犬のアレルギーのあれこれ

【獣医師監修】犬のアレルギーのあれこれ

最近動物病院でもアレルギー反応が出てしまった・・というワンちゃんたちとよく会います。アレルギーもそのワンちゃん特有のものがあるようですが皮膚炎が一番多いですね。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アレルギーの代表的な症状 痒み

##犬のアレルギー##

ワンちゃんのアレルギーの症状としてまずは痒みというものが目立っていると思います。
実際に我が家のワンちゃんもすぐに皮膚炎になる子がいます。
皮膚病はとにかくどのワンちゃんにでも起きえるものなのです。

ある日突然前脚で顔を掻いていたりしきりに体を痒がっている場合にはまずその部分をよく見てあげてください。
被毛の奥の方に赤みがないかどうか、そして乾燥のためにフケのようなものが出ていないか?というのは日々のお手入れの中でチェックをしてあげるべきことだと思います。
痒みがあるところは必ず赤みを帯びているものです。
あまりに放置してしまうと、そこからばい菌が入ってしまって化膿する場合もあります。そうなる前に予防してあげてください。

皮膚病になってしまうと妙に手足を舐めてしまう事もよくあります。ちょっとしたタイミングで舐めているだけであれば退屈なのかな・・ということで見過ごせるのですが長い時間同じ部分ばかりを舐めているようであればアレルギーを発症していると考えられます。ワンちゃんによっては草木に触れるだけでも肉球が荒れてしまう場合もあります。些細なことで皮膚のアレルギーを起こすこともあることを覚えておいてください。

皮膚乾燥に注意

乾燥を防ぐという意味でも保湿剤は常備していると便利だと思います。

##犬のアレルギー##

冬場には皮膚が乾燥しやすくなります。暖房などのために皮膚はかなり敏感になってしまいます。
痒みが出た時には獣医さんに相談をすると「ヒルドイド軟膏」などを出してくれます。
少しべたついてしまうのですが毛をかき分けて痒い部分に塗ってあげると少しは楽になると思います。

アレルギーも酷くなってしまうと痒みで眠れなかったりしきりに痒みが出て日常生活にも支障が出てしまいます。
そうなってくるとアレルギーの検査を受けてそのアレルギー源になっているものを特定する必要があるのです。
もしかしたら食事の中に皮膚病を起こす原因があるのかもしれません。
食物アレルギーが発覚した場合にはアレルゲンになる原材料が入っていないフードにしてアレルゲンを除去してく必要があります。

皮膚乾燥に注意

とにかくいつも皮膚を清潔にしてあげることが大事になってきます。皮膚病を予防するというのはなかなか難しいことなのでもしもワンちゃんに皮膚病が発覚したら場合によってはアレルギーの検査を検討されると良いと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。