パートナーと一緒に高校のアルバムに載った一頭の糖尿病アラート犬

パートナーと一緒に高校のアルバムに載った一頭の糖尿病アラート犬

お気に入りに追加

アメリカの高校の学生アルバムに載った1頭の犬。この犬は糖尿病アラート犬としてパートナーと一緒に毎日学校に通っていました。学校側のユーモア溢れるアルバムに世界中の人達が幸せな気持ちになったと話題になっています。

4251view

学校のアルバムにパートナーと一緒に載った犬

アメリカの学校のアルバムは「イヤー・ブック」と呼ばれており、日本の卒業アルバムと似ています。日本のアルバムと違う所と言えば、毎年発行され、学校に通っている全校生徒の学生さん達が観覧する事が出来るという点です。

アメリカ・バージニア州、スタッフォード高校のイヤー・ブックに一頭の犬の写真が掲載され、多くの人達から反響の声が寄せられています。

イヤー・ブックに写っている犬の名前は、「アルファ」。
アルファはパートナーのアンドリュー・シャークさんと一緒に高校に通っていました。アルファは補助犬としてアンドリューさんと一緒に高校に通っていました。

アンドリューさんは2009年に1型糖尿病を患い、血糖値が急激に上昇してしまうと昏睡から命を失ってしまう可能性がある病人です。アルファはアンドリューさんの呼吸から血糖の状態を嗅ぎ分け、アンドリューさんに危険が及ぶと知らせる「糖尿病アラート犬」として側にいました。

アンドリューさんとアルファが出逢ったのは3年半ほど前、アルファが生後4か月の時に糖尿病アラート犬としてやって来ました。アンドリューさんはアルファのおかげで何度も命を救われたと言います。

「僕の血糖値が極端に上がるか下がるかする、その20~40分前に気がつく嗅覚を持ってるんだよ」

と語るアンドリューさん。アルファのおかげで精神的に落ち着いた生活を手に入れる事が出来ました。

学校に一緒に通うアンドリューさんとアルファ

アルファは2016年の中頃から、アンドリューさんと一緒に学校に通うようになりました。初めは週に1日学校に一緒に通い始め、週に2日と徐々に一緒に学校に通う日を増やしていき、アルファが学校に慣れた頃には毎日一緒に学校に通うようになりました。

アルファは学校で大人しく、授業の邪魔をしません。アンドリューさんが授業を受けている時は大人しくアンドリューさんの学校机の下で伏せて待っています。
クラスのみんなもアルファの存在を認めている様子で、

「クラスの全員がアルファがそこにいると知ってるけど、それでもみんな授業に集中するし、アルファがいることを好ましいと思ってる」

とアンドリューさんは授業中の様子を語っています。
アルファはとても大人しくお利口さんな犬なので、クラスのみんなにも認められ、学校側からも認められました、そんなお利口さんのアルファは、学校から「学生証」も発行してもらいました。

アメリカは、高校以上の学校では、アルバムの編集は学生さんが担当するようになっています。編集担当の学生さんがアイディアを出し、先生にアイディアを実行して良いか許可を貰いながらアルバムを作成していきます。

そこで、アンドリューさんは編集を担当している学生の友達に、アルファをアルバムに載せる事が出来ないか相談してみました。アンドリューさんにとってアルファは家族でもあり、友人でもあり、一緒に学校に通う大切なクラスメイトでもあります。

編集を担当している友人は、アンドリューさんの提案に快く応じてくれました。そして、先生に相談したところ、快く応じてくれたのです。

「彼女は担当の先生に相談してくれた。そうしたら、他の先生方や事務関係の人たちも、100%受け入れてくれたんだ」

アンドリューさんと一緒にアルバムに載る事が出来たアルファ。アルバムに載った可愛いアルファの姿にクラスメイトも大喜びです。

「クラスメイトはみんな、アルファがイヤー・ブックに載ったのを喜んでる」

それだけではありません。
アルファが学校のアルバムに載り、その可愛い姿に全校生徒が大喜びしました。そして、学校に通う4年生がアルバムに載ったアルファの姿をTwitterに投稿したところ、「可愛い」、「感動して泣けてくる」等の多くのコメントが寄せられました。

この反響ぶりに

「僕の知らない人たちも、イヤー・ブックに犬が載ってるというちょっとしたサプライズを喜んでくれた」

とアンドリューさんも大喜びです。

現在、アンドリューさんは3年生です。バージニア州の高校は4年制なので、あと1年間アンドリューさんとアルファは学校に通います。そして、来年も2人仲良くアルバムに載る予定だそうです。
2年連続学校のアルバムに載る事になったアルファ。来年のアルバムもどんな反響があるのか楽しみです。

まとめ

介助犬が学校で認められ、パートナーさんと一緒に学生証まで発行して貰えるだけでなく、学校のアルバムに載る事が出来るなんてとてもユーモアが溢れていて素敵です。このお話を読みながら感動と幸せな気持ちになりました。介助犬が認められる世の中がどんどん広がっていくと良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。