老犬の血便は危険のサイン。毎日のチェックを忘れずに!

18231view

老犬の血便は危険のサイン。毎日のチェックを忘れずに!

老犬の血便は深刻な病気の可能性があります。ペットシーツに排便するならともかく、お散歩中にトイレを済ませるワンちゃんの場合、便の状態をチェックするのを忘れてしまうこともあるので、特に注意が必要です。

老犬の血便の原因を見つけるためには、観察が大切

寝ているポメラニアン

これまで、特に病気をしたこともなく元気に過ごしていたワンちゃんでも、高齢になるにつれ、体に不調が出てくることが多くなります。

足腰が弱くなってきたり食が細くなってきたりと、普段からその変化が少しずつ現れる老化現象に対しては、ある程度の覚悟も出来てくるものですが、ある日突然、ワンちゃんの便に血が混じっていたとしたら・・・!

おそらく多くの飼い主さんが、驚きとても不安になってしまうはずです。やはり、老犬の血便となれば、病気の可能性も否定できません。

しかし、「血便」といっても、実に様々な状態があります。

中には、老犬でもそれほど心配しなくても良いような場合や、緊急性を要する深刻な病気が原因となっていることもあるのです。

血便は、その状態を観察することで、出血が体のどの部分で起こっているものか、分かることもあるので、血便に気が付いたら、まずは落ち着いて観察してみましょう。

便の周りに鮮血が付いている場合

便が固体化するのは、直腸の手前の辺りです。ですから、便の周りに鮮血が付着しているような状態であれば、大腸の後半の部分から肛門の間で出血している可能性があるといえます。

また、肛門の周りに炎症や腫瘍がある場合や、傷があって出血している際には、そこを通る際に便に血が着くこともあります。

便に血が混じっている場合

便に血が混じっているようであれば、消化された食べ物が、まだ固形になる前に通過した部分で出血していると考えることができます。

つまり、小腸や大腸の前半の部分です。

黒っぽい血

血便の血の色が赤ではなく、黒っぽい場合には、胃や小腸で消化液の影響を受けていると考えられることもできます。

黒いだけでなく、タール状の便の場合は、さらに深刻な病状と推測できます。また、鼻血を飲み込んだり、血痰を飲み込んでも、便が黒くなることがあります。

血便の原因となる病気とは

寝ているトイプードル

老犬の血便の原因となっている病気は、出血している場所によって異なってくると言えます。

肛門の周りの出血による血便の場合

肛門周辺に出血があるような時は、肛門嚢(におい袋)の炎症や腫瘍、肛門狭窄などの病気が考えられます。

また、固い便によって、粘膜が傷つけられ出血する場合もあります。

さらに、骨盤内の腫瘍の可能性や直腸脱など、原因は様々考えられます。

大腸からの出血による血便の場合

大腸の腫瘍や、特発性大腸炎、過敏性大腸炎も考えられるでしょう。

大腸から小腸にかけての出血による血便の場合

大腸から小腸にかけて出血がある場合には、さまざまな原因が考えられます。

腫瘍の可能性だけでなく、異物を誤って飲み込んだことによって傷ができた場合や、食中毒、寄生虫、腸閉塞の可能性もあります。

ワクチン未接種なら、老犬でもパルボウィルスの可能性も考えた方が良いかもしれません。

胃の出血による血便の場合

胃の場合には、出血性胃腸炎、胃潰瘍や胃がんの可能性も考えられます。

血便の症状がある時の注意

プードルの顔

血便は、多頭飼いの場合には、他のワンちゃんにも感染する危険性もあるだけでなく、人間に感染する可能性もあるので、便の処理には注意が必要です。

病院を受診する際には、便を持参するのが良いのですが、その時も、手袋やマスクなどを使用するようにしましょう。

また、飼い主が血便の症状にいち早く気が付くことができれば良いのですが、外でお散歩時に排泄する習慣があるワンちゃんの場合には、特に夜間など、便の変化に気が付かない可能性も高いので、注意してチェックするようにしましょう。

お散歩時に、ビニール袋に入れて持ち帰っているような場合には、透明や黒いビニール袋ではなく、出来れば白いビニール袋を利用する方が、血便に気が付きやすくなります。

血便は、特に、黒い血が混じったものの方が、症状が深刻である場合が多いのですが、赤色に比べると、より一層分かり辛くなってしまうので、普段から気を付けたいものです。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!