アーガイルディッシュの特徴と口コミ!アレルギー犬におすすめ!

【獣医師監修】アーガイルディッシュの特徴と口コミ!アレルギー犬におすすめ!

愛犬にはできるだけ良い品質のドッグフードを与えたいですよね。そこで、オススメしたいのがアーガイルディッシュ。厳しく検査され、安全な原材料で作られているドッグフードです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アーガイルディッシュの特徴と種類

アーガイルディッシュ

アーガイルとは菱形のことで、4つの辺が等しくなっています。ドッグフードにも栄養バランス・鮮度・安全性という4つの要素がバランスよく配置されています。

アーガイルディッシュはオーストラリアのドッグフードです。オーストラリアは、動植物の輸出入や持ち込みに非常に厳しいことで知られています。家畜のエサに対しても、化学物質の規制があります。

また原材料は、オーストラリア産と一部ニュージーランド産を使用し、オーガニックや安全な自然のものだけを使用しています。

ニュージーランドも食品と農水産分野において、オーストラリアと共通の安全基準を設けています。

アーガルディッシュはドッグフードの基準ではなく、人間が食べる食品と同じ規格基準をクリアしています。賞味期限は6ヶ月と短く、安全であることが証明されています。

これだけ厳しい検査があり原材料にこだわっていますので、ワンちゃんに安心して与えられますよね。

アーガイルディッシュのラインナップ


アーガイルディッシュ ドッグフード ウィステリアアダルト 2kg

アーガイルディッシュには3種類ありますのでご紹介します。

アーガイルディッシュグレヴィレア・アダルト

サワラやアミキリなどの新鮮な魚と、エミュー肉を主原料にしています。オレイン酸などのオメガ脂肪酸が豊富に含まれています。

粒の大きさは、小型犬が食べやすいように小粒になっています。

また穀物のグルテンにアレルギーのある犬のために、穀物は使用されていません。

さらにシソ科の植物であるチアシードが配合されています。チアの種子は植物の中ではオメガ3脂肪を最も多く含み、2種類の繊維質やアミノ酸と糖質も含まれています。

アレルゲンとなるグルテンを含まず、食物繊維が豊富に含まれています。

アーガイルディッシュウィステリアアダルト

オーガニックのラムとビーフを主原料としています。また植物性タンパクを配合し、アミノ酸バランスを整えました。

さらにオメガ3&6をバランスよく配合し、皮膚や被毛の健康を体の中からサポートします。タンパク質・ビタミン・ミネラル・クロロフィルを豊富に含むクロレラとユッカを配合しています。

アーガイルディッシュエバーラスティングシニア

オーガニックのラムとビーフを主原料としているシニアフードです。

タンパク質は、ウィステリアアダルトに比べて低めになっています。またグルコサミンとコンドロイチンを配合し、関節や軟骨のサポートをしています。

さらにオメガ3のフラキシードオイルやブルーベリーとクロレラなどを配合し、老化に負けない体作りをサポートしています。

アーガイルディッシュの口コミ

横たわる犬

使用された方々のネットでの口コミをまとめてみました。

アーガイルディッシュ グレヴィレアアダルト

  • 穀物アレルギーがあるが、これを与えてからアレルギーが出ず調子が良くなった。
  • 今まで良く吐いていたが、吐かなくなった。
  • 湿疹が出なくなった。
  • 食いつきも良く、飽きずに食べてくれる。
  • 毛艶が良くなった。
  • 脱毛が改善された。

アーガイルディッシュ ウィステリアアダルト

  • 体調が良くなった。
  • 毛艶が良くなった。
  • 目やにが出なくなった。
  • 涙やけが改善した。
  • 便の調子が良くなった。
  • 薄毛が改善された。

アーガイルディッシュ エバーラスティングシニア

  • 脂っこくなく、さらっしている。
  • 皮膚のただれが改善した。
  • 体臭がなくなった。
  • 涙やけが改善された。
  • 目やにが出なくなった。
  • 便の臭いが改善された。
  • 毛艶が良くなった。

まとめ

ドッグフードの数はたくさんあり、選ぶのに迷ってしまいます。大切なワンちゃんにも、安全で良質のものを与えたいですよね。

アーガイルディッシュは、人間の食物と同様に厳しい検査を受けて合格した安全なドッグフードです。

またアレルギーのワンちゃんにも対応しているので、アーガイルディッシュはオススメです。

ドッグフードを決められずに迷ってる飼い主の皆さん、選択の1つにアーガイルディッシュも入れてみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    アーガイルディッシュ・・・
    厳しい検査を受けてそれを合格した安全なドッグフード。
    それなら安心ですね〜ドッグフードはどれがいいのかなんてわからないところりますから…
    ただ厳しい検査を合格しているのであればなんだか安心して愛犬に与えることができます!
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    わたしはアーガイルディッシュをまだ使ったことがなかったのですが、友人がアーガイルディッシュをわんちゃんに与えていたのでとてもこの記事に興味がありました。
    詳しく知らなかったのですが、この記事を読んでみて、アーガイルディッシュについて色々と知れてとても健康に良さそうですし、クチコミもなかなか良いので今使っているペットフードがなくなったら次はこれを試してみたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    オーストラリアにホームステイしたことがあり、お世話になったご家庭にワンちゃんがいました。
    その時にこのドッグフードをあげていました。
    オーストラリアのドッグフードは、オーガニックや自然のもので作られていて、安全の基準が高いのもとても安心して愛犬にあげられるのでいいですね♪
  • 投稿者

    30代 女性 みずき

    食品・農水産分野において厳しい基準が設けられているオーストラリアとニュージーランドの食材を用いてるという点で俄然興味がわいて調べました。オーガニック認定を受けている「ウィステリア・アダルト」の原料は
    有機動物性タンパク質(ラム肉、牛肉) 、有機全粒シリアル(玄米、オーツ麦、白たかきび、ミレット、大麦) 、有機植物性タンパク質(ひまわり種子) 、オメガ3&6植物性オイル(フラキシードオイル) 、ブルーベリー抽出物、ユッカ、クロレラ、ビタミン&アミノ酸キレートミネラル

    残念ながら、穀物アレルギーを持つ愛犬には与えられませんが、この記事でも紹介されている「グレヴィレア・アダルト」はオーガニック認定は受けていないものの、

    オーストラリアンマッカレル(サワラ)、テイラー(アミキリ)、エミュー肉、じゃがいも、さつまいも、タピオカ、キヌア、アマランサス、アルファルファ、スクアッシュ、チアシード、りんご、ブラックカラント、パセリ、亜麻仁油、ブルーベリー抽出物、乾燥昆布粉、ガーリック粉、ユッカ、クロレラ、ネトル、ダンデライオン(根)、カモミール、スイートフェンネル、ビタミン&キレートミネラル

    とグレインフリー、魚やエミュー等の動物性タンパク質も他の食材と被りにくく、トッピングや手作りご飯との併用もしやすそうですね。ネットでの購入が中心となりそうですが、早速試してみたいと思います。素敵なフードを紹介して下さって感謝です。
  • 投稿者

    女性 colo

    オーガニックにとことんこだわるフードなので、一般的にあまり流通していないせいか、見かけたことはありませんでした。購入するとなると通販しかないようですね。ただ賞味期限が短いので、通販で扱っているものの賞味期限がどれくらい残っているかなど、気になる点はあります。手元に届いたら残り二か月だった、ということもあるようですので。
    心配な酸化防止剤は天然成分なので安心ですし、私が一番こだわってしまう着色料も未使用で安心です。
    うちの愛犬は食品のアレルギーがないので、成分はあまり深く見ることはしないのですが、このフードは原材料の基準からして厳しく大量生産しないこだわりがあるので価格が高くなるのも納得です。

    ただ、多頭飼いや量を食べる中型犬、大型犬の毎日の食事に取り入れるには経済的に厳しいかなと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    9歳になるミニチュアダックスの男の子と暮らしています。
    時間のある日の夜は手作りご飯又はトッピングご飯、朝はドライフードを与えています。
    様々なタンパク質から栄養を取れるようにという思いと飽きやすい愛犬のために、何種類かのドッグフードをローテーションさせています。
    アーガイルディッシュはローテーションに入っているフードの1つで、今のところ愛犬が1番好きなフードのようで食いつきは抜群です。
    便を固まらせる目的のビートパルプは不使用ですが、便の状態も回数も理想的で耳垢や目やにが増えることもなく、現在のところ、我が家にとっては理想的なフードと言えます。

    昨今のペットブームに伴い、スーパーやドラッグストアでもドッグフードを買うことが出来るようになりました。驚くことに100円均一ショップでもフードが売られています。
    飼い主としては便利になりありがたい一方で、あまりにも種類が多すぎて何がいいのか、噂も様々で何を基準に選べばいいのか難しいと思います。
    CMでやっているから、獣医師推奨と書いてあるから、パッケージがかわいいから、犬種別フードとあり専門的に思えるから、などの理由で購入を決める方も多いと思います。

    ワンコそれぞれの体質もあり、全てのワンコに共通した最も良いフードというものはないと思いますが、私は袋の裏面に表記されている原材料を確認して、一定の条件をクリアしているものをまず選び、その中から愛犬が食べ始めて数ヵ月の様子を見てローテーションにいれるかどうかを決めています。

    ローテーションに入れる基準についてですが、まず発ガン性の高い危険な合成保存料、着色料、発色剤が使われていないことが大前提となります。その上で、原材料表記の少なくても2番目までに良質なタンパク質の表記があること、ミールやエキスなどのフードは外します。
    そして、消化に悪くかさまし目的として使用されるとうもろこしや小麦粉、コーングルテンミールなどの使用がなく、欲を言えばミネラル類は吸収のよいキレート類が採用されていることが理想です。
    その意味で、アーガイルディッシュは全ての条件をクリアしていて、かつ愛犬の体質にも合っていて食いつきも良く、今まで探したフードの中では最も愛犬に適しているフードだと思います。

    このフードの気になる点としては、賞味期限の設定が他のフードに比べて非常に短くなっているということです。アーガイルディッシュはスーパーやドラッグストアなどには取り扱いがなく、ペットフード専門店でも扱いがないことも多々あります。賞味期限が短いため、お店としては在庫を抱えることに消極的になってしまうのではと推測しています。
    そのため、インターネット等、通販で購入する方が多いと思うのですが、送料無料にするために1度に数袋を購入してしまうと、2,3か月後には賞味期限というフードが何個も届いてしまうことになります。
    ただ、賞味期限についてはメーカーのHPにもあくまでも美味しく食べれる期限であり、他のフードの賞味期限とは考え方が違うこと、賞味期限がギリギリのものであっても問題のないことが明記されています。
    従って、古くて油が酸化してしまっているフードとは賞味期限に対する考え方がそもそも全く違うことになりますが、気になる方は購入される前に賞味期限を確認の上、個数を決められた方が安心かなと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 てとめる

    アーガイルディッシュというペットフードははじめて知りましたが、とても厳しい審査をされているペットフードなのですね。日本も厳しい審査があるイメージでしたがオーストラリアは家畜の食べるエサにも審査があるとは…。かなり厳しいですね。その分、安全なんでしょうね。犬も近年では家族同然になってきているので、「エサ」なんて言葉ではなく「ごはん」と言ったりするなど食事に対する意識も変わりつつあるような気がしますね。なのでこれからはこういうペットフードも主流になってくるのではないでしょうか。ただ今は通販くらいしか手に入らなそうなので、賞味期限などが気になりますね。またすぐに手に入らないのも少し気になります。そのへんもこれから色々と改善していけば良いですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。