わんちゃんのお留守番の前にやっておくべき事

わんちゃんのお留守番の前にやっておくべき事

お気に入りに追加

愛犬の留守番に少しでも役立てばいいと思い今回の記事を書きました。

3291view

お留守番

上手にお留守番させるには

お留守番をさせる時に一番気を付けていることは「怒られる原因」を排除してから出かけるということです。

どういう事かというと、例えば「留守番させてる間にコップをひっくり返されて床にコーヒーがこぼれていた」とか「留守番させてる間に台所にストックしてあるお菓子の袋を破かれて中身が散らかってた」という事があるとします。

そうすると飼い主さんは叱りますよね?
でも犬にとっては悪さをした時に叱られないとなんの事か全くわかりませんし、それどころか「お留守番=怒られる」という負のイメージを抱いてしまうことになりかねません。

これらの場合、飼い主がコップやお菓子をちゃんと片づけて犬の手の届かない所に置いておけばいいだけの話です。
そうすると散らかす物もないので怒られようがありません。

この心がけはお留守番に負のイメージを持たせないためにも重要だと思います。

そして帰ってきたときはまずめいっぱい褒めてあげましょう。
そして「お留守番は良いことなんだ」というプラスのイメージにしてあげましょう。

そうするとおのずとお留守番に不安を感じることはなくなっていくと思いますし、飼い主側の「安心感」も愛犬に伝わってよりよい絆が結ばれていくのではないでしょうか。

お留守番

お留守番は生活の一部

後は出かける前と帰ってきた時に必要以上にコミュニケーションをとらないことです。

「いってきます・ただいま」をやり取りすることで、お留守番という行為が犬にとって少し特別感が増し、必要以上に不安や興奮を煽ってしまっているパターンもあります。

お留守番という犬にとってのイベントを変に特別なものにしないことが一番大切だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。