犬の歯石取りにスケーラーを使ってもいい?自宅で行うリスクとは

犬の歯石取りにスケーラーを使ってもいい?自宅で行うリスクとは

皆さんは、犬の歯磨きにどんな印象をお持ちでしょうか?基本的に歯磨き習慣のない犬は虫歯が出来にくいとも言われていることから「迎えて1度も歯磨きなんてしたことない!」という方も少なくないのでは?しかし、犬は虫歯が出来ない代わりに歯周病になりやすく、歯石もつきやすい生き物です。そこで今回は、犬の歯石を取り除くスケーラーという器具について色々とご紹介していきましょう。

犬の歯石取りに使うスケーラーとは?

歯をスケーラーで掃除されている犬

犬の唾液は弱アルカリ性の環境で出来ており、人と違って虫歯は出来にくいと言われています。ですが、歯石が蓄積した場合はどうなのでしょう?

基本的に歯磨きをするという習慣がない犬にとって、歯石はどうしても溜まっていきやすく、その歯石が蓄積することは、虫歯よりも恐ろしい歯周病リスクを高めることに繋がってしまう可能性があり、注意が必要なのです。

だからといって、無理やり口を押さえて歯磨きをしようとすれば、逆に噛まれてしまう危険性もあります。

そこで今回は、犬の歯石取りに使われるスケーラーという道具がどんなものなのか、使い方やご自身で使用する場合の注意点、もしも歯石が付いてしまった場合の対処法などをご紹介したいと思います。

ハンドスケーラー

刃の部分及び柄の部分がステンレス製で出来ており、先端が鎌のようにカーブした刃で、歯石を削って除去していきます。こちらは多くの動物病院の獣医さんが使用している一般的なスケーラーです。

歯石が部分的に着いている場合や、超音波スケーラーに過敏に反応してしまうわんちゃんに使うなど、補助的な使用が多いようです。

また、文字通り『手動』で歯石を削っていくため、わんちゃんが顔を動かしてしまったり、スケーラーを持つ手が滑ったりしてしまうと、口腔内を切って怪我をしてしまう可能性があり、決して簡単に出来るものとは言い難いです。

超音波スケーラー

こちらは歯と歯の間が分からないほど歯石で厚くなってしまった場合や、全ての歯に満遍なく歯石が付いている場合など、除去量が多い時に使われます。

『超音波』というだけあって、パワーがあり、先端が振動するため当てるだけで簡単に歯石取りが可能です。また、基本的に擦る動作も必要としないので、歯の内側の歯石除去も簡単に施すことが出来ます。

ただし、超音波スケーラーはハンドスケーラーと違って、振動や水が先端から出るためにわんちゃんが驚いて嫌がったり、振動によってスケーラー自体が熱を帯び、1ヶ所への長時間使用で痛みが出るなど、デメリットもあります。

そのため、超音波スケーラーは動物病院のスタッフさんたちでも扱いの習得に時間がかかることが多く、一般家庭での使用は現実的ではないと言われています。

エアースケーラー

「エアースケーラー」はエアー(空気圧)によって歯石除去を行う方法です。実際に治療を行う際は、主にハンドスケーラーと超音波スケーラーが使用されるためあまり馴染みがないスケーラーかもしれません。

超音波スケーラーの振動が毎秒25,000〜40,000回に対し、エアースケーラーは2,000〜6,500回の振動で歯石取りを行うため、作業効率は悪くなります。ただし、スケーラーのチップ発熱がないことや、空気を利用した除去方法になるため、犬への負担が少ないメリットもあります。

犬の歯石取り用スケーラーの正しい使い方

歯石取りをされている犬

シックル(鎌状)タイプスケーラーの特徴と使用方法

シックルスケーラーは、歯肉縁上(目で見えている)部分に出来てしまった歯石除去に用い、鉛筆を持つ要領で、薬指または小指で安定させて使います。鎌状タイプのものは、角度が90°のものが歯石を取りやすく、歯幅が狭いほど歯石除去に向いています。

使用方向は垂直、平行、斜めの3パターンに分けられ、ガリガリした感触からスムーズな感触になるまで音と感触で行うと良いでしょう。ただし、鎌状タイプのスケーラーは刃先が尖っていて大変危険なので、決して歯肉縁下(目で見えない)部分には使用しないように注意が必要です。

キュレット(鋭匙型)スケーラーの特徴と使用方法

キュレットスケーラーは、主に歯肉縁下の歯石除去やルートプレーニングに用いられるスケーラーです。こちらは狭い歯間や歯周ポケットに出来てしまった歯石をかきとるための専用スケーラーになります。

使用方向は主にシックルタイプとほぼ同じですが、キュレットスケーラーを使う場合は歯根面にカッティングエッジの付いた刃先を当てないと作業出来ないので、間違わないように注意しましょう。

また、このタイプのスケーラーは、基本的に完全な医療用器具となっておりますので、ご自身で入手するにはだいぶ困難だと言わざるを得ません。ちなみに、ルートプレーニングとは、スケーリング終了後に歯根表面の汚染軟化したセメント質や象牙質を除去、歯根面を硬く滑沢に仕上げることを言います。

超音波スケーラーの特徴と使用方法

超音波スケーラーとは、電気エネルギーを振動に変え毎秒25,000~40,000回の微振動を歯石に接触させることで歯石除去を行うスケーラーです。側面を使用して作業を行うため、細かい部分の歯石の除去までは出来ません。

また、超音波スケーラーのチップ先端を垂直に使用するのは禁忌とされており、このタイプは前述の通り超音波振動の影響で熱も帯びるので、1ヶ所で長時間の操作はしないようにするのも重要です。

各スケーラーを使用する際の共通作業は、歯の表面を水を染み込ませた歯ブラシなどで軽く濡らすことで、歯石をふやかすとスケーリング時の摩擦も軽減してくれるところでしょう。また、成犬の上顎第4前臼歯および下顎第1臼歯は最も使用頻度の高い機能歯で、重点的にケアする必要があると思います。

自宅でスケーラーを使った歯石取りをおすすめできない理由

口をグイッと持ち上げられているダックスフンド

さて、ここまでスケーラーについて種類や使い方をご紹介してきましたが、続いてはご自宅でスケーラーを購入しホームケアを行う場合、あまりおすすめしない理由をここでご紹介します。

理由①:わんちゃんの協力が必要

ご自身で犬にスケーラーの使用をおすすめしない理由の1つ目に、わんちゃんの協力が必要不可欠という点が挙げられます。やはり、口腔ケアというとじっとしている事が大前提になってきますので、人と違って歯石を取る間犬が顔を動かさないでいるのは無理があります。

また、人では2週間かけて歯石になるところ、わんちゃんでは3〜5日で歯石になってしまうので、やはり頻繁にケアを行うことは難しいと言えるでしょう。

理由②:扱い方が複雑

ご自身で犬にスケーラーの使用をおすすめしない2つ目には、スケーラーの扱い方が挙げられます。前述でもお伝えしましたが、スケーラーには歯肉縁上と歯肉縁下で種類が異なります。

ご自身の目で見ることが出来る部分で使用する鎌状スケーラーは、先端が尖っていて刃物でもあるため、使い方を誤ると口内を切ったりしてしまう可能性があり、おすすめできません。

理由③:歯へのダメージが大きい

ご自身で犬にスケーラーをおすすめしない理由の3つ目は、歯に対するダメージになります。ご自身でスケーリングをすると、どうしても削り取る工程のみになってしまうと思うのですが、それだと歯の表面は肉眼では確認できない傷や凹凸がむき出しの状態になってしまいます。

そのままの状態で新たな歯垢(プラーク)が付着すると、歯自体のコンディションを悪化させることに。基本的にスケーリング後にはポリッシングという研磨剤などを使って表面を守るためご自宅で行うには、現実的ではないということでおすすめ出来ません。

また、中には代用としてご自身の爪でわんちゃんの歯石除去を行う人もおられると思います。確かに爪は適度に力が加わり、歯面を削るのに優しい材質ではあると思いますが、これも同様の理由で仕上げの工程がなかなか難しいと言わざるを得ません。

犬に歯石がついている時の対処法

歯の掃除をされている犬

歯石ケアスプレー

抗酸化作用のある歯石ケアスプレーを使用することで、歯石除去の手助けをしてくれます。中でも、プロアントシアニジンというポリフェノールの一種はポリフェノールの王様と言われるほどの抗酸化力を持っているため、歯石ケアにおすすめな商品だと思います。

動物病院での歯石除去

歯石がひどい場合にはやはり動物病院に行って一度診てもらうことをおすすめします。

とはいえ、動物病院の獣医師さんでもスケーリング後のケアが可能なほどの技術や歯科知識を持ち合わせている人は少ないと言われており、あまりに歯石の固着具合がひどいと麻酔をかけての大掛かりな手術になってしまうこともあるので、可能であるなら普段から歯磨きを行うなど、心掛ける気持ちが必要でしょう。

まとめ

スケーラーとフレンチブルドッグ

犬の歯石は放置すると最悪歯周病になってしまう大変危険なものです。歯周病は、口腔疾患のみならず様々な合併症を引き起こす可能性が十分に考えられる病気です。

歯磨きなどを嫌がる子や口元を触られるのが苦手な子などには難しいことかもしれませんが、できるだけ歯垢(プラーク)が歯石になる前に、歯石除去に効果的な歯磨きはもちろんのこと、スプレーやジェル、歯みがきガムや歯磨きシートなどを使って日頃のケアに気をつけるようにしてあげてください。

そして、もしもご自身でケアが難しい時や、万が一歯石の影響で口臭や歯肉の腫れ、歯のグラつきなどが生じてしまっている場合には、獣医さんに受診してもらってくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい