愛犬のアレルギー検査費用と保険について

【獣医師監修】愛犬のアレルギー検査費用と保険について

愛犬が喜ぶからよかれと思ってあげていた鶏肉。まさかアレルギーで体調不良の原因になっていたとは・・。アレルギー検査、治療と費用をご参考にどうぞ。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

我が家の柴犬(2歳)は、ちょうど生後10ヶ月を過ぎたの頃から、皮膚に色々なトラブルがでてきました。

もともと柴犬は、デリケートな面もあると聞いていたので、「ついにうちの子もか・・・・」と思いましたが、もしもの時のためにと、生後4ヶ月から共済に加入していたのでことなきを得ました。

この時私が入って居たプランは、毎月の掛金が手頃な「全額保障プラン」。獣医さんと相談しながら安心して治療を進められて本当に心強いプランです。

さて、今回はそんな私の経験を踏まえ、アレルギー費用と共済のお話をしたいと思います。

加入していてよかった!皮膚の疾患によるアレルギー検査費用

元気な柴犬

生後4ヶ月で我が家にやって来た元気いっぱいの柴犬(♂)やんちゃで食欲旺盛、病院のお世話になることは、まだまだないと思っていましたが…。

「チキン&ライス」が主な原材料のドッグフードをブリーダーさんからすすめられていたので、そのまま1歳位まで同じドッグフードをあげ続けていました。時々、鶏のササミをオーブンで焼き、しつけのご褒美にあげたりしていました。

犬のアレルギー疾患

生後10ヶ月の頃から、耳や四肢の付け根を痒がるようになり、毛はパサパサ、下痢をしたり散歩中も疲れやすく元気がないことが多くなりました。

動物病院で診てもらうと、皮膚の疾患、アレルギー性皮膚炎と診断されました。

柴犬は皮膚病になりやすい犬種で、遺伝的な素因が関与していることが多いため、以前から気になっていたアレルゲンとなる物質を推測するためのアレルギー検査をしてもらうことにしました。

アレルギー検査は、高額な費用になることは覚悟していましたが、皮膚の疾患によるアレルギー検査だったため、保険が使えるということで少し安心しました。

愛犬のアレルギーの原因となる物質を知っておき、予防していきたいという思いで検査をお願いすることにしました。

検査の結果は…。

食物アレルギー:鶏肉 アヒル カモ 七面鳥 米 玄米 コーン 大豆 じゃがいも ニシン

喜ぶのでよかれと思ってあげていた、鶏肉や、毎食のドッグフードの主な原材料に含まれている米が、愛犬の体にとっては合わない物だったとは…。

治療と治療にかかる費用

費用

動物病院では、検査結果と共にアレルギー検査で推測された食物が入っていないドッグフードの一覧表もいただくことができ、愛犬の体に合ったドッグフードを選んで食べるようになったため、痒みは治まってきています。

皮膚の疾患で悩んでいたので思い切って、2万円程掛かるアレルギー検査をすることができ、現在でも月に数回通院しているので、お守りとして加入していて本当によかったと日々感じています。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。