【大型犬のドッグフード】おすすめの餌は?評判なドッグフード5選

【大型犬のドッグフード】大型犬のドッグフードの選び方

大型犬 ドッグフード

ドッグフードは犬種によっても選び方のポイントは異なります。小型犬には小型犬に適したもの、中型犬には中型犬に適したもの、そして大型犬には大型犬に適したものを選ぶことが大切です。

大型犬は大きな体を支えるために骨を健康に保つことが求められます。体重がある分、関節への負担が大きくなってしまうのでカロリーを調整して肥満にならないようにすることと、関節サポート成分が含まれたドッグフードを選ぶことが重要です。

消化器官がデリケートという一面も持っているので、消化の負担になりやすい穀物をできるだけ避けて消化吸収しやすい動物性タンパク質を多く摂取しましょう。

成長段階の子犬期と代謝や運動量が低下したシニア期では、必要な栄養素の量も異なるので、ライフステージに合わせて給与量を調節したりドッグフードを切り替えたりすることも必要になってきます。

もちろん小型犬や中型犬と同様に、アレルギーや添加物への配慮も大切です。アレルギーの原因である食材を避けたり危険な添加物は摂らないようにしたり、安全性の高いドッグフードを選べば愛犬に毎日のごはんとして安心して食べてもらえます。

大型犬の飼い主さんは、どうしても小型犬や中型犬の飼い主さんよりも愛犬のドッグフード代が高くなってしまいます。1日のフードの消費量が多いぶん、コスパも重視して選ばないと経済的に負担になってしまうので気をつけましょう。

大型犬のドッグフードの選び方のポイントをもう少し詳細に解説しますので、ぜひ参考にして愛犬の体に合ったフードを選んであげてください。

大型犬のドッグフードの栄養は?

大型犬 ドッグフード

犬にとって重要な栄養素はやはりタンパク質です。これは大型犬も同じなので、炭水化物よりもタンパク質が多く摂取できる食事を与えることが健康的です。

大豆などの植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の方が犬の体質に適しているので、肉や魚をメインの原材料に使用したドッグフードを選びましょう。

ドッグフードには人間の食用にはできない粗悪な肉類が使用されることもありますが、健康のためには肉や魚の品質も重要です。良質なタンパク質を摂取できるドッグフードを探すのがよいでしょう。

老齢期には筋力低下が起こりやすいので、高齢になっても高タンパクの食事を心がけることが大切です。食欲が低下しても、タンパク質を中心とする必要な栄養素は十分に摂取できるようにしましょう。

また大型犬は消化器官がデリケートなので、お腹の健康をサポートしてくれる食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などが配合されているとうれしいですね。

タンパク質を中心に野菜や果物なども使用し、お腹に良い成分が配合された栄養バランスの優れたドッグフードを選んであげてください。

大型犬のドッグフードは低カロリー?

大型犬 ドッグフード

ただでさえ体が大きいぶん体重が重い大型犬は関節に負担がかかるので、関節トラブルを予防するためにも肥満にならないことが重要です。

小型犬や中型犬に比べて、大型犬は体の大きさのわりに1日の消費カロリーは少なめなので、大きいからたくさんエネルギーが必要だろうとドッグフードを与えすぎるとカロリーオーバーになってしまう可能性が高いです。後からダイエットが必要になってしまうので適量を守りましょう。

ドッグフードは低カロリー・低脂肪のものを選ぶと、体重管理がしやすく健康にも良いのでおすすめです。

大型犬のドッグフードは安全なものを

大型犬 ドッグフード

ドッグフードは愛犬の毎日の主食なので、安全性が何より大切です。安価なドッグフードは経済的な負担が軽くなって有難いですが、原材料の品質が悪かったり危険な添加物が多く使用されていたりする場合もあるので注意しましょう。

安心なのは無添加のドッグフードです。完全無添加とはいかなくても、健康に害を及ぼす合成添加物は不使用だと安全といえるでしょう。ドッグフードの油脂が酸化して品質が劣化するのを防ぐために酸化防止剤が添加されているドッグフードは多いですが、合成ではなく天然由来の成分を選んでいれば安心して食べさせられます。

よく使われる合成酸化防止剤はBHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロピルです。これらは発ガン性や内臓障害を引き起こすリスクが懸念されているので、避けるようにしましょう。

安全性の高い天然由来の酸化防止剤にはトコフェロールやローズマリー抽出物、クエン酸などがあります。

また着色料や香料は本来必要ない添加物です。食べ物の色によって犬の食欲は変化しないので、着色料は飼い主さんにキレイな色に見せるためだけに使用されています。フードを食べる犬にとってメリットはなく、健康への害があるだけなので着色料は無添加のものにしましょう。

香料も人工のものを使わなくても、原材料の品質が高ければ素材本来の香りで十分に犬の食欲をそそる美味しそうな香りが出るはずです。添加物に頼らず、素材の良さで食いつきをよくしている商品の方が信頼できますよね。

美味しさのためにも安全性のためにも原材料の品質が高いということも重要です。国産のドッグフードは安心できるというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、最終工程が国内で行われていても原材料は海外から調達している場合もあるので注意してください。国産ドッグフードなら、原材料の産地も国内を中心に選んでいるかどうかを確認しましょう。

もちろん海外産のドッグフードにも安全で高品質なものはたくさんあります。原材料をどのように仕入れているのか、遺伝子組み換え食品は不使用なのか、品質テストはしているのかなど、詳しい情報が記載されていると安心です。

安全性とコストのバランスがとれているドッグフードを選びましょう。

大型犬のドッグフードは関節によいもの

大型犬 ドッグフード

大型犬は体が大きいぶん小型犬と比較してかなり体重が重いので、どうしても関節にかかる負担も大きいです。特に動くのが好きな活発な子は、関節トラブルに注意しなくてはなりません。

シニアになってから関節ケアを始めるのでは遅いので、若いうちから関節ケアに効果のある成分を食事から摂取するようにしましょう。

関節をサポートしてくれる成分としては、グルコサミン・コンドロイチン・MSM(メチルスルフォニルメタン)・コラーゲン・ヒアルロン酸があげられます。関節の健康維持のために、これらの成分が配合されているドッグフードを選びましょう。

グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂取することでより高い効果を得られるので、両方配合されているドッグフードだと尚良いです。

また緑イ貝には関節の健康を促進する効果が高いといわれているグルコサミノグリカンという成分が豊富なので、関節に炎症があって痛みを感じている犬に積極的に食べさせたい食材です。

大型犬のドッグフードは消化にいいもの

大型犬 ドッグフード

穀物不使用のことをグレインフリーといいます。グレインフリードッグフードが犬の健康に良いと人気です。穀物に分類される原材料には小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦・米・玄米・トウモロコシなどがあります。

穀物にも栄養はあり、エネルギー源としても役立つので愛犬に穀物を含むドッグフードを食べさせることが必ずしも悪いことというわけではありません。しかし、もともと肉食動物である犬にとって穀物は消化吸収の負担になるといわれているのです。

現代では犬も雑食になってきており、穀物も加熱調理されていれば十分に消化できるのですが、胃腸の弱い犬には消化不良のリスクを軽減するために消化性の高いドッグフードを選んであげたほうがよいでしょう。

また動物性タンパク質よりも穀物が多く使用されているなど、穀物の量が多いドッグフードは犬にとって負担になる可能があります。穀物を含むとしても、量が多すぎない方が安心です。

グレインフリードッグフードを与えるのは、お腹に優しいだけでなくアレルギー予防にもなります。犬にとって穀物はアレルギーの原因になりやすい食材のひとつです。穀物アレルギーの犬が穀物を使用したドッグフードを食べると皮膚・目・耳がかゆくなったり、下痢や嘔吐をしたりといった症状が出ます。

もしもいま愛犬が穀物入りのドッグフードを食べていて体のかゆみや軟便が気になっている場合は、穀物アレルギーの疑いがあるので一度グレインフリーを試してみるのがよいでしょう。

穀物の中でも特に消化不良やアレルギーのリスクが高いのは、小麦とトウモロコシだといわれています。グレインフリーではなくても小麦とトウモロコシ不使用のドッグフードであれば、比較的犬の体に優しいので安心です。

少しでも消化への負担や穀物アレルギーが心配な場合はグルテンフリー、もしくは麦類に含まれるタンパク質であるグルテンが不使用のグルテンフリーを選びましょう。

関連記事:【グレインフリーのドッグフード】おすすめの穀物不使用の犬の餌は?

関連記事:【ドッグフードとアレルギー】おすすめは?アレルギー対応でランキング!

大型犬のドッグフードのサイズは?

大型犬 ドッグフード

ドッグフードの粒のサイズは、超小型犬から大型犬まで、口や顎の大きさに合うように作られています。あまり重視していない飼い主さんもいるかもしれませんが、犬にとってフードの粒の大きさは重要なことです。

例えば、小型犬に大型犬用の大きな粒のフードを与えると、食べづらくて食が細くなったり、喉につかえたりすることもあります。逆に、大型犬に小型犬用の小粒のフードを与えると、粒が小さくて余分な空気を大量に飲み込んでしまい、すぐにお腹が一杯になってしまいます。

大型犬用の大粒のフードは、早食いや丸呑みの癖がある犬の場合、大きめの粒を与えることでしっかりと噛むようになるというメリットがあります。犬は、ドッグフードをよく噛んで食べることで、顎を強化したり歯垢を取ったりする効果があります。

ただ、大きな粒でも丸呑みして喉に詰まらせてしまう犬もいるので、その場合、大きな粒がデメリットになることもあります。大型犬だから大粒のフードという選び方ではなく、愛犬の食べ方をよく見て粒の大きさを選ぶことが大切です。

大型犬のドッグフードはライフステージに合わせる

大型犬は生後18ヶ月くらいで成犬と同じ体の大きさまで成長します。小型犬が生後9~12ヶ月ほどで成犬になるのに比べると、ずいぶんゆっくり成長しているように思えます。大型犬は子犬から成犬までに体が何倍も大きくなるので成長期が長いのも当然です。

子犬期は栄養を成犬よりも多く必要とするので、生後18ヶ月ごろまでは子犬用のドッグフードや給与量で与える必要があります。早めに成犬用に切り替えると、成長に必要な栄養が不足してしまうリスクがあるので注意してください。

子犬は成犬と比べて2倍近くのカロリーを必要としているといわれています。しかし大型犬は18ヶ月ほどの期間で急激に体が成長するため、脂肪を取り過ぎると骨や関節にトラブルが発生する危険性が高いです。成犬よりは多めのカロリーとおぼえておきましょう。

「大型犬は骨や関節に負担がかかるなら、骨を丈夫に育ててあげるために子犬のころにカルシウムを多く摂取させるといいのでは」と思うかもしれませんが、カルシウムの過剰摂取は危険です。

必要以上にカルシウムを取り過ぎると、それも骨格が正常に発達できない原因になってしまうので、不足でも過剰でもなく適量を意識することが大切です。

また、大型犬だからといって子犬には大粒のフードは合いません。子犬は顎の力が弱く歯も生えそろっておらず、消化機能も十分に発達していません。子犬には子犬用の小粒~中粒で消化吸収の良いフードを与えましょう。

老犬に与えるフードも注意が必要です。加齢によって噛む力が弱くなってくるので、大きくて硬いフードだと、歯が折れたり削れたりしてしまいます。

そのため、老犬には、小粒で硬すぎず飲み込みやすいフードを選びましょう。それでも食べにくそうな場合は、ぬるま湯でふやかしたりウェットフードに切り替えたりすると良いです。

大型犬 ドッグフード

大型犬もシニアになると代謝や運動量が低下するのでエネルギー量は控えめにしないと肥満になってしまいます。また消化吸収能力も低下してくるので、お腹に優しい食事を与えることも大切です。

消化しやすいドッグフードは良質な動物性タンパク質をメインに使用したものです。穀物や添加物を多く含むフードは消化の負担になってしまうので気をつけましょう。また腸内環境を整えてくれる成分が配合されていると、よりお腹の健康を維持できます。乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などを積極的に摂取していきましょう。

また高齢になると噛む力が低下したり食欲が低下したりすることも多いです。硬いものを避けたり香りの強いものを欲しがることもあります。

硬いドッグフードを噛むのが辛そうなら、ドライフードはぬるま湯でふやかしてあげると食べやすくなりますし、お湯で温まることで香りも立つので食欲を刺激する効果があります。

もしくはドライフードではなくウェットフードを与えてみるのもおすすめです。柔らかいので食べやすいのはもちろん、嗜好性が高いので喜んで食べてくれる可能性が高いです。

シニアになっても元気に過ごすためには必要な栄養素をしっかり摂取してもらう必要があるので、愛犬が美味しく食べられるように工夫したり好みのドッグフードを見つけてあげたりしてください。

大型犬のドッグフードはコスパのよいものを

大型犬 ドッグフード

大型犬を飼っていたり多頭飼いしていたりすると、ドッグフードの消費量が非常に多いので、少しでもフード代を抑えたいと思っている飼い主さんも多いでしょう。

そんな飼い主さんにおすすめなのが、「ブリーダーパック」です。いわゆるドッグフードの業務用大袋パッケージです。もともとは、ドッグフードやキャットフードを扱うメーカーが、ブリーダーへ提供しているパッケージのことです。大容量でコスパが良く、安く購入することができるのです。

ドッグフードの「大容量」とは12~22Kgくらいのものを指し、中身は小分けされていないものがほとんどです。超小型犬1匹の場合は、消費するのに半年近くかかってしまいますが、大型犬なら1~3ヶ月程度で消費できる量です。

ブリーダーパックのメリットは、なんといってもコスパが良いこと。有名メーカーのドッグフードを品質そのままに安く購入できることでしょう。また、ブリーダー向けのフードということで安心感も得られます。それに、長く使えて何度も買いに行く必要がないこともコスパに次ぐメリットです。

ただ、デメリットもあります。大容量なので買いに行く頻度が少なくなりますが、購入する時は重たくて持ち帰るのが大変ということがあります。また、小分けされていないので、保存するのに手間がかかるということもあります。

メリット・デメリットを理解してよりお得なものを見つけてくださいね。

ブリーダーパックの中でもおすすめなのが、「ナチュラル チョイス™中型犬~大型犬用 [成犬用] ラム&玄米」です。内容量は2kg、4kg、7.5kg、13.5kgが用意されているので、必要に応じて選ぶことができます。

ビタミンB群と亜鉛を豊富に含む良質なラム肉を使い、食物アレルギーに配慮したドッグフードです。良質なタンパク質、玄米やオートミールなどの食物繊維をバランス良く組み合わせて、腸内環境の健康を維持します。リノール酸をたっぷりと含むひまわり油や亜鉛を配合しているので、皮膚や被毛の健康も保ちます。

「ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード 高齢犬用 シニアプラス 10歳以上 小粒 チキン 12キログラム」は、グルコサミンとコンドロイチン硫酸を配合したシニアの大型犬向けのフードです。

チキン風味のドライフードで、着色料や合成香料は使用していません。オメガ3&6脂肪酸、ナトリウム、リンのバランスにも配慮しています。口コミでは、食いつきが良いので、大容量でも安心して購入できるという意見も多いです。

「ニュートロ シュプレモ 全犬種用 成犬用 13.5k」は、米国飼料検査官協会「AAFCO」の規定をクリアした総合栄養食です。自然飼育の鶏を第一主原料として、新鮮な野菜を組み合わせ、最適な栄養バランスでブレンドしています。元気で丈夫な体、美しく健康的な皮膚や被毛、消化吸収の健康維持をサポートします。

関連記事:コスパの良いドッグフードでおすすめは?安い安全な餌は?

【大型犬のドッグフード】大型犬のドッグフードランキング

大型犬 ドッグフード

大型犬におすすめのドッグフードの中でも、特に人気の高いランキングで目にするドッグフードをご紹介します。愛犬に合いそうなフードを選ぶために参考にしていただけると幸いです。

 

ネルソンズ

大型犬 ドッグフード

原材料 チキン(乾燥チキン・チキン生肉)
エネルギー量 368kcal / 100g
添加物 危険な添加物不使用、酸化防止剤として天然由来のミックストコフェロール・ローズマリー抽出物・パルミチン酸アスコルビル・クエン酸を使用
内容量 5kg
原産国 イギリス
対象年齢 全年齢対応
価格※ 8,580円(税込)
フードタイプ ドライフード
※ネルソンズ公式サイトで調査

「ネルソンズ」は中型犬・大型犬に特におすすめのドッグフードとして、中型犬と大型犬の飼い主さんに高く評価されています。

主な原材料はチキンで、50%以上がお肉なので犬の体質に適しており、美味しくて食いつきも抜群です。グレインフリーなので穀物アレルギーや穀物が消化の負担になることも心配いりません。

公式サイト:https://www.nelsonsdogfood.jp/

関連記事:【ネルソンズドッグフードの口コミ】実際にお試しした人の評判で評価!

 

カナガン

大型犬 ドッグフード

原材料 チキン生肉・乾燥チキン
エネルギー量 376kcal / 100g
添加物 危険な添加物不使用
内容量 2kg
原産国 イギリス
対象年齢 全年齢対応
価格※ 4,708円(税込)
フードタイプ ドライフード
※カナガン公式サイトで調査

「カナガン」はチキンがたっぷり含まれていて美味しいのが犬にはうれしく、獣医師の97%から推奨されていることもあって飼い主さんからの信頼も寄せられているドッグフードです。

公式サイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

関連記事:【カナガンドッグフードの口コミ】安全なの?お試しした評判を評価!

モグワン

大型犬 ドッグフード

原材料 チキン・サーモン
エネルギー量 363kcal / 100g
添加物 危険な添加物不使用
内容量 1.8kg
原産国 イギリス
対象年齢 全年齢対応
価格※ 4,356円(税込)
フードタイプ ドライフード
※モグワン公式サイトで調査

「モグワン」もペットフード先進国のイギリスで生産されている人気のドッグフードです。累計販売個数が200万個を突破しているので、人気で評判の良いフードを愛犬にも食べさせてみたいという方はぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

レティシアン公式:https://www.mogwandogfood.co.jp/

関連記事:モグワンの口コミにある悪い口コミや評価、実際が…

オリジン

大型犬 ドッグフード

原材料 新鮮鶏肉・新鮮七面鳥・新鮮イエローテイルカレイ
エネルギー量 390kcal / 100g
添加物 危険な添加物不使用、酸化防止剤として天然由来のミックストコフェロールを使用
内容量 340g / 2kg / 6kg / 11.4kg
原産国 カナダ
対象年齢 全年齢対応
価格※ 340g  1,430円/ 2kg 6,600円 / 6kg 15,950円 / 11.4kg 23,100円
フードタイプ ドライフード
※GREEN DOG公式通販で調査、価格は全て税込

「オリジン」は数々の受賞歴を誇りペット愛好家からの信頼も厚いドッグフードです。生物学的に適正であることを重視した、高タンパク・低炭水化物・低GIの犬にとって自然な食事を再現することにこだわりを持っています。

公式サイト:オリジン公式

 

ペロリコドッグフード

大型犬 ドッグフード

原材料 肉類(チキン生肉・乾燥ダック・チキンタンパク)
エネルギー量 326.9kcal / 100g
添加物 危険な添加物不使用
内容量 1.8kg
原産国 オランダ
対象年齢 1歳から
価格※ 4,708円(税込)
フードタイプ ドライフード
※ペロリコドッグフード公式サイトで調査

「ペロリコドッグフード」は美味しい×低カロリーを実現させた、愛犬からごはんを食べる楽しみを奪わずに体重管理をするのに最適なドッグフードです。

主な原材料はチキンとダックで、タンパク質源として他にも白身魚を使用しています。犬が大好きなチキンに低コレステロールのダック、高タンパク・低カロリー・消化に優しい白身魚という健康に配慮した食材を加えることで、健康を維持しながらダイエットができる美味しいフードに仕上がっています。

公式サイト:https://perolicodogfood.com/

関連記事:ペロリコドッグフードライトをお試しした口コミ|悪い口コミ・評判を評価!

【大型犬のドッグフード】大型犬のドッグフードを比較

主原料 コスパ エネルギー量 添加物 グレインフリー
ネルソンズ チキン 171円 / 100g 368kcal/ 100g
カナガン チキン 235円 / 100g 376kcal/ 100g
モグワン チキン&サーモン 242円 / 100g 363kcal/ 100g
オリジン 鶏肉・七面鳥・カレイ 330円(大容量を購入すると202円) / 100g 390kcal/ 100g
ペロリコ  チキン・ダック 261円 / 100g 326.9kcal/ 100g

ご紹介した5種類のドッグフードは、どれも原材料の品質や添加物の安全性、生産工程における管理やチェックの徹底などが同じレベルで高いです。グレインフリーで原料のメインが鶏肉という点でも共通しているので、一概にどのフードが最も良いとはいえません。

関節サポート成分や整腸作用のある成分も配合されているので、関節への負担や消化器官への負担が気になる大型犬の主食としてふさわしいものばかりです。

100gあたりの価格が1番安いのは「ネルソンズ」なので、コスパを重視して選びたい飼い主さんにおすすめです。もしくは「オリジン」を大容量で購入するのがドッグフード代を抑えるのに効果的でしょう。

「オリジン」は今回ご紹介したオリジナル以外にもパピー用やシニア用などラインナップが豊富なので、ライフステージごとにより適したフードを選びたい場合におすすめです。

魚をメインに使ったものや、ビーフやイノシシ肉を使ったものなど愛犬の好みに合わせて選べますし、チキンアレルギーの犬でも食べられるものを見つけてあげられるというメリットも持っています。

とにかくチキンが大好きという犬には食いつきのよさが評判の「カナガン」を与えると喜んでくれるでしょう。獣医師からの推奨もあるフードなのでその点でも安心できますね。

人気のある売れ筋のドッグフードを試してみたい方には「モグワン」がおすすめです。チキンだけでなくサーモンも使っているので良質な油が摂取できます。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが良いので、愛犬がツヤのある美しい毛並みを手に入れられる可能性が高いです。

低カロリーが特徴の「ペロリコ」は、ダイエットが必要な犬におすすめです。大型犬にとって肥満は関節の負担になってしまい心配なので、愛犬が太りやすいのなら「ペロリコ」で体重管理をするとよいでしょう。

それぞれのドッグフードに良さがあるので、悩んだ時はいくつか試しに与えてみて、愛犬の好みに合うものを選んではいかがでしょう。どれほど体に良いフードでも食いつきが悪いと続けて与えることは難しいので、愛犬が喜んで食べてくれるものを探してあげてください。

【大型犬のドッグフード】大型犬のドッグフードのおすすめはこれ!

大型犬 ドッグフード

おすすめはネルソンズドッグフードです。

タンパク質が28%以上、脂質は11%以上、100gあたりのカロリーは368kcalなので、タンパク質を十分に摂取できるわりに脂質は低く抑えられていて健康的です。カロリーも平均程度なので食べ過ぎなければ肥満の心配はそれほどないでしょう。

添加物も危険なものは一切使用されておらず、酸化防止剤には天然由来の成分を選んでいるので安心です。

また欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした工場で生産しており、原材料の品質チェックや完成したフードの検査も行っているため安全性が保証されています。

グルコサミンとコンドロイチンを配合しているので、体の大きな大型犬の関節サポート効果も得られるのがうれしいですね。さらに消化器官がデリケートな大型犬には有難いマンナンオリゴ糖とフラクトオリゴ糖も摂取できるので、お腹の健康も守ってくれます。

内容量は5kgと比較的多めで価格が8,580円なのでコスパも良いです。100gあたり171円なので、品質や安全性は高い割にはお手頃な値段といえるでしょう。

ドッグフードの消費量が多い大型犬は食費がかかるので、コスパも重視したい飼い主さんにはうれしいですね。定期コースに申し込むと割引価格で購入できるのでおすすめです。

公式サイト:https://www.nelsonsdogfood.jp/

関連記事:【ネルソンズドッグフードの口コミ】実際にお試しした人の評判で評価!

【大型犬のドッグフード】大型犬の餌についてのまとめ

大型犬に適した餌・ドッグフードの選び方やおすすめ、ランキングについて解説しました。ここで紹介した大型犬用のドッグフードはあくまで独自調査した基準でおすすめしているのにすぎません。

できれば飼っている愛犬の状態や嗜好性など総合的に適したドッグフードを与えてあげてください。あくまで参考程度にしてその子にとって良いものを与えてあげてくださいね。

関連記事:ドッグフードのおすすめはこれ!安全・安心で比較!犬の餌

タイトルとURLをコピーしました