調査結果!約4割の方が想定以上に「治療費」にお金がかかったと回答

調査結果!約4割の方が想定以上に「治療費」にお金がかかったと回答

お気に入りに追加

ペット保険を取り扱っているアイペット損害保険株式会社(アイペット)は、 2017年12月7日に全国の犬・猫飼育者(男女863名)を対象に、ペット関連支出に関するアンケート調査を実施しました。新しくペットを迎え入れることを検討されている場合は是非、ご参考にしてください。また、既に飼われている方もこの機会にペットにいくらかかっているか考えてみてもいいかもしれませんね。

3355view

調査結果

調査

  • 1. 2017年のペット関連支出は、犬猫飼育者共に「5万円未満」が最多
  • 2. 2018年のペット関連支出の見込みは、「増えそう」という回答が犬飼育者31.9%、猫飼育者21.7%
  • 3. 2018年、ペット関連の支出は、1番増えそうなのは犬猫飼育者共に「病気やケガの治療費」が40%超えの最多
  • 4. ペットを飼育して、当初の想定以上にお金がかかったのは、犬猫飼育者共に「病気やケガの治療費」が半数近くの最多

1. 2017年のペット関連支出は、犬・猫飼育者共に「5万円未満」が最多

2017年のペット関連支出に関して、犬・猫飼育者共に「5万円未満」が最多という結果になりました。ただし、犬飼育者は、「5万円以上~10万円未満」が26.7%と「5万円未満」の29.7%とわずか3.0%の差となりました。一方で猫飼育者は「5万円未満」が43.2%と約半数を占める結果に。また、「25万円以上」と回答した方の合計が犬飼育者6.4%、猫飼育者3%とペット飼育にかかる支出が高額な方も一定数いらっしゃいました。

ペット関連の合計支出

2. 2018年のペット関連支出の見込みは、「増えそう」という回答が犬飼育者31.9%、猫飼育者21.7%

2018年の見込みについては、「かわらなさそう」という回答が1位を占めた一方で、
犬・猫飼育者ともに「増えそう」と回答した方(それぞれ31.9%・21.7%)が「減りそう」(それぞれ、6.5%・7.6%)を大きく上回りました。

ペット関連の支出総額見込み

3. 2018年、ペット関連の支出は、1番増えそうなのは犬・猫飼育者共に「病気やケガの治療費」が40%超えの最多

2.の質問にて「増えそう」と回答した方に支出項目についてお聞きしたところ、
犬・猫飼育者ともに「病気やケガの治療費」が半数近くを占めるの結果になりました。
理由としては「犬が病気で毎月高額の薬代がかかるため(41歳・男性)」や「アトピー持ちのため(59歳・女性)」と、すでに治療中の病気があることを理由としている方がいらっしゃいました。

ペット関連支出「増えそう」な項目

また、飼育上、必要不可欠な「フード・おやつ」の項目については、猫飼育者が23.0%、犬飼育者が12.7%となりました。もう1頭新しく迎え入れるためということも考えられますが、健康管理や高齢化に伴いフードやおやつの質の向上を検討されている飼い主さまが多いのではないでしょうか。
アイペットのペット保険の見積もり・資料請求・申込は、こちらから↓

4. ペットを飼育して、当初の想定以上にお金がかかったのは、犬・猫飼育者共に「病気やケガの治療費」が半数近くの最多

ペットをペットショップ等で購入された方は、その際にペット保険に加入したという方も多いかと思いますが、ペット医療の高度化や自由診療により想定以上にかかったと回答された方が多くなりました。

想定以上にお金がかかった項目

ペットも人と同じく、病気・ケガはいつ起こるか分かりません。大切な家族のもしものときのために、急な手術や治療費にも備えられるよう十分な貯蓄やペット保険の加入等、準備をしておきましょう。

アイペットのペット保険の見積もり・資料請求・申込は、こちらから↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。