「捨て犬」として生涯を終えるはずだった女の子との出逢い

「捨て犬」として生涯を終えるはずだった女の子との出逢い

お気に入りに追加

物心ついた時には、既に犬が大好きだった私。10年間我慢しようやく出会ったのは、生まれて此の方、人の優しさに触れたことのない、生後3か月の雑種犬でした。

7307view

愛犬『めい』との出逢い

私は物心ついた時には既に犬が大好きで、小さい時から両親にはずっと「犬が飼いたい」と言っていましたが、当時マンション暮らしだった両親には、当然反対されていました。
後に一軒家へと引っ越すことが決まり、私の願いは10年越しで叶うことになります。

2007年4月、動物病院主催の愛護団体のホームページで里親の会を知り、イベントへの参加を決めました。

兄弟に顔を踏まれていても、怒ることも嫌がることもせず、黙々と敷いてある新聞を食べている…それが『めい』です。

私はめいに一目惚れしました。「この子だ‼︎」と思ったのです。その日から、めいと私たち家族の8年間は始まりました。

我が家に来た日のめい

最初の1年間

めいは本当に手のかからない子でした。
全ての躾をとてもすんなり習得し、一度怒られたことは二度としないどころか、

  • いたずらっ子だった私に餌を取られる
  • 公園で小さな子に耳や尻尾を引っ張られる
  • おばあちゃんに頭を小突かれる

などがあっても、唸り声一つあげない子でした。その健気な姿は、まるで私たちに恩返しをしているように見えました。

我が家に慣れて来ためい

ツンデレ犬『めい』

めいは見た目からも分かる通り、おそらく柴犬の血が濃いと思われます。それは性格にも現れていて、抱っこされる事や一緒に寝る事が嫌いで、あまり家族にもベタベタ甘えない子でした。

しかし、1人でいることが好きだったわけではなく、家族の側には常に居て、いつも人間の会話に耳を傾けていました。

私が学校へ行くと、私のスリッパの上で丸くなっている姿が、めい流「お留守番スタイル」です。成犬になっためいはいつも冷静で、落ち着いていたので、すっかり私の姉貴分でした。

ポーカーフェイスのめい

笑う犬⁉︎エピソード

ある日、家族でピクニックに出かけた時のこと…レジャーシートを敷いてお昼ご飯を食べている私たちの横で、めいは景色を眺めていました。そこへやって来た少年が、めいを見るなり「このわんちゃん笑ってるよ‼︎」と言いました。

犬にも笑顔があるなどと思っていなかった私たちは驚いてめいを見ましたが、その顔は私たちが知っている、いつものめいの顔でした。しかし、私たちがいつもの顔と思っていただけで、もしかしたらめいは、私たちといる時にいつも笑っていたのかもしれません。

まとめ

皆さんは、捨て犬や里親と聞いてどんなイメージを持ちますか?
又、ペットショップで売られている多くの犬と、どのような違いを感じていますか?

私はめいと出会う前は正直、人と暮らすことに慣れておらず、懐いてくれないのではないかと不安を感じていました。しかしそれは、大きな間違いだったのです。捨て犬でも、ペットショップの犬でも、ちゃんと家族になれるのだとめいが教えてくれました。そして一度家族となったら、そこにはもう、血統書や犬種は関係ないことも学びました。

きっと私たち家族だけでなく、どんな人と犬も本当の家族になれるのだと、8年間を通して教えてくれためいには、今も感謝の気持ちでいっぱいです。

母に、かまぼこを乗せられているめい

ウィンクするめい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。