愛犬にハーネスを付けるメリットと注意点、首輪との違いまで

愛犬にハーネスを付けるメリットと注意点、首輪との違いまで

お気に入りに追加

皆さんは愛犬にハーネスを使用したことはありますか?首輪とは違うハーネスに「使うべきかわからない」と思っている方も多いでしょう。今回はハーネスと首輪の違いを紹介した後、ハーネスのメリットや注意点をお話しいたします。

6740view

ハーネスと首輪はなにが違うの?

ハーネスを着けて走るハスキーたち

「そもそもハーネスと首輪の違いって何?」と思っている方もいるのではないでしょうか。首輪は名前の通り、首にはめる物です。犬を飼っている多くの人が使用した事があるでしょう。

一方、ハーネスは首にはめるのではなく、体全体にセットします。テープでできた首輪の全身バージョンのようなハーネスが一般的ですので、ペットショップなどでも見かける事が多いと思います。

しかし、このテープでできたハーネスは、歩く際に上半身が圧迫されやすいため、体に負担が掛かりやすいとも言われています。このテープ状のハーネスよりも体への負担が軽減されるハーネスとして、ベスト型のハーネスが存在します。

もちろん、テープ状のハーネスよりも少々高値ではありますが、テープ状のハーネスとは違い、服を着たような感覚で装着する事ができます。そのため、体への負担が減るのです。

したがって、首輪とハーネスの大きな違いは、装着する面積が首輪は首回りのみですが、ハーネスは主に上半身全体という点です。

ハーネスの3つのメリット

ハーネスを着けて走る犬

では、首輪とハーネスの主な違いを知ったところで、首輪ではなく、ハーネスを装着するとどのようなメリットが生じるのか、お話ししていきます。

1.首が絞まりにくい

ハーネスを着けている黒い犬

犬を飼っている方ならば、散歩中に一度は感じた事があるのではないでしょうか。「なんだか首が苦しそう」と。首輪で散歩をしていると、犬が興味を示した方向に歩こうとした際、どうしても犬の首が絞まってしまうという事があります。

また、他の犬と触れ合う際に、飼い主が制しようとしても、首輪が首を締め付けてしまうため、なかなか制御する事が難しいという点も挙げられます。

しかし、ハーネスならば首元に装着するものではないため、首を圧迫させる事はありません。犬も首が絞まって苦しいというような状況になりにくいのです。

特に気管支に問題のある犬の場合には、首輪で散歩をすると首が圧迫され、呼吸困難に陥ってしまう事もあります。そのような犬は、ハーネスを装着する事で、首への負担が軽減されるというメリットがあるのです。

2.飼い主が犬をコントロールしやすい

ハーネスを引っ張る手

ハーネスは首輪と違い、上半身全体を覆うようにして装着されるため、散歩中に犬がはしゃいでしまったとしても、飼い主さんがしっかりとコントロールしやすいというメリットもあります。

特にまだ子犬の場合には、好奇心旺盛ですし、外に行くというだけで嬉しいと感じ、興奮してしまう子も多いです。そのため、グイグイ前に進んでいってしまうという子も少なくありません。

しかし、ハーネスを装着すれば、上半身を固定しているため、自分勝手にどこかへ走ろうとする犬を防ぐ事ができます。勝手に道路に出ようとする行為は非常に危険ですので、子犬の内はハーネスを装着し、成犬になったら首輪にするという人もいます。

3.散歩中の脱走がなくなる

逃げようとする犬

散歩中にしっかり首輪をしていたはずなのに、するっと犬が首輪から頭を抜き、スタスタと前を歩いて行ってしまったという経験はありませんか?車どおりの少ない場所であっても、もちろん危険ですし、飼い主さんも動揺してしまいますよね。

しかし、ハーネスは前足の前後に上半身を支えるように装着されるため、首輪のように抜けてしまい、脱走してしまったという事がなくなります。

したがって、先ほどご紹介した飼い主が犬をコントロールしやすいというメリットと合わせて見ても、事故に遭うリスクを減らす事ができるのです。

ハーネスの注意点

他の犬に攻撃するハーネスを着けた犬

ここまでハーネスの主なメリットを3つご紹介して参りました。主に散歩に関するメリットでしたが、実はこのメリットの中には、デメリットを生じさせてしまう可能性も含まれている事にお気づきですか?

先ほど飼い主がコントロールしやすいというお話をしましたが、同時に「首が絞まらない構造である」というお話もその前にしていました。たしかにハーネスは上半身全体を覆っているため、正しく散歩している飼い主さんであれば、飼い主さんがしっかり愛犬をコントロールしやすいというメリットが生じます。

しかし、首が絞まらないというメリットは、これまでも散歩中に飼い主さんを引っ張ってしまう癖がある犬の場合、デメリットに繋がってしまう可能性があるのです。

なぜならば、自分勝手な行動をしていた犬がそのような行動を起こしたとしても、ハーネスであれば首が絞まらず苦しい思いをしないため、「首が絞まって苦しいから自分勝手に行動するのはやめよう」とならなくなるからです。

したがって、既に引っ張り癖がついてしまっている犬の場合には首輪を、そうでなく、しっかり散歩中のしつけもできているという犬の場合にはハーネスを着用する事をおすすめいたします。

まとめ

ハーネスを着けたジャックラッセルテリア

いかがでしたでしょうか。ハーネスと首輪には装着する面積の違いがあります。それによって、どちらにもメリットとデメリットが生じます。自分の愛犬はどちらで散歩する方が良いのか、しっかり飼い主さんが判断してあげる事が大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 キュアパパ

    首輪で躾をしないで、ハーネスで躾をした場合、躾の効果は有りません。

    首輪よりもハーネスの方が脱走やハーネス外しは犬にとっては楽です(ノ_<。)

    特にパピーの時にハーネスにすると、体の成長期中は飼い主が思っている以上に成長が早いので、ハーネスが体に食い込み骨折を助長しますので、ハーネスにするなら成犬になって、体の骨格が固まってからにしてください(*^^*)
  • 投稿者

    50代以上 男性 kenjihappy01

    犬に躾する場合、また訓練に出す時も首輪が細いのが良いです。散歩する時はリードを緩くして持っていますが、犬がいけない事をする時リードを通して飼い主の意思が首輪に直接伝わるため効果があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。