ウエストハイランドホワイトテリアの性格や特徴、しつけや飼い方まで

ウエストハイランドホワイトテリアの性格や特徴、しつけや飼い方まで

お気に入りに追加

やんちゃで活発、そして真っ白な被毛が印象的なウエストハイランドホワイトテリア。この特徴的な犬種ウエストハイランドホワイトテリアは、通称「ウェスティ」とも呼ばれ、愛玩犬として日本に定着してきています。ここではウエストハイランドホワイトテリアの性格や飼い方、しつけ方についてご紹介します!

53804view

ウエストハイランドホワイトテリアとは

枝を咥えるウエストハイランドホワイトテリア

ウエストハイランドホワイトテリア(愛称:ウェスティ)は、もともとはスコットランド・ウエストハイランド地方が原産です。以前はケアーン・テリアの変種として扱われてきましたが、後にウエストハイランドホワイトテリアとしてケネルクラブに正式登録されて誕生しました。

ウエストハイランドホワイトテリアの性格

ソファーでくつろぐウエストハイランドホワイトテリア

性格

  • 活発
  • 好奇心旺盛
  • 従順で忠実
  • 気性が荒い
  • 独立心が強い
  • 頑固

本来は狩猟犬なだけあって、ウエストハイランドホワイトテリアの性格は活発で好奇心旺盛ですがその反面、気性が荒い面も持ち合わせており、独立心が強く頑固なところがあるため飼い主の適切な躾が必要です。こう聞くと一見飼いづらいようにも感じますが、決してそんなことはありません。

ウエストハイランドホワイトテリアは、もともとが狩猟をする人間のパートナーとして生まれた犬です。ですので、きちんと躾をすれば飼い主に従順で忠実、かつ賢く素晴らしいパートナー犬になってくれるでしょう。

とにかくやんちゃで活発、自発的な行動をするのが特徴ともいえる犬種ですので、飼い主にかまってもらいたいがためにイタズラをする、なんていうこともあるそうです。ひどいイタズラは困ってしまいますが、ウエストハイランドホワイトテリアはそんな可愛らしい一面も持っている犬種ともいえます。

ウエストハイランドホワイトテリアの特徴

ドッグランで運動するウエストハイランドホワイトテリア

大きさ(体重/体高)

体の大きさ

  • 体重:7〜10kg
  • 体高:28cm前後
  • 分類:小型犬

小型犬に分類されるウエストハイランドホワイトテリアは体重7〜10Kg、体高は28cm前後と小柄な体をしています。元々は狐の巣穴に続く細い道を通れる犬種として作出されたため、細くしなやかな体をしています。またメスはオスに比べてもう少し小ぶりだというのも特徴です。

被毛

ウエストハイランドホワイトテリアの被毛カラーは犬種名にあるようにホワイトしか認められていません。また被毛は上毛と下毛があるダブルコートですが剛毛で抜け毛が少ないという特徴もあります。

そのため、古くなった死毛を手で引き抜くハンドスリッピングを行わないといけませんが、素人や慣れていない人がやると引き抜く際に強い痛みを伴ってしまいますので、慣れていないのであれば無理をせずトリマーに任せるようにしましょう。

体の特徴

子犬のウエストハイランドホワイトテリア

短い手足と短い胴、体高よりも長い体長とウエストハイランドホワイトテリアはスクエア型をしているのが特徴です。また体に対して頭は少し大きめで耳が尖っているのも特徴としてあげられます。

キリッとした姿勢の良さとピンと上を向いた尻尾といったテリアならではの特徴もしっかりと受け継いでいます。またウエストハイランドホワイトテリアは元々小型害獣の狩猟犬だったため、ともて愛らしい顔からはあまり想像できない鋭い歯と頑丈な顎を持っています。

アーモンド型の可愛い瞳と真っ白な見た目から、あまり想像できないかもしれませんが、意外にも勇敢でかつては狩猟も行っていた勇ましい一面を持っているのもウエストハイランドホワイトテリアの特徴です。

尻尾

ウエストハイランドホワイトテリアといえば、その可愛らしい尻尾を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。実はこの尻尾も、狩猟犬として改良された名残なんです。

このほどよい長さの尻尾は、ウエストハイランドホワイトテリアがキツネの巣穴などに入り込んだ際に、尻尾をつかんで引っ張りだしやすいようにと改良されたものでした。

しかし当時は狩猟のために断尾を行うことも多かったとのこと。しかし現在は狩猟を行うウエストハイランドホワイトテリアはほとんどいませんので、断尾を行われることもなくなりました。

ウエストハイランドホワイトテリアの子犬の値段

おめかししたウエストハイランドホワイトテリアの子犬

値段の相場

15万〜30万円

ウエストハイランドホワイトテリアはペットショップでも見かけるだけではなく、日本全国にブリーダーが存在しています。しかし、ウエストハイランドホワイトテリアは繁殖が難しい犬種とも言われておりタイミングによっては全く手に入らないこともあります。そのため、価格の変動が激しい犬種でもあります。

平均の値段は15〜30万円と言われていますが、タイミングによってはもっと高額になることもあります。さらに、個体の性格、見た目、血統などから希少価値が高いと判断をされた場合はさらに価格が跳ね上がることもあります。

ウエストハイランドホワイトテリアを迎え入れる時は、予算を少し多めに用意しておく方が良いとも言えるでしょう。また子犬を購入する際に注意をしてもらいたいのが、あまりにも価格が低すぎる場合です。

そのような犬は生まれつき疾患を抱えている可能性もありますので、相場よりも低すぎる値段が付いている場合はその理由を店員やブリーダーに尋ねるようにしましょう。

ウエストハイランドホワイトテリアを飼うには

ウエストハイランドホワイトテリアの子供

まず思い浮かべるのはペットショップやブリーダーさんから譲ってもらう方法かと思います。でもちょっと待って、様々な事情からおうちを失ってしまったウエストハイランドホワイトテリアもいるんです。そんな子たちをお迎えする方法も考えてみませんか?

ブリーダーから迎える

ウエストハイランドホワイトテリアのブリーダー専門のサイトです。日本各地のブリーダーさんの情報を閲覧することができ、もし気になる子がいれば見学の申し込みもでき、譲ってもらうなどブリーダーさんに直接連絡することが可能です。詳細画像に加えてその子の性格なども記載されているので、参考にしやすいのではないでしょうか。

里親になる

「ペットのおうち」ではいろいろな事情から、安心して住めるおうちを失ってしまった動物たちが、新しい飼い主さんとの出会いを待っています。もしよかったらペットショップなどに行く前に、一度こちらを覗いてみてくださいね。

もしかしたら、ここで運命の出会いがあるかもしれません。また、この他にも、里親さんを募集しているサイトはたくさんあります。どの子もみんな新しい飼い主さんと、暖かい家族に迎えてもらえる日を待っています。ご興味を持たれた方はぜひ検索してみてください。

ウエストハイランドホワイトテリアのしつけと飼い方

トリミング中のウエストハイランドホワイトテリア

ウエストハイランドホワイトテリアを飼う上で、まず最初に気をつけなければいけないのが噛み癖。先述の通り、アゴが強い犬種ですので噛み癖はしっかりと改善しなければいけません。また犬以外の小動物に対しても、あまり友好的なほうではないといわれています。お散歩中に出会う猫などにくれぐれも注意しましょう。

しつけ

ウエストハイランドホワイトテリアはもともと賢くて物覚えが良い犬種ではあるのですが、反面独立心が強い面も持ち合わせています。場合によってはなかなか飼い主の言うことを聞いてくれないというようなこもあるかもしれませんが、しつけは根気強くするのがポイントです。

後々で困ることがない様、ダメなことをした時には毅然とした態度で、また逆にちゃんとできた時には少し大げさなくらい褒めてあげるなどすると、犬もわかってくれるかと思います。

何より大切なのは、途中であきらめないこと!ウエストハイランドホワイトテリアは活発で独立心の強い犬種なので、無理にルールを押し付けるような教え方ではなく、様々な遊びやスポーツなどをうまく取り入れながら、時間をかけてきちんと適切なしつけを心がけることが重要です。

飼い方

ウエストハイランドホワイトテリアの飼い方のポイントとしては、寒さに強く暑さに弱い犬種であるということ。真夏の日差しや炎天下のお散歩などは控えましょう。

ですが遊ぶことが大好きで、常に飼い主さんとのコミュニケーションを求めていますので、日頃のお散歩とは別にコミュニケーション目的で遊んであげるととても喜びます。

ウエストハイランドホワイトテリアの特徴であるダブルコートについては、簡単に言ってしまえば固い剛毛。それ故、皮膚炎に悩まされやすいのが特徴ともいえます。

1〜2日に1度はブラッシングすること、2〜3ケ月に1度の定期的なカットなどでしっかり予防しましょう。ブラッシングの際には皮膚に異常がないか、飼い主さん自らチェックしてあげることも大切です。

ウエストハイランドホワイトテリアの寿命

真顔のウエストハイランドホワイトテリア

平均寿命

12〜14歳

ウエストハイランドホワイトテリアの寿命は12〜14年と犬の中でも比較的長寿な犬種と言えます。しかし、これはあくまでも平均的な寿命であり、生活習慣、生活環境、食生活、運動量、ストレス、病気の有無などによって寿命は前後します。

特に命に関わるような遺伝性疾患は見られませんが、それでも日々の生活環境によっては、健康状態が悪化して短命になることもあります。逆をいえば健康にしっかりと気を使い生活をさせてあげれば、平均寿命よりも長く生きる可能性もあります。

愛犬が長生きをするかは飼い主様の健康管理次第ですから、気を引き締めて普段から愛犬の健康状態をチェックするようにしましょう。愛犬と少しでも長く幸せに暮らすためには快適な住環境ときっちりとした健康管理を行うことが大切ですよ。

ウエストハイランドホワイトテリアがかかりやすい病気

水を飲んでいるウエストハイランドホワイトテリア

皮膚疾患

ウエストハイランドホワイトテリアは皮膚疾患になりやすい犬種として知られています。

ホコリやチリ、花粉、食べ物などによって起こるアレルギー性皮膚炎。皮脂が過剰に分泌されることにより引き起こされる脂漏性皮膚炎。さらには細菌感染などが原因で皮膚炎を引き起こすこともあります。

ウエストハイランドホワイトテリアはこのようにちょっとしたことでも皮膚炎になりやすい犬種のため、なんらかの症状が見られたら獣医師に早めに相談をして早期治療を心がけましょう。

ちなみにこれらの皮膚疾患は根治をすることが難しいため、生涯に渡って付き合っていく覚悟が必要となります。

肺動脈狭窄

先天的な疾患の一つで心臓から送られる血液が通る血管である肺動脈が生まれつき狭くなっている病気です。治療法は軽いものであれば内服薬を飲みながら経過観察で済みますが、重度になると外科的手術が必要になることもあります。

膝蓋骨脱臼

小型犬によく見られる膝関節の疾患である膝蓋骨脱臼もウエストハイランドホワイトテリアが気をつけたい病気です。膝蓋骨脱臼は膝のお皿の部分が脱臼してしまう病気で、発症すると足をひきづったり、うまく歩けなくなることもあります。

原因としては先天性の場合もありますが、転倒や転落といった事故で膝の関節が脱臼してしまうことも。この病気を完全に防ぐことはできませんが、普段から膝に負担を掛けない生活を送らせてあげればある程度予防はできますので、愛犬のために気をつけてあげるようにしましょう。

ウエストハイランドホワイトテリアの歴史

>服を着たウエストハイランドホワイトテリア

ウエストハイランドホワイトテリア(West Highland White Terrier)はイギリス・スコットランド地方で飼育されていたケアーンテリアから時々生まれる白色の個体を選別していったのが始まりです。

その当時は「ポルタロッチテリア」という名前で呼ばれていましたが、アメリカの血統団体AKCアメリカンケネルクラブに登録をされた時期と同じくして現在の「ウエストハイランドホワイトテリア」という名前に改名されました。

ウエストハイランドホワイトテリアはもともとキツネを狩る猟犬で、岩と岩に挟まれた狭い道を進むためい足を短くして勇敢に進んでいける犬種として開発されました。

しかしアメリカに渡ると、その見た目の美しさや愛らしさに人気が集まり、現在では家庭犬として広く親しまれるようになったのです。特にアメリカでの人気は高く、犬種の人気ランキングでも常にベスト10に入っているポピュラーな犬種にまで成長しました。

日本でも「ウェッティー」の愛称で親しまれています。ただ日本では同じ白くてサイズもより小さいマルチーズの方が人気です。

ちなみにウエストハイランドホワイトテリアはケアーンテリアの変種として扱われていた過去がありましたが、のちの遺伝子検査などによりケアーンテリアとは違う個体であるという結論に至ったため、現在ではウエストハイランドホワイトテリアという別の犬種としてしっかりと扱われています。

まとめ

散歩中のウエストハイランドホワイトテリア

ウエストハイランドホワイトテリアはその犬種独特の個性が強い分、きちんとコミュニケーションをとって飼い主との関係性が確立できれば、飼い主冥利につきる愛犬になってくれる犬種なのではないでしょうか。

被毛のお手入れやしつけに要する時間など、場合によっては他の犬種よりも多少の手間がかかるかもしれません。

ですがきっとそれ以上の愛情と忠誠心でかえしてくれる賢い犬ともいえると思いますので、ご興味のある方はぜひ一度、まずは気になった子に会いに行かれてみてはいかがでしょうか?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 のんのん

    ウエストハイランドホワイトテリアという犬種についても初めて聞く犬種でした。割と最近確立された種類のようで、まだ飼っている人は少ないのではないでしょうか。
    私の周りでもまだいません。性格や習性、どんな成長を遂げるのか、これから注目が集まりそうです。
  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    ウエストハイランドホワイトテリアという犬種は今まで散歩やボランティアの活動で出会った事がありませんでした。その愛らしい容姿のワンコが本来は狩猟犬と聞いてちょっとビックリしました。
    そして、寒さに強く暑さに弱いとの事で、特に日本で飼う場合は夏が暑いので注意した方が良いと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 こなつ

    見たことのある犬種です。真っ白の被毛のわんちゃん!ただ実際に触れたことはないのですが…固いのですね!ビックリ!性格は好奇心旺盛で活発!なんともわんちゃんらしい性格ですね〜
    やっぱりわんちゃんは真っ白のモフモフしたわんちゃんが活発に走っているのを考えただけで癒されますね〜
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    ウエストハイランドホワイトテリア…何度も噛んでしまいそうな名前ですが(笑)、私はヨークシャーテリアを飼っていたため、とてもよく似ています。
    本当にヨークシャーテリアを真っ白にしたようなワンちゃんですね♪活発でいたずら好きな所も可愛いなぁと思います。真っ白の毛も、夏は涼しげで冬は雪んこみたいで可愛いです♪
  • 投稿者

    女性 きい

    ちょうどこの前ドッグランに愛犬を連れて行ったときに、ウエストハイランドホワイトテリアを連れている方とお話したのでこの記事はとても興味がありました。
    わたしはその方と会うまでウエストハイランドホワイトテリアを知らなかったのですがお会いした時にかわいくて色々聞いていたのですが、この記事を読んでみて更に興味がわきました。
    とても人懐っこく甘えたなわんちゃんでした。私も飼いたいのですが現在3匹の愛犬たちで手がいっぱいなので諦めるしかないですね(笑)
  • 投稿者

    50代以上 女性 ケティ女性

    ウェスティが大好きで飼っていました。一昨年16歳で天国に行きました。テリアにしてはとてもおおらかで犬も人間も大好きな優しい子でした。吠える事もほとんどなく問題行動もない子でした。先住犬がおとなしいシーズーだったからかもしれません。ただ記者のようにアレルギーと心臓病には苦しんでいました。
  • 投稿者

    女性 yukko

    家にはウエスティの女の子と黒トイプーの女の子が居ます。ウエスティは明るくやんちゃで好奇心旺盛!とっても分かりやすい性格で、要求もハッキリしてます。13歳の今でもオモチャで遊んで!って。でも年下のトイプーには弱気で…そんな所も愛くるしいんです。
    yukkoの投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 グーグルぽち

    あの可愛らしいぬいぐるみのようなお顔のウェスティの性格が、活発で好奇心旺盛だなんて少し驚きました。
    テリアは自己主張が強く頑固なため躾がとても大事と聞きますが、一度ハマったら抜けられないというほど魅力的な犬種ともいわれています。

    わたしの愛犬のテリアは、ウェスティと似ていると思います。
    気が強い頑固な性格で、独立心がありマイペース、また気に入らないことや嫌なことをされると無視します。しかし時にはとても甘えん坊になります。
    次回迎えるのもテリアに決まりです!
    こんな素敵なテリアですから、諦めずコツコツと取り組んでいけるパワーのある飼い主さんにとても合う犬種だと思います。

    そして今では多くの方がパピーミルの酷さをご存じだと思います。
    もしこれからウェスティを迎えるのでしたら、ペットショップからの購入ではなく、里親や良質ブリーダーさんから考えてみて頂けたら嬉しいです。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    私は小学生のころから柴犬・マルチーズ・ポメラニアンと飼ってきましたが、ウエスティほど躾に苦労した犬種はありませんでした。とにかくテリアらしいというか、とても頑固でマイペースな性格で、完全に意思疎通ができたのは5歳頃でした。それ以降は見違えるほど賢い子になりましたが、初めて犬を飼う方や高齢の方、犬に時間をかけられない方にはお勧めできません。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    ウェスティの男の子兄弟2匹と暮らしています。2歳です。甘えん坊で、陽気で、毎日面白いです。ウェスティに共通する性格としては、とても陽気で賢いこと、遊びやご飯、散歩などを飼い主に提案してくること、空気を読む力が強く、集団生活に適していることです。毛もふわふわで抱き心地満点、見た目以上にがっしりしているので丈夫です。ウェスティのいない生活は考えられません!犬との生活を楽しめて、大事にしてくれる方にはぜひおすすめです。
    ただし、ウェスティはとても頑固でわがままな面も持ち合わせています。手のかかる子が苦手な人にはおすすめしません。
  • 投稿者

    40代 女性 かえまり

    いろんな種類のわんちゃんに出会い、共にすごしてきましたが、なかでも、ウエストハイランドホワイトテリアは、動物看護学校の時に2年間、共に過ごしました。
    やんちゃで、活発なので初めの躾に慎重で大変でした。しかし保護犬でしたが、人懐っこくて可愛かったです‼散歩は結構長くいっていました。一時間は行っていたでしょうか。運動量もけっこういりましたがたのしかったです。
    一方、毎日の餌は基本的になんでも食べてくれていましたので苦労はしませんでした。さつまいもが好きだったので、ふかしと刻んでいれて食べさせるとよろかんでいました。
    ウエストハイランドホワイトテリアは、髪の毛の手入れが、少し大変でした。すぐに、ぼさぼさになるので、ブラッシングがかかせませんでしたしシャンプーも頻繁に行っていました。汚れやすいですが、白くてとても、きれいな、ウエストハイランドホワイトドッグです。
  • 投稿者

    30代 女性 ホワイトさん

    今までウエスティ3頭と暮らしました。もうこの犬種以外考えられません!従順な犬、ではないです。人っぽさが魅力です。人の言葉を本当によく理解します。でも、こちらの都合で呼ぶと、聞こえてるくせに思いっきり無視されます(笑)。おやつの時はキラキラした目で駆け寄って来るのに!
    確かに、性格は頑固だと思います。
    散歩の途中で、行きたくない方向に行こうとすると全く動かなくなることも。しっぽフリフリで人に付いて来る犬ではないです。自分で考えて、勝手に好きなところへ行ってしまいます。
    他の犬との協調性は、子犬の時にどれだけ他の犬と接したかによると思いますが、うちの子たちは他の犬とケンカになったことはありません。ケンカ売られても興味を示さないです。人に触られても、怒ることもないですが、愛想振り撒くこともありません。今忙しいんだよね~って感じで、無視したりします。カメラ目線はしてくれません。でも飼い主には甘えてくるので可愛い奴です!

    見た目は愛らしいですが、声はわりと太くて大きいです。訪問者の顔を見るまでは吠えます。なぜか留守番中には吠えないようで、飼い主に訪問者を教えてくれているみたいです。

    お手入れの手間はとてもかかります。マラセチアという、毛が赤っぽくなる皮膚病になりやすいです。足や耳が濡れたら、放置せずにしっかり乾かす必要があります。白さをキープするのはかなり大変です。シャンプー後は乾燥に1時間はかかります。また、ふわふわの柔らかい毛ではなく、剛毛の方が良しとされており、毛を抜くお手入れをしないと、毛がペッタリ寝たお顔になってしまいます。真ん丸なお顔にするには数年かかります。

    里親として、男の子一頭を迎えましたが、全く問題なく懐いてくれました。里親探しサイトでウエスティを見かけることもあるので、飼うことを検討している方はぜひ里親という方法を考えて欲しいです。
  • 投稿者

    40代 女性 aya

    13歳になるウェスティの女の子と暮らしています。
    初めての室内犬で、仔犬のころには噛み癖で苦労しました…。買ったばかりのコタツの足を留守番中にかじりまくりアート作品になってました(泣)
    ペットショップでは、カートの上から他のワンコにケンカを売りまくり。ドッグランでは他のワンコと遊ぶどころか、遊びの邪魔をする始末…。正直、なぜウェスティを飼ってしまったのだろうと後悔もしました。
    でもでも‼️彼女の主張を我慢強く聞くと、してしまった理由や原因がわかってきます。
    ウェスティは、まさに相棒。対人間なんです。自分の子供のように可愛がれる方でないと難しい犬種かと思います。
    ですが、ツンデレなゆえ気持ちが通じ合った時ほど嬉しいものはありません。
    今は老犬となりましたが、命尽きるまで子供のように可愛がり、わたしはお世話係となって彼女を慈しみたいと思います。
    それほどウェスティの魅力は測りしれないのです。



    ayaの投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

ウエストハイランドホワイトテリアの魅力や飼う上でのアドバイスを教えてください(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。