サイエンスダイエットプロの評判・口コミ

【獣医師監修】サイエンスダイエットプロの評判・口コミ

お気に入りに追加

お店で見かけるペットフードのサイエンスダイエットプロシリーズ。我が家の愛犬にも与えていました。このペットフードはお値段もそこそこするし、一体他のペットフードと何が違うの?成分は?評判は?そんな気になるサイエンスダイエットプロについて述べてみました。

22789view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

サイエンスダイエットプロを選んだ理由

サイエンスダイエットプロ チキン
4,200円(税込)

商品情報
天然原材料使用・小粒で食べやすい形状

サイエンスダイエットプロのどの商品か

私が愛犬に選んだサイエンスダイエットプロシリーズは「健康ガード 発育」の小型犬用を与えていました。

どんな犬種、年齢にいつからいつまで与えたか

我が家の愛犬は2匹同い年なのでミニチュアダックスフンド・ミックス犬ともに生後6ヶ月~12ヶ月まで サイエンスダイエットプロを与えていました。

この商品を選んだ理由

サイエンスダイエットプロ健康ガード発育は高品質なDHA(ドコサヘキサエン酸)の配合により、子犬期の健康的な学習能力の発育を助けることが証明された、ペットフード商品であると評判であることが一番の理由です。

また、お店にもよりますが、私がペットフードを買うお店では、時々サイエンスダイエットプロシリーズの試供品を配っていて、説明などをされている方がいらっしゃったので、その方に説明を聞き、評判も考慮して、まず初めは試供品から始めました。愛犬もおいしそうに食べてくれますし、品質を知れば知るほどとても良い物だと分かり、サイエンスダイエットプロのこれに決めました。

サイエンスダイエットプロの評価・口コミ

食事する犬

いい点

子犬、小型犬が食べやすい小粒タイプであることです。実際我が家のミニチュアダックスフンド・ミックス犬にあげていた時(ともに生後6ヶ月~12ヶ月頃まで)、我が家の愛犬は普通の子よりも少し小柄だったので、初めの頃は細かく砕いて与えていました。

成長に連れそのまま与えるようにしても、小柄な犬でもモリモリ食べていました。食べやすい粒の大きさなので、小型犬には安心ですしピッタリだと思いました。

また、このサイエンスダイエットプロは高品質なDHA(ドコサヘキサエン酸)が配合されていることが証明されていて、そこが大きな魅力でもあります。

このDHAというのは、子犬期の脳の発育を助け、健やかな愛犬の学習能力の発達をサポートしてくれるだけでなく、さらに健康な皮膚の発達、毛艶の良いからだを維持するために良質なタンパク質やオメガ3&6脂肪酸など、消化吸収の良い原材料を使用しています。

以上のことから、犬のペットフードの原材料や品質に不安のある方には、安心できる高品質なペットフードと言えます。

残念な点

デメリットとしては、このサイエンスダイエットプロ健康ガードは内容量1.5kgで平均価格が1973円~と、他の一般的なペットフード商品と比べ少し価格が高いことがあげられます。

もちろんペットフードに含まれている成分やサポート力、品質を考えれば妥当とも思えますが、やはり店頭で他のたくさんの種類の商品が並んでいて比べて見た時に少々高いという印象は拭えないと思います。

もうひとつ、私が実際使用した個人的な感想といたしましては、どの商品もペットフードというのは独特なにおいがありますが、このサイエンスダイエットプロは特にそういったにおいが強いように感じます。

ですからこれを少し苦手と感じる方も中にはいるかもしれません。また、商品が豊富な店舗でないと、サイエンスダイエットプロシリーズが売っていない所もあり、あまり目にしない方もいるかと思います。このようなことが残念な点であると思います。

このペットフードがおすすめの犬は?

この商品は小粒タイプなので

  • ミニチュアダックスフンド
  • トイプードル
  • チワワ
  • ポメラニアン

など小型犬におすすめです。

サイエンスダイエットプロについてのまとめ

子犬

サイエンスダイエットプロシリーズは少々値段が高く感じますが、大事な愛犬の発育・健康をサポートする重要な成分が大変豊富に含まれておりますので、飼い主の皆様が安心して愛犬に与えることの出来るペットフードです。

サイエンスダイエットプロは子犬期~高齢犬まで、肥満や皮膚、様々な犬種に合わせた種類がたくさんあるので、是非皆様も愛犬にぴったりのフードを探してみてはいかかでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    以前からサイエンスダイエットのフードというのは知っていましたが、今回記事を読んで、子犬期に「DHA配合」のフードがある事を知って興味を持ちました。子犬期はしつけをしたり、覚えさせることが多い時期なので、学習能力の向上にはDHAが良いのではと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 コエリ

    パピーの頃からフード選びをきちんとする事が大切ですね。健康的な学習能力の発育を助けるということで、認知症の予防にもいいのかな。と感じました。
    また小粒で食べやすいのは素晴らしいですね。お値段は高いとの事ですが、これだけの品質であれば得かもしれないと思いました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 フーガ

    サイエンスダイエットプロは、愛犬を飼い始めてからずっと与えています。
    やはり値段が高いので他のペットフードにしようかなって思ったことがありましたが、記事を読んでこれからも続けようと思いました。愛犬がおいしそうに食べてくれるのが一番ですね。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    記事を拝見して、サイエンスダイエットプロというシリーズを初めて知りました。
    「健康ガード 発育」という、子犬の頃から高品質なDHAやオメガ3などの成分を配合したフードを与えて、脳の発育や毛質などの事を考えていくのは素晴らしいと思いました。

    現在14歳になる我が家の愛犬は昨年皮膚型リンパ腫を患い、今もなお治療中ですが、年齢のこともあり抗がん剤による治療ではなく、緩和の薬と、独自にDHA配合のオメガ3のサプリを与えるようにしました。

    お陰様で皮膚も良くなり、今の所血液検査もほぼ正常値をキープしております。
    もっと早くにそういったDHAやオメガ3などの高品質な成分を知っていてフードなどから与えていたら体質も変わっていたのかもしれないですね。

    これからは子犬の時から情報を沢山得て、多くの飼い主さんが良質なフードを選んでくれたら嬉しいです。
  • 投稿者

    30代 女性 山本ゆり

    サイエンスダイエットプロシリーズ、個人的には絶対におすすめしないです。動物病院でもよく見かける「ヒルズ」ブランドの商品です。そのヒルズのフードが専門店に行かずとも、スーパーで買える簡単さがありつつも、安価フードより高くプレミアフードよりは安い、何となく「ちょっといいもの」を愛犬に与えている気持ちにさせてくれるかもしれませんが、実態はそうではないです。「ビートバルプ」「コーングルテン」等、安価でかさを増しカロリーを上げる原料が含まれています。また、種類によっては、動物性タンパク質は化合物ばかりで、小麦、米、大豆など、穀物が主体となっているものもあります。穀物アレルギーがある愛犬は絶対に避けるのは勿論のこと、この価格を出せるなら、ネット購入が中心でもうちょっとだけ高くなりますが、質が遥かに高いプレミアムフードが買えますし、手作り食にしてもおつりがきますよ。飼い主さんが納得して使用されているなら構いませんが、何らか愛犬の体調に心配がある場合に選択するフードではないかと思います。
  • 投稿者

    女性 匿名

    以前サイエンスダイエットアダルトを食べさせていましたが、かさ増し材料を使用されているので、わんちゃん本舗の記事に「ハスキー犬にお勧めのフード」とあったニュートロナチュラルチョイスにかえました。ラム生肉と乾燥ラム肉を多く配合したラム&玄米を食べさせています。被毛は綺麗で何より体調が良いです。
    サイエンスダイエットは個人的にはお勧め出来ないです。。。
  • 投稿者

    40代 女性 そら

    よく動物病院に”獣医師推薦”と書かれたサイエンスダイエットプロのポスターが貼られているのを見ます。
    なので安心して与えられるのかな、と思っていたのですが、原材料表を見ると、穀物類が非常に多い割合で使われていたので、使用を見送りました。
    また、ビートパルプや動物性油脂、植物性油脂、という表記も悪印象でした。
    そこまでこだわらなくてもいいと思うのですが、他にいいフードがあればそっちがいいかな、くらいの感じです。特に、サイエンスダイエットプロは、プレミアムフード並の金額ですので、同じ価格帯ならもうちょっと原材料が安心できるものがあるかな、といった感じです。
    うちは小型犬なので、そんなに量を食べないので良質のフードならそこそこの値段のものを与えるようにしています。
  • 投稿者

    20代 女性 シーナ

    子犬の頃、獣医さんですすめられてサイエンスダイエットをあげていたのですがいつもうんちがゆるめであまり体に合っていないのかな?と思っていました。でもどんなフードがいいのかその頃は選び方もよくわからなくて、獣医さんが進めるのだからいいフードなのだと思ってあげ続けていました。うんち緩めなのは少しずつ改善してきましたが、今度は皮膚がアレルギーっぽいというかかさかさして掻きむしってしまうことがあり、アレルギー検査をしたり色々対策を立てたんですが、なかなか改善せず、たまたま「食事で体質改善できる」という情報を知って、勉強したりして皮膚にもっとよさそうなフードを変えたら徐々に薄かった毛が増えていって掻くことも減りました。サイエンスダイエット自体が悪いのではなく、うちの子の体には合っていなかったのだと思いますが、動物病院で勧められたからと言って過信したのがよくなかったと反省しました。
  • 投稿者

    女性 Sato

    我が家の愛犬はサイエンスダイエットをずっと食べています!サイエンスダイエットを食べる前は、いろいろと試してみたのですが、結局サイエンスダイエットに戻りました。いつも通っている獣医さんの所でも販売しています。また、愛犬を購入した先のブリーダーさんも「子犬用のフードが小粒なので、子犬たちも食べやすいようです」と言っており、サイエンスダイエットを食べさせていたので、我が家の愛犬はこのフードが一番慣れていると思います。サイエンスダイエットで良いと思ったことは、いろいろなバリエーションがあるところですね。我が家の愛犬は食べ過ぎるとすぐに太ってしまう犬種なので、現在はダイエット用のものを食べさせています。ダイエット用のフードも小粒タイプです。小型・中型犬は食べやすいと思います。また、老犬用のものもあるので、将来はこれを選んであげたいと思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 海斗ママ

    すごくいい素材を使っているドッグフードなどに比べるとそれほど高いわけでもないし、食事に少し気を使いたい人にはいいのかもしれません。
    でも、中身を見ると犬にとって不要なものもたくさん入っているように感じるので、この値段を出してあえてこれを選ばなくてもいいのでは…と個人的には感じます。
  • 投稿者

    女性 馬

    サイエンスダイエットプロ、デメリットで挙げられていた価格の話は、そう高くないと私は思います。大型犬などたくさん食べる犬を飼われている方は食費がかさむかもしれませんが、小型犬だったらもっと出してもいいくらいかな。考えてみたら、食材を乾燥させているわけだし、2kgのフードをつくるのには2kg以上の肉が必要です。2kgの肉が2000円で買えるかと。むしろなんでそんな値段でフードが作れるの?中身怪しいな、といった金額のものもありますので、サイエンスダイエットプロは比較的バランスの良いそれなりに信頼できる部類のフードかなと思っています。
  • 投稿者

    女性 まろん

    サイエンスダイエットプロというのは動物病院に行くと必ずと言っていいほど置いてありますよね。あれって何でなんでしょう…?動物病院以外では見たことがないので動物病院にしか置けない商品なのかな…?なんて疑問に思ってから何となく手に取らずにいました。でもいろんな良いものが入っているんですね。でもコメントを見ると合う合わないがあるので、試供品から試してみるのが良さそうですね。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    原材料だけでヒルズやロイヤルカナンを否定する人がいますが、栄養学を学んだわけでもない人の個人的な感想など何の役に立ちません。
    ドックフードの研究機関をもっていて科学的に成分を検証、研究しているメーカーを信用せず、何の知識もない一般人の主張を信用するのはどうかと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

サイエンスダイエットプロを愛犬に与えている飼い主さんに質問です

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。