老犬の寝たきりや全盲の介護、付き合い方

5268view

老犬の寝たきりや全盲の介護、付き合い方

全盲・寝たきり・老犬の介護や付き合い方について、私の経験から書いておきたいと思います。介護用品や使い方のポイントも参考にして頂ければ幸いです。

トラブル

まずは犬の介護について、私が経験したことから書きていきたいと思います。

犬も歳をとると、色々と身体に不調をきたすこともあり、動きが遅くなったり立てなくなったりと、色々なマイナートラブルもあると思います。

全盲の老犬の介護

今我が家にいる老犬も、緑内障を患うまではとても元気で、ボール遊びが大好きで活発なわんちゃんでした。でも、全盲になってからはそのように遊ぶこともできず、身体も衰えてきて、ちょっとボケも入ってきたかな、という感じです。

わけもなく家の中をウロウロ、ウロウロ。
見えていないので、壁や家具にぶつかることもあります。

家の安全対策

全盲や加齢による目の見えづらさについては、まず家の中にあまり物を置かない、家具の配置をチョコチョコ変えない、犬はやがて感覚で場所など覚えていきますから、なるべくぶつかっても怪我のないように気をつけてあげて下さい。

入ったら危ないエリアなどは、30センチほどの高さの、柵など、量販店に行けば売ってるので、それを置いてあげたり、あとは部屋が広過ぎると犬もストレスや不安を感じますから、あえて狭めるのも有効です。

寝たきり犬の介護

もし、寝たきりになってしまったら、まずは床ずれ防止に努めましょう。

マットレスなどはかなり良いアイテムです。

ちゃんと通気性を考えてあげて下さいね。

特に大型犬などは床ずれになり易いので、時間でひっくり返してあげたり、用を足すのが寝たままになるようでしたら、マナーベルトや紙オムツを着用してあげると、皮膚のかぶれ防止などにも役立ちますよ!

我が家は、寝ているときにオシッコ漏らしをしているので、マナーベルトにペットシーツをつけて装着してます。

介護用の寝具

大型犬を動かすのは一苦労ですが、身体にシーツやタオルをまいておくとスムーズに寝返りをうてます。

マットレスの上にシーツをひいて、そこに犬を寝かせてあげれば、楽チンです。

マットレスの上にシーツ

立つ時に、サポートするような、身体に装着して使用する胴着、補助ベストなるものもありますので、チェックしてみてください!

全盲でも散歩大好き!

身体は動くけど、ちょっとボケてしまったり、目が見えずらくなっていたり、、、

でも、やっぱり犬は散歩が好きです!

うちの犬は全盲でも歩いて散歩に行きますよ。

外の空気を吸うだけでリフレッシュにもなります。ボケ防止にもいいなんて言うことも。

私達と犬の負担にならない程度に、家の周りを一回りでも刺激になりますので、是非連れ出してあげて下さい!

だんだんと歳をとると犬も何かと億劫になってしまう様。

でもやっぱり犬との絆を感じながら、外に連れ出してあげて下さい!

嫌々でも、出来る所から。是非やってみて下さい!

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 うつき

    老犬ちゃんの介護は飼うときにもしっかり考えないといけない事ですよね…気をつけなければならない床ずれ…これはなってしまうと痒くもなるし、掻いてしまうと他にも感染したりとなってしまう事もあるので気をつけたいですよね…
  • 40代 女性 サクラ

    もしかするといつか自分も老いによる犬の障害と向き合っていかないといけないのだなと思いながら読むと、感慨深い物がありました。犬はペットですが、同時に家族でもあります。今後、もしも老いてしまい、このような症状が現れた場合はしっかり幸せに往生できるように努めたいと思います。
  • 20代 女性 はまかん

    考えたくない…愛犬がドッグカフェやドッグランなどで楽しそうに遊んでいる姿をみるとこのままでいて欲しいと思ってします。老犬の事は考えたくありません。しかし、いつかは来る老犬です。心の準備も必要ですね。
  • 30代 女性 モモシー

    この記事を読んでいると、犬の老後のケアについて、ひしひしと考えさせられました。一方で、犬の老後も寝たきりにさせず、健康で居させ続ける事も大事だと思いました。犬にとっても人間にとっても、健康寿命を延ばすことは大事ですよね。
  • 30代 女性 ゆうか

    老犬の介護は飼い主にとって体力的にも精神的にも負担になりますね。でも、記事にあるように工夫してワンちゃんも快適に、飼い主も世話が楽になるようなグッズを上手に活用したいですね。
    我が家も13歳のシニアワンコがいて、まだ歩けますが、徐々に玄関のたたきにステップを1段増やしたり準備をし出しています。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。