犬が散歩で歩かないのはわがまま?楽しく歩くための対処法とは

犬が散歩で歩かないのはわがまま?楽しく歩くための対処法とは

犬が散歩中に突然立ち止まって歩こうとしないことがありますが、これは犬のわがままなのでしょうか?この記事では、犬が散歩中に歩かない理由や、正しい対処法についてご紹介します。

犬が散歩中にわがままで歩かない理由

散歩中にニオイを嗅ぐ柴犬

犬が散歩中に歩かなくなるのは、本当にわがままなだけなのでしょうか?

もしかしたら、ほかにも理由があるのかもしれません。言葉を話すことができない犬だからこそ、歩かないことで飼い主に何かを伝えようとしていることも考えられます。

当然ながら犬のわがままであることもあるでしょうが、もしもわがままであったならどのような理由が挙げられるのでしょうか。まずは本題である、犬が散歩中に歩かない理由についてご説明します。

匂いを嗅いで確かめたいものがある

犬が散歩中に立ち止まって歩かなくなるのは、匂いを嗅いで確かめたいものがあるという理由が挙げられます。犬の嗅覚は人間に比べて100万倍優れているとも言われているため、人間が嗅ぎ取れない匂いも感じることができるでしょう。

犬が気になる匂いとしては、草木やほかの人や犬、食べ物などの匂いが考えられます。特にオス犬の場合は、発情期のメス犬の匂いを感じ取ると、本能的に匂いを嗅ぎたくなってしまうでしょう。

犬の本能なので仕方ないことではありますが、散歩中の飼い主の指示を無視して匂いを嗅ぎすぎてしまうというのは、信頼関係を構築する上で良くありません。

犬が自分の欲求を優先することがないように、日頃からきちんとしつけをしておく必要があります。

歩かないと良いことが起きると覚えている

犬は、過去に起こったことをいつまでも覚えているものです。犬が散歩中に歩かなくなるのは、過去に立ち止まったことで良いことが起こったことがあるのかもしれません。犬が散歩中に歩かなくなると、犬の気を惹こうと優しく声をかけたり、おやつを与えたりする人もいるでしょう。

場合によっては、抱っこをしたりカートに乗せたりしたこともあるはずです。しかし、それらの行動こそが、犬が歩かなくなった理由です。

犬は、散歩中に歩かないことで良いことが起こると学習してしまっており、「立ち止まったら、前みたいにおやつがもらえるかも」と期待しているのでしょう。

抱っこされて甘えたい気持ちが強い

甘えん坊な性格の犬は、飼い主に抱っこされたいという気持ちから、あえて散歩中に歩かなくなっている可能性が考えられます。

当然ながら個体差はありますが、チワワやミニチュアダックスフンド、ポメラニアンなどの犬種は甘えん坊であることが多いです。また、飼い主に依存する「分離不安症」の犬にも多くみられます。

分離不安症は、飼い主と離れることで無駄吠えなどの問題行動を起こす精神的な病気で、多くの原因は飼い主にあるといわれています。肥満気味で体力がない犬も、「もう歩き疲れたから、抱っこしてほしいなぁ」と甘えたい気持ちになっているのかもしれません。

行きたいお散歩ルートがある

もしかしたら、犬の行きたい散歩ルートがあるのかもしれません。特に柴犬やチワワ、ジャックラッセルテリアなどの気が強いといわれる犬種は、自分の行きたい散歩ルートをどうにか歩こうとすることが多いです。

また、ラブラドルレトリバーやボーダーコリーなど、頭が良いといわれる犬種は、過去に良い思い出が多い場所を積極的に歩こうとします。

飼い主にとっては、平たんで歩きやすい散歩ルートを行きたいと考えるかもしれませんが、犬は草むらなどの歩きにくい場所を好む傾向にあります。

飼い主と犬の好む散歩ルートは合致しないことが多いですが、「犬の散歩」はあくまで人間の散歩に犬が付いてくるという認識を、忘れないようにしましょう。

身につけるアイテムが気に入らない

犬は、散歩時に身につけるアイテムが気に入らない時にも、歩きたがらないことがあります。犬が散歩時に嫌がるアイテムとしては、下記が挙げられるでしょう。

  • 装飾の多い服
  • 重い首輪
  • 雨具
  • ハーネス
  • 犬用の靴

特に雨具や犬用の靴は、日頃あまり身につけることのないアイテムなので、犬は嫌がることが多いです。また、重い首輪は犬の首に大きな負担がかかるため、なるべくシンプルで丈夫なものを選ぶようにしましょう。

犬におしゃれをさせたいのであれば、なるべく子犬の頃に服や靴に慣れさせておくことをおすすめします。成犬になってからも服を着せることはできますが、はじめのうちは室内で少しの時間だけ着せるなどして、徐々に慣れさせていくのが良いでしょう。

外が怖い

犬が散歩時に歩きたがらないのは、単純に外が怖いからかもしれません。特に、子犬の頃に十分に社会化ができていない成犬は、外に何があるのかわからない、ほかの犬や人との接し方がわからなくて怖いなどの理由で、散歩時にどうして良いかわからずにパニックになってしまいます。

社会化不足の犬は、ほかの犬や人に対して攻撃的になってしまうこともあるため、慎重に散歩しなければなりません。当然ながら、犬は外自体を怖がっているため、歩かないからと叱るのはやめましょう。

社会化不足の犬が急に散歩好きになることは少ないことから、気長に散歩に取り組むことをおすすめします。

犬が散歩中にわがままで歩かない時の対処法

散歩するジャックラッセルテリア

次に、犬が散歩中にわがままで歩かない時の対処法をご紹介します。間違った対処をしてしまうと、犬がさらに散歩嫌いになってしまう可能性があるため、慎重に対処しなければなりません。犬の1日の楽しみは、食事と散歩です。

当然ながら飼い主といっしょに室内で過ごす時間も大切ですが、散歩は毎日の気分転換にもなるため、犬にとって楽しい時間でなくてはいけません。

また、散歩はストレス解消や筋肉の維持につながり、犬の健康を維持する上でとても大切です。これらの対処をして、飼い主と犬がともに散歩を楽しめる環境づくりをしましょう。

散歩と良い思い出を結びつける

犬が散歩に対して何らかのトラウマがあるのであれば、「散歩=怖くて嫌なこと」ではなく、「散歩=良いことが起こる」ということに結びつけてしまえば良いのです。犬にとって良いこととは、下記のようなものが挙げられます。

  • 歩いたら飼い主に褒めてもらえた
  • 歩いたら飼い主からご褒美をもらえた
  • 散歩をしていたら知らない人(協力者の知人)からおやつをもらえた

歩かない犬を歩かせる方法としては、褒めるのがもっとも効果的です。基本的に、犬は飼い主から褒められることに生きがいを感じます。

そのため、歩いている時に飼い主が犬に「今日はいい天気だね、きちんと歩けて偉いね」などを話しかけながら歩くだけで、犬は散歩が楽しいものだと認識するでしょう。

ちなみに、歩いたらおやつを与えるという方法は、犬の性格によっては逆効果である可能性もあります。頭の良い犬であれば、飼い主からおやつを与えられるまで歩こうとしないこともあるでしょう。

もしも犬が歩いた時にご褒美を与えるのであれば、おやつを与える時と与えない時を使い分けることをおすすめします。

散歩ルートを毎日変える

犬が特定の場所だけ歩かないのであれば、散歩ルートを毎日変えると良いでしょう。散歩ルートを変えることで、苦手な場所や犬、人に出会う確率が減ります。

また、いつもと違う環境で散歩をしたら、犬自身も気分転換になるでしょう。「今日はどんな場所を歩くのかな?」と、犬は毎日の散歩が楽しみになるはずです。

走ったり歩いたりして、飼い主の動きに注目させる

犬がわがままで散歩で歩きたがらない時は、飼い主の動きに注目させるのも効果的です。つまり、犬の「疲れた」や、「こっちの道は行きたくない」などの欲求を、「飼い主がいつもと違う、次はどんな動きをするのかな?」と興味を示す対象を変えてしまうのです。

犬の気持ちになってみると、飼い主がダラダラと歩いているだけでは楽しくありません。しかし、飼い主が急に走り出したり方向転換をしたりすると、犬は自然と飼い主の動きに注目するようになります。

ちなみに、この飼い主の急な動きは、散歩時に引っ張る犬のしつけにも効果的です。

時には休憩させてもOK

犬が疲れているようであれば、少し休憩させても問題ありません。むしろ、老犬や肥満気味の犬は、休憩をしながら散歩をしないと身体に負担となることもあります。ただし、休憩するタイミングは飼い主が決めましょう。

犬が疲れた時に立ち止まり、飼い主もそれを許してしまうと、犬が主導の散歩になってしまいます。あくまで飼い主の散歩に犬が付いてきているだけなので、休憩のタイミングは犬に決めさせてはいけません。犬が疲れる前に休憩して、メリハリのある散歩を楽しみましょう。

散歩グッズを変える

犬の服や靴などの散歩グッズを変えることで、散歩時に歩いてくれるようになることがあります。軽くて丈夫な首輪やリード、腕を通さなくても良い服や雨具、フィット感が強く違和感の少ない靴などを着用させると良いでしょう。

また、イタリアングレーハウンドなどの寒さに弱い犬種を除いて、柴犬などのダブルコートで寒さに強い犬種であれば、無理に服を着せる必要はありません。

老犬や子犬など体温調節が苦手な場合は服を着せることは効果的ですが、犬はもともと服や靴を着用する動物ではないため、あえて着せる必要はないでしょう。

犬が散歩中にわがままで歩かない時にしてはいけないこと

コンクリートの上で寝転がる犬

犬が散歩中にわがままで歩かない時に、してはいけない対処法があります。これらのことをしてしまうと、犬はさらに歩かなくなってしまうでしょう。

また、飼い主との信頼関係に溝ができてしまったり、犬の健康面に悪影響を及ぼしたりすることも考えられます。誤った対処法も覚えておくことで、散歩中に歩かない犬に対して落ち着いて対処できるでしょう。

犬の体を無理やり引きずる

犬が散歩中にわがままで歩かない時にもっとも行ってはいけない対処法としては、犬の体を無理やり引きずることです。飼い主としてはしつけのつもりで行っているかもしれませんが、犬の体を無理やり引きずることは下記のような悪影響を及ぼす可能性があります。

  • 肉球が傷つく
  • 首輪で首が絞まって苦しい
  • 喉に負担をかける
  • ハーネスの場合は身体に食い込んで痛い
  • 犬に恐怖心を与える

特に、アスファルトの上で犬を無理やり引きずると、肉球が擦れて怪我をしてしまいます。肉球の怪我は、痛みを伴うことはもちろん、犬がさらに歩きたがらない大きな原因にもなるでしょう。

また、飼い主のことを怖い人間だと認識してしまう可能性もあります。飼い主のことを苦手だと感じたら、家の中にいる時も犬がリラックスできません。ほかにも、首が絞まって苦しかったり喉に負担をかけたりすることもあるため、犬を無理やり引きずるのはやめましょう。

犬のわがままを受け入れ続ける

犬がわがままで歩こうとしないことを、受け入れ続けてはいけません。犬のわがままを受け入れるということは、飼い主と犬の立場が逆転することにつながります。

犬が歩かない時に抱っこをしたり慰めたりすると、いつまでも犬は飼い主に与えてしまいます。すべての行動が犬主導になってしまうのは、日頃の生活を送る上でも良くありません。犬は大切な家族ではありますが、すべて飼い主主導で物事を判断するようにしましょう。

イライラして犬を感情的に叱る

犬が散歩中にわがままで歩かない時に、イライラしてしまうこともあるでしょう。しかし、犬を感情的に叱るのは絶対にしてはいけません。犬を感情的に叱ると、犬はその出来事がトラウマになってしまう可能性があります。

散歩中のトラウマであれば、散歩ルートを変える、苦手な犬や人に触れ合わせないなどの対処ができますが、飼い主のことを苦手だと感じてしまうと、その後の信頼関係を構築するのに時間がかかってしまいます。

また、飼い主に叱られることで散歩が楽しくなくなり、余計に歩かなくなる可能性もあるでしょう。

犬が散歩で歩かない理由はわがまま以外にもある?

首をすくめるチワワ

犬が散歩で歩かない理由は、すべてがわがままなのでしょうか?もしかしたら、犬や飼い主自身に原因がある可能性もあるでしょう。すべてをわがままだと決めつけて対処をしてしまうと、犬との信頼関係に溝ができてしまう可能性もあります。

さまざまな観点から、犬が散歩で歩かない理由を考えていかなければならないでしょう。もしも犬がわがまま以外の理由で散歩をしたがらないのであれば、無理に散歩に行く必要はありません。飼い主が配慮をしてあげるケースがあるのも、覚えておきましょう

老犬は体の不調や体力の低下に注意

老犬の場合は、体調不良や体力の低下により、歩きたくても歩けなくなっている可能性が考えられます。老犬は、元気であってもさまざまな部分で老化しています。

足腰が弱くなって、疲れやすくなることもあるでしょう。疲れている老犬を無理やり歩かせるのは、体力低下により体調不良を引き起こす原因にもなります。

対処法

老犬の散歩は、量より質を重視する必要があります。老犬になると運動能力や運動量が減るため、そこまで多くの散歩時間を確保しなくても大丈夫です。

また、摂取カロリーも減ることから、運動不足による肥満の心配も少なくなります。老犬と散歩を楽しむ時は、補助的な役割を持つハーネスを使用したり、犬と話しながら少しの時間散歩をしたりする程度で良いでしょう。

散歩ルートに嫌な思い出がある犬もいる

もしかしたら、犬は散歩ルートに嫌な思い出があるのかもしれません。知らない犬に吠えられたり噛まれたりしたことがある、車にクラクションを鳴らされたなど、犬にとって嫌なことがあった場所は、いつまでもトラウマとして覚えているものです。また、保護犬に多くみられるのが、社会化不足による不安です。

一度抱えたトラウマを完全に払しょくすることは難しいですが、犬にいつまでも特定の場所だけ怖がらせるのも、精神衛生上良くありません。

そのため、きちんと対処することをおすすめします。また、社会化不足の犬を学ばせるために、小規模のドッグランや遠くからほかの犬とコミュニケーションをとらせるなども、おすすめの対処法です。

対処法

犬の過去のトラウマを払拭させるためには、良い思い出で記憶を上書きしてしまうことが良いでしょう。過去に嫌な思い出がある場所で犬が立ち止まりそうになったら、犬の名前を呼んでおやつを与えます。

それを繰り返すことで、犬は苦手である特定の場所を「嫌なことがあった場所」から、「飼い主からおやつをもらえる場所」と学習するはずです。

しかし、どうしても犬が嫌がるようであれば、無理にその散歩ルートを通らなくも良いでしょう。別のルートで楽しく歩けるのであれば、別のルートで散歩をしましょう。

夏の暑さや冬の寒さが苦手な犬は多い

犬は、暑さに対する体温調節が苦手です。人間の場合は、暑いと汗を流して体温調節をしますが、犬は汗腺が肉球と鼻にしかありません。そのため、犬は暑くても十分に汗を流すことができずに、体内に熱がこもってしまいます。

また、チワワなどの小型犬やミニチュアダックスフンドなどの足の短い犬種は、アスファルトの照り返しでもかなりの暑さを感じるはずです。犬種によっては、寒さに弱い場合もあります。

柴犬やシベリアンハスキーなど、被毛が二重構造になっているダブルコートの犬種であれば寒さに強いですが、シングルコートの犬種は寒さに弱い傾向にあります。

対処法

夏には、熱中症対策をしなければなりません。熱中症対策には、こまめな水分補給が基本です。また、犬の場合は太陽の出ている日中の散歩を避ける、冷感素材でできた服を着せるなどの対処法が挙げられます。

冬は、逆に日光の出ている比較的暖かい時間帯の散歩がおすすめです。当然ながら、服を着せるのも良いでしょう。特にイタリアングレーハンドなどの短毛かつシングルコートの犬種は、秋や冬の寒い時期の服は必需品といえます。

まとめ

道で座り込む柴犬

犬が散歩で歩かないのは、飼い主に抱っこされたい、行きたい散歩ルートがあるなどのわがままが理由の場合があります。しかし、体調不良や過去のトラウマが理由であることも考えられるでしょう。

飼い主は、日頃から犬の様子をよく観察する必要があります。日頃から犬の状態を見ておくことで、犬の多少の変化にもすぐに気が付くことができるはずです。

また、犬がわがままで歩かない場合であっても、無理やり引きずったり叱ったりしてはいけません。犬との信頼関係に溝を作らないように、なるべく犬に散歩を楽しんでもらうように対処しましょう。

散歩ルートを毎日変えたり犬が歩いたら褒めたりして、犬が進んで散歩に行きたがるようにするのが、飼い主としての努めといえます。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい