犬が『トイレで寝る』5つの心理とは?注意すべきことまで解説

犬が『トイレで寝る』5つの心理とは?注意すべきことまで解説

皆さんの愛犬はなぜかトイレで寝てしまっていることはありませんか。犬がトイレで寝るという行為は、一般的にあまり見られない光景ですが、ある理由によってトイレを寝床として選んでしまうことがあります。今回は犬がトイレで寝る心理について解説していきます。

お気に入り登録

なぜ?犬が『トイレで寝る』5つの心理

犬のおしっこマットとおもちゃ

愛犬がトイレで寝ている現場を目撃すると、飼い主は「なぜそんな場所で?」と不思議に思いますよね。しかし、犬がトイレで寝るのは何らかの理由があるからです。ここでは犬がトイレで寝る時に考えられる心理を解説します。

1.トイレをトイレとして認識できていない

まだ子犬期であれば、トイレをトイレとして認識できていない犬もいるでしょう。特に、トイレトレーニングが済んでおらず、きちんとトイレで排泄ができない犬の場合、トイレは汚いという感覚がありません。

一般的に犬は汚い場所で寝ることを嫌います。そのため、トイレが汚い場所と理解することでトイレで寝なくなる子犬はとても多いです。

子犬やトイレトレーニングが完了していない犬の場合は、まずトイレトレーニングを進めて、トイレを認識させるところから始めましょう。

2.トイレのある場所が快適だから

人間用のトイレで寝る犬

トイレを設置している場所が犬にとって快適な環境下であると、トイレで寝ようとする犬は少なくありません。温度や騒音、安心感など、様々な好条件が重なると犬は寝床としてトイレを選ぶことがあります。

例えば、トイレのある場所が部屋の隅っこで、なおかつきちんと温度管理されている場合、壁に沿って設置されているため、四方から敵に襲われる心配なく適切な温度環境で快適に過ごすことができるため、寝床として採用されやすいです。

他にも、本来寝る場所であるはずの寝床よりも快適な環境がトイレに整っていることで、トイレの方が優先順位が高くなっている可能性もあります。必ずトイレよりも寝床の方が寝るのに良い環境だと認識できるように、安眠できる寝床環境を整えてあげましょう。

3.トイレには自分の匂いが強く残っていて安心

犬の中にはトイレに自分の匂いが強く残っているため、安心して眠れると考える犬もいます。縄張り意識や警戒心の強い犬に多く見られる傾向です。もともと犬は縄張り意識や警戒心が強い動物なので、自分や家族の匂いが強く残っている場所を好む傾向にあります。

寝床であるベッドを頻繁に洗濯している場合、清潔ではありますが犬の匂いが消臭されるだけでなく、洗剤や柔軟剤の匂いが染み付いてしまうため、犬にとって安心して眠れない場所になっている可能性があります。

4.トイレで寝ていると飼い主がかまってくれるから

上方を見る犬

賢い犬の場合、以前トイレで寝ていた時に「どうしてそんなところで寝ているの?」と飼い主が声をかけたり抱っこしてくれたりしたことを覚えており、「トイレで寝ていればかまってもらえる」と学習している犬もいます。

そのため、トイレで寝ているからといって話しかけたり抱っこして別の場所へ連れて行ったりする方法は逆効果です。

5.寝床が汚くて休めないから

「本当はベッドで寝たいけれど、ベッドが汚いからあそこでは眠りたくない」という理由も犬がトイレで寝る原因の1つです。

実は寝床で排泄してしまいその汚さが染み付いていたり、長らく洗濯していないため、ベッドで眠ると皮膚が痒くなったりといった異変に敏感に反応していると考えられます。

犬がトイレで寝る…注意すべき点は?

トイレに座る子犬

犬がトイレで寝てしまっている場合、犬が寝床よりもトイレの方が快適であると勘違いしている可能性が高いです。また、トイレで寝ることでかまってもらえると勘違いしている犬もいるでしょう。

そのため、犬がトイレで寝ているときは、以下の点に注意しなければいけません。

  • トイレで寝ているときは極力かまわない
  • 排泄物を食べないよう排泄物はすぐに片付ける
  • ベッドの近くで叱るのはNG
  • ベッドとトイレを近くに置くのは避ける

ベッドの近くで叱ってしまうと、ベッドに対して悪い印象を抱いてしまいます。また、ベッドとトイレを近くに置くとベッドとトイレの区別がつきにくいため、トイレで寝てしまう原因になります。

さらに、ベッドよりもトイレの方が快適にならないよう、寝床環境は温度調節や騒音防止策、家族が見える位置に設置する、壁沿いに設置するなど、安心して眠れる環境を整えてあげることが大切です。

このように、犬がトイレで寝ているからと対応するのではなく、日頃から寝床環境を整えてあげることに重きを置いて対処してみましょう。

まとめ

犬用ベッドに収まる2匹の犬

いかがでしたでしょうか。犬がトイレで寝る理由として、最も多いのが寝床環境が悪いという理由です。まずは寝床環境を改善し、トイレと離すことでトイレで休む習慣を改善していきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。