犬が散歩で歩かない理由!イライラしないための対処法と注意点を解説

犬が散歩で歩かない理由!イライラしないための対処法と注意点を解説

愛犬が散歩で歩かないとイライラして、つい叱りつけていませんか?散歩で歩きたがらないのはには理由があります。この記事では、愛犬が散歩で歩かなくなってもイライラを防ぐ対処法・注意点を解説します。

犬が散歩中に歩かない理由7つ!

歩かない犬

愛犬が散歩中に急に歩かなくなった、とういうことありませんか?単にわがままの場合もありますが、どこか痛かったり・コースに飽きたり・何かが怖かったりと、犬にとって不快になる理由があります。

ここでは散歩中に歩かなくなる理由を紹介していきます。該当するものがあるか、チェックしてみてください。

首輪やハーネスのサイズが合わなくなった

今までと違う首輪やハーネスに買い替えると、散歩を嫌がると犬もいると思います。そのため成犬になっても、子犬の頃から使っていた首輪やハーネスをそのまま使うこともあるでしょう。

成犬になると首回り・胴回りのサイズが大きくなるため、同じ首輪やハーネスを使っているとサイズが合わなくなりがちです。

散歩に行くたびに愛犬はサイズの合わない首輪やハーネスに締め付けられて、苦しい思いをします。「体に合っていないから苦しい」と訴えかけたいため、散歩で歩かなくなってしまうのです。

散歩コースに怖いものがあり歩かなくなる

散歩コースに車やバイクが大きな音を立てて走っていると、怖くて歩けなくなることがあります。他にも、他の犬とすれ違うのが嫌だったり、登下校中の子供たちが苦手な犬もいます。

チワワのように臆病な性格だったり、ポメラニアンのように警戒心が強い犬種だとこうした「怖いもの・苦手なもの」に敏感です。

超小型犬や小型犬は視線が低い位置にあるので、外の世界を怖く感じがちです。また子犬や保護犬のように社会経験が少ないと、外に出ただけで怖がりがちです。特に初めての散歩では、性格に関わらず歩きたがらないことが多いでしょう。

毎日同じ散歩コースで飽きている

いくら散歩が好きな犬とはいえ、毎日同じコースだと飽きてしまいます。犬は散歩によって外からの視覚や嗅覚、聴覚の情報をキャッチして新しい刺激を受けます。この刺激が脳の活性化にとって大切です。

つまり、犬は散歩で心地いい刺激を受けたいということなのです。特にミニチュアシュナウザーのように狩猟犬の流れを汲む犬種は好奇心が旺盛です。

こういった性格の犬は毎日同じルートのお散歩ばかりだと飽きてしまい、飼い主さんへの抗議の意味で歩かないこともあります。

飼い主さんに抱っこしてほしい

散歩中に抱っこしてほしいとアピールするために、歩かないという場合もあります。例えばトイプードルのように甘えん坊な性格だとこうした傾向があるようです。

散歩中に抱っこしてしまうと、「歩かないといいことが起こる」と学習してしまいます。この抱っこクセはなかなか厄介で、散歩中にどこでも抱っこアピールをするようになります。

体調が悪い、ケガをしているといった特別な事情がない限り、抱っこアピールに負けずに愛犬が歩くまでじっと待つようにしましょう。

ケガや病気にかかっている

散歩中に急に歩かなくなったという原因のなかでも、心配なのがケガや病気によるものです。散歩中に足の裏を切ってケガをしているということがあるので、出血をしていないか肉球を確認するようにしましょう。

また、ラブラドールやジャーマン・シェパードのような大型犬は股関節不全という股関節の変形・炎症の疾患にかかりやすく、散歩を嫌がることがあります。

また肥満が原因で関節炎を患っている可能性もあります。肥満は心臓病や腎臓病などの疾患にもつながるので注意が必要です。大型犬、肥満などで散歩を嫌がっていれば、一度かかりつけの動物病院で診てもらうといいでしょう。

暑い・寒いといった気温の変化

夏はアスファルトからの照り返しで、体感温度が高くなります。特に犬は地面からの距離が近いため、照り返しの影響を受けやすいものです。

また、犬は基本的に呼吸で体温調節するため猛暑の中、散歩すると熱気を吸い込んで上手く体温調節ができず、熱中症にかかりやすくなります。こうした理由から夏の散歩を嫌がることがあります。

同様に冬で震えるほど寒いと、散歩に行きたがらない・散歩で歩きたがらない犬もいます。暑い・寒いといった気温の変化は、人間だけでなく犬にとっても外に出たがらない・歩きたがらないだけの十分な理由になります。

散歩で疲れたから

いくら散歩が好きだからといっても、普段より長い距離を散歩すると疲れて歩きたがらなくなります。散歩の序盤にはしゃぎすぎて、帰り道の頃には疲れて歩けなくなりがちです。

また、トイプードルやチワワのような歩幅のピッチが小さい犬は、散歩でたくさん足を動かします。そのため人間にとってたいした距離でなくても、疲れてしまいます。

老犬になると加齢による体力低下から、若い時と比べて疲れやすくなります。いつも通りの散歩コースでも息が切れやすくなり、歩けなくなることがあります。

犬が散歩で歩かないときの対処法

座る犬

犬が散歩で歩かなくなると、「周りの目も気になったり」「早く家に帰らないと」と焦ってイライラしがちです。抱っこして家まで連れ帰るにしても、中型犬クラスになると重くて抱っこするのもひと苦労です。

ケガが原因でなければ、その日はおやつで気を引いて家まで歩くように促しましょう。ただしおやつは一時的な対処法にすぎません。ここで紹介する根本的な対処法で、事前に準備をするようにしてください。

体のサイズに合った首輪やハーネスに変える

体のサイズに合っていない首輪やハーネスを付けていると、首回りや胴回りにきつく食い込んで歩きづらくなりがちです。逆にサイズが合っている首輪やハーネスだと、不快感を覚えにくく楽に散歩ができます。

散歩の時だけ首輪を付けている場合は、首輪の違和感に敏感になりがちです。犬の首回りのサイズに合わせたフィット加減がポイントです。

また新しく買い替えたら、散歩に出る前に家で付けて慣らしておくことが大切です。歩かない犬を歩かせる方法として、体のサイズに合った首輪・ハーネスに変えることはとても有効な対処法だと言えます。

散歩コースや散歩の時間を変えてみる

朝夕と1日2回散歩に連れていく飼い主さんが多いと思います。散歩で受ける刺激は犬にとってとても大切です。好奇心をくすぐり、脳を発達させます。毎日しかも朝夕も同じ散歩コースだと、犬も次第に飽きてしまいます。

また、散歩中に他の犬に吠えられたり、いつも大型のトラックが通るなど愛犬にとって怖い出来事が起きている場合もあります。

この「飽き」や「怖い」が歩かない原因の場合は、散歩コースや散歩の時間を変えてみるのが有効です。安全な散歩コースがたくさんない場合は、いつものコースを逆回りで散歩するのがオススメです。

ご褒美を利用して散歩を楽しいものにする

散歩で歩かなくなった犬を歩かせる・散歩を好きにさせるには、「ご褒美」を使うといいでしょう。ご褒美を利用して散歩が楽しいものと学習できると、歩くのも嫌になりにくく散歩自体が楽しみになります。

ご褒美の種類には「おやつ」と「おもちゃ」がありますが、おやつの場合は要注意です。おやつ欲しさに散歩に行きたがったり、おやつがもらえるまで歩かないといった行動に発展することがあります。

おやつはランダムで与えるようにして、いつももらえないと理解させましょう。ちょっと歩いたら褒めて、もう少し歩けたらおやつ、といった具合でポイントでおやつを利用するのがいいでしょう。

外や散歩の環境に慣れさせる

子犬や保護犬など、外の環境に慣れていないと散歩を怖がりがちです。車や自転車、人の行き来や騒音など、初めての外出時は犬にとってパニックになる要素でいっぱいです。

そのため、刺激の少ない場所から慣れさせて、徐々に散歩のルートを長くしていくといいでしょう。またリードや首輪、ハーネスを付けて家の中を散歩のように歩くだけでも、散歩慣れができます。

家で練習をしつつ、外に出たら短時間で少しずつ慣れさせてください。焦らずにじっくりと取り組むことがポイントです。

熱中症対策、防寒対策をする

夏や冬の散歩は、気温が高すぎたり低すぎたりと犬とってつらいものです。そのため散歩を嫌がったり、途中で歩かなくなることもあります。

夏や冬だからといって散歩をしないという訳にはいかないため、それぞれの気温・気候に合わせた対策が必要です。夏は涼しい時間帯を選んだり、散歩コースに日影が多いルートに変更するなどの工夫をしてください。

冬はシングルコートの犬種や子犬・老犬は特に寒さに弱いので、防寒ウェアを着るようにしてください。また、雪に隠れた枝などでケガをしやすいので犬用ブーツを履くといいでしょう。

犬が散歩中歩かないときにやってはいけないこと

抱っこされる犬

愛犬と散歩中に歩くように対策をしても、歩かなくなるということはあります。そんな時こそイライラせずに、深呼吸しましょう。散歩は犬にとってはとても大切なルーティンです。

愛犬を散歩を嫌いのままにしておくわけにもいきませんが、だからといって感情的に叱っても逆効果です。ここでは、愛犬が歩かないときにやってはいけないことを紹介します。

犬の要求にすべて応えてはいけない

犬が歩きたがらないときに飼い主さんにさまざまな要求をしてくる場合があります。おやつをあげて歩くように促していれば、おやつ欲しさに歩かないということもあります。

帰り道に抱っこしがちであれば、抱っこを要求しがちになります。犬が求めるたびに、飼い主さんが全てリクエストに応えていると、「要求すれば叶う」と学習してしまい今後も歩かなくなりがちです。

「歩けない」フリをして要求を叶えようとさせないために、愛犬からの要求にはランダムで対応するとよいでしょう。おやつも抱っこも、基本的にはいつも対応しない。たまに、というのがポイントです。

叱って恐怖心を与えてはいけない

叱り方が感情的だと犬は恐怖心を感じるだけです。恐怖心に訴えかける叱り方だと、飼い主さんと愛犬との間には信頼関係が育まれず、吠えたり・噛みついたりと関係性が悪化することがあります。

そもそも犬を叱るというのは、しつけの中でも難しいものです。叱る場合は端的に「ダメ」と言って、あとは無視する・その場を離れると言う方法が効果的です。散歩中に叱っても、そのあと無視したり・その場を離れることはできません。

こういった理由から、散歩中には叱ること自体不向きだとも言えます。それよりも散歩自体が楽しいものだと思わせられるように、愛犬に根気強く丁寧なコミュニケーションを心がけている方がよいでしょう。

犬のリードを強く引っ張って無理やり散歩させようとしてはいけない

散歩中に歩かないとついしがちなのが、リードを強く引っ張るというもの。その場所を意地でも動かないかのように座り込んだりうつ伏せになると、力づくで歩かせようと強引になりがちです。

リードを強く引っ張ると、首輪が首に食い込み頸椎や背中をケガしかねません。呼吸器にも負担がかかるので、注意が必要です。また、強くリードを引っ張られていると散歩自体の印象が悪くなりがちです。

犬が歩きたがらないのには何らかの理由があります。そのため、リードを強く引っ張って無理やり散歩させるのではなく、ケガをしていないか愛犬の様子を確認したり、周りに怖いものがないかなどチェックするようにしてください。

散歩を諦めてはいけない

散歩中に歩かなくなり無理に連れていくのも疲れるからといって、散歩に行かないというのは犬にとって好ましくありません。たとえ室内のトイレで排泄ができていても、散歩の目的は排泄だけではないからです。

犬は群れで集団生活をする動物です。そのため、単独で飼育していても社会性を身に着ける必要があります。散歩で人や他の犬と出会うことは、犬にとっては学びのあることです。こうした機会を犬から奪ってはいけません。

散歩で歩かなくなったら原因を探して、「犬が散歩で歩かないときの対処法」で説明した方法を試すようにしてください。病気やケガでなければ、散歩を諦めないようにしましょう。

犬にもイライラは伝わる!明るく接することが大切

しゃがむ女性と犬

人間と犬との歴史は古く、1万年以上に渡ってお互いを知り学び共生してきました。こうした積み重ねのなかで、犬は人間の心を読み解くという特殊なスキルが身についているようです。

そのため犬は飼い主さんが喜んでいると嬉しくなり、イライラしていると不安になりがちです。つまり飼い主さんの「喜怒哀楽」がそのまま愛犬にも伝わりやすいということです。

散歩で犬が歩かないと、イライラしてしまうことは仕方ないことかもしれません。ですが、こうした感情が愛犬に伝わると、散歩自体が楽しくないと感じてしまい悪循環になります。

犬は私たちが思っている以上に繊細で敏感な動物です。いつも明るく朗らかに、愛犬と接するようにしてください。

まとめ

嫌そうな顔の犬

愛犬が散歩で歩かないのには理由があります。こうした理由に目を向けず、感情だけで叱ったり無理にリードを強く引っ張ったりすると、犬は散歩嫌いになっていきます。

犬は散歩を通じて、社会性を学習し心身ともに育っていきます。散歩は犬にとって重要なルーティンなのです。そのため、今回の記事では「犬が散歩で歩かないときの対処法」についても紹介しました。

どの対処法にも共通している点は「散歩の不快さを取り除くこと」「散歩は楽しいものであると理解させること」ということです。散歩中に歩かないからといって、イライラしたらその気持ちが愛犬にも伝わり散歩嫌いになりかねません。

そんなときは愛犬を我が家に迎え入れたときのことを思い出して、笑顔で穏やかに接するようにしましょう。愛犬と信頼関係を作りながら、毎日の散歩を楽しむようにしてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい