イタグレ服の特徴と選び方

イタグレ服の特徴と選び方

お気に入りに追加

イタグレに服を着させて「オシャレをさせたい」と思う飼い主さんも多いでしょう。その願い通りに、イタグレ用のオシャレな服がたくさんあります。デザインが素敵な服や季節感が出る服があります。服を着ると、ますます愛おしく思います。

3883view

イタリアングレーハウンド

イタグレの服の特徴

イタグレの良さが出ている

イタグレは、とにかくかっこいいです。小さい犬は守ってあげたくなりますが、イタグレは逆です。飼い主さんのことを守ってくれそうです。そんなイタグレの服は、かっこいいものやかわいさを出してくれる服があります。かっこいいの中にもかわいさがあります。じっと見つめられると、抱きしめたくなります。さらにかわいい服を着ていると、なおさらそう思います。かっこいい服もかわいい服も両方持っていると良いです。

足の長い服が多い

足の長いイタグレのために、服は足が長いものが多いです。夏は足が短い服でも良いのですが、冬は足が寒そうです。毛がふさふさあるわけでもないため、寒くなってしまいます。風邪を引かないために、服を着て温めることが大切です。そのことを考えて、長い足も入るような服に工夫されています。これを着ていると風邪を引くことなく、寒い冬を乗り越えることができます。

着心地が良い

愛犬に着せる服は、肌にやさしいものを選びたいです。ほとんどの服はそうだと思いますが、イタグレの服は特にそうです。そのため、「痒くなったり肌が荒れたりしないか」という飼い主さんの心配が無くなります。それと、愛犬にとって着心地が良いことが大切です。無理をしないで着ることができます。そうすると動きやすく、愛犬も喜びます。服を着て、散歩に行くこともできて良いです。

選ぶ時に気をつけること

犬の服

サイズに気をつける

イタグレは足が長くて大きいため、サイズには気をつけましょう。足が長い服の中でも、愛犬に合った服を選ぶことが大切です。いくら足が長いと言っても、犬によっては足のサイズがバラバラです。同じように思いますが、実は違うことがあります。服を選ぶ時は、まず愛犬のサイズをしっかり測りましょう。もし、サイズが合わない服を着せると犬は動きにくくなってしまいます。犬は活発に走り回るため、動きやすい洋服が良いです。

季節を考える

季節によって、服が異なります。夏は涼しく、冬は暖かく工夫しています。イタグレの服も涼しい洋服と暖かい洋服があります。例えば、頭から足まで全身が入る洋服があります。これを着ていると、風を避けることができて暖かいです。このように、選ぶ時は季節を考えるようにしましょう。

最後に

イタグレの服は、デザインがオシャレな服がたくさんあります。きっと、愛犬にぴったりなデザインも見つかるはずです。愛犬のかっこよさやかわいさがさらに出るような服を選びましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ピノ&ギン

    イタグレ飼い5年目で、うちには2頭いますが服が本当に増えてしまいました。以前飼っていたシーズーの時にはそこまで増えなかったのに、なぜこんなに買ってしまったのかしら…と思うくらいの量になってきました。イタグレのお洋服って、イタグレに合うようにしっかりとつくられていますし、やっぱり体型に似合うデザインだったりしてかっこいいのでつい欲しくなってしまうんですよね。子供に手がかからなくなった分、今度は犬に時間も手間もお金もかけてしまって主人に呆れられていますが。本当は手作りなどできたらいいなと思いますが、体型が独特なのでちょっと難しいのかな、と思ってしり込みしていますがいつかチャレンジしてみたいので少しずつ勉強中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。