柴犬がかかりやすい耳の病気について

【獣医師監修】柴犬がかかりやすい耳の病気について

お気に入りに追加

柴犬は小さな体格に野性味を秘めていて、とても元気な気質の日本犬。健康で、病気にかかりにくいところが魅力的ですが、柴犬の耳についてかかりやすい病気があるってご存知ですか?普段は余り気にしないかもしれませんが、柴犬の耳の様子がおかしいな、と感じたらどうしたらいいのか、悩みますよね。この記事では柴犬の耳にかかりやすい病気とその対策についてご紹介します。

7124view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

柴犬がかかりやすい耳の病気は外耳炎

柴犬横顔

柴犬の耳は、基本的には三角形でピン、と立った形が特徴的です。特段目立ってかかりやすい病気はないのですが、かかりやすい耳の病気があります。それは外耳炎という病気です。

外耳炎は柴犬だけでなく、犬全般がかかりやすい病気であるといわれています。柴犬だと耳の表面の見える部分の耳介から、耳の中の鼓膜までを外耳と呼ぶのですが、この部分に炎症が起こってしまうのが外耳炎です。この病気は耳の中、つまり表面だけではなく耳の穴の中でも炎症が起きることがあり、発見が遅れがちです。そのため気付かないうちに炎症を起こしてしまい、何度も繰り返してしまう、という悪循環に陥ることがあります。何より早期発見が重要になってくる病気です。

柴犬の外耳炎の原因とケアの方法

犬耳掃除〔柴犬ではない〕

外耳炎の主な原因は、細菌やマラセチアなどの真菌、ダニなどの寄生虫感染が一般的です。これらは これらが直接の原因になることもあれば、アレルギーやアトピーなど皮膚が弱っているときに二次的にかかる場合もありますし、柴犬の抵抗力が落ちているときにも感染しやすくなります。

湿気などで蒸れることでも外耳炎にかかる可能性があります。シャンプーしたときに耳に残ってしまった水分や、雨の日の散歩後など、湿気が多い時期は特にしっかり、余分な水分などを拭きとってあげ、耳の中を乾かすように心がけることで柴犬の外耳炎のリスクを減らすことができるでしょう。

柴犬が耳の病気にならないためには、常に耳の中を清潔にしてあげることが大切です。外耳炎は柴犬の耳のように立った形の犬種でも、奥の方などが汚れているとそれに対して炎症を起こしてしまうので、耳垢などを綺麗に掃除しましょう。ただし、これは頻繁にやりすぎてしまうと犬にとってストレスになる可能性があるので注意しましょう。

柴犬が外耳炎にかかっているときのサインとは

柴犬かゆがってる風

柴犬の耳は立ち耳ですので、耳掃除はしやすいかと思います。その際に耳垢を観察すると外耳炎にかかっているかどうかを判断する材料になります。
外耳炎になっていると、普段よりも多く耳垢が出るようになります。そのため何回耳掃除をしてもすぐに耳垢がたまってしまうのです。また、その耳垢の色や匂いなどでも大方の原因を見分けることができることもあります。

  • 黄色くてべっとりした耳垢はマラセチア
  • 濃い色で粘り気のある耳垢は細菌
  • 黒くてパサパサした耳垢はダニ

など上記のような原因が考えられますが、勝手に判断せず、あくまで参考程度にして下さい。柴犬に限らず、耳掃除をする際は耳掃除用の洗浄薬を使用するのも良いでしょう。ただ、お掃除をする際は奥まで指をいれずに指の届く範囲までにすること、綿棒を使うと奥に汚れを押し込んでしまうのと間違って鼓膜を破いてしまう場合があるのでコットンなどを使うようにしてもらえるといいと思います。耳掃除で気が付いた異常があれば、すぐに動物病院に相談してください。
また、飼い主さんが耳掃除をできない場合は、動物病院などで行ってもらうと良いでしょう。

外耳炎はかゆくて痛いので、柴犬が耳をしきりに掻くような仕草をしていたり、頭を執拗に振ったり、耳を触ると嫌がるような素振りを見せたりしたときは外耳炎を疑います。この場合も、動物病院へ相談をしてください。

柴犬の耳に異常があったら病院へ

101174267 柴犬と聴診器

もし、柴犬の耳に前述のような耳垢の異常や、耳の匂いを嗅ぐとなんだか臭うと感じたら、できるだけ早く、かかりつけの動物病院を受診することをおすすめします。外耳炎はパッと見て何もなくても、深いところで症状が発生していることがあります。それに気付かずに放置してしまうと、症状が進行してしまいます。そうなると治りも遅くなり、場合によっては手術を行わないといけない事態になってしまうこともあります。

早期発見ができればそれだけ早く症状を改善することができ、犬にとっても負担が少なくなります。また原因によっても処置の仕方が変わりますので、コミュニケーションも兼ねてしっかり柴犬の耳のケアとチェックをしてあげてくださいね。

柴犬の耳の病気に関するまとめ

45696213 海にいる柴犬

いかがでしたか?柴犬の耳についてかかりやすい病気とケアの方法についてご紹介しました。柴犬の耳は立ち耳なので外耳炎になりにくいのですが、アレルギーやアトピーなど皮膚が弱い犬種でもあります。お耳も大きくみれば皮膚の一部です。なので、外耳炎にも注意しておきましょう。日頃からスキンシップをしっかりとっていて、柴犬との絆を深めていれば、ケアがしやすく、耳に触れても嫌がりにくくなります。コミュニケーションをとりながら犬の健康チェックを行い、耳の様子や耳垢の状態などを把握しておくと早期の治療につながります。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 komanu

    大きな耳や、長く垂れた耳を持つ犬種は耳の病気になりやすいですが、柴犬でも耳の病気になりやすいのですね、気を付けておきたいです。
    わが家の愛犬は柴犬ですが、以前耳の外側の被毛にポコッと毛の束があり、「イボかな?」と毛をかき分けようとしたら束になって抜けました。根元には頭皮のようなものが・・・。それが2度ほど続いたので調べてみると同じような愛犬を持つ方もいて、換毛の皮膚が敏感な時期に膿皮症などの皮膚病を発症する場合があるらしく、どうやらその症状と似ていました。耳の臭いはせず、その後何ともなかったので、動物病院は行きませんでしたが、やはり素人判断では判らないですので、獣医師さんに看てもらえばよかったです。私自身柴犬の耳の病気は意識していなかったので、良いことを勉強させてもらいました。わが家は愛犬の耳を触ってもあまり嫌がられないので、これを機会に耳掃除にチャレンジしようと思います!耳の中も外も普段からチェックしていきたいです。
  • 投稿者

    30代 女性 りんりん

    うちの子も垂れ耳なので外耳炎などになりやすいのかな?と思って時々ペロンとめくってにおいやべたつき、汚れ具合をチェックするようにしています。病気ではないのですが、耳の内側(裏側?)にダニがついていたこともあったので、特に散歩から帰った時などは一通りチェックするようにしています。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    うちのわんこは柴犬ではないですが、垂れ耳なので外耳炎は注意しています。
    立ち耳の柴犬も外耳炎にかかりやすいんですね。垂れ耳よりは空気が通るので耳の病気は少ない方だと思っていました。
    柴犬も耳の中の毛が多い方なので、定期的に毛抜きをする必要があると思います。炎症が起きて耳垢が出てしまうと、耳の中の毛に絡まり更に悪化してしまうことがあります。そうなると掃除も容易ではなくなってしまいます。毛をちょっと引っ張るだけでも痛みが走るので治療も大変です。
    ただ毛を抜きすぎると汚れが入ってしまいやすくなるので、トリマーさんや獣医さんに必要に応じた処理をしてもらうと良いと思います。

    柴犬は皮膚が弱いことでも知られている犬種なので、見落としがちな部分もしっかりチェックしてあげるといいですね。うちのわんこもこまめにチェックしようと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。