犬が一匹でもお留守番ができる簡単トレーニング3選

犬が一匹でもお留守番ができる簡単トレーニング3選

毎日癒しをくれる可愛い愛犬。そんな愛犬との楽しい生活の中で、飼い主さんはお仕事に行ったり、少しの間出かけなければならないといったことが度々でてくると思います。そこで、愛犬が一匹でもきちんとお留守番ができるということは、お互いの生活を続けていく中でとても大きなポイントになります。今回は簡単で効果の高いトレーニング方法を3つ紹介したいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

留守番できる犬

毎日癒しをくれる可愛い愛犬。

そんな愛犬との楽しい生活の中で、飼い主さんはお仕事に行ったり、少しの間出かけなければならないといったことが度々でてくると思います。

そこで、愛犬が一匹でもきちんとお留守番ができるということは、お互いの生活を続けていく中でとても大きなポイントになります。

今回は簡単で効果の高いトレーニング方法を3つ紹介したいと思います。

1.「15分ほど愛犬の目の前からいなくなる」

かくれんぼ

最も簡単なトレーニング方法の一つです。愛犬をケージなどに入れたら、何も言わずに愛犬から見えないところに15分ほど隠れてみてください。最初はクンクン鳴いて寂しがるかもしれませんが、心を鬼にして無視を続けてください。

15分くらい経ったら、愛犬の目の前になにげなく現われてみます。

この時に何か言ったり、触ったりしてはいけません!しばらく経ったら、また15分ほど隠れてください。

これを1日3回から4回繰り返して行います。

このトレーニングでは愛犬に「ご主人様がいなくなってたけど、ちゃんと戻ってきた!」と思わせることが目的になります。

少し大変かもしれませんが、このトレーニングを1週間から2週間くらい続けていると、愛犬もすっかり慣れてくると思います。

2.「声かけをしない」

声掛けしない

このトレーニング方法は飼い主さんがしっかりと覚えておかなければいけません。

愛犬を置いてどこかへ行かないといけない場合、「いってきます」や「○○ちゃん(君)また後でね」などとつい言いたくなりますが、この声かけは決して行ってはいけません!この声かけがあると「ご主人様はどこか行ってしまうんだ!」と記憶させてしまうのです。

留守番が嫌なワンちゃんは、置いていかれると思って激しく吠えたり暴れたりすることもあるので、出かける前に声をかけるということは止めておきましょう。

3.「お留守番用のおもちゃを用意する」

おもちゃ

愛犬の大好きなおもちゃを用意しましょう。

これはいつも遊んでいるものではなく「お留守番する時だけ遊ぶことができるスペシャルなもの」を用意してください。

愛犬には、お留守番してる間だけ遊ぶことができるおもちゃがあるんだ!と思わせることが目的になります。飼い主さんが戻ってきたら、このおもちゃはどこかへしまっておいてください。

最近では、中におやつが入るパズルのような仕組みのおもちゃもあります。これだとなかなかおやつが取り出すことができないので、愛犬は時間も忘れて夢中になって遊ぶことができます。

いかがでしたでしょうか?愛犬を長時間留守番させることは不安になりますが、心配をよそにお留守番の間ずっと寝ているだけということもあります。帰ってきたら、思う存分遊んであげましょうね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。