犬はなぜ散歩が好きなのか?

23577view

犬はなぜ散歩が好きなのか?

年を取るとあまり散歩を好まないワンちゃんもいますが、大方のワンちゃんは散歩が好きだと思います。なぜ犬は散歩が好きなのでしょう?この素朴な疑問について考えて行きます。

他の動物よりも社会性が豊かであるから

シニア犬や個体差によって散歩嫌いなワンちゃんもいますが、多くのワンちゃんは散歩がとても好きです。
『お散歩に行こうか』と誘うと、尻尾フリフリで玄関ドアーの前で待っていたり、自分でリードを咥えて持って来たりするワンちゃんもいます。
『犬はどうしてそんなに散歩が好きなのだろう?』
こんな疑問を持った事はありませんか?

犬が散歩を好むのには理由があります。
犬は猫や他のペットと異なり『社会性がとても豊かな動物』です。
家族の一員になってからは家族という群れの中で行動しますが、散歩によって地域社会の色々な人や沢山の犬と出会ったりする事を楽しんでいます。
犬は散歩によって活き活きとする特徴を持った動物なのです。

散歩

また、飼い主さんにリードを持ってもらい一緒に出かける事で、絆と信頼関係が深まるのも犬にとっては何より嬉しいもと感じています。
そのため犬の散歩は1日の中で最大の楽しみとなっています。

健康維持と社会化のために散歩は必要

犬と生活している以上、1日に1~2回の散歩は欠かせません。
それは『運動不足』『社会化不足』『刺激不足』の3不足にさせないためです。
どの項目が欠けても問題が生じる事は間違いありません。
このことからも散歩の重要性をしっかり考えなければなりませんね。

<運動不足>

小型犬は沢山の運動量は必要ではありませんが、適度に歩いたり走ったりして筋肉をつけさせなければなりません。
運動不足になると筋肉が衰え関節に負担がかかります。
特に関節の弱い小型犬には、適度な散歩は必要です。
また、大型犬も散歩しないと運動不足は勿論の事、確実にストレスが溜まります。

ストレスが溜まると精神的に病んでしまい、問題犬になってしまうケースが多々あります。
そして運動不足になると筋肉量が低下して老化を早めてしまいます。
大型犬は小型犬に比べて老化が早いと言われていますので、毎日の散歩は余程の理由がない限り必要不可欠となります。

<社会化不足>

散歩によって犬は様々な刺激に触れる事ができ、それが社会化に繋がります
沢山の刺激を経験している犬は問題行動が出難くなります。
逆に散歩をしない犬は、そう言った刺激に慣れる機会が無くなりますので、警戒心が強くなったり臆病になったりします。
それにより無駄吠えしたり攻撃性が強くなったりすることで、問題行動を起こす原因となる場合が多い様です。

<刺激不足>

脳に刺激を与えないと、シニア期に入って認知症を発症するリスクが高まります。
犬は目,耳,鼻で沢山の刺激を感じます。
それが脳を働かせる事になりますので、シニア犬になっても適度な散歩をさせる様にして下さい。

また、歩行が困難なワンちゃんはキャリーバッグやバギー,カートに乗せてあげても良いでしょう。
たとえ自分の足で歩けなくとも、外の空気に触れたり他の犬や人に触れることが刺激となって大変喜びます。

バギーに乗る犬

犬にとっての散歩は良い事ばかり

散歩は愛犬にとって心身ともに健康になれる『playfield』なのです。
飼い主さんにしても愛犬と散歩する事で健康になれるのですから、これはもう一石二鳥ではないでしょうか!
また、散歩をする事で期待できる効果も沢山あります。

ではその効果をいくつかご紹介します。

  • 飼い主さんと愛犬とのコミュニケーションの場となる
  • 太陽の光に当たる事でビタミンⅮが合成されカルシウムの吸収を促進する
  • ニオイ嗅ぎをする事により周囲の情報が得られてストレスの解消になる
  • 犬同士のニオイ嗅ぎで会話をしながら、お互いの体調や環境の情報交換が出来る
  • 季節を感じる事が出来るので換毛を促す
  • 外の環境に触れる事で人間社会で上手に生活するための経験となる
  • 適度な運動が出来る事で新陳代謝を促し、健康な体が作れて美しい被毛を保つ

まとめ

ここまでは散歩について良い事ばかり述べて来ました。
しかし注意しなければならない事もあります。
やはり一番注意しないといけないのは交通事故でしょう。
『うちの子は大人しいから大丈夫』と思っていても細心の注意が必要です。

散歩中の犬は何らかの要因で突然走り出したりする事はよくあります。
ですので『マテ』『ヨシ』のコマンド(英語でも良い)は覚えさせ、更には【呼び戻し】が出来るように躾けておきましょう。

マテ

愛犬を守るためには油断をしない事が最も大切です。

また、犬は暑さに弱い動物ですので、夏になると熱中症に気を付けてあげなければいけません。
犬は身体中を被毛に覆われていますので、例えるならコートを一枚羽織った状態だと言えます。
なので暑い時期の散歩は涼しいうちの早朝か夕方にした方が良いでしょう。

地面が熱いと肉球が火傷する可能性がありますので、これも注意しなければなりません。
我が家の場合、6月の中旬頃からクールベストを装着して散歩させます。

クールベスト

大切な愛犬を守るためには、やはり準備を怠らない事が大事だと思います。
順次万端整えて、愛犬と楽しく散歩してコミュニケーションを取り、信頼関係と絆を深めて行きましょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 シェリーママ

    なるほど、犬の散歩はだいじですね。
    我が家は共に11歳のミニチュアシュナウザーが2匹いますが、オスは目が全く見えなくなってしまいました。手術をしましたが、1年後はやはりどうなるかわかりませんとの話でしたが、言われたように全く見えずです。
    お散歩も初めは怖がっていましたが、リードを短く持ち必ず私の足に触れるように歩く訓練をしたところ、今ではかなり器用に歩いてくれています。
    人や他の犬の気配がすると、かなり吠えてしまいますが、若い女性だと吠える声も違い、クンクンと甘えてよっていっちゃうんです。(笑)目が見えないからと、外出させないほうがかわいそうですからね。これからも楽しんでお散歩しますね。ありがとうございます。
  • 50代以上 男性 タンタンパパ

    人間と違って犬は体内でビタミンDを生成することはできませんよ。
    誤解を与えるので訂正しておいたほうがいいと思います。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。