犬にフローリングはダメ?おすすめの滑り止め対策やグッズとは

犬にフローリングはダメ?おすすめの滑り止め対策やグッズとは

犬のフローリング滑り止め対策方法は、愛犬の体重、運動量、年齢や病気の有無などによってベストな方法が異なります。この記事では、それぞれに合った対策方法と、評価の高い滑り止めグッズ5選をご紹介します。

犬にフローリングの床が良くない理由

:

犬の足腰にとってフローリングがよくない、という情報は、多くの方が知っていることでしょう。

  • 転倒の危険性
  • 関節への負担
  • 衛生面の問題

愛犬の体重、年齢、運動量や病気の有無によってリスクは変わりますが、愛犬と安心して生活するためには、フローリング対策は欠かせません。

滑る危険性が高く犬が怪我をしやすい

フローリングは愛犬にとって決して生活しやすい環境ではありません。犬の足は、スパイクシューズのように土に爪をひっかけて歩くようにできているからです。

硬くて滑りやすいフローリングの床には爪は食い込みません。犬はツルツル滑る床に転ばないよう、常に四肢を踏ん張って歩いています。

人間に例えたら、氷上をスニーカーで歩いているようなもの。滑りやすく、転んで怪我をするリスクもあります。

犬の足腰への負担が大きく骨関節疾患や老化が進行する

フローリングの床は犬の足腰への負担が大きいため、特に関節疾患のある犬や足腰の弱くなった老犬が歩行を嫌がるようになります。

硬いフローリング材は衝撃を吸収しにくいため、歩行の衝撃が膝や股関節、背骨に強く伝わって足腰に負担をかけてしまうからです。

<フローリングで悪化しやすい疾患>
✔膝蓋骨脱臼
犬の後ろ足の膝が外れてしまう病気です。「パテラ」とも呼ばれ、頻発犬種は小型犬や超小型犬など。チワワやポメラニアンなどの人気犬種にもよく発症します。

歩行で脚に余計な力が入るため膝関節がずれやすくなり、症状の悪化が進むため、フローリングでの生活は避けるよう推奨されています。

✔股関節形成不全
生まれつき股関節が緩く、十分に犬の大腿骨骨頭を覆うことができないためさまざまな症状が出る疾患です。

膝蓋骨脱臼と同じく強い衝撃により症状が悪化するため、体重管理や滑らない環境整備が重要になります。ラブラドールなどの大型犬、または超大型犬は特に注意が必要です。

✔椎間板ヘルニア
生まれつきの背骨の変形や強い衝撃によって背中の骨を繋ぐ軟骨(椎間板)がつぶれて組織の一部が飛び出し、神経症状や麻痺を引き起こす疾患です。重度になると下肢麻痺状態を引き起こし、排泄コントロールもできなくなってしまいます。

硬い床での歩行やジャンプなど、足腰に衝撃がかかることで悪化する可能性も。

フローリングの床で生活の質が下がるのは骨格異常のある犬だけではありません。筋力の衰えた老犬は転ばないように脚に力を入れるのが難しく、フローリングの床を怖がって歩かなくなります。

  • すぐそばにある水飲み場まで歩くのを嫌がって飲水量が減少する
  • 排泄場所までたどり着けず、粗相が増える
  • 脚に力が入らず転んで骨折などの怪我を負う

このようなことが原因で老犬の生活の質が落ち、老化が急激に進んでしまう可能性もあります。

犬の尿やよだれでフローリングが傷むと衛生面が悪化する

フローリングでペットと生活することで、衛生面でも問題が発生します。犬が走り回ったり、穴を掘るように床を掻きむしったりすると、フローリングは簡単に傷んでしまうものです。

傷んだフローリングに犬の尿やよだれが染み込むと傷んだ部分が腐り、衛生面も悪化してしまいます。このように、フローリングの上で犬と生活することは、愛犬のためにも飼い主のためにも決してよい環境とはいえません。

多くの方は、既にフローリングが愛犬の足腰に悪いということを知っているでしょう。そのうえで、愛犬にとって最もよい方法はないかと考えているはずです。

次章では、愛犬のためにできるフローリング対策方法について、そのデメリットも含めて解説します。

犬のためにできるフローリングの滑り止め対策

:

愛犬の生活の質を上げるためにできる対策には、以下のような解決方法が考えられます。

  • フローリングの上に滑らない素材のマットなどを敷く
  • フローリングにワックスなどの加工を施す
  • 愛犬の足に滑らない工夫を施す

以下でそれぞれのメリット・デメリットについて確認していきましょう。

マットや滑り止めシートなどをフローリングの上に敷く

フローリングの上にマットや滑り止めシートを敷く方法は、もっとも一般的な解決策です。すぐにでも対策したい方や賃貸物件で床材の取り換えが難しい方でも簡単に設置できます。

材質も価格もさまざまですが、大型犬は耐久性に優れたものを選ぶようにしましょう。足腰の弱い老犬には、滑りにくいうえに柔らかい素材をおすすめします。

ただし、安価なものは傷みやすく、頻繁な交換が必要になるというデメリットもあります。また、ジョイントマットは隙間からゴミや抜け毛がたまるため、清潔に保つには定期的にはがして掃除しなければなりません。

犬用の滑り止めワックスをフローリングに塗る

フローリングの上に滑り止めワックスを塗る方法は、床の雰囲気を壊したくない方やこまめに張り替えたり掃除したりするのが面倒という方におすすめできる方法です。

ただし、賃貸物件に住んでいる方はワックスがけをしてよいか管理会社に確認してからにしましょう。

業者に頼まなくても自分で塗ることができますし、部屋の外観を大きく損なうこともありません。

ただし、ある程度経つと効果が薄れてくるため、定期的に塗りなおす必要があります。また商品によって滑り止めの程度に差があるため、大型犬や老犬にはもう一工夫必要かもしれません。

犬が滑りにくい床材に張替え・リフォームする

犬が滑りにくい専用の床材に張り替える・リフォームする方法は、ある程度お金をかけてでも、愛犬のためにしっかりと対策をしたいという方におすすめです。

マットやワックスよりも耐久性があり、高い効果が長く持続するのが特徴です。今や、LIXILやサンゲツなどの大手からペット住宅専門の工務店までさまざまな業者が床材の研究・開発をしていますので、種類も豊富にあります。

ただし、業者に張り替えてもらう必要があり、価格もフローリング対策としては一番高額です。また、床全体の張替が必要になるため、賃貸物件ではできません。

犬の爪や足裏の毛のお手入れで滑りにくくする

床だけでなく、愛犬の足にも一工夫することで、滑り止め効果をアップできます。愛犬の爪を短く保ち、足裏の毛を切って肉球を露出させ、滑りにくい状態をキープしましょう。

ただし、足裏を滑りにくいように整えるだけでは対策として不十分です。あくまでも滑らない対策を床に施したうえでの、プラスアルファの対策と考えましょう。

犬用の滑り止め靴下やシューズをはかせる

同じように愛犬の足を滑りにくい状態にキープする方法として、滑り止め靴下やシューズをはかせることも考えられます。この方法は愛犬がフローリングで過ごす時間が比較的少ない方にはおすすめできます。

ただし、犬は肉球から汗をかくため、履かせっぱなしにすることで蒸れて皮膚炎になることもあります。そのため、時間を決めてはかせるなどの工夫が必要です。

また、犬によっては神経の集まる足先を覆われることを嫌がります。愛犬がストレスに感じるようなら別の方法を検討しましょう。フローリング問題を根本的に解決するには、犬の足ではなく、床に対策を施すことを考えましょう。

犬のフローリング用滑り止めグッズの選び方 

:

ここまで、フローリングで愛犬が滑らないための対策方法を解説してきました。では、実際にどのような素材のものが、自分の愛犬には適しているのでしょうか。

滑り止めグッズを選ぶ際は、滑り止め効果だけでなく、掃除のしやすさや設置の手間、防音、消臭などのプラスアルファの機能にも注目しましょう。

滑りにくく柔らかい素材でペット用に作られたもの

滑り止めグッズは滑りにくく柔らかい、ペット用のものを選びましょう。ペット用に作られているものは、防音に優れており、走り回ってもずれにくい加工がされています。

また、消臭・抗菌・舐めても安心の素材でできているなど、ペットならではの事情にも配慮されたプラスアルファの機能も期待できます。

掃除がしやすいもの、丸洗いできるものが便利

掃除のしやすさも重要なポイントです。できれば丸洗いできるものが便利でしょう。

うちの子はトイレのしつけができているから大丈夫、というわけではありません。犬はとても嘔吐しやすい動物なので、犬と暮らしている限り、拭き掃除からは逃れられません。

床を清潔に保つためにも、普段から掃除しやすく、洗いやすいものを選びましょう。

汚れにくく傷つきにくいものを選ぶ

汚れにくく傷つきにくい素材であるかも重要なポイントです。特に大型犬や多頭飼い家庭では、犬の体重や運動量に耐えうる耐久性に優れた素材を選ぶといいでしょう。

ヨガマットのような素材は柔らかいため足腰の負担は軽減されますが、消耗が早いのが難点です。活動量の多い犬や体重の重い犬のためには、耐久性のあるものを選びましょう。

設置しやすく交換しやすいものを選ぶ

床材自体をリフォームで変えてしまう方法以外は、どの商品も基本的に消耗品です。マットやカーペットは交換が必要ですし、ワックスは塗り替えなければなりません。

素材や愛犬の活動量によっては、数か月で交換することも視野に入れ、交換しやすいものを選ぶようにしましょう。

価格は犬の寿命の長さを考えて比較する

安い素材は手軽ですが、愛犬の一生を考えると、長い目で見て決して安価とはいえません。

フロアコーティングや床材のリフォームの中には、値段は高くても愛犬の一生涯効果が続くものもあります。その時の価格だけでなく、愛犬の一生にかかる価格を考えるようにしましょう。

犬のフローリング用滑り止めグッズおすすめ5選

:

愛犬家の間でたびたび話題になる、フローリング滑り止め対策グッズ。ほかの飼い主さんから勧められたものでも、

「ジョイントマットはすぐに汚れてしまいそう」
「うちは賃貸だから滑り止めワックスは無理」
「確かに滑りにくいけど、硬くて老犬のうちの子には合わない」

このような理由から、ピッタリ合うものに出会えていない方は多いでしょう。

この章では、実際に愛犬の足腰に配慮する飼い主に選ばれている滑り止めグッズ5つをご紹介します。いずれも飼い主の評価が高いものばかりです。

ただし、愛犬の体重や運動量、年齢によって合うもの、合わないものがありますので、実際の口コミを参考にデメリットも含めてお伝えしますので、参考にしてみてください。

Dogzariドッグザリ

ecofoam ペットマット 防水 Dogzari Flat 110×220 マーブルホワイト

おしゃれでインテリアにも配慮した、楽天人気No.1のペット用マットです。柔らかいクッション素材で、関節炎予防から、老犬の弱った足腰の保護まで、オールマイティに使えます。

〈おすすめポイント〉
犬との生活に特化して作られた商品で、専門機関で安全性を実証済みの商品です。

表面の特殊コーティングでキズにも強く、滑り止め効果も万全。床暖房にも対応しているので愛犬だけでなく人間も快適に過ごすことができます。

マットの表面は耐久性に優れ、滑り止めと防水効果のある素材、二層目は柔らかな弾力性のあるクッション、そして三層目はぴったりと床に密着する、フラットフィルムの三層構造。

大型犬や老犬の足腰もしっかり保護できる理由は、この構造にあります。

〈商品の特徴〉
この商品の特長はとにかく高級感。他にはないタイル模様で、敷くだけで大理石のようなラグジュアリー空間を演出してくれますので、インテリアにこだわる飼い主さんにも満足できる仕上がりになるでしょう。

ただ、高級感があるしっかりした作りの反面、値段が高いという口コミも多くみられました。サイズは220cm×110cmで、繋げて自由自在に拡張して使用できます。

マルチマットMUNYU

大型犬用 マルチマットムニュ (ベージュ) 滑りにくいマット 防音 床ずれ予防

人間工学に基づいて開発された特許構造で、弾力性と耐久性に優れたマルチマットです。大型犬や足腰の弱い老犬にも安心して使用できます。

愛犬へ高品質なフードやグッズ販売で有名な「帝塚山ハウンドカム」で受注生産されています。

〈おすすめポイント〉
肉厚のマットで衝撃を吸収し、関節を守ってくれるので、大型犬や老犬、または活動量の多い犬の飼い主さんにピッタリです。簡単に切れるので、好きな場所に好きな量だけ敷くことができます。

〈商品の特徴〉
この商品の特長は、弾力性と耐久性に優れていることです。アメリカのルドロー社で人間工学に基づいて開発され、滑りにくさと衝撃吸収には定評があります。

サイト内の写真を見ていただくと、指で押したマットが非常に深く沈み込んでおり、柔らかく弾力性があることがわかるでしょう。また、表面を拡大した写真から、表面に凹凸のある加工が施されているのもわかります。

この柔らかさと表面加工により衝撃吸収と弾力性が実現されているため、大型犬の飼育や運動量の多い多頭飼い家庭でも安心してお使いいただけます。

ただし、粗相をすると染み込みやすいという口コミもありました。粗相の多い子犬や老犬のいるお宅は別のタイプを検討してもいいでしょう。

リンレイ スリップ軽減ワックス

リンレイ 滑り止め 床用コーティング剤 500ml

業務用・家庭用の樹脂ワックスなどを中心に、自社で製品開発しているワックスメーカーのリンレイが、ペット用に開発した滑り止めワックスです。特に小型犬のヘルニアや関節炎予防に最適です。

〈おすすめポイント〉
ペットの滑り止めのために開発され、抜群の滑りにくさを実現したワックスです。柔らか樹脂加工で足腰に優しく、乾いた後は愛犬が舐めても安心。引っ掻き傷にも強く、美しい艶が続きます。

無垢材やタイルなど、一部塗布できない床材がありますので、ご家庭の床が商品に対応した床材かをチェックしてから購入してください。

〈商品の特徴〉
ワックスブランドシェアNo.1のメーカーにより開発されたワックスだから、とにかく他のワックスと比較して滑り止め効果が高いのが特徴です。

柔らかい樹脂から設計されているため滑り止め効果が長く続き、自社従来品の1.5倍以上の耐久性を備えています。

ただし、ワックスはどうしても塗りなおしが必要。耐久性があるといっても、6ヵ月程度を目安に塗布することが必要です。使用方法によっては、2ヵ月程度で塗りなおしが必要という口コミもありました。

また、やはり体重の重い大型犬や、足腰が極端に弱った老犬には、柔らかいマットタイプや滑り止め効果の高いカーペットタイプがベターでしょう。

おくだけ吸着 ペットマット 消臭保護マット

サンコー 廊下敷き ロングマット キッチンマット カーペット はっ水消臭 日本製 フラットタイプ おくだけ吸着

特別な設置は不要、置くだけでずれないペット用の吸水マットです。若くて元気、とにかく家じゅうを走り回るタイプの愛犬のケガ予防におすすめです。

〈おすすめポイント〉
置くだけで簡単に設置できるため、賃貸物件でも簡単に設置可能なペット用のマットレスです。マットの裏側に特殊な加工がされており、愛犬が走り回ってもずれません。

このマットのおすすめは、とにかくお手入れが簡単だということ。表面に撥水加工がされているので、粗相をしてしまっても簡単に拭き取れるうえ、洗濯機で繰り返し洗濯して使えます。

ただし、カーペットをかじる癖のある犬だと端を噛んではがしてしまうこともあるため注意が必要です。また、老犬のためにはもう少しクッション性のある素材がいいという声もありました。

〈商品の特徴〉
60㎝×120㎝のペットマットで、置くだけで簡単に設置が可能です。またハサミで簡単にカットしたり、何枚も繋ぎ合わせたりするなど、用途や広さに合わせて使えます。

床暖房にも対応しているので、特に冬は犬だけでなく人間にも快適な空間となるでしょう。

貼ってはがせるフロアマット

日本製 防水 消臭 ずれない ペット フロアマット 45×60cm ウッドライト 12枚入 フロアタイル 貼るだけ

裏のフィルムをはがして床に貼り付けるだけの簡単接着クッションフロアマット。微粘着なので、フローリングを傷つけたくない賃貸マンションにおすすめです。

簡単に貼れてずれにくいので、小型犬から大型犬まで、また多頭飼いで運動量の多い犬にも対応できるでしょう。

〈おすすめポイント〉
この商品の特長は、簡単に貼れて床を傷つけないことです。

粘着力のあるフロアマットははがすとき床を傷つけてしまうことがあり、賃貸物件にはおすすめできません。しかしこのフロアマットは好きなところに貼ってはがせ、床を傷つけることがないため、賃貸でも気兼ねなく貼り付けることができます。

もちろんペット用に作られているので、消臭機能もついていて掃除も簡単。全4種類の柄からお好みで合わせて使えます。

ただ、床の材質によってははがれやすかったり、はがすときに粘着力が強くて床がはがれてしまうという口コミもありました。

〈商品の特徴〉
表面に凹凸があることからペットが歩きやすく、また厚さが3mmもあるクッションフロアで足腰の弱った老犬にも優しい作りになっています。好きなところに貼ってはがせるタイプなので、賃貸物件でも安心です。

まとめ

:

フローリング対策は、愛犬の体重や年齢、運動量に合わせて選びましょう。もちろん、住居が賃貸か持ち家かによっても対策方法は変わってきます。

  • 室内での運動量が多い多頭飼い家庭には、広い範囲をカバーできる滑りにくい素材
  • 足腰の弱った老犬には滑り止め効果が高く、弾力性のある素材
  • 大型犬には滑りにくく、丈夫な素材
  • 家じゅう全面を覆う場合はワックスや床材のリフォーム

また、そのときの値段だけではなく、丈夫さや交換頻度、掃除のしやすさも考慮し、バランスの良いものを選ぶといいでしょう。フローリングの改善は、愛犬と飼い主、両方の生活の質を改善してくれるでしょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい