犬と暮らせば【第112話】「エマのオテ」

犬と暮らせば【第112話】「エマのオテ」

【…★月曜・木曜更新★…】ある日、不思議な地球生物「イヌ」と出会い、それまでの暮らしも価値観も何もかも変わった私。犬といえば「オテ」。世の中のほぼ全ての飼い主が、問答無用で教える謎の芸。

お気に入り登録
犬と暮らせば第112話

エマがオテを完璧に覚えたのは3ヵ月齢の頃。

しつけ本には「パピーを迎えたら最初の2、3週間は信頼関係を気付きましょう。オテやオスワリなどを教えるのは急がなくて良い」と書いてあったのですが、犬と遊びたい弟(私より8歳年下)が早速エマに「オテ」と。それも迎えたその日に!笑

エマは差し出された手に興味津々で立ち上がり、もたれるようにして見事にオテ成功!

いやいや、単なる偶然です。

エマを迎える前は「オテ」や「オカワリ(逆の手でオテをすること)」は不要かと思っていました。動物番組ではよく見ていたけど、芸よりもっと大事なことがあると…。

でも間違っていました。

実際に子犬をこの目で見て、犬について調べてるうちに、犬は遊んだり褒められたりすることが好きな動物なのだと知りました。

オテも捉え方によっては飼い主との共同作業であり小さな遊び。とにかく犬を褒めることができるし、前脚に触れられることに慣らしたり、スキンシップにもなります。

エマが初めて自分から前脚を差し出してくれた時のことは忘れません。

犬と暮らせばの他の話を見る

作者:おおうちまりこ

■Instagram:https://www.instagram.com/atelierberthe/
■Twitter:https://twitter.com/atelierberthe
■LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/author/369439/ja

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

今回の「犬と暮らせば」を読んだ感想を聞かせてください(*^_^*)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。