愛犬に食べさせてあげたい『鹿肉』の選び方 2つのポイント

愛犬に食べさせてあげたい『鹿肉』の選び方 2つのポイント

お気に入りに追加

ペットフードをお店に買いに行くと、最近よく見る鹿肉の売り場。買ったことはないけど犬の体に良いと聞いたことはあるかも。そんな方々が多いのではないでしょうか?でもよくわからないのでなかなか手を出せない、そんな注目のドッグフード『鹿肉』について知ってみましょう。

3672view

なぜ鹿肉が市場に出回るの?

紹介記事用1

まず、鹿なんて北海道旅行か奈良公園以外で見たことがないけどどこにいるの?このような素朴な疑問をお持ちの方が多いと思います。この答えは1つ、鹿が日本中で増えすぎていることにあります。

野生の鹿が農作物を荒らし、農家の方々を困らせているといったニュースに聞き覚えはありませんか?実はこの問題が思った以上に深刻で日本中での農作物の被害総額は数百億を超えると言われています。そういった鹿を駆除しようと国は今かなり力をいれています。

さらに駆除した後の鹿の有効活用も同時に議論され、都会のおしゃれなレストラン等にステーキとして提供される中、その一部がドッグフードとして市場に出回るようになりました。

ドッグフードとして鹿肉はどうなのか?

その昔、犬が山を走り回っていた頃に食べていたものが鹿肉です。その為うまく鹿肉を消化し必要な栄養分を摂取してくれます。特に体を作るたんぱく質が牛肉より多く含まれ、また低カロリー低脂質であることが『ダイエットにいい!』と言われる理由でしょう。

他に鉄分、DHA、ビタミンB2等の他の肉類に比べ豊富と言われています。

またアレルギー持ちの犬に与える方も多いと聞きます。鹿肉はあまりわんちゃんのフードに使われることがないので、鹿肉にアレルギーを示す可能性が低く、アレルギー食として鹿肉を使ったフードを使うことは悪いことではありません。

気になる鹿肉の選び方、重要ポイント2つ

①鹿の衛生管理

紹介記事用2

保健所の申請を得た処理場で解体された鹿を選びましょう。さらに各都道府県の元で衛生管理認証(ブランド化)を行っている処理場が今増えています。

これらの基準に合格している鹿肉は人間の食用として流通させている場合が多く、保健所の検査も定期的に行われているため、ドッグフードとしても安心して愛犬に与えることができます。

確認方法はメーカーのHPか直接問い合わせをすることで確認ができるかと思います。

②鹿肉の含有率

紹介記事用4

まずは鹿肉が主原料かどうか確認してください。鹿肉ドッグフードは他の種類のものより値段が高いことが一般的です。もし鹿肉ドッグフードを与えていてもほんの少ししか鹿肉が入ってないとなると、もったいないですよね。

また産地も同時に確認できるといいです。もし、アレルギー対策に鹿肉を与えられるのであれば、穀物や他の種類のお肉が混ざっているものもよくあるので他の含有物も確認して選んでください。

まとめ

紹介記事用6

鹿肉に限らず、美味しいドッグフードには愛犬が反応しますよね!この瞬間が犬も飼い主も一番幸せな時のような気がします。さらに愛犬が元気に健康でいてくれればそれに越したことはないと思います。一度皆さんも愛犬に鹿肉を一度試してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい