涙が止まらない!「もしもボクがしゃべれたら」安楽死する犬の想い

涙が止まらない!「もしもボクがしゃべれたら」安楽死する犬の想い

お気に入りに追加

安楽死の為に動物病院に向かう途中老犬は車の中で、飼い主さんとの出会いや楽しかった思い出を振り返り老犬は飼い主さんに「もしもボクがしゃべれたら」どんな事を伝えたいのかを作品にした動画です。この動画は世界中の人々を感動させ話題になっています。

24977view

2015年に数々の賞を受賞した「If I Could Talk(もしもボクがしゃべれたら)」

アメリカで活動しているショーン・ウェリング監督による作品の「もしもボクがしゃべれたら」という題名の作品は、世界中の人々に感動を与え数々の賞を受賞しています。この物語を作ったショーンさんは、この動画にあるメッセージを残しています。この物語に出てくる「Even this(この事さえも)」と言う言葉が意味するものは、愛犬の人生の終わりを自らが選択しなくてはならない事、それは飼い主さんにとって重要な役目だという事です。
この物語の始めの方に、車に乗せられている悲しそうなお顔の犬が登場します。車に乗って動物病院に向かう途中です。しかし、動物病院に向かう理由はこの犬の病気の治療の為ではなく、病気で苦しんでいる犬を安楽死させてあげる為です。

日本では安楽死はあまり普及されていませんが、欧米では犬の安楽死は「愛犬を病気などからの痛みから解放させてあげる」という考えがあるため、病気などで回復が見込めない犬達に、飼い主さんが安楽死を選択できるようになっています。

欧米の動物病院が行っている安楽死は、日本の保健所が行っているような犬の体に痛みが伴うような処置とは違い、痛みから解放させてあげる為に痛みを伴わずに静かに永遠の眠りについて行きます。しかし、愛犬を安楽死させる事は飼い主さんにとっても辛い事です。愛犬を安楽死させてしまう事に罪悪感を持っている飼い主さんも多く存在しています。

川に捨てられていた子犬と男性の物語

この動画にはピアノが奏でる音楽以外に音声などでのセリフが一切ありません。動画の途中に出てくるメッセージにこの物語に登場する犬の気持ちが書かれています。

「ボクが人間の言葉を話すことができたらいいのになぁ。君に知ってほしいんだ。助けてくれてありがとう、愛してくれてありがとう。」

老犬は、男性と過ごした楽しい日々を思い出して語り始めます。

「君にどうしても伝えたいんだ。本当に感謝しているよ。君のしてくれたことすべてに。
この事さえも(Even this)・・・」

男性と浜辺で大好きなボール遊びや、男性が出逢った新しい家族に、いつも学校にお迎えに行っていた男性の娘さん。犬は、女の子の事が大好きでいつも一緒にゆっくりとした素敵な時間を過ごしたりしていました。

「あの晴れ渡った日々の出来事をちゃんと覚えてる。あの時は、いつまでもこうしてずっと走り続けられるような感じがした。」

犬は動物病院に向かう車の中で自分の最後の日が来たことを知ります。ずっと一緒にいてくれた男性が自分との最後のお別れに悲しんでいる事を知り、犬は「自分は怖くないよ」と思います。そして、最後の日まで男性が一緒にいてくれた事を喜びます。

そして、最後に犬は男性に甘えます。

「耳の後ろを掻いてよ。そこが好きなんだ。僕は大丈夫だよ。こうして君が側にいてくれたから。」

犬は男性の車から降り、動物病院の中に男性に抱っこされながら入ります。診察台の上で男性に見守られながら最後の瞬間を迎えるのです。

最後に男性は、犬とボール遊びをした思い出の浜辺に訪れます。男性の手には、もうこの世にはいない犬がしていた首輪と大好きだったボールが握らています。男性の背中から伝わってくる悲しみが、愛犬を失った辛さを語っています。

「犬を愛するまで、人の魂の一部は眠ったままなのだ」―アナトール・フランス
「もし天国に犬がいないのなら、私は天国じゃなくても、犬が待っている場所へ行きたい」―ウィル・ロジャース

「If I Could Talk(もしもボクがしゃべれたら)」▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。