あめつちの恵みは老犬や食が細い犬にオススメのドッグフード!口コミ・評判

1712view

あめつちの恵みは老犬や食が細い犬にオススメのドッグフード!口コミ・評判

食べないことで悩んでいる飼い主さんは意外にも多くいます。老犬には今まで以上に食べる楽しみを増やしてあげたいですよね♪そんなワンコや飼い主さんにオススメのフードを紹介します!

老犬

ワンコも人と同じで、年を取ると噛む力が弱くなったり食に対する意欲が低くなったりしますよね。

食べることは生きていくために大切なこと。

少しでも、美味しいものを楽しんで食べてほしいと飼い主さんは願っていることと思います。

今回はそんなシニアワンコさんや、食が細い子、普段手作り食で飼い主さんがちょっと楽したーいなんて方にオススメのフードを紹介します。

オススメのフードはこれだ!

あめつちの恵み

その名も…「あめつちの恵み」! きっと知らない人の方が多いと思います。

それもそのはず、限られたショップやトリミングサロンでしか販売されていないものなんです!

ジャンルはウェットフードですが、手作り食をそのまま詰め込んでパウチしたイメージです。

どんなフードなの?

このあめつちの恵みは、人が食べる食材のみを使用しています。

だから安心&安全♪

ベースは鶏肉・馬肉・いわしの3種類。

その他、玄米やにんじん・ブロッコリー・トマトなど。

一番オススメポイントが「食材がゴロゴロ」入っているところ!本当にゴロゴロなんですが、とってもやわらか♪リゾットのようです。

リゾットみたい

食材が見て分かるので見た目も美味しそうだし(これは人の見方ですが…)、香りが人もそそられるほど!

思わず味見したくなります。

着色料や保存料、酸化防止剤を一切使っていないことも、安心して与えられるポイントです。

※写真は、鶏肉ベースのもの

シニアワンコ向けのポイント

食べる犬

  • 柔らかくて食べやすい
  • 香りが強めなので、食べたい意欲を掻き立てる
  • 美味しい!

食欲がなくなったと悩んでいたシニアワンコの飼い主さんに紹介したところ、ペロッと完食したとのこと♪

このポイントはシニアワンコさんだけでなく、食が細い子にも当てはまります。

また普段は手作り食の子も、旅行などの持ち歩き用や忙しくて作れない時の代替え品にピッタリです。

材料が明確なので、フードに抵抗がある方も安心して使えます。

我が子の場合

我が子は普段はカリカリのドライフードです。

あめつちの恵みはご褒美ごはんとして、たまにしか食べさせませんが、大喜びで一気に食べきってしまうほど大好きです。

また、水分を多く含んでいるので非常食としてストックしてあります。

ベースや容量で色々選べるので、とても使いやすいです。

きっと病み付きになるあめつちの恵み。

ぜひ試してみて下さい♪

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 シュナ

    あめつちの恵み、こちらで初めて知りましたが材料にもこだわっていらっしゃるようで、お写真もとてもおいしそうです!食材ごろごろ、人間からみても食べたくなりそうです。お肉類だけでなくお野菜もしっかりと入っていて栄養もありそうですね。みかけたことがないのは流通が限られているからとのことで少し残念です。ウェットフードはシニアのわんこには本当に喜ばれそうですね。うちは、1度ウェットフードを与えて味を占めてドライフードを食べてくれなくなることがこわくてまだウェットはあげたことがありません。食いしん坊なのでそんな心配は必要ないかもしれませんが。。ですが、体調の悪いときや非常食としてはとってもいいですね。わんこの非常食、いままで特に考えていませんでしたがうちもストックし始めようかと思います。素敵な情報ありがとうございます。
  • 50代以上 女性 さくら

    あめつちの恵、素敵なネーミングのフードですね、それだけで健康に良さそうで試してみたくなりました
    人が食べることのできる食材を使って、愛犬には手作りの食事をと結構頑張って作っているのですが、家事や仕事をしながらだととても大変で、時折ドライフードと交互にあげたりしていました。
    このフードなら保存料や酸化防止剤なども使用していなく一回ずつレトルトパックで、携帯もでき保存性もあるのでとても助かりますカロリーやアレルギーにも配慮されていて、手作りが出来ない時や旅行にも便利ですね、これならドライフードだと好き嫌いで食べなかったりするものもありますが、心配なさそうですね。
  • 40代 女性 SUSU

    ミニチュアダックスの男の子と暮らしています。
    朝はドライフード、夜は時間がある時は手作りご飯、ない時は野菜やタンパク質を煮て作ったスープをのせたトッピングご飯、またはドライフードにウェットフードをのせて与えています。

    ウェットフードは水分量が多いという利点がありますが、その分、発色料、保存料や増粘剤が添加されているものが多く、原材料的に問題のない商品を探すのはドライフード以上に大変だなという印象を持っています。

    我が家でも何種類かウェットフードをローテーションさせており、新商品が出るとその中身をチェックしておりますが、この商品は知りませんでした。

    商品のホームページを拝見しましたが、飼育用の材料は使用せず全て人間が食べられる物を使用しているとのことでした。
    ドライフードでは、たまに原材料はヒューマングレードを使用と謳っているものがありますが、ウェットフードではなかなかないのではと思います。
    また、原材料一つ一つに対し説明が記載されており、とても良心的なメーカーさんだなという印象を持ちました。

    原材料を拝見したところ、問題のある物はないと思います。
    カルシウムとして、卵殻カルシウムを、また、ミネラル成分として乾燥卵白やビール酵母を採用しており、合成添加物ではなく、出来るだけ手作りご飯に近いものをというメーカーさんのコンセプトが伺える商品だなと思いました。

    食材がごろっとそのまま入っているのもとても魅力的です。
    犬は味覚よりも臭覚に優れており、匂いや食感がとても重要となってきます。
    咀嚼が困難な場合を除き、消化がしやすい状態の物であれば、食感を楽しみながらよく噛んで食べるということは、脳の活性化の面においても非常に大切です。
    記事によると匂いも大変良いとのことで、我が家でもぜひ試してみたいと思いました。

    なお、犬のご飯は基本的に総合栄養食であるドライフードのみで十分であり、ウェットフードは贅沢品、ウェットに慣れるとドライフードだけでは食べなくなるといったことをよく耳にします。

    栄養面としては、ドライフードで事足りると思いますが、ドライフードは水分を飛ばして作っているため、水分量は絶対的に不足しており、消化にも負担がかかります。
    犬は意図的に水を飲んだりはしてくれないため、フードと一緒に水分を取れることが理想です。
    ドライフードのみであれば、お湯(熱湯はNG)や水でふかしてから与えるこもをおすすめします。

    ウェットフードは単に贅沢品ではなく、消化の面において必要なアイテムだと思います。

    あめつちの恵みは、原材料においても水分量においてもとても魅力的な商品ですね。
    あまり流通していない点は残念ではありますが、今はインターネットでほとんどの物が買える時代ですので、ぜひ試してみたいと思っています。
    こういう商品がスーパーやドラッグストアで手軽に手に入るようになるといいですね。

    紹介して頂いたライターさんに感謝しています。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。