ドッグフードに含まれる危険な肉『4Dミート』とは?

【獣医師監修】ドッグフードに含まれる危険な肉『4Dミート』とは?

皆さんは『4Dミート』と呼ばれるドッグフードの原材料をご存知でしょうか。実際には『4Dミート』と表記されていないことが多いので、知らない人がほとんどかもしれません。実はドッグフードに含まれていながら、危険な肉とされている『4Dミート』。今回はこの『4Dミート』について解説していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ドッグフードに含まれる『4Dミート』とは

ステンレスの器に入ったドッグフード

皆さんは『4Dミート』という、ドッグフードやキャットフードに使われることのある材料をご存じでしょうか。現在は、ドッグフードの原材料表記欄に『4Dミート』と記載されることがないため、知らない飼い主さんが多いかもしれません。

しかし、実はこの4Dミート、ドッグフードを食べる犬にとって、危険な肉と言われています。4Dミートの『4D』とは、

  • DEAD:死亡した動物の肉
  • DISEASED:病気を患っていた動物の肉
  • DYING:死にかけだった動物の肉
  • DISABLES:障害を持っていた動物の肉

を表しています。
この内容を一目見ただけでも、実害があるか否かを別にして、「自分の愛犬には与えたくない」と思いますよね。病気を患っていた動物の肉が使われている場合、その動物が患っていた病気が感染性のある病気だったらと考えると、恐ろしいです。

実際、この4Dミートが含まれているドッグフードを食べたことによって、実害が生じたというニュースは今のところありません。(ドッグフードの中に4Dミートが含まれているかどうかを知る術がないことも理由の1つ)

しかし、このような肉はもちろん人間の食用として出回ることはありません。なぜならば、不衛生ですし、何らかのトラブルが生じる可能性があるからです。そんな肉を愛犬に食べさせたいと思う飼い主がいるでしょうか。

実際はどのように表記されているの?

『4Dミート』とは、原材料に記載されないこれらの原材料。実際のドッグフードにはどのように表記されているのでしょうか。主に表記される記載分は以下の2種類です。

  • 肉副産物
  • ミール

何だか見かけたことのある原材料ですよね。ミールは「ミートミール」「チキンミール」などと表記されることもあります。もちろん、これらが記載されているからといって、必ずしも4Dミートが使われているとは限りません。

しかし、肉副産物は、肉を食品加工した際に出る骨や内臓、皮、羽などの総合した名称ですし、ミールはこの肉副産物を粉末状にした物を指しています。

実際、「チキン」や「牛肉」など、具体的に記載しているドッグフードも多いので、これらと比較すると、具体性が乏しく怪しいと感じてしまいます。

なぜドッグフードに『4Dミート』が使われるの?

スコップに入ったドッグフード

では、そんなにも食用として使用しない方が良い動物肉を、なぜドッグフードやキャットフードに含めてしまうのでしょうか。答えはとても単純で、人の食用に適さない肉を有効に利用するためです。

通常の動物肉であれば、人間の食用やペットの食用など、全世界で需要があります。しかし、4D要素を含む動物肉は、人間用として流通させることはできません。

人用として利用しにくい4D要素を含んだ動物の亡骸は利用されないまま残ってしまい、処分に困ります。そこで、ドッグフードやキャットフードに再利用できないかと考えられました。

実際に4Dミートを使っているドッグフードは、安い原材料で作られていることもあり、市場に出回る際もリーズナブルな価格で販売されていることが多いです。そのため、なるべく安い物をと購入し、愛犬に与えている飼い主さんは多いでしょう。

しかし、この4Dミートの事実を知ってしまうと、やはり「あまり与えたくないな」と感じる飼い主さんは多いと思います。リサイクルという考えは悪いことではありませんが、いざ自分の愛犬が口にする物に使われているとなると、実害例がないとしても、良い気はしません。

『4Dミート』を使っていないドッグフードを選ぶには

ドッグフードを食べる犬を見つめる男性

では、このような4Dミートを避けるためには、どのようなポイントを重視して選ぶべきなのでしょうか。4Dミートの使われているドッグフードではなく、安全性の高いドッグフードを選ぶ方法をご紹介します。

安すぎるドッグフードは避ける

先ほどもお話ししたとおり、4Dミートが使用されているドッグフードは、他のドッグフードに比べて格安価格で販売されていることが多いです。

飼い主としては経済面の心配もありますから、「なるべく安くて良い物を」と考えますよね。しかし、明らかに他のドッグフードに比べて安すぎるドッグフードは、4Dミートが含まれている可能性が高いことを考慮しましょう。

原材料に使われている肉が詳細に表記されている

先ほど軽く触れましたが、ドッグフードに記載されている原材料名は必ずチェックしましょう。『4Dミート』とは記載されませんが、『肉副産物』や『ミール(チキンミール、ポークミールなど)』と記載されていることが多いです。

原材料に自信のあるドッグフードであれば、原材料欄に具体的な材料を記載しています。肉であれば、『チキン』や『牛肉』など、どの肉が使われているかが具体的且つ断定的に記載されています。

『肉副産物』や『ミール』でなくても「○肉『等』」と曖昧な表現で記載されている場合は、適切な通常肉の他にも、何らかの材料が混ざっていることを示唆しています。4Dミートを絶対愛犬に食べさせたくないと考えるのであれば、これらの原材料名もきちんと確認するようにしましょう。

ドッグフードのホームページを確認

パソコンを使う女性と立ち上がって一緒に見る犬

ペットショップやドラッグストアなどで、どのドッグフードを購入するか決めたら、1度ホームページを確認するのも1つの手段です。今ではスマートフォンや携帯電話があるので、その場で手軽に調べられますよね。

原材料名に記載がなくても、ホームページには詳細を記載しているドッグフード会社も多いので、不安を感じたらホームページもチェックし、二重チェックを行うと安心ですよ。

まとめ

並んで一緒に食事をする子犬たち

いかがでしたでしょうか。意外と見落としがちなドッグフードの原材料ですが、実はその中に、飼い主としては愛犬の口に入れたくない材料が混ざっていることもあります。ぜひ、今与えているドッグフードの原材料を確認し、自分の愛犬に適したドッグフードであるかを再考するきっかけとしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。