【ドッグフードのラム】おすすめのラム肉フードランキング

【ドッグフード/ラム】ドッグフード(ラム)のおすすめなのはどういうもの?

ダイエット中の犬や、食物アレルギーのある犬、お腹の弱い犬に人気が高いのが「ラム(子羊肉)を主原料にしたドッグフード」です。

ドッグフードのラムは、低カロリー高タンパクでアレルギーも起こりにくく、消化吸収率にも優れています。「犬が抱えるさまざまな悩みに広く対応できる」、それがラムのドッグフードなのです。

ドッグフードのラムは多くのメーカーから販売されていますが、たくさんの種類があると、どれを買えば良いか迷ってしまいますよね。

ドッグフードのラムを犬に与えたい時は、どういうものを選べば良いのでしょうか?

結論を述べると、ラムのドッグフードは、『高品質&無添加で安全性が高いもの』がおすすめです!

ドッグフードは、犬の健康に最も影響が大きい要素だといっても過言ではありません。ドッグフードのラムは、成分を確認し、高品質で無添加、安全性があるものを選ぶようにしましょう。

高品質なラム肉ドッグフードのものがおすすめ

ラム肉のドッグフードを選ぶときには、高品質なものがおすすすめです。高品質かどうかの判断材料には、次の項目をチェックするといいでしょう。

  • 主原料がラム肉かどうか
  • 良質なラム肉を使用しているか
  • ラム肉の含有量が多いか

これらの項目が満たされているラム肉ドッグフードは、高品質だといえます。

反対に、良くないラム肉フードの例は次のとおりです。

  • 主原料にラム肉以外のアレルゲンになるものが使われている
  • 主原料に曖昧な表記(〇〇ミールなど)の材料が使われている
  • ラム肉の含有量が少ない
  • 原材料や製造工程の情報が公開されていない

このような条件に当てはまるラム肉ドッグフードは、高品質だとはいえません。選ぶのは避けた方が良いでしょう。

ドッグフードのラムは無添加がおすすめ

ドッグフードには、加工や保存のために、添加物が入っているものがあります。添加物には、人工添加物と天然添加物があり、人口添加物の中には発がん性があるものも存在します。

ドッグフードによく使われるもので、注意したい添加物の種類は次のとおりです。

  • BHA、BHT
  • エトキシキン
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • 着色料(タール色素)
  • 香料

ドッグフードの成分には、種類や含有量に規制がありますので、国内で販売されているものは安全だとされています。しかし、規定内の量であっても、添加物の危険性を考えると、犬に与えるのは不安だと感じる人は多いですよね。

添加物が不安な場合は、無添加、あるいはローズマリーやクエン酸などの天然添加物を使ったラムのドッグフードを選ぶことをおすすめします。

関連記事:【無添加のドッグフード】選び方/おすすめを比較して解説!

ドッグフードのラムは安全なものがおすすめ

ドッグフードのラムは、安全性のあるものを選ぶのがおすすめです。安全かどうかを確かめるためには、ドッグフードの袋やホームページに、原材料や製造工場などの情報が開示されているものを選ぶ必要があります。

「国産のものを買いたい」「原材料の産地にこだわりたい」というような場合には、特にしっかり情報を調べてください。なかには情報が書いていなかったり、大まかにしか書かれていなかったりするドッグフードもありますので、そういった物は避けましょう。

安全かどうかの判断材料の一つになるのが、「ヒューマングレード」であるかどうかです。ヒューマングレードとは、「人間が食べても平気な原材料を使っている」ドッグフードのことを指します。

ヒューマングレードであるドッグフードのラムであれば、少なくとも死んだ動物の肉などの質が悪い原材料を使っている心配はないでしょう。

ただし、ヒューマングレードに明確な基準はなく、それぞれの会社が安全かどうか判断している、ということは理解しておきましょう。

ドッグフードのラムは、製品の情報を確認し、できるだけ安全なものを選ぶことをおすすめします。

ドッグフードのラムはグレインフリーがおすすめ

ドッグフードのラムは、「グレインフリー」のものがおすすめです。グレインフリーとは、「穀物を使用していない」ドッグフードのことです。

小麦やとうもろこしなどの穀物は、ドッグフードの主原料としてよく使われていますが、アレルギーを起こす犬が多いとも言われています。

また、犬は加工していない穀物に含まれる炭水化物を消化するのが難しく、穀物はドッグフードの主原料としては向いていません。

犬に穀物が合わないときの主な症状は次のとおりです。

  • 涙やけ
  • 下痢
  • 脱毛
  • 皮膚のかゆみ

ドッグフードのラムは、成分表の最初に主原料のラム肉が書かれています。注目していただきたいのが、その後の項目です。

とうもろこしや、大麦など、穀物が書かれていれば、それはグレインフリーではないドッグフードということになります。純粋なラム肉のドッグフードを犬に与えたい場合は、選ばないようにしましょう。

グレインフリーと明記されたドッグフードのラムであれば、穀物は一切使われておらず、アレルギーが心配な犬も安心して食べることができるでしょう。

アレルギーが起きにくく、消化もしやすいグレインフリーなラム肉ドッグフードは、とてもおすすめです。

関連記事:【グレインフリーのドッグフード】おすすめの穀物不使用の犬の餌は?

ドッグフードのラムで子犬におすすめのものは?

子犬に与えるドッグフードのラムでおすすめなのは、栄養豊富で、エネルギー量が高いものです。子犬の頃にどんな食事を取るかは、今後の成長に大きく作用します。

子犬は体が小さいため、「あまり栄養は必要ないかな?」と考えてしまうかもしれませんが、その逆です。子犬は成長スピードがとても速く、筋肉や骨をどんどん強くするために、たくさんの栄養が必要となるのです。

ドッグフードのラムは、高タンパクで消化吸収率も優れているので、成長期の子犬にピッタリ。ビタミンやミネラルも豊富なため、バランスよく栄養を取ることができます。

子犬に与えるドッグフードのラムは、次のようなものを選ぶのが良いでしょう。

  • 食べやすい小粒サイズ
  • 栄養素のバランスが取れている
  • 消化しやすい原料を使っている

運動量や犬種によって、合うものとそうでないものがあるので、飼っている犬に適したラム肉ドッグフードを選んであげましょう。

ドッグフードラム/シニアにおすすめなのは?

シニア犬には、低カロリーなドッグフードのラムがおすすめです。

シニア犬は、若い頃に比べて運動量が減ってくる傾向にあります。そのため、若い頃と同じカロリーのフードを与えていると、肥満になったり、内臓に負担がかかったりすることがあるのです。

ラム肉のドッグフードは、低カロリーで高タンパク、低脂肪など、シニア犬にはピッタリのフードだといえます。体内の酸化を防ぐビタミンEも豊富に含まれており、老化のスピードを和らげてくれるでしょう。

さらに、心臓サポートもラム肉は得意としており、心筋の維持もしてくれます。

食欲が落ちてきたシニア犬には、ドライタイプではなく、缶詰などのウェットタイプのラムドッグフードを試してみると良いかもしれません。柔らかく、水分も含まれているので、食べやすくなっています。

シニア犬にとってドッグフードのラムは、低脂質や消化がしやすいなど、メリットがいっぱいありますので、とてもおすすめです。内臓に疾患があるシニア犬の場合は、獣医に相談してから与えるようにしてくださいね。

関連記事:【シニア犬のフード】おすすめは?ランキングで紹介!

【ドッグフード/ラム】ドッグフードでラム肉のものを比較

商品名 主原料 添加物 ヒューマングレード
ペットカインド グリーンラムトライプ ラムトライプ、七面鳥 酸化防止剤(ローズマリー抽出物、混合トコフェロール)
ナチュラルハーベスト メンテナンススモール ラム ラム、ラムミール 酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
ロータス アダルト ラムレシピ(小粒) ラム、ラムミール 酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)
アボ・ダーム ラム&ライス 乾燥ラム、玄米 無添加 ×
ソリッドゴールド マイティミニ ラム、ドライラム、玄米 酸化防止剤(ローズマリーエキス)
アランズナチュラルドッグフード・ラム ラム40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレイビー1%) 無添加
アカナ(グラスフェッドラム) 草を与えられて育った生ラム肉(18%)、ラム肉ミール(18%) 無添加
プラペ(ラム&リンゴ) 65% ラム(46%新鮮に調理されたラム、15%乾燥ラム、2%ラム脂、2%ラムストックを含む) 無添加
ジウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム 生肉・内臓・魚介類…96% 酸化防止剤(クエン酸, ミックストコフェロール) ×
キアオラ ラム&サーモン ラム生肉、ドライフィッシュ 酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、グリーンティー抽出物、スペアミント抽出物)
ブラックウッドジャパンブラックウッド ドッグフード 3000 ラムミール、玄米、チキンミール、 酸化防止剤(天然配合トコフェロール)
レアサスシーアンドアール プレミアムドッグ スモール ラム肉 無添加
ボッシュセンシティブ ラム&ライス ライス(37.5%以上)・ラム肉粉(20%以上)・大麦・動物性脂肪(鶏脂肪) 酸化防止剤(天然トコフェロール、天然タンニン由来のプロピルガレード)
デビフペットデビフ ラムミンチ ラム100%ベース ラム、馬肉 増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na) ×
マース『ニュートロ ナチュラルチョイスプロテインシリーズ ラム&玄米 子犬用』 ラム、ラムミール、粗挽き米 酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸) ×
パーパス『ホリスティックレセピー ラム&ライスパピー小粒』 ラム肉粉 酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸) ×

ドッグフードでラム肉を使用しているものを、独自の基準で、「主成分」、「添加物」、「ヒューマングレード」の観点から比較してみました。それぞれの感想と、比較した中からおすすめのものをピックアップしてありますので、参考にしてみてください。

 

まず、ラム肉を使っているドッグフードのなかには、主成分にラムだけでなく、「ラムミール(肉を乾燥させ粉にしたもの)」や「乾燥ラム」を使っていることがわかりました。

ラムの他にも七面鳥や魚、穀物である米を使用しているものもあります。アレルギーが心配な犬に与えるときには、特に成分表をよく確かめる必要があると感じました。

添加物に関しては、ドライフードには問題がある添加物は見受けられず、安心して使用できるようです。中には完全無添加かつヒューマングレードという、とにかく主原料にこだわった商品もあります。

このことから、できるだけ質の良いドッグフードを求める飼い主が多いことが伺えます。

缶詰タイプのドッグフードのみ、亜硝酸ナトリウムという大量に摂取すると健康を害する成分が使われていました。規定内の量であれば問題ないのかもしれませんが、犬に与えるのは少し心配になります。ですが、食欲のない犬にトッピングなどで与えるのには良いかもしれません。

比較したドッグフードは、ほとんどがヒューマングレードでした。ヒューマングレードと明記されていない製品も、原材料の安全性は配慮されているようです。

比較した結果、ラム肉を使用したドッグフードは全体的に高品質のものが多いといえます。

 

比較した中から、特におすすめだと感じた商品を5つピックアップしました。

  • ナチュラルハーベスト メンテナンススモール ラム
  • アランズナチュラルドッグフード・ラム
  • アカナ(グラスフェッドラム)
  • マース ニュートロ ナチュラルチョイス 超小型犬~小型犬 ラム&玄米 成犬用
  • ジウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム

これらは、それぞれ特徴の異なったラム肉ドッグフードです。

ヒューマングレードの表記がない商品も含まれていますが、どれも高品質で安全性にこだわっている情報がしっかり公開されているもののみピックアップしています。

【ドッグフード/ラム】ドッグフード(ラム)ランキング

他サイトでおすすめされているものや、ランキングにある商品を独自基準に基づいて比較しました。その結果を、おすすめのランキング順にご紹介します。

 

アランズナチュラルドッグフード・ラム

主原料 ラム40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレイビー1%)
添加物 無添加
内容量/カロリー 342kcal/100g
フードタイプ ドライ
種別 主食
産地 イギリス
価格 通常購入:4,708円〜(2kg)
定期購入:4,237円〜(2kg)

「アランズナチュラルドッグフード・ラム」は、多くのサイトでランキング入りしている人気のドッグフードです。シンプルな原材料の中でもラム肉の配合量が多く、グレインフリーでアレルギーにも対応しやすくなっています。

ヒューマングレード、無添加なので高品質。たんぱく質が控えめなので、小型犬やシニア犬に適しているでしょう。定期購入するとお得に買うことができるようです。

「アランズナチュラルドッグフード・ラム」はこんな犬や飼い主におすすめです。

  • アレルギーがある
  • 運動量は多くない
  • 小型犬
  • 原材料にこだわりたい
  • 定期購入がしたい

 

アカナ(グラスフェッドラム)

主原料 草を与えられて育った生ラム肉(18%)、ラム肉ミール(18%)、
添加物 天然濃厚トコフェロール
内容量/カロリー 339.3kcal/100g
フードタイプ ドライ
種別 総合栄養食
産地 カナダ
価格 880円(340g)
4,023円(2kg)
9,170円(6kg)
14,800円(11.4kg)

「アカナ(グラスフェッドラム)」のドッグフードは、パッケージに原材料がどんな素材であるか細かく表記されている、品質にこだわっているドッグフードです。

たんぱく質が豊富に含まれているので、エネルギーを多く必要とする犬にぴったり。酸化防止剤には天然添加物を使っているので安心できます。粒は大き目のサイズで、歯ごたえを楽しむことができるでしょう。

「アカナ(グラスフェッドラム)」はこんな犬や飼い主におすすめです。

  • アレルギーがある
  • 運動量が多い
  • 大型犬
  • 高タンパクな食事をさせたい
  • 原材料にこだわりたい

 

ナチュラルハーベスト メンテナンススモール ラム

主原料 ラム、ラムミール
添加物 酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
内容量/カロリー 320kcl/100g
フードタイプ ドライ
種別 総合栄養食
産地 アメリカ
価格 3,190円(1.59kg)
330円(100g)

「ナチュラルハーベスト メンテナンススモール ラム」は、日本の生活環境で暮らす犬のことを考えて作られたドッグフードです。

低脂肪で低カロリー、ヒューマングレードで品質も安心。主成分にラムミールが含まれていますが、公式サイトには、安全なものを強いこだわりを持って使用していると書かれています。特殊な真空パッケージを採用しており、開封するまでは新鮮な状態を保てるのも良いですね。

「ナチュラルハーベスト メンテナンススモール ラム」はこんな犬や飼い主におすすめです。

  • アレルギーがある
  • ダイエットがしたい
  • 小型犬
  • シニア犬

 

マース ニュートロ ナチュラルチョイス 超小型犬~小型犬 ラム&玄米 成犬用

主原料 ラム、ラムミール、粗挽き米
添加物 酸化防止剤ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
内容量/カロリー 355kcal/100g
フードタイプ ドライ
種別 総合栄養食
産地 アメリカ
価格 1,280円(1kg)
3,106円(3kg)
5,574円(6kg)

「マース ニュートロ ナチュラルチョイスのラム&玄米」は、主原料にラム肉と犬が消化しやすい玄米を使用したドッグフードです。

手に取りやすい価格と、品質や自然素材にこだわって製造されているのが魅力です。ペットショップだけでなく、スーパーなどでも取り扱われていることが多く、購入もしやすくなっています。

「マース ニュートロ ナチュラルチョイス 超小型犬~小型犬 ラム&玄米 成犬用」はこんな犬や飼い主におすすめです。

  • フードはコスパも重視したい
  • 販売している店舗が多いフードが欲しい
  • 炭水化物も使用しているフードを与えたい

 

ジウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム

主原料 生肉・内臓・魚介類…98%
添加物 酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)
内容量/カロリー 560kcal/100g
フードタイプ ドライ
種別 総合栄養食
産地 ニュージーランド
価格 5,280円(454g)
8,690円(1kg)
20,515円(2.5kg)

「ジウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム」は、高級ドッグフードといわれており、犬に最高の栄養を届けることをコンセプトに作られています。

エアドライという、生の素材の栄養をそのまま閉じ込める製法を採用。原材料となる羊は放し飼いで牧草を与えて育てられており、その品質は世界トップクラス。

使用しているタンパク質は、生のラム肉や内臓、関節のケアができるニュージーランド産の緑イ貝のみで、乾燥させた素材は一切使用していません。

「ジウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム」は、こんな犬や飼い主におすすめです。

  • アレルギーがある
  • 愛犬には最高級、高品質のフードを与えたい
  • 原材料は飼育段階からこだわりたい

【ドッグフード/ラム】ドッグフードのラムはアレルギーにおすすめ?

ラム肉を使ったドッグフードの特徴とおすすめの商品についてご紹介しました。さらに、ドッグフードのラムには共通していえることがあります。

それは、ラム肉のドッグフードは『アレルギーに悩んでいる犬におすすめ』だということです!

ドッグフードのラムを探している飼い主さんは、飼っている犬のアレルギーに悩んでいるという人が多いのではないでしょうか。

ラム肉は牛肉、豚肉、鶏肉、穀物に比べて、アレルギー反応を起こしにくい素材です。

アレルギーが起こりにくい素材には、他に魚やエンドウ豆がありますが、これらは犬にとって嗜好性が低いといわれています。それに対しラム肉は、牛肉、豚肉に次いで、犬の嗜好性が高く、食いつきが良い素材です。

アレルギーを起こしにくく、犬の嗜好性も高いドッグフードのラムは、アレルギーの心配がある犬にはぴったりな商品だといえます。

さらに、ラム肉のドッグフードは種類も多く、ペットショップやスーパーなどで手に入りやすいという利点もあります。アレルギー予防のため、他の素材のドッグフードとローテーションで与える際にも、取り入れやすいですよね。

アレルギー対策のラム肉ドッグフードを買うとき、おすすめの選び方は以下のとおりです。

  • ラム以外の使用肉を確認する
  • アレルゲンとなるタンパク源が含まれていないか確認する
  • 「ラム&ライス」の表記に気を付ける

以上の点を考慮しましょう。

アレルギー対策のドッグフード選びに悩んでいる時には、ドッグフーのラムを試してみることをおすすめします。

ただし、ラム肉もアレルギーが起こる可能性はゼロではありませんので、与える際には犬の体調をよく観察するようにしてください。

飼っているワンちゃんに合う、ラム肉ドッグフードを選んであげてくださいね。

関連記事:【ドッグフードとアレルギー】おすすめは?アレルギー対応でランキング!

 

関連記事:ドッグフードのおすすめはこれ!安全・安心で比較!犬の餌

タイトルとURLをコピーしました