ミニチュアピンシャーの価格とは?相場と値段の違いについて

ミニチュアピンシャーの価格とは?相場と値段の違いについて

お気に入りに追加

ミニチュアピンシャーの価格は,血統はもちろんミニチュアピンシャーらしい容貌や毛の質感,色合いなど様々な特徴で決定します。しかし外見的愛らしさとはギャップのある性格に購入後扱いに困るケースもあり,性格を知ることもミニチュアピンシャーの価格を知ることと同様に大切です。ミニチュアピンシャーの価格や相場,性格について触れていきます。

3882view

ミニチュアピンシャーの価格

小銭と貯金箱

ミニチュアピンシャーの価格は他の犬種同様,毛の色や質感,血統そしてミニチュアピンシャーらしい特徴を持っているかなど外見的要素も,もちろん含まれます。しかし,ミニチュアピンシャーと一言でいっても犬それぞれで大きさが違うために,価格の範囲が広いのもこの犬種の特徴といえます。そのような条件も含めたミニチュアピンシャーの価格は,10万円台から高くて20万円ほどが相場です。

この犬種の一般的な大きさはオス・メス問わず,小さくて4kgほど,大きくても6kg前後といわれています。このサイズに近い犬は価格が高めになりますが,逆に一般的な大きさから遠のくと低めの価格設定になりやすいのが,ミニチュアピンシャーなのです。またサイズ以外にも,親犬が賞を獲得していればその分価格に反映されますし,メスであることや黄色みがかった茶色の毛がキレイに出ている犬は,価格が高くなる理由となります。

価格が下がる要因もある

逆に価格が下降する要因として挙げられるのが,生まれてから4か月以上経過した子犬であることです。更に輪をかけてグッと下がるのが,生まれて6か月を経過した子犬です。しかし,中には破格ともいえる価格が付いているケースがあります。安くするにはそれなりの理由がありますので,気になるようでしたらスタッフに確認してみると良いでしょう。

ミニチュアピンシャーの価格設定

ペットショップ

ミニチュアピンシャーの価格は,販売元である「ペットショップ」又は「ブリーダー」が決定します。価格を付ける上でどちらの販売先でも血統や,毛の色,外見的要素が含まれますが,ミニチュアピンシャーの一般的でかつ理想的なサイズであればミニチュアピンシャーの価格に反映されます。

気軽に行ける範囲に拠点を置くペットショップ

もしミニチュアピンシャーを見たいなら,自宅から行ける範囲にある「ペットショップ」なら,時間のあるときにいつでも通えて価格も含めて検討できるメリットがあります。また,ペットショップと一言でいっても様々ある上に,価格もお店によって異なってきますので,もし「いいな」と感じたミニチュアピンシャーの価格が気になるようでしたら,スタッフに尋ねてみると良いでしょう。

限定の犬種に特化したブリーダーから入手する

ペットショップ以外の方法でミニチュアピンシャーを検討・購入するなら,「ブリーダー」があります。ブリーダーは限定の犬種を扱っているため,飼育方法などの知識を持っています。そのため,分からないことがあれば質問できますし,知識があるからこそクオリティの高いミニチュアピンシャーを手に入れることが可能となるのです。例えば,外見的要素以外にも健康的で,遺伝などの先天的な疾患の有無なども含めて,飼育に注力していますし,親犬も自らの目で見て判断ができます。

更にブリーダーを利用する利点は,流通業者を入れないためにミニチュアピンシャーを納得の価格で購入できることです。購入方法としては2通りありますが,どちらを利用するかも含めて検討してみると良いでしょう。

ミニチュアピンシャーの性格

大きく舌を出すミニピン

ミニチュアピンシャーの価格設定の場合,いろいろな条件があって決まるものですが,その価格同様に併せて知っておきたいのが,ミニチュアピンシャーの性格です。

用心深さと負けん気の強さが特徴

まるで疲れを知らないかのような行動派で,見た目のサイズとは違って非常にタフな犬種といえます。性格は勇猛果敢なため,他の動物や犬に勝ち気な性質を見せることもありますし,家族以外の人には用心深くて繊細な一面を持っています。そのため子犬の段階からしっかりと集団生活や,いろいろな人や動物とのコミュニケーションの取り方を教えることが大切です。 このように,その犬種ならではの性格を知ることでしつけができますので,ミニチュアピンシャーの価格を知ることと同様に,大切です。

また,用心深い性質を持つゆえにかみつく傾向がありますので,これもしっかりとしつけることが肝腎ですが,この犬種には「叱ってしつける」ことは,勝ち気な面を一層引き出すことにつながりますので厳禁です。ミニチュアピンシャーのしつけには,「飼い主は信頼できる」ことを理解してもらうことが大切で,しつけには「褒めて良い面を引き出す」という方法で行いましょう。

そのような性格ですから,番犬として心強い犬種といえますが,一方では飼い主に誠実な心で向き合ってくれます。その上どんなことにも興味・関心が高いため,静かに過ごすことが苦手です。毎日しっかりと運動をさせてあげると,ストレスの緩和にもなります。飼い主として,ミニチュアピンシャーとのパートナーシップを強固なものにできるのも,ミニチュアピンシャーの価格よりも価値があることといえます。

価格以上に価値のある里親制度

パソコンで調べる家族

ミニチュアピンシャーの価格よりも尊い活動といえるのが,「里親制度」です。これは街中で徘徊(はいかい)している犬や,人間の勝手な理由から行く場所さえない犬たちが,最終的にたどり着く所であり,一定期間保護してくれる公の保護施設です。中には特に期間を設けていない民間の保護施設も存在します。公の保護施設の場合一時的に保護はしてくれるものの,一生面倒を見てもらえませんから,引き取ってくれる人が現れなければ悲しい結末を迎えてしまいます。

「尊い命」を守る観点から里親制度はとても大切なものです。もし,ペットショップなどでミニチュアピンシャーの価格を見て,購入するか検討されているなら,是非1度はこの制度に目を向けてみてはいかがでしょうか。ミニチュアピンシャーも保護されることの多い犬種ですから,里親制度に関して詳しく知りたいときは,広報誌若しくはインターネットから閲覧できますので,ルールと併せて見てみることをオススメします。ミニチュアピンシャーに付けられる価格よりも,大切な制度なのです。

もし,ミニチュアピンシャーを飼いたいなら,ペットショップやブリーダーを利用することが大半ですが,里親制度を利用してミニチュアピンシャーを飼うこともできます。里親となることで命を守ることにもつながりますので,是非一度そちらも検討してみると良いでしょう。

まとめ

遠くを眺めるミニピン

ミニチュアピンシャーの価格は,外見的要素で変わってくるようです。また,ミニチュアピンシャーを飼う場合は,価格と同様に性格をチェックすることも重要です。さらに,ミニチュアピンシャーの価格は,ペットショップやブリーダーといった販売元の違いで変わってくるようです。そして,ミニチュアピンシャーの価格を見て購入を躊躇(ちゅうちょ)するならば,里親制度を利用することもできます。ミニチュアピンシャーを購入するときは,いろいろな方向から検討するのが良いといえるでしょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ペッパー

    ミニチュアピンシャーの価格が思ったよりも安いんだな、と思いました。犬の価格に関する私の考え方ちょっとおかしいのかもしれませんが、チワワやトイプードルのように多く流通している犬種の方がリーズナブルになりやすいのかな?と思って、流通数が少ない犬種の方が高くなるのでは?と思っていましたが、よく考えたら、物を大量生産することでコストが下がるというのは犬に関しては当てはまらないことということですね。でも少ないほど希少価値が高まったりするので、本当に生き物の値段というのは難しいなと思います。ミニチュアピンシャーはめずらしいというほどではないですが、頻繁に見る犬種でもないのでどうして比較的リーズナブルなのかな?と興味を持ちました。
  • 投稿者

    20代 女性 煎餅

    ミニチュアピンシャーは、ツヤツヤの被毛にくりくりの瞳、利発そうな顔立ち、とても魅力的な容姿だと思います。ダックスフントとテリア、イタリアングレーハウンドを掛け合わせた犬種だと聞いたことがありますが、確かに外見からそれぞれの特徴が見て取れますよね。
    しかし、あの小さな身体にそんなタフな体力があるとは知りませんでした。確かにオスのピンシャ―なんかは広い胸で、素晴らしい筋肉を持っているイメージかも。小型犬だけど、アクティブな飼い主さんと相性が良さそうな犬種ですね。私の知っているピンシャ―の子は、とてもシャイで、記事にあるような勇猛果敢な印象はありませんでしたが、個体差なのかな。
    小さな身体にパワーを持った犬種、とても魅力的ですね。
  • 投稿者

    男性 ジョージ

    運動が好きなのでこれからミニチュアピンシャーを迎えたいと考えています。里親制度にも興味があったのですが、飼育自体が初心者なので、まずはブリーダーさんに教えて頂きながら大事に育てたいと思います。相場的には思っていた程度の金額だったので、先ずは13~17万円前後で譲って下さるブリーダーさんを探したいと思います。
  • 投稿者

    女性 ウーロン茶

    うちの犬はペットショップから迎えました。何も知識がなかったもので、迎えてからいろいろな持病や骨格の問題がわかりました。犬を飼うときには、信頼できるブリーダーから迎えた方が良いということを後で知りました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。