生活

更新 2018/03/17 22:07

海外と日本の違い

1. 匿名 03/11 17:30 [通報する]

海外のどこかわかりませんが、子供が生まれたら犬を飼いましょうみたいな詩があると聞きました。
日本は子供が生まれたら犬を飼うのは敬遠されますよね。
それってなぜなのでしょうか?
犬自体の生態や本質はあまり変わりませんよね?
住環境ですか?家族構成ですか?犬に対する意識や考えですか?
私は犬のしつけであまり困った経験がないんですが、赤ちゃんがいて子犬を飼うのは大変なんでしょうか?

返信する

いいね1

14コメント

関連するトピック
1~14コメント

2. 匿名 03/11 18:20 [通報する]

赤ちゃんがいて子犬を 飼うのは 大変だと思いますよ。どっちも 赤ちゃんですものね。
ウンチ、オシッコ、ウンチ、オシッコ ですね。 あとは、泣く 泣く 吠える、吠える、 掃除 洗濯 ご飯 ウンチ、 と 毎日 大変 ですよね。

私は 犬を飼ったのが先で、成犬になり、ある程度 しつけが 入ってから
自分の 子供を 産みました。

犬は 分かってるんですね、ママが産んだ子供だって事。

赤ちゃんには、絶対 近づいたり、いたずらしたりしませんでした。

当然 私も 二人を 監視していましたが。

子供が よちよち歩きはじめて 犬の 耳や シッポを 引っ張ったり、背中に しがみついても、犬は 母犬のように 穏やかに していました。

そういえば、 当時 の愛犬は 想像妊娠して母乳が 出てました。

動物病院に 連れていったら、 よくある事です、と 言われたのを 覚えています。

返信する

いいね3

3. 匿名 03/11 22:23 [通報する]

子犬の世話も赤ちゃんの世話もどっちも同じな感じで同時進行は全く違和感なしでした。トイレはもちろんわんこの方が早くできるようになりますが、わんこは子供のお尻チェックしていち早くおしっこうんちを知らせてくれ、めんどくさいことにオシメに顔をつっこんでうんちまみれになって面倒を見てます偉いでしょてな顔をしていると怒る気力も無くなり笑ってしまう!そんなこんなで犬も子供も一緒に育ちあるときから犬の方がお兄ちゃんになって子供の面倒を見るようになりました。。その子供たちも今は大人になりまた子供と犬と一緒に子育てです。

返信する

いいね3

4. 匿名 03/12 01:14 [通報する]

3さんの子育て素敵です!憧れます。
よく赤ちゃんが産まれたら、犬を手放す人がいますけど、私は絶対に反対です。3さんみたいな方がたくさん増えるといいなと思います。

返信する

いいね0

5. 匿名 03/12 03:54 [通報する]

犬も家族ですよね。血の繋がりの無い、奥さんと出会って、一生懸命築いた大切な家族の一員だと思います!お互いの理解で受け入れた家族です!そして、私の子供も私達の掛け買いの無い子供です!育てるという事を考えて見ませんか?見つめると、大変だけど幸せを胸で直接感じられると思いますよ☺️一緒に幸せを感じられる家族になれますから!私達の歩みしだいで^_^

返信する

いいね0

6. 匿名 03/12 10:01 [通報する]

>>2

大変なんですね。
私は飼った犬種なのか、しつけで困った経験がなくて、大体二日もあればトイレはみんな覚えてたので軽く考えすぎてたのかもしれないです。
赤ちゃんと犬のペアって可愛らしいですよね。
飼うなら両方が幸せになるようにしたいです。

まだ結婚相手すらいませんが…

ありがとうございました。

返信する

いいね1

7. 匿名 03/12 12:13 [通報する]

>>3

あー良かった。
書き込めました。

最初は赤ちゃんが二人って感じだったんですね。
想像しただけで目尻が下がります。
可愛らしいですね。
同時に育てられた方のお話は有り難いです。

ありがとうございました。

返信する

いいね0

8. 匿名 03/12 12:14 [通報する]

>>4

本当ですよね。
手放す事より、どう共に生きるか模索して欲しいなと感じます。

ありがとうございました。

返信する

いいね0

9. 匿名 03/12 12:16 [通報する]

>>5

そう思います。
しかし私は子供どころか結婚もまだ…(苦笑
どちらが先だとしても、共に生こうと思います。

ありがとうございました。

返信する

いいね0

10. 健さん 03/12 22:02 [通報する]

>>3もうすぐ初孫が生まれてきますが、十歳の三女共に暮らしていける自信ができました、ありがとうございます

返信する

いいね0

12. 花ちゃん 03/13 20:18 [通報する]

うろ覚えですが…

こどもが出来たら、犬を飼った方がよいと《ことわざ》みたいなのを聞いたことあります!!

赤ちゃんの時は、子を守り
幼児の時は、よい遊び相手になり
子どもの時は、よき相談相手になり
物心つく頃、犬は身をもって命の尊さを教えてくれます

こんなような、事だったと思います。
すごく心に響きますよね。
確かに赤ちゃんにアレルギーがあるかもしれない等、いろいろあるかもしれないけど。
これ以上のことは、ないと思います。

返信する

いいね1

13. 匿名(3のおばさん) 03/14 13:25 [通報する]

>>12(3のおばさんです)全くその通りです。子供たちは受験やその他の挫折を感じたとき親のアドバイスなどよりワンコからの癒しが役立ったようです。そして老犬となった老ワンコが、体が利かなくなっていても彼等の面倒を見ようとする姿勢に何事にも前向きに立ち向かうことを(ちょっと大げさかな)。そして家族全員で介護をし、その死を荘厳な気持ちをもって受け入れる。という素晴らしい体験をしました。  

返信する

いいね0

14. ろくあーる 03/14 18:51 [通報する]

自分も聞いた事が有ります。
子供の教育に犬を飼う事のメリット...
子供が小さい時は、犬が守ってくれる。
物心ついた頃、良き遊び相手となってくれて...
思春期を迎え、学校の友人や部活動等で忙しくなった頃に犬の寿命を迎える...
その時に初めて、子供は居ることが当たり前だった愛犬を失った事に悲しみ、もっと遊んであげれば良かったと後悔して命の大切さ尊さを学ぶんだそうです。愛犬が教えてくれた命の大切さを感じた子は心優しい大人に育つでしょうね。

返信する

いいね1

15. 匿名 03/17 22:07 [通報する]

娘が4ヶ月の時に9ヶ月の柴犬を迎え入れました。
主人の同僚(40代独身)が急死され、引き取り手がなかった柴さんが来ました。
私も妊娠前から、大型犬が子守してる動画等に憧れてました。
実際に引き取りとなると、散歩大丈夫かな…と不安に。
娘がよく寝る子だったので、朝の散歩は早朝に行ってました。
この時間は私と柴さんだけの時間。リフレッシュにもってこいでした。
上の子たちの時に悩まされた赤ちゃんの泣き声の幻聴もありませんでした。

今では二人とも1歳過ぎて、子守どころか一緒になってイタズラばっかりですが、この微笑ましい姿を見て私が癒されてます。
子供の教育に犬が良いと言うことわざも知ってましたが、母親を育児ノイローゼから救ってくれるのも犬だと思います。

返信する

いいね0

コメントする

投稿の注意点

犬が大好きな方が集う掲示板です。他人を誹謗中傷する内容、荒らし行為、公序良俗に反する内容など、他の利用者が不快に感じる投稿は行わないで下さい。利用規約をよく読み、理解した上でご投稿ください。(投稿を行うことで利用規約に同意したものとします)