【マルチーズの涙やけ】対策できるドッグフード/おすすめの餌は?

マルチーズの涙やけ対策できるドッグフードの選び方

マルチーズ 涙やけ

アレルゲンになる食材を確認

マルチーズ 涙やけ

ドッグフードにアレルゲンになりやすい食材が含まれているかを確認するのがおすすめです。

涙やけとアレルギーの関係ははっきり解明されているわけではありません。

しかしアレルギーが発生している際に涙の分泌が多くなることが知られています。

涙が多くなればその分涙やけが進行することになります。

ドッグフード中の食材でアレルギーになりやすいものは穀物などが挙げられます。

穀物不使用のものやグルテンフリーなどのドッグフードを選んであげるのが良いと思います。

 

乳酸菌・オリゴ糖の配合

マルチーズ 涙やけ

涙やけが改善したドッグフードの調査によって「オリゴ糖」や「乳酸菌」「食物繊維」を含んでいるという共通点が2017年に日本の研究機関によって発表されています。

現段階では具体的な成分名は解明されていませんが、オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維を含むドッグフードは販売されているので涙やけに悩んでいる場合は試してみるのも良いと思います。

オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維などは腸の働きを高めてくれることで有名です。

大枠で考えれば腸の働きを正してあげることが涙やけ改善につながるのかもしれません。

成分を見て整腸作用があるドッグフードを選んでみてください。

安全な食材

マルチーズ 涙やけ

涙は血液でできているので血液をドロドロにさせるような食材が含まれるドッグフードは涙腺の詰まりを助長させるので涙やけリスクが高まると考えられます。

成分としては糖質が第一に挙げられます。

穀物などは糖質が特に多い食材ですね。

それに対してお肉の中でも鶏肉は糖質が低くおすすめの食材です。

犬にとってお肉中心のドッグフードは穀物メインのドッグフードよりも消化もしやすいのでおすすめです。

ドロドロとした涙による涙腺の詰まりを対策できるお肉中心のドッグフードを選んであげてくださいね。

 

注意したい成分が無添加か

マルチーズ 涙やけ

ドッグフード中の添加物によって涙やけが発生する可能性もあるとされています。

例えばBHAやBHTなど酸化防止剤を含む防腐剤や保存料、香料などです。

体外に排出されず蓄積した場合に涙やけの原因になりうるとされています。

挙げた人工添加物が不使用のドッグフードや天然の成分に置き換えられているドッグフードを選んであげることでドッグフードによる涙やけのリスクを下げることができるでしょう。

無添加のドッグフードを選ぶのではなく何が無添加なのかまでドッグフードの成分を確認してみてくださいね。

 

マルチーズの涙やけ対策におすすめのドッグフード

モグワン

モグワンドッグフード チキン&サーモン 全犬種全年齢対応 1.8kg プライム対応 香料着色料不使用 グレインフリー チキンとサーモンたっぷり56%
¥5,060 (¥3 / g)円(税込)

栄養満点でバランスの良い愛情ごはんをコンセプトにしたフードです。厳選した原材料をバランスよく使って作られており、良質なたんぱく質を十分に摂取できます。消化しづらい穀物が不使用というグレインフリーも大きな特徴で、無添加なのも嬉しいポイントです

マルチーズの涙やけはドッグフードも原因になるの?

マルチーズ 涙やけ

安価なドッグフードは質が悪いものが多く、鼻涙管を詰まらせる原因となりやすいです。涙やけを予防するためだけでなく、愛犬の健康を維持するためにも、質の良いフードを選んであげましょう。

ポイントは、良質なたんぱく質やオメガ3脂肪酸が配合され、低脂肪で無添加のフードを選ぶことです。パッケージの原材料を確認し、最初に「チキン」「牛肉」「ラム」など何の肉か明記されているフードを選ぶと良いでしょう。

「肉副産物」や「〇〇ミール」などと書かれているものは何の肉を使っているか不明なため、おすすめできません。穀物類が最初に記載されているフードも、アレルギーを起しやすいとされるため避けたほうが良いでしょう。

オメガ3脂肪酸は、炎症を抑えるとされる栄養素です。脂質は重要な栄養素の1つではあるものの、配合割合が高すぎると涙やけだけでなく肥満も招く恐れがあります。合成着力料や酸化防止剤、保存料などの添加物は、犬には不要なもの。入っていないことが望ましいです。

マルチーズの涙やけ対策ドッグフード/改善まとめ

マルチーズ 涙やけ

涙やけとは、涙によって濡れた目の周りの毛が変色してしまうことです。涙やけそのものには健康上の問題はありません。とはいえ、涙やけしているということは、何か問題があって涙の量が増えていることを意味します。

涙の量が増える原因は、品質の悪いフードによる鼻涙管の詰まり、目に入った毛やほこりなどの異物による刺激、眼病などさまざまです。まずは、質の良いフードにかえる、目の周りの毛は短くカットする、部屋は掃除するなどの基本的な対策をしましょう。

そのうえで、症状が治まらないのであれば動物病院で受診して適切な治療を受ける必要があります。適切な対策とケアで、大切な愛犬の目元を涙やけから守ってあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました