かゆがる犬の注意点はココ!見逃し厳禁「皮膚病トリガー」5つ

かゆがる犬の注意点はココ!見逃し厳禁「皮膚病トリガー」5つ

犬のアレルギーやアトピー性皮膚炎。獣医さんから診断結果を聞いて、まるで人間と同じだと感じたことはありませんか?なぜこのような皮膚病や、かゆがる犬が増えているのでしょうか。頑固に繰り返す慢性的な犬の皮膚病で悩んでいた飼い主さんの実体験を交え、犬の皮膚の健康維持について注意点を紐解いていきます。

はてな
Pocket

見逃し先送りは禁物!注意すべき5つの皮膚病トリガー

肌トラブルの犬

犬がかゆみを感じていると、

  • 「掻く」
  • 「舐める」
  • 「噛む」
  • 「床にこすりつける」
という行動を頻繁にするようになります。

中には寝ている間も何度も起き上がり、体を掻いたり、噛んだりを繰り返す、強いかゆみが出ることもあり、慢性的な睡眠不足や、元気がない、食欲がないといった、体全体の健康に関わってきます。

まず大事なことは、いち早く皮膚表面で起こっている「皮膚病トリガー」をみつけてあげることです。

【かゆがる犬の「掻く」行動につながりやすい5つの皮膚病トリガー】

  • 1.皮膚が乾燥している
  • 2.フケが出る
  • 3.赤みがある
  • 4.毛が抜ける
  • 5.におう

などの初期症状が多く見られます。

日ごろから、スキンシップの1つとして全身をくまなく撫で、乾燥や脱毛などの皮膚病トリガーがないかを気にかけてあげましょう。

皮膚病トリガーのうち最も気をつけるべきは「乾燥肌」

「乾燥肌」は、あらゆる皮膚病のトリガーになるケースがあります。

乾燥肌の放置は、細菌や害虫などに対する抵抗力が弱まり、掻いた後のちょっとした傷からアレルゲンや細菌が侵入しやすい状態を作ります。

よくある犬の皮膚病(いずれもかゆみが伴います)

  • イヌヒゼンダニが皮膚に寄生する「犬疥癬(いぬかいせん)」
  • 細菌が増殖して起こる「膿皮症(のうひしょう)」
  • ノミの唾液にアレルギー反応を起こす「ノミアレルギー性皮膚炎」

耳や腹部、肉球など皮膚の柔らかい部位に症状が起こり易く、いずれも飼い主さんでは正しい判断が難しいものです。

こういった皮膚病を引き起こさないためには、普段から乾燥肌を予防するスキンケアローションによる保湿ケアや、掻き壊しの傷を悪化させない「爪切り」など、飼い主さんが家で毎日してあげられるケアが大切になってきます。

乾燥肌の「保湿」に無添加のスキンケアローション『アヴァンス』

犬の皮膚ケア用品を選ぶ時、何より気になる点は「安全性」ではないでしょうか?

  • 舐めても安全か
  • つけた時に嫌がらないか(しみない)
  • 副作用はないか

また、独特なニオイが毛についたり、ベタツキ等の使用感も気になる点です。

アヴァンス」はこのような心配事を全てクリアする為に、オーガニック認証機関が認める安全性の高いユニークな原料を用いています。

その原料とは「温泉」です。

温泉が肌の健康に良いことは世界中で知られており、日本でも戦国時代に有名武将が刀傷を癒したとされる秘湯が今に伝わる等、昔から温泉効果を頼りにしていた逸話があります。

傷を癒す温泉効果の1つは、特殊な温泉の藻(RG92)がもつ抗炎症効果がもたらしていることが分かっていて、最近の研究では「かゆみ」を発生させる信号を減らすこともわかっています。

その他にも、皮膚の保湿、やわらかさ、皮膚の生まれ変わりを助けるといった、皮膚の健康維持には欠かせない働きも併せ持っていて、乾燥肌の保湿や、かゆがる犬のスキンケアには打ってつけな成分です。

この温泉の藻「RG92」を配合した 温泉のいいとこどりをしたペット専用のスキンケアローションが「アヴァンス」です。

ペット用化粧水「アヴァンス」の詳細はこちら

家にいながら、まるで天然温泉に入ったかのようなスキンケアができると飼い主さんの間でも話題で、皮膚が薄く吸収が早い犬の皮膚には即効性がみられたという体験談も多く寄せられています。

アヴァンス体験談:「レン君」 チワワ 2歳 男の子

ある日から気づいたらやたら、かきまくってました。
夜中じゅうかきまくる日が続いて病院に行ったらアトピーと診断されました。薬代も凄くかかりました。

1週間に1回通院してましたがネットで何か良いものがないか調べていたらアヴァンスにたどり着いたのです。

商品が届いた時は、皮膚は赤くただれていて、背中は乾燥しているのか、フケのようなものが出ていました。臭いもすごくて、前足は、かきむしって血だらけでした。

2回、3回アヴァンスを使用したら赤くなってた皮膚もみるみるうちに綺麗なピンク色の皮膚になりました。かきむしって血だらけだった前足も綺麗になり、毛が薄くなっていた部分も毛が生えてきました。臭いもしなくなりました。

今はかゆがったりしたときは、アヴァンスをシュッシュッとかけてなじませてます。

チワワのレン君

(写真左:5/29撮影、写真右:6/11撮影)

アヴァンス体験談:「ラムちゃん」 ミニチュアダックス 11歳 女の子

アトピー性皮膚炎で痒みが酷く、薄毛状態で困っていました。甲状腺ホルモン低下症も血液検査で分かり薬を飲むようになりました。

元気は出てきたのですが皮膚は変わらずで、獣医さんからもアトピーだから難しいねと言われた頃と同時期にアヴァンスを見つけました。

ステロイドも塗布したり飲ませたりしましたが治らずで、温泉水の言葉にこれで落ち着いてくれるなら…と思い注文しました。

1日2~3回スプレーしました。スプレー始めて5日後位に肌に黒いものが見えて来て「合わないのな?」と思っていたら、その後黒くなっていた所に産毛が。

それを繰り返し毛が増えていきました。フケがかなり目立っていた時期もありました。ちょうど今始めて2ヵ月です。

足はスプレー後や、痒いとき舐めたり掻いたりするので毛があったり薄くなって少し赤かったりしますが以前よりは良いです。

しっぽはやはり口が届くのでスプレー後舐めてしまうからか毛が他に比べてまだ薄いですが少しずつ増えてきているようです。

鼻すじの毛がもう少し増えて欲しいところです。ねぶってしまうからだと思うので、そこは良い方法がないかと思っているところです。

しかし、周りがびっくりするぐらい短期に毛が生えてきてくれてよかったです。

ミニチュアダックスのラムちゃん

(写真左:スプレー前、写真右:約20日後、写真下:約2カ月後)

ペット用化粧水「アヴァンス」の詳細はこちら

保湿と一緒に徹底したい掻き壊しを予防する「爪切り」

意外に盲点になるのは、実は「爪切り」です。犬はかゆみが強まるほど、力任せに体を掻いてしまいます。中には掻き壊して出血したり、それでも尚、掻き続けることもあります。

その結果、掻き壊しによる炎症の悪化や、爪にある細菌で二次感染を起こすといった悪循環が起こります。

慢性的なかゆみが落ち着くまでは、犬の爪は2週間~1カ月に1度を目安に短めに切り揃えてあげ、断面はやすりを掛けて丸めておくと掻き壊しの予防になります。

爪切りを嫌がる時や黒色の爪で自宅でのお手入れが難しい場合には、トリミングショップや動物病院に依頼をし、爪切りサービスの利用が安心です。

そもそも、なぜ慢性的な皮膚病が増えているのか

犬の慢性的な皮膚病が増えているのは、生活環境や食生活の変化があげられます。今や国内の犬の半数以上が何等かのアレルギー症状をもっています。

この深刻な状況は今後もますます悪化すると見込まれています。このような犬の健康面での変調は、人間のアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎がこの50年程で急増した背景にとてもよく似ています。

現代と50年前とでは、生活環境や食生活が様変わりしており、肌に直接触れるうえに口からも入る空気(外気)が変わり、水が変わり、食事が変わったことによって、アレルギーの発症原因が増え、原因不明の皮膚炎を患う子供や大人が増えました。

このような背景が、家族として共に暮らす犬にも起きていることが考えられます。

エアコン完備の快適さがもたらす「季節」と「換毛」のミスマッチ

パピヨン柴犬

夏は涼しく、冬は暖かくと人間にとってエアコン完備で一年中快適に保たれた生活環境は、犬にも快適さをもたらす一方で、本来持つ犬種独自の特性を損なわせてしまっていることにお気づきですか?

犬には春と秋に換毛期と呼ばれる被毛の生え変わりを起こす生理現象があります。日々の気温や日照時間、体調の変化によって季節の移り変わりを感じとり、これから迎える季節に適した被毛に生え変わります。

犬の新陳代謝・ホルモンバランス

例えば、シベリアンハスキーやサモエド、秋田犬といった寒い地域でもたくましく生きていける遺伝子をもつ犬種の場合、マイナス気温になる厳しい環境下でも自身の被毛のおかげで健康を維持することができます。

でもこれらの犬種が室内で生活をしている場合、涼しい夏には保温効果のある綿毛が生え揃い、暖かい冬には通気性の良い夏用の被毛が生え揃う本来の特性とは逆転した現象が起こります。

その結果、新陳代謝やホルモンバランスなどの体内機能がミスマッチを起こし皮膚被毛の機能が不調を起こしてしまうのです。

同様にトイプードルやマルチーズといった本来室内で生活をする事を前提とした遺伝子をもつ犬種にとって、快適な室内から散歩やレジャーで屋外に連れ出される事は、室内と外気温との気温差が相当な負担になり風邪や胃腸不良を引き起す原因にもなります。

かゆがる犬は「食生活」にも気を配ろう

犬の健康、長生きを願ううえで何より大切なことは日々の食事です。

ペットショプの店頭に並ぶたくさんのドッグフードの中から、犬の体質や好みにぴったりと合ったフードを見つけてあげる事はなかなか難しいと感じる方もいる事でしょう。

敏感肌用のフードが増え、飼い主さん選択肢も増えている中で、犬のご飯を「手作り」してあげる飼い主さんも増えています。

原材料を自分の目で選ぶことで、防腐剤や酸化防止剤などの添加物やアレルゲンとなる食材を除去出来る上に、パクパク喜んで食べてくれる姿を目にする事も出来ます。

腕によりをかけた犬の手作りご飯にチャレンジしてみるのも、犬の皮膚病予防の1つかもしれませんね。

「掻いちゃダメ」はストレスに。さらなる問題行動も

人間も虫刺されやアトピー性皮膚炎の痒みが我慢できないように、犬の皮膚病のかゆみもなかなか我慢できるものではありません。

力任せに掻き壊すことで症状が悪化する危険性はあるものの、かゆがる犬の足や体を押さえつけたり、叱りつけたりする事では根本的な解決はできません。

「かゆいのに掻けない」という新たなストレスを与えてしまうと、自傷行為や飼い主への攻撃といった別の問題行動が起こる事もあります。

犬は、ただでさえ「かゆみ」というストレスと戦っています。掻かせないことよりも、掻いた後の掻き壊しを防ぐ「爪切り」や、「アヴァンス」での保湿ケアに目を向け、少しでもストレスを減らしてあげることも大切ではないでしょうか。

ペット用化粧水「アヴァンス」の詳細はこちら

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい