ディスクドッグとは何か?

ディスクドッグとは何か?

お気に入りに追加

ディスクドッグスポーツとは、宙に舞う円盤が犬との絆を深めるスポーツです。日本でディスクドッグの競技が盛んになったのは1994年頃からです。ディスクを使って、様々な競技を行うのがディスクドッグの特徴です。

1577view

ディスクドッグとは?(競技内容とルール)

ディスクを追う愛犬

競技は大きく分けて、ディスタンス競技とフリースタイル競技の二つになります。

ディスタンス競技は、競技団体によってルールは異なりますが、45秒から60秒の制限時間でディスクを何回キャッチし何ポイントとする事ができるかを競う競技が主体となります。

クラス別(初心者,小型犬,レディース,オープン等)に行っている団体も多いので、初めての方でもやりやすい競技です。


ディスタンス競技にはもう一つあり、ロングディスタンスというものもあります。
何メートル先で犬がキャッチできるかを競う競技なのですが、スローワー(投げ手)の能力も大きく影響する競技でもあります。

制限時間は90秒間で大体3投というルールで行っている所が多いと思います。


フリースタイル競技は90秒ら120秒間の制限時間で行われます。
プレイヤーは事前に選択した音楽を使用し、5から10枚のディスク(競技団体によって異なります)で演技します。

技の完成度や、安全性、パフォーマンス、技数、オリジナリティ等を審査員が審査を行い、順位が決められます。

近年においては、ディスタンスとフリースタイルの複合競技も開催されるようになり、大変人気のあるドッグスポーツに発展しました。

ディスクドッグのポイント(Q&A)

ディスクドッグ中の愛犬

Q.ディスクドッグってどんな犬でもできるの?

→足腰が丈夫で健康な犬であればOKです。
もう一つ大事なことが、遊ぶことが大好きであることです。特にディスクドッグはディスクに興味を持ってもらえないと教える側が苦労することになるからです。
サイズに関して言えば、小さい犬でもディスクをキャッチできる子もいますが、体の負担を考えると、小さめのディスクや布製のディスク等で遊んであげると良いと思います。

Q.ディスクドッグを行うにあたり、大事なことは?

→ディスクドッグを行う上で最も注意が必要なのが、トレーニングを行う場所と、体調管理です。
トレーニング場所は芝が一番良いです。ただし、そうなると公園や河川敷を使用することになる人が大半だと思いますが、周囲には十分注意した上で行って下さい。特に呼び戻しが完璧でない犬はロングリードを使用し、万が一に備えて下さい。
体調管理については特に重要です。関節への負担を考え、肥満にならないように食事制限が必要ですし、栄養のある食事を与え、水分も十分に摂取させることが大切です。

後は、成績の悪さを犬のせいにしないこと。もし、上手くいかないことがあれば、何が良くないのかを良く考えることです。
自分が望んだ行動を犬が起こしてくれない理由を一番に考えトレーニングしていくことが、解決への近道でもあり、より、犬との信頼を深めることができる方法です。
犬と飼い主が共に楽しむことができる!それがディスクドッグの醍醐味です。

実際に出場してみて

ディスクを使用した競技を行う団体はいくつもありますが、参考までに私と飼い犬が実際に出場したK9 Disc Japan での経験を記載したいと思います。

・去年冬にディスタンス競技に出場しました。

まだ大会出場は3回目で私の方がド緊張していましたが、愛犬と楽しむ事だけ考えて臨みました。
(天候は晴れ。風も弱め。ディスクドッグの競技は屋外で行われる為、天候は重要です。)

・ディスタンス・プラクティス(中級者)に出場しました。

1ラウンドは6投中5投キャッチの26ポイント。2ラウンドは5投中4投キャッチの23ポイント。1ラウンドと2ラウンドの合計49ポイントで決勝ラウンドへ1位通過。

決勝ラウンドでは、6投全投キャッチで28ポイント。トータル77ポイントで自己ベスト記録で優勝でした。
(因みにこの日、女性上級者クラスの優勝者と同得点で、周りがざわついていました!)

ディスクドックの授賞式

このように目標に向かって努力してみるのもドッグスポーツの醍醐味のひとつです。ディスクドッグスポーツは誰でも気軽に楽しむ事のできるスポーツなので、皆さんも是非やってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。