それでも君が好き 第40話

それでも君が好き 第40話

主役である愛犬ぷぅを中心に、家族に起こった日々の出来事をギャグエッセンス多めに描く、日常系4コマ漫画です。今回の話は、2年前に肺に穴が空いた時の続きのお話です。

お気に入り登録
4コマ

今までは死ぬことって、いずれ来るけどまだ遠いものの様に思っていましたがお医者様に『肺に穴が空いて呼吸困難になり、命の危険もあるからあんまり軽く考えないほうがいい』といわれた時に、自分にも誰にも死は平等に来るものなんだと、初めて死を意識しました。

しかし、30代で遺書を書こうと思う日が来るとは想像もしていなかったです・・・

泣きながら遺書の文を考えていると『まだ沢山やりたい事があるのに、悔しい。死にたくない』と思いました。

次回で、肺のお話は終わりです。

ぷぅのアップ

この漫画を読んで下さった全ての方々に感謝を…

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 小桃様のかあやん

    アスモさん、その時は本当にお辛かったでしょう…(涙)
    まだまだお若くていらっしゃるから、余計に…。
    私は50代半ばに差し掛かる年ですが、20代の時には乳ガンの疑いがあり、その時は、まだ幼い息子のことを考えて、いてもたってもいられなくなりました。
    結局、良性のものでしたが、定期検診はかかしません。
    一昨年は脳ドックで小さい動脈瘤が見つかり、その時も、もし、瘤が破裂したら愛犬の小桃を残して突然旅立つことになると、呆然自失でした。
    今のところ破裂していませんが(笑)、これも定期検診がかかせません。
    持病がなくても人間はいつなんどき…ということがあるので、向後のための準備は必要でしょうね。
    私など世代的にもっと真剣に考える必要がありますが(苦笑)
    自分がどうなっても、可愛い可愛い娘だけは、何の憂いもなく暮らしていけるための手立てを。
    でも、何より一番大切なことは、彼女達が安心して虹の橋を渡れるように、最後まで看取ってあげられるように、細くでもいいから長生きできるように頑張ることです。
    アスモさんには、ご家族の方以外にも、読者の方々という強い応援団がいます。みんな一緒に頑張りましょうね!

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    いつもアスモサンの記事、拝見しております(*´-`)
    私も持病があるのですが、そのうえ共働き夫婦なので、
    ダンナと自分の体調管理と愛犬の健康管理の同時進行の毎日です^_^
    私が今一番辛いのは、ワンコの留守番の時間が多すぎる事なのですが
    我が家と同じぐらいの留守番をしているワンちゃんの飼い主さんが周りに何名かいるため、なんとかやり過ごしています。
    でも、私の持病も若干特殊で、その事に対する不安や苦労は私にしか分からないのですが、
    愛犬よりも長生きするぞっ( ◠‿◠ )
    この子の最後まで私が守るぞっ!
    と、へこみながらも意気込んで過ごしています。
    人間の都合は本当に申し訳ないなと感じながらも、
    100パーセントの愛情を伝えるように接している自分になれた事に充実感も感じております。
    持病への不安は計り知れないですが、アスモさんが笑顔でいる時も、
    辛い表情な時も、
    ワンちゃんはあなたの状態を解ってくれているはずです。
    お母さんにベッタリなのも、
    しんどそうな時のあなたに負担をかけたくないんだと思いますよ。^ ^
    アスモさんが笑顔でも、辛そうでも、アスモさんの事が大好きな事に変わりはないのでご自身のお身体を優先してくださいねっ( ◠‿◠ )
  • 投稿者

    30代 女性 アスモ

    普段しているメインの仕事が、12月に入り年末の挨拶やらで、忙しくなってしまいお返事が遅くなりコメントを下さった方に、本当に申し訳ないです(ノ_<)


    >小桃のかあやん 様

    いつも声援と温かいコメントをありがとうございます!毎回励まされております!

    小桃のかあやん様もお身体で大変な思いをされたのですね…。家族やワンちゃんを残していくなんて考えたくも無いですよね・・・

    良性の腫瘍でも気がかりなのに、動脈瘤の不安もあるのは、小桃のかあやん様も相当に悩み苦しんだのだと思います。お辛かったでしょうに…。

    お身体を本当に大切にして、ご無理はなさらずにいて下さい。小桃のかあやん様に何かあったらご家族やワンちゃん、いつも励まされている私も辛いです…

    >匿名 様

    毎回ご愛読頂きまして、嬉しい限りです!そして温かく励まして頂き有難うございます!

    匿名様も持病があるのですね・・・。我が家も私がメインの仕事があったりして、ぷぅをお留守番させる事が多いです。持病があると今後の体調面や生活面で、本来考えていたプランが変わってしまい、少し不安ですよね・・・。

    仰るとおり、家族やワンちゃんの為にも病気に負けているわけには行きませんね!!立派に愛犬をを看取るまでは、絶対生き抜いてやりましょうね。

    冬の寒さが厳しくなってきたので、お体をご自愛くださいませ。

    まとめてのお返事で大変失礼致します。
    励ましのお言葉に感謝しつつ、頑張って参ります。

    お返事が本当に、本当に遅くて申し訳ないです。ちゃんとお返事は届いております。
    アスモの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。