると思います。

この噛み癖は子犬期の甘えだから、そのままにしておいても自然に直ると思っている飼い主さんもいるでしょう。実際はどうなのでしょうか?

ここからは子犬の噛み癖は自然に直るのか、放置しておくとどんなトラブルにつながるのか?などについて説明していきます。

しつけをしないと成犬期以降も続く

子犬が手や足を噛んでくる「噛み癖」は自然に直るものなのでしょうか?結論から言うと自然には直るのは難しいでしょう。今は甘噛みだからとそのまま放置しておくと、ひどい噛み癖に発展してしまいます。噛み癖をいつから直せばいいかと悩む飼い主さんもいると思います。

できるだけ早く子犬の時点で適切にしつけをしましょう。まだ学習しきっていない子犬のうちに、噛み癖は「いけないこと」だと理解させる必要があります。

ただし、「いけないこと」というのは概念は犬には理解しにくいので、噛むことは「楽しくない」「いいことが起こらない」という意味付けてしつけましょう。

子犬の噛み癖は将来のトラブルにつながる

子犬の噛み癖は飼い主さんと愛犬とのコミュニケーションのとり方原因で引き起こしがちです。しつけを怠り噛み癖を直さないと、習慣化して噛み癖が定着します。結果、成犬になっても噛み癖が残ると、以下のようなトラブルにつながります。

  • 散歩中に興奮して近づいてきた子どもや他の犬を噛んで怪我をさせる
  • 飼い主さんも日常的に噛まれて怪我をする
  • 爪切りやシャンプーなどのお手入れができない
  • キャリーバッグに入れて病院に連れていくことができない
  • リードがつけられず散歩に連れていけない

だから、子犬のうちから噛み癖を直す必要がある

犬の噛む力は相当強く、本気で噛まれると指を切断することもあります。そうでなくても、噛まれて傷口に唾液が入り込むと、パスツネラ症という感染症にかかることもあります。

感染すると皮膚化膿症だけでなく、呼吸器系疾患、敗血症や髄膜炎、重症化すると死亡することもあります。それほど噛まれるということはリスクのあることなのです。

成犬になってしまってからでは、噛み癖を直すのは専門家に頼まないと難しくなります。できるだけ子犬の頃から噛み癖を直すことで、先ほど説明したトラブルを引き起こさずに済みます。

しつけをする際は「叱る・怒る・叩く」などしてはいけません。適切なしつけの方法は、あとから説明する「子犬の噛み癖の直し方」を参考にしてください。

子犬の噛み癖がひどくなる原因

人の親指を噛む子犬

最初は「甘噛み」だったはずの子犬の噛み癖が次第にエスカレートして、いまでは噛み跡がついたり出血したりしてしまう、と悩んでいる飼い主さんも多いと思います。子犬の噛み癖はしつけで直していかないと、「噛むこと=楽しい、遊んでもらっている」という学習をしがちです。

ここでは、子犬の噛み癖がひどくなる原因をいくつかピックアップしました。思い当たる原因があるか、チェックしてください。

人の体や物をおもちゃだと思っている

犬には「狩猟本能」が備わっており、無意識に目の前で動くものを捕まえて噛みついてしまいます。そのため犬の目の前で人の手や足などが動いていると、捕まえて噛みつきたくなるのです。

協調性があり賢い犬種と言われている狩猟犬(ゴールデンレトリバーやプードル)は特にこうした本能を強く表しがちです。

手をおもちゃ代わりにして、甘噛みさせて遊んでいると噛み癖が付きやすくなります。また字を書いているとおもちゃと勘違いして、ペンに飛び掛かってくることもあります。

他にも、モップやほうきで掃除をしていても、おもちゃと思って噛みつきがちです。これは犬にしつけができておらず、噛んでいいおもちゃと噛んではいけないおもちゃの区別がついていないのです。

噛めば注目してもらえると学習している

噛むと飼い主さんが逃げたり、大声を出したり、騒いだりしがちです。この積み重ねで子犬は噛めば飼い主さんから構ってもらえる・注目してもらえると間違った学習をしてしまいます。逃げると追いかけっこしてもらっていると思い、噛むことが楽しい体験になります。

また大声を出したり騒いだりすると楽しくなって興奮し、さらに狩猟本能が刺激されまた噛みつこうとします。こうした誤った愛犬とのコミュニケーションにより、噛むことにメリットを見い出してしまうのです。愛犬の狩猟本能や学習傾向を理解しておくことが、とても大切です。

遊びや触れ合いの時間が不足している

犬は飼い主さんへの忠誠心が高く、積極的にコミュニケーションを求めてくる動物です。朝晩たっぷり散歩しているからといって満足するとは限りません。

散歩以外にも飼い主さんとの遊びや触れ合いを求めてきます。一緒に遊びたいのに、いつも忙しそうにして構ってもらえないのは犬にとって退屈です。こうした退屈な時間が増えてくると、飼い主さんの足に噛みついて、遊ぼうとおねだりしてきます。

ここで注意なのが、このおねだりのあとに遊ぶと「足を噛むと遊んでもらえる」と学習をしてしまいます。チワワやトイプードルといった超小型犬は甘えん坊なのでこうした遊ぼうおねだりをしがちです。

遊びや触れ合いを愛犬からおねだりされる前に、先に飼い主さんから愛犬と遊ぶことが大切です。普段から触れ合いの時間をたっぷりととって、愛犬を心身ともに満たしてあげてください。

警戒心が強い

狩猟犬のようにチームではなく、飼い主と1対1で狩猟をしてきたのが柴犬や秋田犬に代表される日本犬です。この犬種は飼い主にはとても忠実ですが、見知らぬ人には警戒心が強いのが特徴です。

目の前に手を出されると、警戒心から威嚇で噛みつくことがあります。散歩中に出会った犬に対しても、つい吠えたり噛んだりしがちです。子犬の頃から社会性を身につけさせて、噛まないように学習させることが重要です。

歯茎がムズムズと痒い

生後4ヶ月齢~10ヶ月齢になると、歯の生え変わり期になり歯茎がムズムズとしてきます。歯茎のムズ痒さは、何かを噛むと解消されるため手あたり次第噛むようになります。

ソファーやテーブルの脚、雑誌や新聞、人間の手や足など噛んだりします。しつけをしないと歯が乳歯から永久歯に生え変わっても、噛み癖が残ってしまうことがあるのです。

子犬の噛み癖の直し方

おもちゃを噛む子犬

子犬の噛み癖は放っておかずに、早めに直しておくことが大切です。習慣化すると成犬になってからしつけで直すのは難しくなります。ここからは、子犬のうちに対処できる噛み癖の直し方について紹介していきます。

噛んでもいいおもちゃで遊ぶ

家の中にあるものを何でも噛んでしまう場合は注意が必要です。飼い主さんが黙認していると、さらにエスカレートして「これは噛んでもいいんだ」と学んでしまいます。

歯茎が痒い場合もあるので噛むこと自体をやめさせるよりも、まずは噛んでもいいおもちゃを与えるようにしましょう。噛み応えのあるロープをおもちゃとして与えるのがおすすめです。また噛まれてはいけないものは愛犬の目に入らないところに隠しておきましょう。

興奮する前に遊びをやめる

噛み癖を直すには、愛犬と時間をかけて遊んであげたり触れ合って退屈させないようにすることが大切です。ですが、遊びすぎると犬は興奮してしまいます。この興奮が曲者で、興奮するとスイッチが入って噛んでしまいます。

これを繰り返すと、遊びの延長線上に噛むことがセットで付いてきます。愛犬の様子を確認しながら興奮してヒートアップする前に、遊びをサッとやめるのがポイントです。

ハウスリードを使う

子犬は興奮すると、つい噛んでしまいます。噛み癖を直すには、興奮させないことが最も重要です。さきほど説明した「興奮する前に遊びをやめる」だけでなく、普段から興奮しないように取り組んでください。

特に家の中を走り回って興奮しがちな場合は、「ハウスリード」がおすすめです。家の中でもリードを付け、走り回りそうになったらリードを引くというしつけです。

ただし愛犬を放置した状態でハウスリードを付けておくと、家具やドアに絡まって怪我をしてしまうことがあります。ハウスリードは必ず飼い主さんが側にいる状態で付けるようにしてください。

手や足など体の一部をおもちゃにしない

子犬を飼っていると噛まれてもあまり痛くないからといって、手や足をおもちゃ代わりにして遊ぶ飼い主さんがいます。犬は狩猟本能があるので、目の前で動いているものを捕まえて噛む習性があります。

体の一部をおもちゃ代わりにすると、手や足を差し出しただけで噛みつくようになります。また、飼い主さん以外にも手と見れば噛みついてしまいます。

愛犬とのコミュニケーションのつもりでも、今後の飼い主さんとの間にトラブルのもとにもなりかねないので、手や足をおもちゃ代わりにするのはやめましょう。

噛まれないように椅子に座る

ゴロゴロと床に寝転がっていると、子犬が構って欲しくて噛んでくることがあります。寝転がっていないにしても、床に座っているだけでも犬と目線が近くなるり顔や手を噛まれることがあります。また、近づいてきた子犬を払いのけようとして、手を噛まれることもあります。

特に子犬が興奮しているような時は椅子に座って、犬を見下ろす位置に移動してください。普段から噛まれないように立ち振る舞うことが、噛み癖を直すのに最も有効な方法です。

目線から近いところで構いたい気持ちもわかりますが、子犬のうちにしつけすることの大切さを意識するようにしてください。

柑橘系スプレーで噛んではいけないものを覚えさせる

犬の嗅覚は人間の何千倍も優れており、臭いで考え行動する動物とも言われています。噛んではいけないものは子犬の目の届かないところにしまっておけばいいのですが、ソファーやテーブル、カーテンなどは片づけようがありません。

このような場合には、犬の優れた嗅覚を利用するといいでしょう。犬が苦手な柑橘系のスプレーを噛まれたくない家具や布製品に吹き付けておきます。

人間が好きな柑橘系の香りも嗅覚の鋭い犬にとっては刺激的な臭いに感じるため、近寄ったり噛んだりしにくくなります。繰り返して吹き付けておくと、噛んではいけないものを覚えることができるでしょう。

子犬の噛み癖のしつけを行う時の注意点

チワワの子犬

子犬の噛み癖のしつけを6つ紹介しましたが、どれも噛まれないようにすることが大前提です。噛まれてからしつけても、噛み癖改善にはあまり効果がありません。ここでは、噛み癖のしつけをする際にやりがちなこと、注意点について説明します。

間違った方法でしつけをすると、噛み癖が直らないだけではなく飼い主さんとの信頼関係も崩れかねません。しつけをしてもうまくいかないと悩んでいる飼い主さんは、同じことをしていないかよくチェックしてください。

子犬を叩いたりマズルをつかまない

犬を叩くのはもってのほかですが、マズルをつかんでしつけをすることもやめてください。叩いたりマズルをつかまれると、「ハンドシャイ」といって人の手に恐怖心を覚えます。

また子犬も怪我をしてしまいます。ハンドシャイで恐怖心が高まるようになると、手を見るだけで防衛本能が働き、さらに噛みつく原因にもなります。恐怖心が強いと犬歯が突き刺さるほど、きつく噛まれて大きな怪我につながりかねません。

叩いたりマズル以外にも、グーの手を犬の口に押し込むような暴力的なしつけもやめてください。犬を体罰や恐怖心でコントロールすることは、愛犬との信頼関係を放棄しているということでもあります。

そのような中でしつけをしても、お互いにとって幸せな将来にはつながりません。愛犬にはいつでも愛情をもって接するようにしてください。

噛まれた時に子犬を構ったり騒がない

子犬に噛まれた時に「子犬を抱っこしてダメでしょと言う」「いけないこととわからせようとして痛い痛いと言って大きな声でわざと騒ぐ」「愛犬を追いかけたり・逃げる」といった行動はしないでください。

噛まれた後に子犬に構うと、飼い主さんに遊んでもらっていると誤解されます。この状態が積み重なると噛み癖が直らないどころか、どんどんエスカレートしていきます。

無理やりお腹を上に向けて、叱る

犬は服従のサインとして自らお腹を相手にみせます。ここで大切なのは「自ら」ということです。しつけの際に無理やり子犬のお腹を上にむけて、「ダメでしょ」と叱ることがあると思います。

無理やり服従の姿勢をさせられるとストレスがかかり、飼い主さんへの信頼も損なってしまいます。噛まれた時は低い声で「ダメ」とだけ言って、その後しばらく無視するといった叱り方が効果的です。

まとめ

指を噛む子犬

子犬の噛み癖は放っておくと、成犬になってからでは直しにくく大きなトラブルに発展するかもしれません。子犬のうちから噛まないように、しつけをすることが大切です。

また噛み癖がひどくなる原因がいくつかあるので、しつけの前に正しく理解しておきましょう。愛犬には噛むと遊んでもらえるといった、誤った学習をさせないことがポイントです。

噛み癖を直す6つの方法を紹介しましたが、どれも噛まれないようにして、しつけをするというものです。噛まれた後にしつけをすることは難しく、もし噛まれた場合は「楽しくないこと」と愛犬に学習させてください。

ここで、叩いたり大騒ぎしたりすると、「噛むことは楽しいこと・いいこと」と学習してしいます。噛み癖がひどい場合は飼い主さんだけで抱え込まずに、ドッグトレーナーなどの専門家に相談してください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい