【うまかドッグフードの口コミ】umakaは良い?悪い?評判を評価!

原材料 鶏肉、玄米、大麦
内容量 1.5kg
対応年齢 全年齢全犬種対応
原産国 日本
タイプ ドライフード
価格 通常購入5,478円
定期初回3,278円
定期購入4,930円

「うまかドッグフード」は様々なサイトやリサーチ結果で高品質評価を受けるドッグフード。

「株式会社チェンジフィールド」が実施する「ここワンリサーチ」という調査では、満足度・お得感・信頼度のランキングにおいて軒並み1位という超高評価を得ています。

 

ですがあまりに評価が高いと、

「実際に試した人との評判に差があるんじゃ…?」

「原材料の安全性は本当に信頼できるの?」

「購入にあたって何か落とし穴があるんじゃ…?」

逆に不安がよぎってしまいますよね。

愛犬に与えるものだからこそ、信頼できるものじゃなきゃ嫌ですよね。

 

しかし、「うまかドッグフード」は調べてみればみるほど信頼できるドッグフードなのがわかりました。

 

【うまかドッグフードのポイント①】評判

うまかドッグフードは第三者機関によるリサーチ結果を公表しています。

中でも注目すべきなのは「周りに勧めたい度ランキング」「継続度ランキング」が1位であるところです。

 

実際愛犬に合うか合わないかは与えてみなければわかりません。

しかし与えてみた後に

「継続したい」

「周りにもおすすめしたい」

と思うということは満足度が高かった証拠だと言えるのではないでしょうか?

 

当社調べとして自社に都合の良いランキングでもありませんし、評判そのものの信頼性も高いと思われます。

 

【うまかドッグフードのポイント②】安全性

 

うまかドッグフードは2021年4月にリニューアルが行なわれ、主な原材料に「チキン」、その他には小麦を抜いた材料で作られています。

チキンは九州産の博多華味鳥のみを使用した人間も食べられる食材を使用しています。

それ以外の原材料には下痢やうんちがゆるくなる原因になりやすい「小麦グルテン」を除いた材料で作られています。

人工添加物はビタミン・ミネラルを除き無添加で獣医師もお勧めする安全性の高いドッグフードに仕上がっています。

 

【うまかドッグフードのポイント③】解約縛りがない

うまかドッグフードは解約縛りがありません。

なので万が一愛犬に合わなかった場合でもすぐ中断することができます。

 

うまかドッグフードは通常価格5478円(税込み)です。

定期コース利用で購入すると初回購入時は3278円(税込み)になり40%もお得です。

二回目以降は10%オフの4930円(税込み)になります。

 

いくら評判が良くても実際愛犬に合わないとお金が無駄になってしまうと思います。

ですがうまかドッグフードはいざとなれば即座に解約することが可能。

つまり40%オフで購入してやめることも可能です。

 

「◯◯回継続必須」の場合、合わなかったリスクがお金になって請求されてしまいます。

しかしうまかドッグフードなら万が一の場合でもお得にやめることができるのでおすすめです。

 

 

 

新しいドッグフードに変えようかと思ってもなかなか一歩踏み出せない時があると思います。

しかし、うまかドッグフードなら思い切って購入した後もメリットが続くので安心して試すことができるのでとてもおすすめですよ!

 

\40%OFF+縛りなしでスタート!/

  1. umaka(うまか)ドッグフードの口コミ・評判
    1. umaka(うまか)ドッグフードの悪い口コミ
    2. umaka(うまか)ドッグフードの良い口コミ
    3. umaka(うまか)ドッグフードを口コミ評判で評価
  2. umaka(うまか)ドッグフードの原材料・成分の安全性
    1. umaka(うまか)ドッグフードの原材料の安全性
    2. umaka(うまか)ドッグフードの成分の安全性
    3. umaka(うまか)ドッグフードに酸化防止剤は入っている?
    4. umaka(うまか)ドッグフードを子犬に与えても大丈夫?
    5. umaka(うまか)ドッグフードで下痢しない?
    6. umaka(うまか)ドッグフードのカロリーは?
    7. umaka(うまか)ドッグフードはオイルコーティングされている?
    8. umaka(うまか)ドッグフードは小粒で匂いが良い
  3. umaka(うまか)ドッグフードのメリットデメリット
  4. umaka(うまか)ドッグフードのamazon・楽天の値段比較
    1. umaka(うまか)ドッグフード/amazonの値段
    2. umaka(うまか)ドッグフード/楽天の値段
    3. umaka(うまか)ドッグフードは定期購入(公式)がお得
    4. umaka(うまかドッグフードはメルカリで✕
    5. umaka(うまか)ドッグフードの販売店/店舗で売ってる?
  5. umaka(うまか)ドッグフードにお試しはある?
    1. umaka(うまか)ドッグフードにクーポンはある?
  6. umaka(うまか)ドッグフードの解約方法について
    1. umaka(うまか)ドッグフードをキャンセルする方法
    2. umaka(うまか)ドッグフードの販売会社情報
  7. umaka(うまか)ドッグフードとモグワンの比較
    1. うまかとモグワン、成犬にはどっち?
    2. うまかとモグワン価格で選ぶなら?
    3. うまかとモグワン、原材料で選ぶなら?
  8. umaka(うまか)ドッグフードの給餌量
    1. umaka(うまか)ドッグフードの賞味期限は?
    2. umaka(うまか)ドッグフードの保存方法について
    3. umaka(うまか)ドッグフードを食べない時の対処法
  9. umaka(うまか)ドッグフードのよくある質問
    1. umaka(うまか)ドッグフードで毛並みは良くなる?
    2. umaka(うまか)ドッグフードはうんちの臭いにどう?
    3. umaka(うまか)ドッグフード、食いつきはどう?
    4. 関節炎の予防・痛みは緩和できる?

umaka(うまか)ドッグフードの口コミ・評判

はじめてumaka(うまか)ドッグフードを購入しようか検討中の犬の飼い主さんには、愛犬にumaka(うまか)ドッグフードを食べさせたことがある飼い主さんがどのように評価しているかを調べてから買うべきかどうかを判断したいという方も多いでしょう。

実際に食べさせた口コミを見るのはドッグフード選びにおいて大いに参考になります。umaka(うまか)ドッグフードに関してもインターネット上でいくつかの口コミを見つけることができました。

良い口コミだけでなく悪い口コミもご紹介しますので、umaka(うまか)ドッグフードを愛犬に与えるメリットとデメリットにどのようなものがあるかを確認して、購入する価値がある良いドッグフードかどうかを判断するための材料として役立てていただけると幸いです。

umaka(うまか)ドッグフードの悪い口コミ

umaka(うまか)ドッグフードは商品がリニューアルされて以降の口コミの数がまだあまり多くはありません。見つけられた口コミの中から悪い評価を下しているものを3つご紹介します。

 

『健康の為に買ったんですが…
初めての食べた時は良かったですけど何故かう○ちが柔らかすぎるし、しばらく食べてくれませんでした。』
引用元:amazon

umaka(うまか)ドッグフードは犬の健康へのこだわりを持って作られたドッグフードなので、愛犬に今より健康になってほしいという気持ちから購入を決める飼い主さんが多いかと思います。

しかしこちらの口コミの愛犬は、umaka(うまか)ドッグフードを食べ始めてから軟便になるという残念な結果になってしまったようです。

もともと肉食動物だった犬は動物性タンパク質の消化が得意な体質をしています。進化して現代は雑食の動物になってきているようですが、中には穀物の消化吸収がスムーズにできず消化不良を起こしてしまう犬もいます。

umaka(うまか)ドッグフードは小麦グルテンフリーなので、犬のアレルギーの原因になりやすい小麦グルテンを使わずに作られています。ただし穀物は一切不使用という意味のグレインフリーとは異なるため、玄米や大麦といった一部の穀物が原材料として含まれています。

穀物の消化が苦手な犬は上手に消化吸収ができずに軟便や下痢をしてしまう場合もあるので、体質に合わないようなら無理をして与え続けないほうがよいでしょう。

また犬はデリケートなので、いきなり食事を新しいドッグフードに切り替えると原材料などに関わらず消化不良を起こすことがあります。日数をかけて新しいフードに慣らしていく必要があります。

今まで食べていたフードと混ぜながら、少しずつumaka(うまか)ドッグフードの量を増やしていき徐々に慣らしていくようにしましょう。

 

 

『4月生まれ、4~5か月目のチワワのご飯用に購入。それまではカナガンを使っていました。私も一粒試食して味は◎。ただ、とても固いです。カナガンは10~15分ふやかしでいけましたが、ウマカは20分はふやかす必要ありです。ふやかしさえ気を付ければとてもいい商品です(商品説明もその辺りをケアした記載の方が丁寧と思います)。』
引用元:amazon

こちらはumaka(うまか)ドッグフードが固くて、ふやかさないと食べさせられないという口コミです。20分もふやかさないといけないというのは、毎日のこととなると確かに大変かもしれません。

umaka(うまか)ドッグフードは小粒で小型犬や子犬、老犬でも美味しく食べられるドッグフードです。歯が丈夫で食べ物を噛むのが上手にできる犬なら困らないのでしょうが、歯がもろかったり食べ物を噛むのが苦手な犬にはもっと柔らかいフードの方が食べやすいのでしょう。

口コミの飼い主さんはもともと他のドッグフードをふやかして与えていたので、umaka(うまか)ドッグフードも食べやすい柔らかさまで上手にふやかしてあげられたようです。

しかし固めのドッグフードを買ったのがはじめての飼い主さんだと、ふやかすとよいということに気づけずに困ってしまう可能性もあります。口コミにある通り、公式ホームページなどで子犬や老犬にはふやかすのがおすすめという記載があるとより有難いかもしれませんね。

ドッグフードは水やお湯でふやかすと柔らかくなり食べやすくなります。香りも立つので食いつきが良くなる効果にも期待できます。ドッグフードの固さが原因で食べづらそうにしている犬には、ぜひ試してみてください。

熱湯でふやかすと火傷をしてしまう危険性があるので、必ず水かぬるま湯を使うようにしましょう。ふやかした際に水やお湯にもドッグフードの栄養素が溶け出すので、水分まで残さずに食べてもらうと栄養素を無駄にせずに済むのでおすすめです。

 

 

『ドライフードを食べず何種類もの商品を試し悩まされていました。やっと「うまか」に出会い食べるようになり定期購入をしていたのですが、リニューアルしてから反応が悪くなりました。できれば、リニューアル前のものも別商品として販売頂けるとありがたいです。』
引用元:amazon

愛犬がリニューアル前のumaka(うまか)ドッグフードを気に入っていて定期購入していたのに、リニューアル後は以前よりも反応が悪くなってしまったという口コミです。

umaka(うまか)ドッグフードは2021年4月にリニューアルされ、パッケージだけでなく一部の原材料や成分が変わりました。

リニューアル前に原材料として使われていた鶏レバーやひじきなどがリニューアルによって使用されなくなったので、以前とは風味が変わったという可能性はあります。レバーの香りが好きで食欲がわいていたという犬なら、今までのように美味しそうに感じられなくなってしまったとしても仕方がないでしょう。

リニューアル前のumaka(うまか)ドッグフードを気に入っていた場合には、このリニューアルには残念な部分もあるのかもしれませんが、リニューアルは商品をますます良いものにするために行われています。

たとえばアレルギー対策のために、アレルギーが起こりやすい全卵粉末をやめて卵黄粉末に変更するという改良がされています。他にも不足しがちな栄養素を補うためにセレン酵母やL-トレオニンが配合されるようになりました。

犬の健康のためにされたリニューアルなので、ふやかしてみたり好みの食材でトッピングしてみたり、愛犬が美味しく食べてくれるようにぜひ色々と工夫してみてはいかがでしょう。

umaka(うまか)ドッグフードの良い口コミ

umaka(うまか)ドッグフードにはご紹介したように悪い口コミもありますが、悪評に負けないだけ良い口コミもあります。愛犬にumaka(うまか)ドッグフードを与えたことで嬉しい効果があったという飼い主さんたちの声をご紹介します。

 

『人間でも食べれそうな安心感のある
フード。一つ食べてみました。
変なものが入っていない感じ。
ドックフード食べてみたのは初めて。
愛犬も喜んで食べてます。』
引用元:amazon

umaka(うまか)ドッグフードは人間でも食べられる品質である「ヒューマングレード」を越えるドッグフードを目指して作られています。公式サイトにも、飼い主さん自身が食べて美味しさや品質を確かめてみてくださいと記載されているほど安全性に自信を持っているフードです。

こちらの口コミの飼い主さんは実際に自分がumaka(うまか)ドッグフードを食べてみて、そのうえで変なものが入っていない感じとして安心感を強くしています。

安心・安全のドッグフードというだけでなく、愛犬が喜んで食べられるという美味しさも保証されているので毎日のごはんにぴったりですね。

愛犬に好き嫌いがあって、美味しく食べてくれるドッグフードがなかなか見つからずに困っているという飼い主さんは少なくないでしょう。色々なフードを購入して食べさせてみてはガッカリしているという場合もあるかと思います。

愛犬が気に入ってくれるドッグフード探しの際には、ぜひ原材料や成分にこだわって安心して食べさせられるものの中から選んでください。

美味しさも評価されているumaka(うまか)ドッグフードでも、必ず全ての犬が気に入って食べてくれるとは限りません。しかし健康に配慮して安全性を大切に作られていることは間違いないので、ドッグフードで悩んでいるのなら一度試してみる価値はあるでしょう。

 

『今までのドックフードから少しずつ変えて、缶の角切りビーフと共に食べ始めはんとし。かいかいがなくなり、毛並みもよくなり、毛のカットに連れてくとドックフード変えた?なんて聞かれるくらいに。』
引用元:amazon

umaka(うまか)ドッグフードを食べ始めてから、愛犬がかゆがらなくなり毛並みも改善したという嬉しい口コミです。

カットに連れて行って毛並みが変わったことに気づかれるくらいなので、明らかな効果といえるほど改善されたということでしょう。

umaka(うまか)ドッグフードは厳選された高品質の原材料を使用し、健康に悪影響を及ぼす恐れのある添加物は一切使わずに製造しています。

これまで粗悪なドッグフードを食べて質の悪い原材料や添加物を体内に摂取してしまっていたのなら、フードを切り替えたことでそれらの影響がなくなって皮膚や被毛が健康になったと考えられます。

毎日食べるドッグフードの品質や栄養バランスが悪いと健康を維持できないだけでなく、皮膚や毛並みなど見た目の美しさや若々しさも損なってしまいます。

umaka(うまか)ドッグフードのような質の良いフードを食べ続けることで、愛犬を皮膚の状態や毛並みを見ただけで「健康そうだな」「元気いっぱいだな」「大切にケアされているんだな」とわかるようなキレイな状態にしてあげましょう。

 

『グルテンフリー、着色料フリーなので、安心して犬にあげられる。』
引用元:amazon

こちらの口コミの飼い主さんがおっしゃるように、umaka(うまか)ドッグフードには大切な愛犬に安心して食べさせられる理由がたくさんあります。

安心の理由としてグルテンフリー、着色料フリー以外にも、安心できる国産素材をメインに使用していること、酸化しやすい油を用いたオイルコーティングをしていないこと、保存料が不使用なこと、栄養バランスに優れた総合栄養食であることなどがあげられます。

犬や猫のようなペットは、飼い主さんにとって家族の一員である大切な存在です。愛犬にも人間と同じように、安心して食べられるものだけを食べさせたいと考える飼い主さんは多くいます。umaka(うまか)ドッグフードは、まさしくそのような飼い主さんの想いに寄り添って開発されたドッグフードです。

人間でも食べられる高品質の美味しいフードで、犬の健やかな毎日をサポートするという意識を持って生み出されたumaka(うまか)ドッグフードなら、愛犬の健康と幸せを何より願う飼い主さんが安心して与えることができます。

umaka(うまか)ドッグフードを口コミ評判で評価

umaka(うまか)ドッグフードは人気の高いドッグフードですが、リニューアルされて以降の口コミはまだ少なく、愛犬に実際に与えてみた飼い主さんからの評価を十分な数だけ集めることはできませんでした。

しかしそれでも愛犬が喜んで食べてくれた、体をかゆがらなくなり毛並みも良くなった、安心して食べさせられるなどの評判があったので購入を検討している方は一度試してみる価値はあるといえるのではないでしょうか。

体質に合わなければお腹がゆるくなる場合もありますし、好みに合わなければ食いつきが悪いということもあるでしょうが、それはどのようなドッグフードでも起こりうることです。

愛犬に合うかどうかは実際に食べさせて様子を見なければわからないので、まずは1袋購入して食いつきや体調を飼い主さん自身の目で確認していただくのが1番です。

umaka(うまか)ドッグフードは高品質な原材料や無添加など、健康に良く安心して食べられるフードにするためにこだわりを持って開発されているので、愛犬に健康で長生きしてほしい飼い主さんにおすすめです。

umaka(うまか)ドッグフードの原材料・成分の安全性

umaka(うまか)ドッグフードは、愛犬を大切な家族の一員と考え人間と同じように安心・安全なものを食べてほしいという想いで作られたドッグフードです。

数多く販売されているドッグフードの中には、発がん性の物質や粗悪な原材料が使われることも少なくありません。

人間が食べても大丈夫な「ヒューマングレード」を越えるドッグフードを目指して作られたumaka(うまか)ドッグフードは、犬の健康に害を及ぼすものは一切使わずに安全性と高品質を追求しています。

中国産原料なしで国産原料を中心に厳選された食材のみが使われており、健康に悪影響を及ぼすリスクがある添加物も不使用です。

その他にもアレルギーの可能性が高い小麦グルテンや、老化につながるオイルコーティングなどを含む26の悪影響を及ぼす可能性のあるものを省いて作られており、安全性が保障されたドッグフードとなっています。

umaka(うまか)ドッグフードの原材料の安全性

ドッグフードは必ずパッケージに原材料一覧が記載されているので、アレルギーがあったり品質に問題があったり危険だと思われる原材料が使われていないかどうかを購入前に飼い主さん自身の目でチェックするようにしましょう。

umaka(うまか)ドッグフードの原材料は「ヒューマングレード」を越える高品質を目標に、厳選された国産の食材をメインに使っているので安全です。

鶏肉は人間が食べても美味しい新鮮な九州産「華味鳥」を使い、栄養バランスを整えるために野菜や果物だけでなくビフィズス菌やオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチンなどを配合しています。

健康に悪影響を及ぼす可能性のあるものは一切使わずに、必要な栄養をバランスのよく摂取できるドッグフードになっているので愛犬の毎日のごはんとしておすすめです。

九州産「華味鳥」を100%使用

umaka(うまか)ドッグフードの主な原材料は国産チキンです。水炊き料亭「博多華味鳥」が厳選した高品質素材である九州産の「華味鳥」を100%使用しています。

多くのドッグフードには4Dミートと呼ばれる質の悪い肉類が使われているのが実情です。4Dとは「DEAD=死んだ」「Dying=死にかけの」「Diseased=病気の」「Disabled=障害のある」の頭文字である4つのDを意味しています。

人が食べられないような質の悪い動物の肉は愛犬にも食べさせたくないという飼い主さんは多いのではないでしょうか。ドッグフードの原材料をしっかり確認しないと、知らず知らずのうちに4Dミートのような粗悪な原材料を食べさせてしまっている可能性があるので注意しましょう。

愛犬の健康のためを考えるなら、人間が食べても問題ない品質の保証された素材を使っているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

九州産「華味鳥」は海藻やハーブなどのエキスを米糠や大豆粕などに混ぜて長期発酵させた「華味専用飼料」を与えて育てた鶏です。澄んだ空気に満ちた鶏舎でお日様の光をたくさん浴びながら過ごしている鶏で、日本食鳥協会認定の安心で美味しい国産チキンです。

新鮮な鶏肉であり高タンパク、低脂質なので内臓に負担がかからないという点でも安心できます。

もちろん鶏肉以外の原材料も産地にこだわって選ばれています。玄米、大麦、カボチャ、りんご、にんじんなどの食材も、国産をメインに使用しているので安全性が高いです。

うまかドッグフードはグルテンフリー?

ドッグフードはかさ増しやつなぎのために小麦が使用されることが多いです。しかし小麦に含まれるグルテンは犬にとってアレルギーを起こしやすいうえに、穀物の消化が苦手な犬は消化不良を起こしてしまうこともあります。

umaka(うまか)ドッグフードは小麦グルテンフリーなので、小麦グルテンにアレルギーがある犬でも安心して食べられます。

ただし穀物は一切不使用のグルテンフリーとは異なるので注意が必要です。umaka(うまか)ドッグフードには玄米や大麦など一部の穀物が含まれています。

グレインフリーではありませんが犬にとって負担にならない穀物を選んでいるので、消化への負担を心配しなくても大丈夫です。

全ての穀物が犬にとって悪いわけではなく、穀物は栄養補給として役立つ食材なのでumaka(うまか)ドッグフードはあえてグレインフリーにはしていないのです。

全卵粉末から卵黄粉末へ変更

umaka(うまか)ドッグフードはリニューアル前の原材料として全卵粉末を使っていましたが、リニューアル後は卵黄粉末へと変更されています。これはアレルギーへの配慮によるものです。

同じ卵でも卵白と卵黄ではアレルギーの出やすさに違いがあります。卵白アレルギーは卵黄アレルギーよりも強く出やすいので、卵白アレルギーの犬でも食べられるように全卵粉末の使用をやめました。

また生卵の白身にはアビジンという成分が含まれており、アビジンにはビオチンというビタミンの吸収を妨げてしまうという作用があります。アビジンの摂取によりビオチン欠乏症になると、脱毛や皮膚炎、成長不良などの症状が出るので卵白の摂取には注意が必要です。

umaka(うまか)ドッグフードは全卵粉末に代わって卵黄粉末を使用するようになったことで、卵白アレルギーやビオチン欠乏症の心配がなくなったのでリニューアルによりますます安心して食べられるドッグフードに改良されたといえるでしょう。

原材料の評価

ドッグフードの中には粗悪な肉や健康に悪影響を及ぼす可能性がある原材料が使われているものも少なくありませんが、umaka(うまか)ドッグフードは犬の健康のために原材料の品質や安全性にこだわりを持っています。

メインの原材料であるチキンは九州産「華味鳥」で、水炊き料亭「博多華味鳥」により選ばれた人間が食べても美味しい国産の鶏肉です。人が食べても満足できる高品質の食材なので、美味しさだけでなく、安心感も保証されています。

犬に穀物は良くないという説がありますが、umaka(うまか)ドッグフードはあえて穀物である玄米や大麦の栄養素を犬の健康のために役立てようと考えてドッグフードの原材料として使用しています。アレルギーの原因になりやすい小麦グルテンは不使用なので、安全性は高く保ちながら必要な栄養素は摂取できるようになっています。

卵白アレルギーやビオチン欠乏症にも配慮してリニューアルされているので、愛犬の健康のために安全・安心にこだわってドッグフードを選びたい飼い主さんにますますおすすめのフードになりました。

umaka(うまか)ドッグフードの成分の安全性

ドッグフードを選ぶ際には原材料一覧だけでなく成分一覧も見て、健康に悪影響を及ぼすものが含まれていないかどうかを確認することが大切です。もちろんumaka(うまか)ドッグフードは、成分に関しても安心・安全にこだわって作られています。

害のある成分を排除するだけでなく、犬の健康促進に有効な成分を配合することでこれさえ食べていれば健康でいられるドッグフードになっています。

リニューアル後の特徴として、セレン酵母とL-トレオニンを配合することで必要な栄養素を補えるように改良されています。

セレン酵母は必須ミネラルのひとつですが体内で作ることができず、食べ物から十分な量を摂取することも難しい栄養素なのでドッグフードから摂取できるようになったのは嬉しい配慮です。

L-トレオニンはアミノ酸補給のために必要な成分で、体内で作られないアミノ酸をドッグフードから摂取可能になりました。

安心・安全で健康に必要な栄養素を十分に摂取できるように工夫されているumaka(うまか)ドッグフードは、ドッグフードと水さえあれば健康を維持できる栄養満点の犬のごはんとなっています。

塩化ナトリウムが含まれている?

umaka(うまか)ドッグフードには塩化ナトリウムが含まれています。一般的に塩分は体に悪いものと思われがちですが、健康に過ごすためにはある程度の塩分の摂取も必要です。

umaka(うまか)ドッグフードに含まれる塩分は犬に1日に必要な塩分の基準値の範囲内に収まっているので、他で過剰に塩分を摂取しない限りは健康上の問題になることはありません。

もちろんドッグフードにプラスして塩分の多いジャーキーなどのおやつを毎日与えていると塩分過多になってしまうので、できるだけ塩分の少ないおやつを選ぶことをおすすめします。

ドッグフードにトッピングをする場合も塩分の多いものはあまり使わないように気をつけましょう。また人間の食べ物を欲しがる犬も多いですが、人間の食べ物は犬にとっては味付けが濃く塩分が過剰なものが多いです。愛犬におねだりされても、何でもあげてしまわないように注意してください。

ドッグフード自体の塩分量よりも、それ以外に食べるものの塩分量に注意して過ごすことが大切です。

炭水化物が多め肥満に注意

umaka(うまか)ドッグフードには玄米や大麦といった炭水化物が含まれています。しかし量を多く取り過ぎなければ炭水化物は体に悪いものではありません。

炭水化物の糖質は重要なエネルギー源ですし、食物繊維も含まれるので便通が良くなるという効果も期待できます。

炭水化物を多く摂取することで肥満になるのは、炭水化物に含まれる糖質を過剰に摂取すると血糖値が上がり、上がった血糖値を下げるためにインスリンが分泌され脂肪に変わってしまうからです。

ドッグフードは適量を守って与え、余計なおやつで炭水化物を摂取しなければumaka(うまか)ドッグフードを食べているだけで肥満になる可能性はそれほど高くないので大丈夫です。

もしも愛犬が食べることが好きでおやつをついつい多くあげてしまう場合は、ドッグフードの量を少なめにして調整しましょう。

タンパク質がやや少なめ?

umaka(うまか)ドッグフードのタンパク質量は21.4%以上となっています。高タンパク質を売りにしたドッグフードと比較するとタンパク質量は少なめではありますが、ドッグフードとしての栄養基準は満たしています。

ペットフードの栄養基準は「AAFCO」(全米飼料検査官協会)という団体により定められています。タンパク質だけでなくミネラル類やビタミン類などの様々な栄養素について何%含むべきかという目安が設定されており、umaka(うまか)ドッグフードは「AAFCO」による総合栄養食としての基準をクリアしたドッグフードなので安心です。

タンパク質の役割は、犬にとって重要なエネルギー源となることだけでなく丈夫な筋肉や骨など体の基礎を作るのにも欠かせません。さらに皮膚や被毛を健康的に保つのにも大きく貢献している栄養素です。

ただしタンパク質は多く摂取すればよいというわけではないので、量だけでなく質も重視することが大切です。愛犬には健康のために、高品質なタンパク質が摂取できるumaka(うまか)ドッグフードのようなフードを選んで食べさせるようにしましょう。

原材料まとめ

umaka(うまか)ドッグフードは原材料も成分も安心・安全なドッグフードです。質の良い動物性タンパク質をメインに使って作り、栄養バランスを整えるために炭水化物も使用しています。

商品のリニューアルの際にはセレン酵母とL-トレオニンなどの摂取しづらい栄養素も配合することで、ますます健康的なドッグフードになりました。

一見すると塩化ナトリウムが含まれていることや、タンパク質が少なめなのではないかということ、炭水化物が含まれるから太りやすいかもしれないなど気になる点があるかもしれません。

しかし塩分や炭水化物は犬にとって健康に悪影響を及ぼすような量は含まれておらず、タンパク質は1日に必要な量を摂取できるようになっているので心配はいりません。

umaka(うまか)ドッグフードは「AAFCO」による総合栄養食としての基準をクリアしているので、栄養面で評価されている商品です。

栄養バランスを心配するなら、umaka(うまか)ドッグフードではなくその他に与えるおやつやトッピングでバランスを崩してしまわないように心がけるとよいでしょう。

umaka(うまか)ドッグフードに酸化防止剤は入っている?

ドッグフードは見た目をよくするためや食いつきをよくするために着色料や香料が使われたり、長持ちさせるために酸化防止剤のような保存料が使われたりすることが多いです。

しかし人口の添加物は犬の体に害を及ぼす可能性があり、アレルギーや涙やけの原因になることも少なくありません。

umaka(うまか)ドッグフードは安心・安全のために無添加にこだわっています。犬の健康に悪影響を及ぼすリスクがあるものは使わずに作られているので、酸化防止剤などの保存料は不使用です。

他にも着色料や合成香料、防カビ剤なども不使用で、人口添加物フリーと明記されています。

ただし添加物の中でも犬の健康のために必要なものは配合しています。ビタミンやミネラルといった栄養補助のために欠かせないものは配合して、栄養バランスの整ったドッグフードになっています。

umaka(うまか)ドッグフードを子犬に与えても大丈夫?

umaka(うまか)ドッグフードは全年齢オールステージ用のドッグフードなので、子犬から老犬まで食べられます。フードと水だけ与えれば必要な栄養をまかなえる総合栄養食として認められており、年齢を問わず量を調整することで必要な栄養素を十分にバランスよく摂取できるのでおすすめです。

グルコサミンとコンドロイチンを配合することで足腰の健康維持にも効果的になっているので、体が衰えてきてしまう老犬にも食べてほしいドッグフードです。愛犬には高齢になってもまだまだ元気に動き回ってほしいですよね。元気なまま長生きしてもらうためにも、ぜひumaka(うまか)ドッグフードを与えてみてください。

また全犬種に対応したフードなので、小型犬・中型犬・大型犬をとわずに毎日のごはんとして食べさせられます。犬種や年齢の異なる犬を多頭飼いしている飼い主さんにも、umaka(うまか)ドッグフードなら一頭一頭に合わせてドッグフードを変えなくて大丈夫なので便利です。

umaka(うまか)ドッグフードで下痢しない?

犬はもともと肉食動物なので、動物性タンパク質の消化吸収が得意です。進化して雑食になってきて穀物も消化できるようになったとはいわれていますが、体質によっては穀物の摂取で下痢や軟便になってしまう犬もいます。

umaka(うまか)ドッグフードは小麦グルテンのアレルギーに配慮して小麦グルテンフリーで作られていますが、グレインフリーではないので穀物を全く使用していないというわけではありません。

もしもumaka(うまか)ドッグフードを食べさせてみて下痢をしたり軟便になったりするようなら、愛犬の体に穀物が合わない可能性があるということを覚えておいてください。

穀物アレルギーのある犬や穀物の消化が苦手な犬は、小麦グルテンだけでなく穀物は一切不使用のグレインフリーのドッグフードを選ぶのがよいでしょう。

また穀物の使用不使用に関わらず犬は新しいドッグフードに慣れるまでは消化不良を起こしやすい傾向があるので、いきなりフードを全量切り替えるのはやめましょう。穀物のせいではなく、ドッグフードをいきなり替えたことが原因で下痢や軟便になってしまうケースもあるので気をつけてあげてくださいね。

umaka(うまか)ドッグフードのカロリーは?

umaka(うまか)ドッグフードのカロリーは100gあたり350kcalとなっています。カロリーが高すぎるドッグフードではありませんが、低カロリーでヘルシーともいえません。

犬の体重や年齢ごとの1日の給与量の目安が、公式ホームページに記載されています。それによると体重5kgの成犬の1日の給与量は約110gが適量のようです。umaka(うまか)ドッグフード110gは385kcakになります。

体重5kgの成犬が1日に必要とするカロリーは、避妊や去勢済みの場合でおおよそ374kcalなので、umaka(うまか)ドッグフードを110g食べるとわずかにカロリーオーバーになってしまうことがわかります。

ほんの少しのカロリー過多でも、それが長期間毎日続けば少しずつ肥満になってしまうので気をつけなくてはなりません。

またドッグフードだけでなくおやつも食べるのが習慣という犬の場合は、さらにカロリーオーバーなので太りやすくなってしまいます。

公式サイトの給与量の目安を参考にしつつも、愛犬の運動量や体質も考量して飼い主さん自身で給与量を適切に調整した方がよさそうです。

またダイエット中の犬は、umaka(うまか)ドッグフードよりも低カロリーのダイエット用フードを選んだ方がダイエットは成功しやすいと考えられます。umaka(うまか)ドッグフードを与える場合は、量を少なめにしてカロリーを調整しましょう。

キャベツのように低カロリーの食材をトッピングして、かさ増しするなどの工夫もおすすめです。

umaka(うまか)ドッグフードはオイルコーティングされている?

ドッグフードには風味をよくして美味しそうに仕上げるためにオイルコーティングをしているものも多いです。オイルコーティングにより嗜好性は高まるものの、油は酸化しやすいので老化や涙やけの原因になってしまうといわれています。

その点、umaka(うまか)ドッグフードはノンオイルコーティングなので安心です。涙やけが気になっていた犬に与えることで、涙やけが改善するという効果も期待できます。

愛犬の食いつきがよいドッグフードは、美味しそうに食べてくれるというだけで毎日与え続けてしまうことが少なくありませんが、オイルコーティングされているフードのように長期間食べ続けることで健康に悪影響を及ぼすものは質の良い食事とはいえません。

不健康になる恐れのある方法で手を加えなくても、素材の質の良さなどで美味しくなる工夫をしているumaka(うまか)ドッグフードは、美味しく食べて健康を目指したい犬におすすめです。

umaka(うまか)ドッグフードは小粒で匂いが良い

ドッグフードは独特の匂いがするものも多く、飼い主さんにとっては臭いと感じることもありますよね。umaka(うまか)ドッグフードは天然素材にこだわって作られており、袋を開けた時に香るのはかつお節の良い香りです。

人間でも美味しそうと感じる香りがし、安心できる素材で作られていることを確かめるために飼い主さんも食べてみることを推奨しているドッグフードなので、ドッグフードらしい嫌なクセがありません。

臭くないうえに1粒が小さめなので口の小さい小型犬や、まだ食べ物を上手に噛めない子犬、歯が弱くなってきている老犬でも食べやすいです。

もしもumaka(うまか)ドッグフードのような小粒なフードでも愛犬が食べづらそうにしている場合は、水やお湯を使ってふやかしてあげるとよいでしょう。柔らかくすれば歯が丈夫でなかったり噛むのが苦手だったりする犬でも美味しく食べられます。

お湯をかけることでかつお節の風味もより引き立ち食欲をそそるので、愛犬がumaka(うまか)ドッグフードの味に飽きて食いつきが悪くなってきた場合にもぜひやってみてください。

umaka(うまか)ドッグフードのメリットデメリット

umaka(うまか)ドッグフードのメリットについてお伝えします。
umaka(うまか)ドッグフードの主なメリットとして挙げられるのは…

・メイン食材は九州産地鶏(華味鳥)使用
・その他の材料もヒューマングレードの国産材料メイン
・ビフィズス菌・オリゴ糖配合で腸内環境に配慮
・合成着色料・保存料は無添加
・グルコサミン・コンドロイチン配合で関節ケア

など、色々なメリットが挙げられます。
ただ、やはりメリットがある一方、デメリットも…。そこで、umaka(うまか)ドッグフードの主なデメリットとしてこのようなものが挙げられます。

・通販でしか購入できない
・味や容量・粒の大きさが1種類とバリエーションが少ない
・チキンなどのアレルギーがある子には与えられない

では、通販といっても実際にはどこから購入するのが1番良いのか、続いては商品自体の値段についてご紹介します。

umaka(うまか)ドッグフードのamazon・楽天の値段比較

さて、通販といえば通販大手のamazonと楽天ではないでしょうか?
umaka(うまか)は、通販大手の2社でも売られているため、贔屓にしている方は、慣れている方が良いと感じて、どちらかで購入を考えるかもしれません。
だけど、ちょっと待ってください!

確かに、amazonと楽天は馴染み深く、名が知られていない通販会社とは違い、信頼性も高いでしょう。
しかし、現在は昔とは比べ物にならないほど、その商品専用の公式サイトが開設され、また、そこでしか受けられない特典やキャンペーンなどが存在します。

umaka(うまか)ドッグフードにもそれは存在するため、知らずに公式サイト以外の通販から購入してしまうと、損をしてしまう可能性が!
umaka(うまか)ドッグフードの公式サイトでは、初回購入に限り、送料無料+通常価格の40%offという特別価格にて購入出来たりするので、購入をご検討なら、公式サイトでの購入がオススメです。

umaka(うまか)ドッグフード/amazonの値段

とは言っても、大手通販会社で販売されている価格も気になりますよね?
ということで、ここではamazonによるumaka(うまか)ドッグフードの値段について、ご紹介します。

一般的に公式サイト以外での通販会社で自社の商品を提供する場合、仲介手数料やその通販会社の宣伝広告費など、本来であれば削れるところが商品価格に上乗せされて販売されると言ったことも珍しくありません。

そのため、仮に公式サイトで安く購入出来ることを知っていても、中には「出来る限り安く購入したいけど、馴染みのないところで買うのは少し不安…」といった方には、公式サイトは敷居が高いかもしれません。

ですので、そのような方にもご安心してもらえるように、値段だけではなく、amazonでの定期便の有無や送料に関することなど、気になる料金面について、公式サイトとの比較・判断材料のご参考にしてください。

それではまず、amazonでumaka(うまか)ドッグフードを購入した際の値段の違いについてご紹介します。
基本的にamazonで売られているumaka(うまか)ドッグフードの値段は、公式サイトの通常価格と同等の4,980円(税込5,478円)です。
ただ、これはあくまで定期購入ではない一回のみの購入の場合です。

では、amazonでの定期購入はあるのか、と言った点ですが、amazonでも定期購入はあります。
しかし、公式サイトとは違って、amazonで申し込む際の定期購入の値段は、1袋5%offの5,204円(税込)となっていて、定期おトク便で同一お届け日にて3種類以上の商品を同一お届け先で受け取ると10%offとなります。

それでは最後に、umaka(うまか)ドッグフードをamazonで購入した際の送料はかかるのかという点についてですが、こちらは通常配送料無料で配送してくれるとのことです。

umaka(うまか)ドッグフード/楽天の値段

それでは続いては、大手通販会社の楽天におけるumaka(うまか)ドッグフードの値段や定期購入の有無・送料に関することをご紹介します。

amazon同様、多くの方が利用している楽天は、東京都世田谷区玉川に本社を置く日本の企業のため、海外製品も多く扱っていて、海外発送も多いamazonが少し苦手と思われる方には人気な通販会社なのではないでしょうか?

そんな方が、公式サイト以外の楽天で、umaka(うまか)ドッグフードの購入を検討した場合の値段の違いについて、まずはご紹介します。

基本的に楽天で売られているumaka(うまか)ドッグフードの値段は、公式サイトの通常価格4,980円(税込5,478円)よりも2,000円近く高い7,373円(税込)となっています。
また、先程紹介したamazonのumaka(うまか)ドッグフードでは、実際に商品を製造販売している「華ちゃん犬猫すこやか本舗」というブランド店が提供元ですが、楽天では別のショップさんが仲介し、販売されています。

そのため、付加価値も付くことによって、通常価格よりも高い値段で提供されています。

では続いて、楽天での購入の際の定期購入の有無はあるのかと言った点ですが、こちらは残念ながら存在しないようです。
やはり、提供元でないということもあり、定期購入での割引は受けられないようなので、定期購入を検討している方には公式サイトでのご購入が向いています。

そして最後に、楽天でumaka(うまか)ドッグフードを購入した際の送料は発生するのかについてお伝えします。
こちらは、amazon同様、送料は無料です。
筆者が確認出来たショップのどちらも送料は無料ということなので、その点については安心して大丈夫そうです。

umaka(うまか)ドッグフードは定期購入(公式)がお得

さて、ここまでamazonと楽天の値段の違いや定期購入の有無、送料についてのことをご紹介してきましたが、総合的に見て、やはりumaka(うまか)ドッグフードの購入を検討するのなら、公式が一番お得と言えるでしょう。

公式サイトのumaka(うまか)ドッグフードは、定期コースでの初回購入に限って、通常価格4,980円(税込5,478円)の40%off、2980円(税込3,278円)で購入が可能で、umaka(うまか)ドッグフードの定期購入は、次回配送まで約30日間(初期設定より90日間隔まで変更可)間隔があり、その際までに万が一満足出来なかった場合には、初回購入だけで定期購入の停止が可能でもあるとの事です。

やはり試してみて愛犬には向かなかったといった場合、定期縛りなどあると購入自体をためらってしまうものですが、こうしていつでも定期購入の停止が可能だとなると、随分と安心できますよね。

2袋以上購入するとさらにお得

また、umaka(うまか)ドッグフードは上記のような順応性を持ち合わせながらも、商品に自信があるためか、2袋以上のドッグフードを購入すると、20%offの4,382円/個(税込・送料別)となり、3袋以上のドッグフードを購入すると、税込9,000円以上で20%offに加え、935円(税込)かかる送料が無料になります。

いずれにせよ、同じ定期購入でもamazonで購入するよりも、圧倒的に公式サイトでの定期購入の方が安く済む購入方法となります。

確かに3袋以上をいっぺんに買うとなると、それなりの金額にもなり少々考えてしまうかもしれませんが、多頭飼育のご家庭や1食に対するグラム数が多い大型犬がいるご家庭にとっては、公式サイトの定期コースで20%off+送料無料という形での購入は、amazon、楽天と比べてとてもお得なのではないでしょうか?

1袋でも定期コースなら10%オフ

umaka(うまか)ドッグフードは、2袋や3袋は流石に多いといった方にも嬉しい1袋のみの10%off定期コースも用意されています。
また、上記でもお伝えしましたがumaka(うまか)ドッグフードは、たった一回の初回の定期購入であっても、今後の配送停止が可能なので、安心して注文頂けると思います。

基本的には、定期停止、出荷キャンセル、出荷日変更、個数変更などは次回出荷日の10日前までにお電話、メールでの変更、又はご自身が登録したアカウントから、次回出荷日3日前までを変更可能としているため、余裕を持って内容変更をするように心掛けてください。

また、定期購入の検討をしている方は、ここまで飼い主さんやわんちゃんに配慮したドッグフードではあるものの、一番はわんちゃんの体質や状態、umaka(うまか)ドッグフードで使用されている食材でアレルギー症状などの危険性がないことを確認した上で、今後の配送予定を決めてあげてください。

こちらもこちらでamazonで販売されているドッグフードの5%offよりもお得ですので、購入する際は是非とも公式サイトでのご購入をご検討ください。

umaka(うまかドッグフードはメルカリで✕

さて、ここまでumaka(うまか)ドッグフードに対する値段についてお伝えしてきましたが、それでもやはり値段的には、通常市販で売られている一般的なドッグフードに比べるとだいぶ値の張るumaka(うまか)ドッグフード。

そのため、中にはあの大手フリマサイトのメルカリで購入しようとお考えになられる方も居るかもしれませんが、こうした買い方はやめましょう。

こちらは当然正規店販売では無いため、まとめ買いによる割引はありませんし、検品や発送についても専門業者が行う訳ではありません。
また、賞味期限についても通常よりも短いものとなっている可能性が高く、定期的に購入できるという保証もありません。

以前は開封後のものでも平気で売買取引が可能でしたが、今ではメルカリでも未開封に限る出品の仕方に変更している部分はとても評価できると思いますが、やはり、愛犬が普段から食すドッグフードを中古で購入するというのはおすすめ出来ませんので、購入するのであれば、公式サイトでの購入をオススメします。

umaka(うまか)ドッグフードの販売店/店舗で売ってる?

ネットで随分と好評なumaka(うまか)ドッグフードであるなら、「もしかしたら店頭に…」と期待したいところですが、こちらは残念なことに実店舗販売は行っておりません。

その理由として挙げられるのは、流通コストや品質保全のため。
そのため、店頭での購入を希望している方やネット通販に苦手意識を抱いている方にとっては、umaka(うまか)ドッグフードは購入しにくい商品だと言わざるを得ません。

実際に商品の詳細を店頭で確認出来ないのは残念なところではありますが、それだけ品質を大事にしている商品なのだと思えば、頷ける1品なのかもしれませんね。

また、初回の注文はインターネットからの注文のみとなっており、電話での注文は受け付けてはいないようなので、そちらの点も注意するべき点の一つですので、気を付けてください。

umaka(うまか)ドッグフードにお試しはある?

迎え入れた犬への主食はもちろんのこと、今まで食べていたドッグフードからの切り替えには、出来ればお試しといったサンプル品があると嬉しいですよね。

では、umaka(うまか)ドッグフードについてのお試しや100円モニターといったサンプル品はあるのでしょうか?

結論から申し上げますと、umaka(うまか)ドッグフードのお試し商品は残念ながらありません。

初回の定期コースの特別価格2,980円(税込3,278円)で提供しているもののみとなっており、容量も1,5kgと1種類だけということもあって、500gや100gのような少量を求めている方には高く付いてしまうことになってしまうと思います。

ただ、現在は保護犬や保護猫活動をされている保護施設などで、残ってしまったドッグフードやペットシーツなどの寄付を募集しているところもあったりするので、もしも購入してみて愛犬がumaka(うまか)ドッグフードを食べなかった場合には、寄付といった選択肢を検討してみると良いかもしれません。

umaka(うまか)ドッグフードにクーポンはある?

では、定期コースによる購入で割引があるumaka(うまか)ドッグフードなら、クーポンはどうなのでしょうか?
割引に加え、クーポンで益々安く出来るならそんなに良いことは無いのですが、こちらもお試し同様、クーポンやクーポンコードなどは存在しません。

やはりこちらもお試しやサンプル品、100円モニター同様、定期コースの定期購入による購入の仕方が一番安くすることが出来ると思います。
クーポンやクーポンコードがあるのは、購入者にとってはとても有難いことではあるのですが、umaka(うまか)ドッグフードはそれだけ自信のある商品だからこその在り方なのかもしれませんね。

umaka(うまか)ドッグフードの解約方法について

それでは、umaka(うまか)ドッグフードの詳しい解約方法について、ここからはご紹介します。

umaka(うまか)ドッグフードを解約するには、まずは初回の40%offの商品自体を受け取ると、解約ができるようになります。
また、上記でも少し触れましたが、基本的にはマイアカウント経由での解約の場合、次回発送3日前までに。
電話やメールでの解約の場合は、次回発送10日前までに手続きを済ませる必要がある点だけ注意してください。

それではまず、マイアカウントからご紹介します。
マイアカウントからの解約手続きの場合は、「umaka マイアカウント」で検索をかけ、マイページへログインすることで行えます。

ご自身のアカウント内にある注文状況の下の方の「定期注文を停止する」ボタンをクリックすると、無事に解約手続きができます。
解約する際に、停止理由などを答える項目がありますが、その点についてはご自身が思う解約理由を選択すれば問題ありません。

また、もしも解約方法の仕方が良く分からない場合の問い合わせ先は、フリーダイヤルで「0120-873-115」に平日9:30~17:00(土日祝除く)の間に電話をし、解約の旨を伝えれば解約ができ、メールであれば、「info-1@inuneko-sukoyaka.jp」に注文時の名前、電話番号、解約する旨を記載の上送信すれば、解約となります。

マイアカウント及びメールでの場合の解約手続きは、その後解約が完了すると「定期注文の停止が完了」したという自動メールが送信されてくるので、忘れず確認しましょう。

umaka(うまか)ドッグフードをキャンセルする方法

では次に、umaka(うまか)ドッグフードを注文したけれど、やっぱりキャンセルしたいと言った場合の注文商品のキャンセル方法をご紹介します。

基本的には、一度初回購入商品のumaka(うまか)ドッグフードを購入してしまえば、いつでもキャンセルや解約を行うことは可能です。

しかし、注文のキャンセル依頼も解約手続き同様、次回発送10日前までに電話かメール、またはマイアカウントより手続きをする必要があります。
マイアカウントの場合も先程と同様、次回発送3日前までに手続きを済ませる必要性があるので、期限には十分気をつけてください。

また、商品発送後のキャンセル依頼は当然ながら受け付けてはいませんので、キャンセル希望の場合には余裕を持って対応するように心掛けてください。

umaka(うまか)ドッグフードの販売会社情報

それでは最後に、umaka(うまか)ドッグフードの販売会社の主な会社概要からご紹介します。

 

umaka(うまか)ドッグフードは、「華ちゃん犬猫すこやか本舗」というブランドで販売しているドッグフードで、「大切な家族だから、体にいいものを食べさせたい。」という運営会社の思いから生まれた商品です。

そして、こちらの商品を製造、販売している運営会社は、福岡市博多区千代に本社を置くトリゼンダイニング株式会社という飲食事業や通信事業、ペット事業など様々な事業を展開する会社です。

令和元年7月26日に設立された、まだ日の浅い会社ではありますが、原材料にこだわり、美味しさや安全性にこだわるその姿勢は、とても信頼のおける会社なのではないかと思います。

umaka(うまか)ドッグフードとモグワンの比較

それではここからは、umaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフードの比較をご紹介します。

モグワンは、累計販売数200万袋を突破し、多くの方から支持を受けているドッグフードのひとつですが、umaka(うまか)ドッグフードの原産国が日本産である一方、モグワンドッグフードの原産国はイギリスとなっています。

日本産のドッグフードにこだわりたい飼い主さんにとっては、その時点でumaka(うまか)ドッグフードの方がおすすめ出来ると思うのですが、他にもモグワンドッグフードは、サーモンオイルでオイルコーティングが施されているため、そういった点にも抵抗を感じる方にとっては、オイルコーティングが施されていないumaka(うまか)ドッグフードがおすすめです。

また、モグワンドッグフードでも質問に挙がっているフードの匂いは、こちらは人の感覚として、匂いが強いというものがあります。
これは犬にとって好む匂いということのようなのですが、飼い主さんにおいても良い匂いと感じられるように作られているumaka(うまか)ドッグフードは、匂いに敏感な飼い主さんにも喜ばれるように作られているといっても過言ではないと思います。

やはり、人が良い匂いだと感じることも、ドッグフード選びには大切なことだと思いますので、そういう面でもumaka(うまか)ドッグフードはおすすめです。

うまかとモグワン、成犬にはどっち?

続いて、umaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフードを成犬に与える場合におすすめ出来るのはどっちなのかをご紹介します。
まずはumaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフードの安全性について一覧表にしたものをご覧下さい。

主に成犬となる基準は、大体1歳~7歳までの間とされています。
そのため、この間の成犬としての体の健康維持はとても大切なもので、成犬は、子犬の頃とはまた違った栄養バランスが必要で、且つ上記の表のように、できる限り多くの安全性が記載されている方が、信頼ができると思います。

成犬の場合、ただ単に成分値におけるタンパク質量が高いものを摂ればいいという訳ではなく、バランス良く栄養素を取り入れることが何よりも大切になってくるのもそうですが、これから体の健康維持を必要とする成犬にとっては、umaka(うまか)ドッグフードのように、事細かに安全性が記載されているドッグフードの方が、おすすめだと言えるのではないでしょうか。

うまかとモグワン価格で選ぶなら?

それでは、umaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフードを価格で選ぶとしたら、どちらの方が良いのかをご紹介します。

やはり毎日継続して与えるものですので、価格の面で選ぶなら、コスパが良い方が断然嬉しいですよね。
そこで、犬に与える一日当たりの値段で比較してみましょう。

このように、umaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフードの一日当たりの値段は、モグワンドッグフードの方が安いのが分かります。

これらの大きな違いは、上記で示した原材料にあり、やはりヒューマングレードとして使われている原材料の量やオイルコーティングの有無などが関係していると言えるでしょう。

そのため、umaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフードを値段で選ぶとするなら、モグワンドッグフードの方がコスパが良く、お財布には優しいドッグフードと言えるでしょう。

うまかとモグワン、原材料で選ぶなら?

それでは、umaka(うまか)ドッグフードとモグワンドッグフード、原材料で選ぶならどちらの方が良いのかをご紹介します。
ではまず、こちらの表でそれぞれの原材料を確認してみましょう。

それぞれの原材料はこのようになっています。
この表を見てもわかるように、モグワンドッグフードの方は、チキン&サーモンを合わせても56%程の動物性タンパク質含有量ですが、umaka(うまか)ドッグフードの方は、メインとなる原材料の九州産地鶏を100%使用しています。

モグワンドッグフードも、そういったバランス面において配慮されているとは思うのですが、umaka(うまか)ドッグフードとの決定的な違いとしてモグワンドッグフードには、AAFCO栄養基準の記載がなされておりません。

AAFCO栄養基準とは、そのドッグフードと水のみで一日に必要な栄養素を補えるドッグフードの証明としてパッケージに記載されるものです。

記載されていなくても問題があるという訳ではありませんが、やはりメインとなる地鶏肉を100%使用していることやほかの食材についても日本産にこだわっているumaka(うまか)ドッグフードのAAFCO栄養基準を満たした点などを考えると、こちらを与えるのがおすすめだと思います。

umaka(うまか)ドッグフードの給餌量

さて、ここからはumaka(うまか)ドッグフードの給餌量における目安についてご紹介します。

主にumaka(うまか)ドッグフードで目安とされている給餌量の年齢別一覧表は下記になります。ご自身の愛犬が現在いくつに当てはまるのか確認してみましょう。

いかがでしょうか。
中には、6.5kgとか9.5kgといった表では目安量がイマイチ分からないわんちゃんも居るかもしれませんが、この表はあくまでも目安ですので、そこまでキッチリする必要はありません。

また、「子犬だからこれより超えても大丈夫」とか、「老犬だから肥満にならないようにこれ以上はあげない」という目安でもなく、一番大切なのは、その子の体型(BCS(ボディ・コンディション・スコア))が適正かどうかということに着目してあげてください。

ちなみに適正体型とされているのは…

・僅かな体脂肪があり、手で触ると肋骨を容易に触れる
・上から見た時に犬のくびれが容易に認められる
・横から見た時に腹部が引き締まっている

といったような見た目が、適正な体重、適正な体型とされていますので、ご参考になれば幸いです。

公式サイト:https://hana.inuneko-sukoyaka.jp/

umaka(うまか)ドッグフードの賞味期限は?

では、気になるumaka(うまか)ドッグフードの賞味期限についてもご紹介しましょう。

umaka(うまか)ドッグフードの賞味期限は、基本的に未開封の場合には、1年間とされており、6ヶ月以上の賞味期限が残っている商品が配送されるとの事です。

やはり、余計な添加物や保存料が入っていない場合、ものによっては賞味期限が短いものなども存在するので、そういった点については、未開封であれば最短でも6ヶ月間は保存が効くのは嬉しいですね。

ですが、一度開封した場合には、約一ヶ月を目安に食べ切るように推奨されています。
そのため、一日当たりの給餌量をある程度多く必要とするわんちゃんなら問題ないかもしれませんが、超小型犬の子や食の細い子にとっては、1.5kgという容量は場合によっては、期限を切らしてしまう可能性もあるかもしれませんので、与える際には賞味期限には十分注意してあげてください。

umaka(うまか)ドッグフードの保存方法について

Umaka(うまか)ドッグフードの賞味期限をご紹介したところで、続いてはその保存方法についても見ていきましょう。

基本的にumaka(うまか)ドッグフードの保存方法は、開封・未開封にかかわらず、高温多湿を避け、直射日光に当たらない涼しい場所に保管することが推奨されています。

Umaka(うまか)ドッグフードは、保存料や着色料、添加物を使用しないドッグフードに仕上げているため、可能なのであれば、ミニサイズの冷蔵庫や普段人が使っている大きい冷蔵庫の一部を保存場所にするなどの工夫で保存するのが良いです。

常温保存で保存が出来るドッグフードは、すぐに取り出すことができ、お手軽ではありますが、「封をうっかり閉め忘れていて湿気た」とか、「置く場所が冷暗所ではない場所だった」といったことも少なくありません。

そのため、umaka(うまか)ドッグフードを保存する際は、冷蔵庫が1番良いのではないかと思います。
ただ、目安の保存期間が記載されているとはいえ、早く消費するに越したことはないので、上記賞味期限に限らず早めに消費するように心掛けてください。

umaka(うまか)ドッグフードを食べない時の対処法

umaka(うまか)ドッグフードの品質がどんなに良くても、中には匂いを嗅いだ時点で食べなかったり、そもそも飽きやすい性格の子だったりすると、種類のバリエーションが一つしかないumaka(うまか)ドッグフードでは、食べてくれない子も出てくるかもしれません。

でも、せっかく購入したのだから、せめて初回購入のドッグフードだけでも食べて欲しいと願う飼い主さんは多いのではないでしょうか?
それに、一度開封してしまうと保存性もなかなか効きづらくなってしまうため、早いうちに消費したいという思いも感じてしまいますよね。

そこでここからは、愛犬がumaka(うまか)ドッグフードを食べてくれない場合の対処法には、どのようなものがあるのかをご紹介します。

ドッグフードの切り替え量を調節

まずは、ドッグフード自体の切り替え量に着目してみてください。
ペットショップやブリーダー、保護犬の子を迎えた場合、多くは業務用に売られている市販のドッグフードを食べている子がほとんどだと思います。

すると、ご家庭に来てすぐにumaka(うまか)ドッグフードを試してもらいたいと、一気に今まで食べていたドッグフードから切り替えようと思っても、食べない場合があったり、食べても今までのフードじゃない事で胃が受け付けず、umaka(うまか)ドッグフードを吐き出してしまうことがあるため、最初は少しずつ切り替えるように工夫してみてください。

具体的には、今まで食べていたドッグフードの量の1割程を、umaka(うまか)ドッグフードに変えてみましょう。
それを1日経つ事に、2割、3割と増やしていき、最終的に1週間~10日をかけて、umaka(うまか)ドッグフードの切り替えを完了してみてください。

お湯でふやかしてみる

では上記とは違い、切り替えは完了したものの、食い付きがあまり良くないといった場合には、どうすれば良いでしょうか。

その際は、一旦お湯でumaka(うまか)ドッグフードをふやかして、ドッグフード自体の匂いを強くしてみましょう。
そうすることにより、ドッグフードの匂いが際立ち、愛犬が口をつけてくれるようになるかもしれません。

また、もしかしたらわんちゃんの中には、粒の大きさや硬さの関係で、食べづらくて食べられないといった場合もあるかもしれないので、その場合にもお湯でふやかすことでドッグフードを柔らかくし、愛犬が食べやすい状態にしてあげるのが良いでしょう。

その際のドッグフードは、お湯で完全にふやかした状態で与えてあげると、消化吸収にばらつきが生じません。

ウェットフードやトッピングを混ぜる

最後にご紹介するのは、ウェットフードやトッピングを混ぜる方法です。
これは、お湯でふやかす方法の次に、使われることが多い方法だと思いますが、この場合にも注意したい点があるので気をつけましょう。

基本的にドライフードよりも嗜好性の高いウェットフードやトッピングは、犬がとても喜ぶように作られています。

そのため、多くの犬が好んで食べてくれると思いますが、あくまでumaka(うまか)ドッグフードを食べてもらう補助食とするなら、主食となるドッグフードの1割程度にウェットフードやトッピングを留めましょう。

それで味をしめてトッピングがないと食べない場合も生じる可能性があるため、時には上記のお湯だけでふやかしてみたり、もしくはヤギミルクに変えてみたりと、不規則に与えてみることをおすすめします。

umaka(うまか)ドッグフードのよくある質問

umaka(うまか)ドッグフードで涙やけは良くなる?

では、umaka(うまか)ドッグフードによって涙やけ改善に効果があるのかをご紹介します。

結論から申し上げますと、umaka(うまか)ドッグフードは、涙やけ改善に効果があると思います。

というのも、umaka(うまか)ドッグフードには、涙やけにさせてしまう鼻涙管の詰まりの原因になる添加物や保存料を使っていないため、食べ物が原因で涙やけになっていた子にとっては、umaka(うまか)ドッグフードに変えることで改善する可能性があります。

ただし、ここで気をつけておきたいのは、即効性はない、ということです。
基本的にドッグフードで涙やけの改善を図る場合は、体の中から徐々にアプローチさせるため、体の細胞がリセットされるまで、最低3ヶ月の期間を要することを覚えておいてください。

umaka(うまか)ドッグフードで毛並みは良くなる?

それでは続いて、umaka(うまか)ドッグフードによって、毛並み改善が期待できるのかについてもご紹介します。

こちらも結論から申し上げますと、umaka(うまか)ドッグフードは、毛並み改善の効果が期待できます。

主にタンパク質は子犬から老犬まで、一生を通じて健康的なカラダづくりに必要となる成分ですが、タンパク質は皮膚や被毛の健康においても、とても重要な成分となっています。

そして、それらタンパク質が足りない場合や良質でないタンパク質ばかりの場合、また栄養バランスの偏りなどの影響で毛並みが悪くなることがあります。
しかし、良質なタンパク質を十分に摂り、栄養バランスが整えば、改善する可能性があります。

その点、umaka(うまか)ドッグフードは総合栄養食であり、使われているメイン食材の鶏肉には、毛艶に直接関係してくる良質なタンパク質がとても豊富で、且つこちらも毛艶を良くすることで知られるビタミンBを多く含む玄米なども豊富に使われているため、umaka(うまか)ドッグフードは毛並み改善の効果が期待できると言って良いでしょう。

umaka(うまか)ドッグフードはうんちの臭いにどう?

これまで、涙やけ、毛並み、とご紹介してきましたが、健康のバロメーターとなる糞便の状態についてはどうなのでしょうか。

うんちの臭いは、健康に直接関係していて、何も問題がなければほぼ無臭だと言われるのですが、腸内環境があまり良くなかったりすると、うんちの臭いがキツくなったりします。

その主な原因は、穀物の未消化によるものや悪玉菌による腸内環境が関係している場合がありますが、umaka(うまか)ドッグフードでは、穀物をあえて使っている部分はあるものの、腸内環境改善に良いビフィズス菌やフラクトオリゴ糖が含まれているため、腸内環境改善による便臭改善には効果が期待できます。

ただし、残念なことに穀物による便臭についてはグレインフリーでは無いため、umaka(うまか)ドッグフードだけでの改善は難しいかもしれません。

umaka(うまか)ドッグフード、食いつきはどう?

購入するからには気になる食いつきに関してですが、こちらはumaka(うまか)ドッグフード公式サイト内でも自信を持ってアピールしているひとつとなっています。

公式サイト内のアンケートによると、犬の食いつきが良くなったと回答したのは、全体の94%!
ほとんどのわんちゃんの食い付きが良くなったと実感している飼い主さんが多いこともあり、とても効果が期待できるドッグフードと言えるでしょう。

やはり毎日の食事だからこそ、美味しそうに食べてほしい思いで使われている九州産地鶏は、愛犬たちにも伝わるのでしょう。

こだわりの食材を使用している甲斐あって、毎日喜んで食べてくれる愛犬の姿は、飼い主さんたちにとってもなによりも嬉しいことで、それを実現できる可能性の高いumaka(うまか)ドッグフードは、飽きっぽい愛犬を飼養されている方にも効果が期待できるドッグフードだと言えるのではないでしょうか。

関節炎の予防・痛みは緩和できる?

グルコサミンとコンドロイチンを配合しているumaka(うまか)ドッグフードでは、関節炎の予防や痛みの緩和が期待できます。

というのも、主にグルコサミンは甲殻類のキチンキトサンというものから、コンドロイチンはサメのヒレなどの軟骨組織をそれぞれ加水分解して作られていて、関節の健康維持や関節のサポートに役立てています。

そのため、総合栄養食であり栄養バランスが整っているumaka(うまか)ドッグフードにプラスして配合されたグルコサミンやコンドロイチンは、シニア犬の力強い足腰をサポートしてくれるという点で、とても嬉しい成分と言えるでしょう。ただし、過度な期待は禁物です。

やはり足腰の健康維持を保つのに一番大切なのは、飼い主さんが愛犬の日々の適度な運動をサポートしてあげることです。
ですので、それらを踏まえた上で、普段の食事としてグルコサミンとコンドロイチンを摂取できるumaka(うまか)ドッグフードを与えてあげるのは、とても良い事だと思います。

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました