愛犬が突然おしっこを失敗するように…考えられる理由や原因、その対処法について

愛犬が突然おしっこを失敗するように…考えられる理由や原因、その対処法について

愛犬が急におしっこの失敗を繰り返すようになると、トイレトレーニングはきちんと終えていたのになぜ?と飼い主さんも戸惑ってしまいます。おしっこの失敗が長引くことはただ掃除の負担が増えるだけでなく、実は愛犬の体や心に大きな変化が訪れているサインであることも少なくありません。なぜ突然トイレの失敗を繰り返すようになるのか、その原因を探してみましょう。

はてな
Pocket

愛犬が突然おしっこを失敗する時の原因

カーペットの上で粗相をして飼い主に指摘されている子犬

愛犬と一緒に生活していると、トイレの場所を知っているにも関わらず、突然おしっこを失敗するようになることがあります。

「トイレトレーニングもきちんと終えているのになぜ?」と、不思議に思う飼い主さんもいることでしょう。また、外での散歩の時しかしなかったのに、急に室内でもトイレの失敗をするようになれば、不安や心配に駆られる人も多いはずです。

トイレの失敗が続くのは、愛犬の気持ちの変化や病気などの原因が必ず潜んでいます。愛犬のおしっこの失敗には、どんな理由が隠れているのかを探ってみましょう。

トイレが近くなっている

トイレの失敗を促してしまう原因の1つが、おしっこの量や回数の増加です。

  • 冬の寒さによる体の冷え
  • ステロイドなどの投薬による副作用
  • 食事内容の変化(ウェットフードや手作りご飯など)

といった気温の変化や、摂取するものによって一時的な飲水量の増加し、トイレの間隔が短くなって失敗してしまうことがあります。

また、加齢や病気によって膀胱におしっこを溜めておける時間が短くなることで、慢性的にトイレに行きたくなるタイミングが増え、定められたトイレの場所に行く前にしてしまうわんちゃんもいます。

ストレスを感じている

長時間のお留守番や飼い主さんとのコミュニケーション不足などによるストレスで、構ってもらいたいばかりにわざと違う場所におしっこをすることもあります。

この場合は、トイレの失敗をした後に飼い主さんが発した騒ぎ声や、目を合わせて注意されたことを愛犬が覚えていたために、「別のところでおしっこをしたらまた自分に構ってくれるかも」という意識が働き繰り返してしまうことが多いものです。

飼い主さんが傍にいない不安や恐怖が強いわんちゃんは、お留守番時の分離不安症として現れます。頼るべき飼い主さんがもう戻ってこないのではというパニックに襲われるため、たとえ住み慣れたお家であったとしても、飼い主さんが帰宅するまでにあちこちに粗相をしたり、声が枯れるほど鳴いてしまいます。

トイレ環境の変化で場所がわからなくなっている

引っ越しや大胆な部屋のリフォームなど生活環境の変化があった時には、同じ場所にトイレを設置したつもりでも、「いつものトイレ場所と違う」と感じ、どこにおしっこをすることが正解なのかわからなくなってしまうことがあります。

他にも、飼い主さんが不在中のペットホテルでの長期の預かりなど、一旦別の場所でのトイレ環境に慣れてしまうと、自宅に帰って来てから元々のトイレのルールを忘れてしまっているせいで、失敗につながってしまうことがよくあります。

散歩の時間間隔が長すぎる

外でのトイレ習慣を持つわんちゃんの場合、朝一番の散歩から夜に飼い主さんが帰宅するまでトイレに行けない時間が長くなると、限界を迎えた時点でおしっこをしてしまいます。

トイレの間隔が近くなっていたり、たまたま飲水量が多くなってしまった日など、わざと失敗しようとしてしているわけではないことがほとんどです。

子犬の場合、おしっこを我慢できる時間は月齢+1時間とされています。生後6ヶ月の成犬に近い体格に成長していたとしても、我慢できるのは約7時間が最大というわけです。

そのため、トイレは外でするものと思っていたとしても、飼い主さんが散歩に連れて行ってくれるまでに限界を迎えてしまう子が多い傾向にあります。

マーキング

性成熟を迎えると、オスはより顕著に「自分の縄張り」を周囲に知らせたいという欲求が高まります。

自分の縄張りを周囲に知らせるための情報源になるものがおしっこ。自分の生活範囲に匂いづけをしたい本能が勝ってしまうことで、覚えたはずのトイレのルールを忘れてしまうことはよくあります。

発情期を迎えたメスの場合も一時的におしっこの回数が増えることがあり、失敗につながってしまう子がいます。

何らかの病気を患っている

腎臓から尿道までの尿を作って排泄する器官に問題が生じると、おしっこを溜めることができなくなったり、排泄する時に痛みが出て少しずつしか出せない事態が発生します。

また、全身の倦怠感や足腰の痛みが現れる病気によってトイレまでの移動が大きな負担となってしまう時も、おしっこの失敗が続きやすくなります。

このように、さまざまな病気が引き金になっておしっこの異常がトイレの失敗として現れるのです。

体が老化している

老犬期に入って脳が老化すると認知機能が低下し、トイレの場所やルールを忘れてしまうことがあります。また、膀胱や尿道周りの筋肉が衰えることで、おしっこを1回で出し切れなかったり、咳やくしゃみなどのささいな刺激が原因で膀胱から漏れ出てしまいます。

全身の筋肉量が落ちてくると、痛みの有無に関わらず立ち上がるのが億劫になるため、トイレまで行かずに近くでおしっこをしてしまう場合もあります。

  • トイレの失敗はおしっこの異常や愛犬の気持ちを飼い主さんが知るためのバロメーター
  • 飼い主さんにとっては掃除の手間が増えるだけのトイレの失敗も、愛犬にとっては切実な感情や病気のサインを訴えていることも
  • 原因が一時的なものなのか病気が関わる慢性的なものなのかをしっかり見極めよう
  • 愛犬がおしっこを失敗するときに考えられる病気

    うつぶせて悲しそうな表情のパグ

    おしっこの失敗が愛犬の心のケアやトイレトレーニングのやり直しだけで治まるものではなく、病気が隠れている場合には投薬や手術による治療が必要です。

    特に、おしっこの異常が現れる病気の中には、放っておくほど進行して重症化するものも少なくありません。愛犬の病気を早期発見してあげるために、おしっこの失敗が見られる可能性のある病気を知っておきましょう。

    尿管・膀胱・尿道の病気

    • 膀胱炎
    • 尿路結石
    • 膀胱腫瘍
    • 膀胱アトニー

    結石や腫瘍がおしっこの通り道や膀胱にできてしまうと内部を圧迫するため、今までと同じ量のおしっこを溜められなくなったり、出口がなくなって閉塞すると命に関わります。また、粘膜も傷ついて炎症を引き起こすため、頻尿症状をはじめ、痛みや不快感、出血なども伴います。

    下半身の麻痺などで排尿の指示がうまく伝わらない時には、膀胱におしっこが溜まりすぎた状態が続くことで膀胱の筋肉がうまく収縮できなくなる膀胱アトニーという状態になることもあります。この場合は自分で排尿をコントロールできず、膨らんだ膀胱に収まりきらない分が尿漏れとして出てきてしまいます。

    腎臓の病気

    体のろ過機能としての役割備え、水分量を調節している腎臓がダメージを受けると、尿量が極端に増えたり減ったりします。

    老犬に多い慢性腎臓病は、腎臓の機能が徐々に低下して75%が失われないと症状が現れないことも多い病気で、体に留めておくべき水分までおしっことして出て行ってしまうため、尿量が増える傾向にあります。

    まったく何の治療もしないでいると腎不全となり、おしっこ自体を作る機能が失われ、体の中に老廃物が溜まる続けて尿毒症に陥ります。

    生殖器の病気

    • 前立腺肥大
    • 前立腺炎
    • 子宮蓄膿症

    去勢手術を行っていないオスに多い前立腺肥大は加齢とともに発生することが多く、尿の通り道である尿道を大きくなった前立腺が圧迫してしまうことから、頻尿症状を示すことがあります。

    また、膀胱に侵入した細菌が前立腺にたどり着き、前立腺炎となっておしっこをしぶる様子や発熱、痛みを引き起こすこともあります。どちらも去勢手術を行うことが根本的な治療法となる病気です。

    避妊手術をしていない出産経験のないメスに多いのは、子宮が細菌感染することにより膿が溜まる子宮蓄膿症です。
    代表的な症状に多飲多尿があり、中高齢期の未避妊のメスがぐったりして元気がないとなれば、この病気を疑うことも多いでしょう。

    内分泌の病気

    • 糖尿病
    • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

    血糖値を下げる役割を持つインスリンがうまく出なかったり体内で働かなくなる糖尿病や、コルチゾールというホルモンが過剰に分泌されてしまう副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)でも、水をたくさん飲んでその分おしっこの量も増える多飲多尿の症状が現れます。

    コルチゾールはインスリンを抑える役割も持つため、副腎皮質機能亢進症になると糖尿病にもなりやすく、2つの病気が併発することもあります。

    他にも、コルチゾールの分泌が過剰になると免疫機能も抑えられてしまうため、細菌感染による膀胱炎からおしっこを頻繁にして、飼い主さんからトイレを失敗したと受け取られてしまうことも少なくありません。

    脳の病気

    老犬期に発生する認知機能不全症候群(認知症)が進行すると、トイレトレーニングをすっかり忘れてしまうといった症状がよく現れます。認知機能不全症候群は進行性の病気で明確な治療法がなく、できるだけ進行を食い止めるほかありません。

    トイレの場所がわからないだけでなく、「おしっこがしたい」と思って立ち上がったはずなのに、その瞬間に自分が何をしようとしたのか忘れてしまい、トイレの失敗につながることもあります。

    • おしっこの異常を知らせる病気の中には命の危険を伴うものも多い
    • おしっこの異常はおしっこそのものが作られる場所や通り道以外の内臓の病気を示すこともある
    • 進行性で治らない病気もあるため、早期に発見して治療にあたることが大切

    愛犬がおしっこを失敗する時の対処法

    ペットシーツの上に座っている子犬

    愛犬が急におしっこの失敗を繰り返すようになった時には、まずはかかりつけの動物病院で病気の可能性がないかどうかを調べてみましょう。

    健康状態に問題ないようであれば、愛犬のトイレの失敗原因に合わせて飼い主さんができる対処方法を探してあげることをおすすめします。

    ちょっとした工夫や気遣いで愛犬にとって快適なトイレ環境が出来上がる可能性も高く、失敗を減らせる可能性もありますよ。

    おしっこの量と頻度をチェックする

    愛犬がおしっこをトイレ以外の場所でしてしまった時には、

    • どれくらいの量が1回につき出ているか
    • 失敗する頻度はどれくらいか
    • どんなタイミングで失敗しているか
    • 失敗することが増加傾向にあるか

    といった点をチェックしておきましょう。

    少量ずつ頻繁にあちこちにしてしまう時にはマーキングの可能性を探り当てることができますし、飼い主さんのいない間にだけ失敗するのであれば、分離不安症や散歩間隔が長すぎるといった原因も考えられます。

    トイレの失敗が起こる状況を整理することが、原因を突き止めるための大切なポイントとなるため、繰り返し失敗する時にはその都度記録しておきましょう。

    トイレのスペースを広げる

    老犬期で足腰が弱り、排尿姿勢がうまく取れずに失敗してしまうようなわんちゃんであれば、トイレのスペースを広く取ってあげるとはみ出すことが減ります。

    キレイ好きで汚れた場所には繰り返しおしっこをしたくないというわんちゃんの場合は、お留守番中も2度3度とトイレに行けるよう、1か所だけに定めず複数か所にトイレを作る方法もおすすめです。

    ペファミ トイレマット04 ワイド

    アースペットTK ペファミ トイレマット04 ワイド アイボリー
    ¥1,816円(税込)

    トイレスペースを広げる時には、段差を乗り越えられなくなった高齢犬の場合シリコン製のトイレマットをつなげてあげるのがおすすめです。

    こちらの商品はペットシーツの端が立つように挟みこめるようになっていて、おしっこ後の漏れを防ぐ仕組みがあるのも嬉しいポイントです。

    万が一ペットシーツから漏れても、シリコン製なので水洗いも簡単で、お出かけ先にも気軽に持ち運ぶことができる軽量設計です。ペットシーツを噛みちぎってしまういたずら癖があるわんちゃんには不向きのため、誤食に注意してくださいね。

    トイレのスペースを区切って分かりやすくする

    トイレの場所がどこからどこまでなのかよくわかっていないわんちゃんには、トイレコーナーに仕切りを作ったり、初めからトイレと床の境目がわかりやすいトイレを選んであげましょう。

    おしっこのタイミングでくるくると回る行動をすると、いつのまにか体がはみ出してしまうことも多いものです。また、トイレトレーニングを行う時にも、トイレの場所がどこなのか愛犬にも伝わりやすいですよ。

    リッチェル しつけ用 ステップ壁付きトイレ ワイド

    リッチェル しつけ用 ステップ壁付きトイレ ワイド ダークブラウン
    ¥3,250円(税込)

    プラスチック製のトイレケースが3面壁付きになった商品です。

    ペットシーツをいたずらされないようにメッシュも付属しているため、トイレの場所を足裏に伝わる感触からも認識しやすくなっています。メッシュ部分は不要であれば取り外した状態のまま使用することもできるので、愛犬のトイレ事情に合わせることが可能です。

    出入口が長辺の関係上、胴長の犬種の場合体がうまく収まりきった状態でおしっこができなかったという意見もあるため、ダックスフンドなどを飼育している飼い主さんは注意してくださいね。

    室内トイレのトレーニングをする

    外でしかトイレができないわんちゃんの場合、加齢とともにトイレの我慢ができなくなってくると、室内ではしたくないのに漏らしてしまったという状況に愛犬が陥ります。

    トイレの場所にこだわりを強く持つわんちゃんは、自分でも室内でのトイレを失敗だと認識し、落ち込んでしまうこともよくあります。

    しかし、体が排尿を我慢できない状況に変化しているのに無理に耐えようとすると、泌尿器のトラブルが増えて体調を崩してしまいます。また、後ろ足の筋肉が衰えたり病気により麻痺が現れた時に、何が何でも外でトイレをしたいというわんちゃんの排泄の介助は、飼い主さんの大きな負担となりがちです。

    室内でトイレをすることも正しいことだと教えてあげるためにも、愛犬が高齢化する前にできるだけ早く室内でトイレをさせることを習慣づけていきましょう。

    トイレを失敗した場所は丁寧に拭き取る

    犬は自分の排泄物の臭いがついた場所はトイレだと認識する傾向にある動物です。そのため、間違っておしっこをしてしまった場所の掃除は念入りに拭き掃除を行い、消臭効果のあるスプレーを活用してみましょう。

    掃除以外にも、嫌いな匂いがするなど気に入らないトイレ環境であれば、そこでおしっこをしたいと愛犬も思わない可能性が高いです。

    そのため、トイレ以外でおしっこを繰り返してしまう場所があれば、あえて愛犬にとって不快な匂い・環境の場所へと変えてみると良いでしょう。

    飼い主さんの中には、本来のトイレ付近に家族が香水を振ったせいでトイレ以外の場所でおしっこをするようになったという失敗談もあるため、それを逆手にとってみるのもありですね。

    バイオウィルクリア スプレー 1L

    バイオウィルクリア スプレー 1L
    ¥3,980円(税込)

    飼い主さんの様子をよく観察している子が繰り返す傾向にあるため、たとえ目の前でおしっこの失敗が起こっても、愛犬とは目を合わせず何気ない様子で静かに片づけましょう。

    また、認知症や分離不安症、老化などを原因として、失敗したくてしているわけではないわんちゃんの場合、トイレの失敗を叱られてもなぜ飼い主さんが怒っているのかが理解できず、ただのストレスになる場合があります。

    おしっこをすること自体が怒られることだと認識してしまうと、飼い主さんに見えないところで隠れてするようになることも多いため、

    • 成功したら褒める
    • 失敗しても無言で手早く片付ける

    を常に実践することをおすすめします。

    散歩に行く回数を増やす

    室内で行うトイレトレーニングの最中であったり、どうしても外でのトイレ習慣を変えられないわんちゃんは、短時間でも散歩に行く回数を増やしてトイレの機会を設けてあげましょう。

    飼い主さんの仕事などで朝から夕方までの間に増やすことが難しくても、夜眠る前に5分でも連れ出してあげることができれば、夜間に溜まるおしっこの量をコントロールしやすくなります。

    人が1日でトイレに行く回数を考えてみると、トイレが近くなる冬や老犬では、1日2回のトイレタイムでは足りないかも…と愛犬に寄り添って考えてあげることが必要です。

    • トイレの失敗がなぜ起こるのか原因を探るには、普段失敗している状況を整理してパターンを知ってみよう
    • トイレの場所を外だけに限定すると後々のトイレの失敗や体への負担、飼い主さんの介護のお困りごとにつながることがある
    • トイレを失敗しても叱ると愛犬のご褒美やストレスになるだけなので静かに何事もなかったかのように片づけて

    まとめ:愛犬のおしっこの失敗は放置しないで!

    外で楽しそうな表情をしている犬

    おしっこの失敗は、背景に愛犬の体や心の変化などの理由があり、どれも飼い主さんが理解してあげたいものです。
    失敗が治らないから掃除を頑張るというだけでは、間違った場所におしっこをする回数が増えるだけとなったり、病気を原因とする場合は後々の治療に影響を及ぼす危険もあります。

    急にトイレを失敗し始めた時には、愛犬にとって飼い主さんに理解してもらいたい何かがあるのだと理解し、原因解明に努めてあげてくださいね。

    はてな
    Pocket
    はてな
    Pocket
    この記事を読んだあなたにおすすめ
    合わせて読みたい

    あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

    ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

    年齢を選択
    性別を選択
    写真を付ける
    書き込みに関する注意点
    この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

    ・過度と捉えられる批判的な書き込み
    ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
    ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
    ・荒らし行為
    ・宣伝行為
    ・その他悪質と捉えられる全ての行為

    ※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。