犬の毛が生えてこない原因と考えられる病気について

【獣医師監修】犬の毛が生えてこない原因と考えられる病気について

サマーカットが原因で薄毛になってしまう可能性と、原因不明の皮膚病によって薄毛になってしまう可能性について、原因・治療法・予防法などご紹介しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の毛が生えてこないのは、なぜ!?

舌を出したポメラニアン

犬の毛が生えてこない原因と病気についてなのですが、いろんなケースがあります。成犬になったのに毛が生えそろわずに薄毛のままの犬もいますし、もともとはフサフサなのに突然薄毛になってしまう犬もいますし、サマーカットをきかっけに薄毛になってしまう犬もいます。病気なのであれば、皮膚病やホルモンが関係していることもあります。

なぜ、毛が生えてこなくなってしまったのか、いつ頃から生えなくなってしまったのか、何がきっかけで薄毛になってしまったのか、いろいろと考えなければなりません。いくつかのケースをご紹介し、その原因・症状・治療法・予防法などについてお話したいと思います。

サマーカットがきっかけで薄毛になってしまったケースについて

トリミング中のヨークシャーテリア

ポメラニアンに多く発生するとされており、サマーカットなどの被毛をカットしたことをきっかけに発症するケースがほとんどです。

ポメラニアンといえば、長毛でフワフワでボリュームのある被毛が魅力的な犬種ですが、生えそろうまでには生まれてから3年ほどかかるとされており、うちのポメラニアンも3歳くらいまではとても薄毛で心配したものです。理想的な被毛になかなかならないことで悩まれる飼い主さんも多いようです。

しかし、最近は短くカットされているポメラニアンも多いですよね。短くカットしたり、サマーカットしたことで、毛が生えてこなくなってしまった、薄毛になってしまったと心配される飼い主さんも増えています。

これは、ポメラニアンに限ったことではありません。被毛を短くカットしたり、サマーカットしている犬に起こり得る薄毛の症状であると思います。

サマーカットで薄毛になる原因について

バリカンが原因なのではないかと考えられています。被毛や皮膚に大きな負担がかかってしまっているのです。毛が生えなくなってしまった、薄毛になってしまった、被毛がパサパサになってしまった、などの原因になる可能性があります。

サマーカットをきっかけに薄毛になってしまうケースがとても多いようなのですが、そもそも犬の被毛は体温調節や皮膚を紫外線から守るために大切な機能を担っているものです。その被毛を極端に短くカットしてしまうのですから、皮膚やカラダへの負担は必ずあるのではないでしょうか。

夏はサマーカットすることで涼しくなるのではないかと人は考えますが、紫外線や日光の影響は計り知れません。正しい暑さ対策とは言えないのではないでしょうか。

治療法と予防法について

獣医さんに相談し、被毛のカットについてよく考える必要があると思います。皮膚に痒みや赤みがある場合、症状に合わせた治療が行われるでしょう。

うちのポメラニアンは、汚れ防止のためにお尻周りだけハサミで短くカットしていますが、必要最低限にとどめています。

サマーカットがきっかけで薄毛になってしまったのであれば、サマーカットをしないことで薄毛を予防することができるのではないでしょうか。

サマーカットで必ず薄毛になるわけではありませんが、上手く体温調節ができなくなる、紫外線や日光の影響をもろに受けてしまう、などの可能性があることを理解しておく必要があると思います。

脱毛症である可能性について

脱毛症の犬の背中

毛が生えてこない病気として考えられるのが、脱毛症などの皮膚病の可能性です。アロペシアX(または脱毛症X)と呼ばれている、原因不明の脱毛症があります。

症状について

  • 左右対称の脱毛がみられる
  • 痒みや痛みがない
  • 脱毛以外の症状がない
  • 頭部や手足の毛は抜けない

上記のような症状が多くみられます。

痒みや痛みの症状がないため、薄毛になったり毛が生えてこなくなることで気づくことがほとんどです。

原因について

原因不明の脱毛症ではありますが、皮膚へのダメージや皮膚の表面温度が下がってしまったことによる血管収縮が原因なのではないかと考えられています。

また、成長ホルモンが原因である可能性も考えられており、ホルモン治療や投薬による治療が用いられることがあるようです。

まとめ

ポメラニアとヨークシャーテリア

毛が生えてこなくなる原因の多くは皮膚病などの病気にあることがほとんどですが、サマーカットなど被毛をカットしたことによって皮膚へのダメージが大きくなることも原因として十分に考えることができると思います。

少しでも異常を感じたらすぐに獣医さんに診てもらい、薄毛の原因を明確にすることが早期改善に繋がるのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。